ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:キース・へリング関係( 65 )


2013年 09月 02日

キース・へリングのポスター「Lucky Strike Poster」(1987)

a0155815_177311.jpg

a0155815_1711513.jpg

a0155815_1715285.jpg


キース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)が1987年にブリティッシュ・アメリカン・タバコ《the British American Tobacco(BAT)》のブランドのひとつであるラッキー・ストライクをモチーフに制作した5点の連作版画「Lucky Strike」から3点のイメージをポスターに転用したもの。小品の版画作品(297x210mm)と比べ三倍以上のサイズで作られたポスターはなかなか見ごたえのあるものとなっており、ヘリングが1983年にデザインした第17回モントルー・ジャズ・フェスティバル(Montreux 1983 17ème Festival de Jazz)の公式ポスター(1000x700mm)と同じく、印刷はスイスはベルンにあるシルクスクリーン工房、アルビン・ウルドリー(Albin Uldry, Bern)で行なわれている。後年、オフセット・リトグラフによるリプリントが同じフォーマットで作られているが、正規のものかどうかは定かではない。

へリングはこの年、東京多摩市にある複合文化施設“パルテノン多摩(Parthenon Tama)”の開館記念企画の際に来館し、多摩市の子供たち440名とともに行なったワークショップで、オブジェ・ツリーと「平和」と「ぼくのまち」という8点の壁画を制作している。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Poster
●サイズ:1000x700mm
●技法:Silkscreen
●印刷:Albin Uldry, Bern, Swizerland
●発行:Lucky Strike B.A.T. Hamburg
●制作年:1987

シート左下の余白には、3点共通で、次のような記載がある:
a0155815_1729345.jpg
                           


2013年9月23日追記:
ポスターを印刷したシルクスクリーン工房、アルビン・ウルドリーに問い合わせたところ、オフセット・リトグラフによるリプリントの可能性は否定できないとの回答を得た。同工房では1989年を最後にリプリントは行なっておらず、また同じく3点連作の第17回モントルー・ジャズ・フェスティバル(Montreux Jazz Festival 1983)の公式ポスターについては、2012年にリプリントを行なったとのことであった。

a0155815_18494999.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-09-02 19:48 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 08月 26日

キース・へリングのビニールバッグ「Pop Shop Plastic Bag」(1985)

a0155815_1821485.jpg

あと一週間足らずで八月も終わりとなる。今年もエアコンなしで何とか乗り切れそうなところまで来た。最高気温が37°や38°の日が続くと、30°が涼しく感じてしまうのだから不思議である。今日は終日雨模様で、だらだらと汗をかくことも無く、パソコンの熱も気にならないので、久し振りにブログを更新しようと思う。とは言え、紙物は危険なので、濡れてもいい(?)ビニールバッグを取り上げる。キース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)がポップ・ショップで販売していたポップ・ショップのロゴ入りのビニールバッグは6種類あることは前にも書いたが、探していた青緑色の背景のものが手に入ったからである。残りはオレンジ色の背景のものだけとなった。6点揃ったら額装してみようかと思うが、そのままだと片面しか見れないので、アクリルガラスで挟む方法が良いかもしれない。魚の開きのように左右片方の端を切り開いて広げる方法や裏表を切り離す方法も可能だが、要はグラフィックアートとして見るか、マルティプルアートとして見るかだ。自分としてはグラフックな魅力の方が勝っていると思っているので、版画作品のように額装するのが合っているように思う。ただ、絶滅危惧種、いや稀少品になりつつある現状を考えると、原型のまま残しておいた方が良いのかもしれない。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●題名:Pop Shop Plastic bag
●サイズ:484x425mm
●技法:Silkscreen
●製造:PAK 2000, New Hampshire
●制作年:1985
a0155815_1821166.jpg






a0155815_18214399.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-08-26 18:22 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 06月 10日

キース・へリングのタンクトップ「Tank top for Club DV8」(1987)

a0155815_2065641.jpg

キース・へリング(Keith Haring, 1958-1990)とクラブとの関わりには、ゲイ・カルチャーが深く結びついており、ダンスやセックスといったヘリングの主要な作品テーマのイメージの源泉となっていることは周知のとおりである。へリングは1980年代の前半、ニューヨーク市ソーホーのゲイ・クラブ「パラダイス・ガラージ」に足繁く出入り、そこで知り合ったDJのラリー・レヴァンと親交を深め、その繋がりの中で幾つものLPや12インチ・シングル・レコードのカバー・アートを手掛けることとなる。またクラブを会場にして行なわれるパーティや演奏会、また自身の展覧会のポスターや招待状のデザインも行なっているが、美術愛好家の手元にあるものは少なく、その多くが失われてしまった可能性が強い。そのため、ヘリングのファンが持っていたものがネット・オークションなどに出品されると、日本では考えられない金額で落札されることがある。

