ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 19日

シャガールの夜会プログラム・カバー「Couverture de Programme de la Soiree...」(1972)

a0155815_1322273.jpg

一週間が土、日、月と三日で終わってしまうような感覚を覚えるようになって久しいが、今年ももう九月半ば過ぎであるという事実、また何処へも出掛けない、誰とも会わない、まるで引き籠りのように過ごしてしまっている自分に気付き、愕然としてしまう。連れ合いが行きたがっている「奈良美智展」の終了日も近づいてきている。

今回取り上げるのは、1968年にインドネシア第二代大統領に就任したスハルト将軍((Soeharto, Haji Muhammad Soeharto,1921-2008)夫妻を迎え、時のフランス大統領ジョルジュ・ポンピドー(Georges Pompidou, 1911-1974)夫妻主催により、ベルサイユ宮殿の劇場(Château de Versailles, Théâtre Louis XV )で1972年に11月13日に催されたバレエによる夜会のためのプログラムである。演目はバレエにはとんと縁がないので受け売りになってしまうのだが、20世紀を代表する振付家とされるモーリス・ベジャール(Maurice Béjart,1927-2997)の振り付けによるオスカー・ワイルドの戯曲『サロメ(Salome)』をもとにしたリヒャルト・シュトラウスのオペラ『サロメ』の一場面「今宵のサロメはなんと美しいことか(Comme la princesse Salomé est belle ce soir(How beautiful Princess Salome is tonight)」とミハイル・フォーキン(Michel Forkine)が振り付けを行った、フレデリック・ショパンのピアノ曲を管弦楽に編曲した音楽によるバレエ『ル・シルフィード(Les Sylphides)』。

表紙絵は、1942年の『アレコ(Aleko)』(註1)を初め、幾つもバレエの舞台美術を手掛けたロシア出身のフランス人画家マルク・シャガール(Marc Chagall, 1887-1985)による青色を基調とする舞台背景画(décor)で、もう1点、それとは対照的に明るく華やかな色調で描かれた、シャガールが1958年から1959年にかけて舞台美術を手掛けたバレエ『ダフニスとクロエ(Daphnis et Chloé)』の舞台背景画が挿入されている。限定はおよそ600部で、招待者用に刷られたものであろう。このプログラムの評価は200~300ユーロというところである。シャガールは1963年にも夜会のプログラムの表紙絵を担当しており、そちらは1961年制作のオリジナル・リトグラフ(註2)が使われている。前に一度に入札金額を渋ったため、手に入れ損ねたことがある。たしか500ユーロ前後、邦貨にして6,7万円で落札されたように記憶する。昨年、フランスのオークション会社のひとつで、パリに本店を置くアデル・ノルドマン(Ader Nordmann)主催のオークションに出品され、見積価格500~600ユーロのところ、見積価格の下限の三倍、1500ユーロで落札されている。プログラムという、物としての役割を終え、リトグラフ自体の美術品としての価値に収斂した結果であるのかもしれないが、同時に、プログラムが特定の人たちに向けてのものであり、市場に出回らないという特殊性と相まって、稀少性が高められことも、その要因のひとつとなっているかもしれない。一方、歴史や文化的側面を語る上での証としての評価が直接価格に結びついたとは考えにくい。

プログラム本体の印刷は、国主催の催しということで、図版とは別に、1640年にルイ13世が設立した王立印刷工房(Manufacture royale d'imprimerie)を前身とするフランス国立印刷局(Imprimerie nationale, Paris)で行われている。もちろん組版職人によって組み上げられた活字による活版印刷である。

●作家:Marc Chagall(1887-1985)
●種類:Cover art
●プログラム:375x274mm(375x527mm)
●イメージサイズ:380x413mm
●技法:Offset
●発行:Imprimerie nationale, Paris
●限定:ca.600
●紙質:Arches
●印刷:Bussière Arts Graphiques, Paris
●制作年:1972
a0155815_1322456.jpg
a0155815_1323223.jpg

a0155815_13363240.jpg
Décor de Chagall pour Daphinis et Chloé. Offset, 258x362mm
a0155815_13232297.jpg
a0155815_13233734.jpg

a0155815_13331245.jpg



註:

1.現在、バレエ『アレコ(Aleko)』の舞台背景画4点のうち3点が青森県立美術館の「アレコ・ホール」に展示されていてる。以下、シャガールが舞台背景画(décor)等の舞台美術を担当したバレエ:
1942年:バレエ『アレコ』、音楽:チャイコフスキー
1945年:バレエ『火の鳥(L’Oiseau de Feu)』、音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
1958年~1959年:バレエ『ダフニスとクロエ(Daphnis et Chloé)』、音楽:モーリス・ラヴェル

2.図版:シャガールのオリジナル・リトグラフ(M.383, 1961)を用いた夜会のプログラム、1963年、限定:600。373x279mm、プログラムの印刷:
フランス国立印刷局(Imprimerie nationale, Paris)

Programme de la soirée donnée au Château de Versailles, Théâtre Louis XV le 30 mai 1963 en l’honneur du roi et de la reine de Suède par le général de Gaulle président de la République française.
a0155815_20464125.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2017-09-19 14:13 | その他 | Comments(0)


<< キース・ヘリングのビニールバッ...      パーケット・エディションの案内... >>