ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 08日

奈良美智のマルティプル(?)「Yoshitomo Nara Gummi Girl」(2006)

a0155815_19105563.jpg

前回の記事の中で触れた奈良美智(Yoshitomo Nara, 1959-)氏が2006年にデザインした「グミガール(Gummi Girl)」を、今は種々雑多な物入れとして使っている古い箪笥の中から取り出してきた。お土産として貰った筈なのだが、連れ合いが所有権を主張し始めているため、中立地帯である箪笥に入れてある。「グミガール」の髪の色は栞にある茶と青の他、赤、緑、黄土の計5色が用意されていたのだが、連れ合いが選んだのは茶色だった。その子には「マローネ(Malone)」という名が付いているようなのだが、記号以上の興味はない。販売広告などには、グミを食べ終わった後は、アートグッズや小物入れとして使えると提案されている。確かにそうやって使っているうちに、傷んだり、飽きたりして、少しづつ数が減っていくのだが、こと「グミガール」に関しては、前にも書いたが、現在も生産継続中なので、一体どれくらいの数(エッシャーの“キャンディ缶”は6800個、村上隆のSUPERFLATMUSEUM、所謂“食玩”は3000個~数万個)になるのか見当もつかない。無くなって初めて、見えなかった、あるいは別の視点から見た意味(=価値)が浮き彫りになってくるものである。そういう観点からすると、この先も長期に渡って箪笥の肥やしになる可能性が高い。
a0155815_191194.jpg

●作家:Yoshitomo Nara(1959-)
●種類:Multiple
●サイズ:160x165x75mm(Multiple), 169x169x77mm(Box)
●題名:Gummi Girl - Malone
●技法:Painted Plastic
●製造:S and O(Sweets and Objects), Omotesando Hilles, Tokyo
●制作年:2006
a0155815_19112789.jpg
a0155815_19113875.jpg
a0155815_19115135.jpg
                          「グミガール」の栞(表)
[PR]

by galleria-iska | 2017-08-08 20:04 | その他 | Comments(0)


<< 美術手帖 第840号「Biju...      奈良美智展の案内「Yoshit... >>