ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 08日

ヴィクトル・ブローネルの個展図録「Le Point Cardinal」(1963)

a0155815_1821672.jpg

以前、ユダヤ系ルーマニア人の画家ヴィクトル・ブローネル(Victor Brauner, 1903-1966)が1963年の4月から5月にかけてパリのル・ポワン・カルディナル画廊(Galerie le Point Cardinal, Paris)で行った個展の招待状(註1)を取り上げたことがあるが、今回はその図録である。表紙には招待状と同じイメージが使われている。描かれているのは、生と死、あるいは人間の生の二つの相である“覚醒”と“眠り”を表す頭部を上下に組み合わせたもので、フロイトの精神分析の根幹となる無意識と深く関わる夢を重要視したシュルレアリスムとの関連性も見て取れるかもしれない。自身をモデルに描いたとされる頭部は金色に塗られ、日本の蒔絵にも似た表情を見せており、漆黒の闇の中で光を反射し輝く。現実世界と眠りによって引き起こされる夢の中の世界は、意識と無意識とによって区分されるが、夢は現実世界でのストレスを補償する作用を持つとされている。現在は仮想現実というインターネットの空間が、夢の代わりを行っているところがあり、無意識的に自我を守ろうとするため、他者に対して驚くほど攻撃的になるケースが一種の社会問題ともなっているようである。

出品作品は、ブローネルが1961年から翌62年にかけて制作した近作を展示するもので、様式的には、デ・キリコ、サルバドール・ダリやルネ・マグリットを思わせる不条理な世界やデベイズマンと呼ばれる事物に有り得ない組み合わせを写実的描いた、所謂シュルレアリスムの典型とも言える作品とは異なり、晩年に現れる、少年時代に興味を抱いた動物学に端を発するであろう人間と他の生物との関係性を表すような、プリミティヴな傾向の絵画作品全44点からなる。図録の巻頭を飾るのはフランスのシュルレアリスムの詩人ルネ・シャール(René Char,1907-1988)が1938年に書いた詩『種子の顔(Visage de Semence)』で、この図録が初出となる。

招待状と図録の他に、マン・レイスト氏の云うところの、“展覧会の三種の神器”を構成する告知用ポスター(註2)、さらには限定60部のシルクスクリーンの版画作品「Autoportrait(自画像)」も同時に制作されており、それらにはエンボス加工が施されている。図録はそれほど高価ではなく、3千円~5千円(古書店価格)で入手可能。オリジナルデザインの告知用ポスターは未だ入手していないが、ヨーロッパでは人気があるようで、5万円前後と、まあまあ(?)の値が付いている。当然のことながら、版画作品はそれよりも高く、オークションでも15万円以上で落札されているので、画廊での購入価格はそれ以上になるであろう。

●作家:Victor Brauner(1903-1966)
●種類:Catalogue
●サイズ:186x140mm
●技法:Silkscreen
●発行:Galerie Le Point Cardinal, Paris
●印刷:Imprimerie Union, Paris
●制作年:1963
a0155815_17515384.jpg

a0155815_13123984.jpg

a0155815_17535154.jpg

a0155815_1754337.jpg



註:

1.
a0155815_1313236.jpg
個展の招待状(三つ折り)
a0155815_13131527.jpg
図版:個展の告知用ポスター。エンボス加工を施された頭部の不思議な文様に注目していただきたい。技法:Silkscreen with embossing(Sérigraphie en couleurs avec gaufrage), サイズ:665x500mm, 印刷:Imp. Union, Paris, 発行:Galerie le Point Cardinal, Paris
a0155815_13132855.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2017-12-08 13:24 | 図録類 | Comments(3)
Commented by manrayist at 2017-12-16 11:23 x
いつも、刺激を頂きながら貴兄のブログ拝読させていただいています。有難うございます。さて、教えていただきたいことがあります---ポワン・カルディナル画廊で1962年に「シュルレアリスム展」が開催されているはずなのですが、これの「三種の神器」を見られたことがありますか? 長く探していますが未見、その為に、会期がはっきり判らないのです。今後も貴兄のブログ楽しみにしています。機会があればお会いしたいですね。
Commented by galleria-iska at 2017-12-16 19:14
こんばんは。マン・レイスト様、

こちらこそ、いつも興味深くブログを拝読させていただいております。

お尋ねの展覧会はマン・レイも参加している《Collages surréalistes》でしょうか? 招待状と図録あるとの情報は得ておりますが、当方も未見です。ポスターについては不明です。会期は1962年12月11日~1963年1月12日となっております。お役に立てず申し訳ありません。



Commented by manrayist at 2017-12-17 09:53 x
早速の回答、有難うございます。会期と展覧会の名称が判明して、助かりました。いつか、入手して貴方さまに報告できるのを夢見ます。良い年をお迎えください。


<< 写真家ハンス・ベルメール「Ha...      アンディ・ウォーホルのカバーア... >>