ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 14日

マルクス・レーツのポスター「Der Hang zum Gesamtkunstwerk」(1983)

a0155815_2027779.jpg

前回取り上げたチューリッヒ美術館(Kunsthaus Zürich, Heimplatz 1, CH-8001 Zürich )で1985年に開催されたマリオ・メルツ(Mario Merz, 1925-2003)の展覧会の告知用ポスターと同じフォーマット(1280x900mm)のポスターがもう一点あったので、今回はそれを取り上げてみたい。こちらは同じくチューリッヒにある現代美術の展覧会に特化したアート・センター、クンストハレ・チュー リッヒ(Kunsthalle Zürich, Limmatstrasse 270, 8005 Zürich)で開催された展覧会「総合芸術へ向かって(Der Hang zum Gesamtkunstwerk)」(註1)の告知用ポスター。この展覧会は、ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner, 1813-1883)の没後100年にあたり、ワーグナーが提唱した総合芸術(Gesamtkunstwerk)を再考するために、同館で1981年より1991年までインデペンデント・キュレーターとして活動していたハラルド・ゼーマン(Harald Szeemann, 1933-2005)によって企画されたもの。ポスターのデザインは、ベルン近郊の町、ビューレン・アン・デア・アーレ(Büren an der Aare)出身の画家で彫刻家、イラストレーターのマルクス・レーツ(Markus Raetz, 1941-)が行なっており、印刷はキース・ヘリングやアンディ・ウォーホルなどのポスターも手掛けたヒンターカッペレンのシルクスクリーン工房、アルビン・ウルドリー(Serigraphie Uldry AG, Hinterkappelen)によるもの。このポスターにはデュッセルドルフ美術館およびラインラント及びヴェストファーレン地方芸術協会での展覧会向けに作られたヴァージョンも存在している。

マルクス・レーツはその“だまし絵”的な表現方法で知られる現代美術作家であるが、新表現主義(ニューペインティング)がもてはやされた時期に制作されたこのポスターの構図は、どこか宗教画を思わせるが、展覧会の副題「Europäische Utopien seit 1800」にあるように、ユートピアに対する作者のストレートな感情や想いがそのまま表出されている。一方で、その虹にも似た《色環》に、ドイツ・ロマン主義を代表する画家で、総合芸術の先駆者とも言われるフィリップ・オットー・ルンゲ(Philipp Otto Runge, 1777-1810)がその色彩論の中から生み出した《色球体》との関連性を求めるのは、いささか性急であろうか。

●作家:Markus Raetz(1941-)
●種類:Poster(Plakat)
●サイズ:1280x902mm
●技法:Offset
●発行:Kunsthalle Zürich
●印刷:Serigraphie Uldry AG, Hinterkappelen
●制作年:1983
a0155815_22134518.jpg

a0155815_2031507.jpg
a0155815_203420100.jpg



註:

1.
a0155815_22175441.jpg
「Der Hang zum Gesamtkunstwerk:Europäische Utopien seit 1800」展の図録、511ページ、300x210mm、Verlag Sauerländer, Aarau, 1983(Ausstellungskataloge Kunsthaus Zürich, Städtische Kunsthalle Düsseldorf und Museum moderner Kunst in Wien 1983)。ポスターと構図は同じだが、細部が異なるので、図録に描き直した(?)のかもしれない。同展はその後、ドイツのデュッセルドルフ美術館およびラインラント及びヴェストファーレン地方芸術協会、オーストリアのウィーン現代美術館及び20世紀美術館に巡回(Der Hang zum Gesamtkunstwerk. Kunsthaus Zürich, 11. Februar bis 30. April 1983, Städtische Kunsthalle und Kunstverein für die Rheinlande und Westfalen, Düsseldorf, 19. Mai bis 10. Juli 1983, Museum Moderner Kunst, Museum des 20. Jahrhunderts, Wien, 10. September bis 13. November 1983)

《1800年以降のヨーロッパのユートピア(Europäische Utopien seit 1800)》との副題が付いたこの展覧会は、新たな社会への社会的な現実の変革を指し示すために、審美的な効果に展示物を制限せず、《Johann Georg Sulzer - Etienne-Louis Boullee - Charles Fourier - Philipp Otto Runge - Karl Friedrich Schinkel - Richard Wagner - Ludwig II. - Henry David Thoreau - Gottfried Keller - Henry Dunant - Ferdinand Cheval - Antoni Gaudi i Cornet - Rudolf Steiner - Adolphe Appia - Gabriele D'Annunzio - Adolf Wölfli - Fidus - Peter Behrens - Der italienische Futurismus - Wassily Kandinsky - Alexander N. Skrjabin - Arnold Schönberg - Piet Mondrian - Kasimir Malewitsch - Marcel Duchamp - Francis Picabia - Erik Satie - Dada Zürich und Berlin - Kurt Schwitters - Wladimir Ewgrafowitsch Tatlin - El Lissitzky - Rudolf von Laban - "Die Gläserne Kette" - Staatliches Bauhaus - Walter Gropius - Johannes Itten - Oskar Schlemmer - Laszlo Moholy-Nagy - Dominik Keller, "Gesamtkunstwerke" in der amerikanischen Kinolandschaft der zwanziger Jahre - Antonin Artaud - Armand Schultheis - Robert Garcet - John Cage - Alexandre Spengler - Joseph Beuys - Marcel Broodthaers - Hans Jürgen Syberberg - Hermann Nitsch - Anselm Kiefer》等による“総合芸術"として、1790年から1983年に至るまでの約300点におよぶオブジェ、建築モデル、スコア、図面、絵画によって、ヨーロッパにおけるユートピアを描き出そうとするものであった。
[PR]

by galleria-iska | 2016-10-14 21:55 | ポスター/メイラー | Comments(0)


<< ニキ・ド・サンファルの招待状「...      マリオ・メルツのポスター「Ku... >>