ヘリングがポップ・ショップを開店する1986年、サン・フランシスコのハワード通りにあった名立たるナイトクラブ「Club DV8」の風変わりな興行主、“ドクター・ウィンキー(Dr. Winkie)”ことLawrence Lin-彼は1990年に誘拐未遂と強盗の罪で逮捕され、後に有罪となる-が、ヘリングを、ゲストとして、彼に敬意を表するための部屋に招待している。へリングがウィンキーのエイズ啓発運動への献金に対する感謝として即興的な壁画を制作すると約束したことによるものだが、ヘリングがクラブを訪れると、ウィンキーがクラブの部屋の壁を横断する長さに広げたキャンバスを用意していたことから、それを見たヘリングは“設置”をすることをためらってしまう。熟考と交渉を重ねたのち、ヘリングは“設置”を進めることに納得し、大量のドラッグを渡すことになった、と言われているが、シャンパンの『クリスタル(Cristal )』とその他の『贈り物(Party-favors)』によってその障害は取り除かれ、へリングは最終的にその品物と壁面を飾る4枚の巨大な壁画を送り届けた。そしてその公開のイべント「Club DV8 Unveils the Kieth Haring Room」が、スペシャル・ゲストに歌手のシルヴェスター・ジェームス(Sylvester James、1947-1988)を迎え、1986年6月5日午後9時から午前2時にかけて行なわれた。ヘリングはこのイべントの告知用ポスターのデザインも行なっている。クラブは2000年に閉鎖され、4枚の壁画のうち1枚はオークションに掛けられ、かなりの高値で落札され、現在はイタリアのコレクターの元にあるとのことである。

その翌年の1987年に、このクラブで開催された献金のための“出席不可欠”のクラブ・イベントのために制作されたのが、1986年から1987年にかけての絵画作品のモチーフとして登場する“アステカ仮面(Aztek mask)”と称されるモチーフを描いた色違いの二種類のポスターとティーシャツ(T–shirts )およびこのタンクトップ(Tank top)である。タンクトップは線描のみで、着色はされていない。
a0155815_12584786.jpg
ポスターとティーシャツのイメージ

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Tank top
●サイズ:740x380mm
●技法:Silkscreen
●製作:Club DV8, San Francisco
●制作年:1987
a0155815_207688.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-06-10 12:31 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 05月 26日

キース・ヘリングのカバー・アート「N.Y.C. Peech Boys:Life is something special」(1983)

a0155815_12421370.jpg

ニューヨーク市ソーホーのゲイ・クラブ『パラダイス・ガラージ』の住み込みDJとしてクラブ・ダンスミュージック・シーンに多大な影響を及ぼしたラリー・レヴァン(Larry Levan, 1954-1992)が唯一グループ名義で残したアルバム「Life is something special」のカバー・アートを、このクラブに足繁く通ったキース・ヘリングが手掛けている。ここでのヘリングのデザインは、レコード盤をイメージさせるもので、互いの肘と手を繋げてラベルもしくはセンターホールにあたる五角形を形作る5人のピーチ・ボーイズ(N.Y.C. Peech Boys, 1980-1984)(註1)のメンバーを円の中に描き入れ、その外側にグループ名とアルバム・タイトル、その間にヘリングのトレードマークとも言える“はいはい”する赤ん坊(Crawling baby)を装飾的に配している。ただヘリングの署名は入れられておらず、いつも目にするものと異なった印象を受けるのは、デジタル処理された画像を用いているからのようだ。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Cover art
●サイズ:314x314mm
●技法:Offset lithograph
●レーベル:Island Records Inc.(Island 7 90094-1)
●制作年:1983
a0155815_12465756.jpg

a0155815_12445319.jpg
インナースリーヴ(裏側)。メンバーの写った写真をコラージュしたもの
a0155815_1245336.jpg
へリング(右端)が写った写真が混じっていた


註:
1.N.Y.C.ピーチ・ボーイズは1980年、パラダイス・ガラージのDJ、ラリー・レヴァンがキーボード奏者のマイケル・デ・ベネディクタスに持ち掛け結成されたグループで、デ・ベネディクタスを中心に、バーナード・ファウラー(ギター/ヴォーカル)、ロバート・キャスパー(ギター)、ダリル・ショート(ベース)、スティーヴン・ブラウン(パーカッション)からなる5人組のバンド。プロデューサーのラリー・レヴァンは、一曲のみボーカルで参加している。


a0155815_12452449.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-05-26 12:44 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 05月 18日

キース・ヘリングのポスター「Theater der Welt」(1985)

a0155815_193199.jpg

「Theater der Welt (Theater of the World)」はドイツ国際演劇研究所(German Centre of International Theatre Institute)が1981年に設立した演劇祭で、二年もしくは三年毎に、ドイツ各地の都市を舞台に開催される。これまでにベルリン、ハンブルク、フランクフルト、ミュンヘン、ケルン、シュトゥットガルト、ドレスデンなどの都市が選ばれており、1985年にドイツで5番目の人口を抱えるフランクフルト(註1)で開催された際に行なわれた演劇メモラビリア(theatrical memorabilia )の展覧会のためのポスターのデザインを、ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys 1921-1986)の“Stadtverwaldung”(都市緑化、7000本の樫の木プロジェクト)が話題になった1982年のドクメンタ7(Documenta 7)に参加し、その後も個展を開催するなどして、ドイツで早くに評価されていたキース・ヘリング(Keith Haring,1958-1990)が行なっている。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Poster
●サイズ:1185x840mm
●技法:Lithograph
●発行:German Centre of International Theatre Institute(Das deutsche ITI-Zentrum)
●制作年:1985


註:

1.フランクフルトで1985年9月20日から10月10日まで開催:
Program Director Thomas Petz: include Thomas Bernhard , Claus Peymann. ●Stary Teatr in Krakow, Andrzei Wajda ●Suzuki Company of Toga●Falso Movimento, Naples●Reinhild Hoffmann Het Werkteater, Amsterdam●La Gaia Scienza, Rome●Herbert Achternbusch




a0155815_1743549.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-05-18 18:41 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 04月 30日

キース・へリングのポスター「Keith and Andy and Andy Mouse」(1986)

a0155815_17481217.jpg

ポップ・アートの旗手で映像作家でもあったアンディ・ウォーホル(Andy Warhol, 1928-1987)と親子ほど年が離れた若きポップ・アーティスト、キース・へリング(Keith Haring, 1958-1990)のコラボレーションが1986年、20周年を迎えたモントルー・ジャズ・フェスティバル(Montreux Jazz Festival)の公式ポスター(註1)において実現する。同じ年、ヘリングは、もうひとつの重要なコラボレーションとして、ウォーホルを題材にしたシルクスクリーンによる4点の連作版画「Andy Mouse」を制作している。“アンディ・マウス”と名付けられたその版画集は、ポップ・アートのアイコンと化したウォーホルへのオマージュとして制作されたもので、ヘリングはウォーホルを、ミッキー・マウスやドル紙幣といったアメリカの大衆が好むものと重ね合わせて描いている。ウォーホルは、画家になる切っ掛けになったドル紙幣を描き成功し、その顔はドル紙幣の顔ぐらい売れ、ドル紙幣に囲まれ、スターとして支持される。それはウォーホルがまさに“人気があって売れているものが売れる”を実践した作家であるからに他ならない。ウォーホルは、ドル紙幣や漫画のキャラクターがそうであるように、実体としての対象ではなく、実体を剥ぎ取られた殻、つまり記号化された表面を描くことによって無限の反復を可能とし、一回性を重んじてきた美術界に現代社会のシステムを持ち込むことで、大衆の注目を集めることに成功した。一方、へリングはアートそのものを大衆化することで、若者の支持を得た。

この版画集はウォーホルのファクトリーで制作されたようで、ウォーホルが版画制作にしばしば用いた38x38”(965x965mm)のフォーマットを用い、刷りを1977年の「ハンマー・アンド・シックル(Hammer and Sickle)」からウォーホルのマスター・プリンターとなったルパート・スミス(Rupert Jasen Smith, 1953-1989)が行なっている。これはそのポスター・ヴァージョンとも言えるもので、版画と同じくシルクスクリーンで制作されており、刷りもルパート・スミスによるものとのことである。ヘリングとウォーホルがサインを入れた限定30部の版画集「Andy Mouse」は、一点あたり35000ドル以上するため、おいそれとは手が出せないが、稀少性や資産価値を求めない向きには、これで十分楽しめる。イメージの下には、20世紀のアメリカ現代美術を代表する数々の作家達と交友関係を持ち、いち早くヘリングの天才を発見した美術評論家、キュレーターのヘンリー・ゲルツァーラー(Henry Geldzahler,1935-1994)(註2)が版画集に寄せた一文「Keith and Andy and Andy Mouse」が記載されている。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Poster
●テキスト:Henry Geldzahler(1935-1994)
●サイズ:1000x780mm
●技法:Silkscreen
●限定:300
●印刷:Rupert Smith, New York
●発行:George Mulder Foundation, Inc.
●制作年:1986
a0155815_17365641.jpg

a0155815_17542661.jpg

a0155815_128034.jpg
a0155815_128932.jpg
a0155815_1281873.jpg



註:

1.ウォーホルとヘリングのコラボレーションによる「第20回モントルー・ジャズ・フェスティバル」の公式ポスター。Silkscreen poster printed by Albin Uldry, Bern. 100x70cm
a0155815_22495756.jpg

2.ヘンリー・ゲルツァーラー(Henry Geldzahler,1935-1994)は1935年、ベルギーのアントワープにユダヤ人家族の子として生まれる。1940年、家族は難を逃れるためにアメリカに移住。1957年にイェール大学(Yale University)を卒業する。在学中はイェール大学の秘密結社のひとつ”マニュスクリプト・ソサエティ(Manuscript Society)のメンバーであった。1960年、メトロポリタン美術館のスタッフに加わるためにハーヴァード大学の大学院を中退する。そこでアメリカ美術のキュレーターとなり、後に20世紀美術の最初のキュレーターとなって、1969年に彼のランドマークとなる展覧会「New York Painting and Sculpture:1940-1970」を企画する。彼のユニークな点は、その当時の他のキュレーターたちと違い、興味をもった作家たちと友人となり、同じ美術界の仲間として親しく交際したところである。彼が親交を持った作家としては、ウィレム・デ・クーニング、ジャスパー・ジョーンズ、ラリー・リヴァース、フランク・ステラ、アンディ・ウォーホル、デイヴィッド・ホックニーやジャン=ミシェル・バスキア、そしてキース・へリングである。
a0155815_18293935.jpg
ニューヨーク市マンハッタンにあるメトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)で開催された「New York Painting and Sculpture:1940-1970」の図録。408 b & w plates 48 color plates, 494pp. published by E.P.Dutton & Co.,Inc., New York, 1969
[PR]

by galleria-iska | 2013-04-30 19:44 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 04月 03日

キース・へリングのビニールバッグ(2)「Pop Shop Plastic bag」(1985)

a0155815_21374391.jpg

キース・へリング(Keith Haring, 1958-1990)がポップ・ショップから売り出したビニール・バッグには少なくとも6種類のカラーバリエーションがあることは前にも記したが、ヘリングのファンが手放さないのか、既に捨てられてしまったのか、なかなか出てこない。先日ドイツのインターネット・オークションにヘリングが天使のドローイングと直筆サインを加えたポップ・ショップ・トウキョウのものが出品されていたが、278,88ユーロと、美術品として見ればまだ安いかもしれないが、それなりの価格で落札された。僅かな金額でアートを万人のものにというヘリングの当初の思惑は、ポップ・ショップを通じてある程度達成されたと思われるが、数十年も経つと、多くのものが傷んだり失われていくことから、稀少性が加味されていくのは当然のことかもしれない。当方としては、ノーマルのものでいいので、マルティプル・アートとして認知される前に何とか手に入れたいと思う。今手元にあるのは4種類である。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●題名:Pop Shop Plastic bag
●サイズ:484x425mm
●技法:Silkscreen
●製造:PAK 2000, New Hampshire
●制作年:1985
a0155815_1740824.jpg
ビニールバッグを製造した《PAK 2000》は、1972年にスイスの大手の包装用容器メーカーによって設立されたビニール製買い物袋の製造メーカー。紙製の買い物袋や包装箱の製造も行なっており、顧客には世界的なブランドが名を連ねている。
a0155815_21375628.jpg


a0155815_21103393.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-04-03 18:53 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 03月 27日

キース・ヘリングの缶バッジ「Best Buddies」(1989)

a0155815_11263578.jpg

ベスト・バディーズ(Best Buddies)は1989年にアンソニー・ケネディ・シュライバー(Anthony Kennedy Schriver, 1965-)によって設立されたアメリカの非営利組織で、知的障害児のために、一対一の友情、差別の無い雇用、彼らに対する指導力の向上の機会を作り出す世界的なボランティア活動の確立を目的としている。設立にあたり、キース・へリング(Keith haring, 1958-1990)は自身の作品をベスト・バディーズのロゴとして提供しており、それは活動資金を得るために様々なグッズに利用されている。前にそのイメージを使った初期のステッカーを取り上げたことがあるが、この缶バッジはベスト・バディーズのロゴを用いた缶バッジとは別に制作されたもので、1989年に限定45部で制作された版画収納用の木製ポートフォリオ(Plywood Portfolio Box)にシルクスクリーンでプリントされたモノトーンのイメージ(Best Buddies Cover)を用いている。この缶バッジ全てに当てはまるのかどうかは分からないが、表面に保護用と思われるプラスティックが被せてある。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Button(Can badge)
●題名:Best Buddies
●サイズ:53x53mm
●技法:Silkscreen
●制作年:1989年
a0155815_1844596.jpg
図版:"Best Buddies Cover"のイメージ、930x1170mm、限定45部。


a0155815_17304531.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-03-27 21:09 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 03月 03日

キース・ヘリングのカバー・アート「Man to Man / At the Gym」(1987)

a0155815_1894122.jpg

キース・へリング(Keith Haring, 1958-1990)は1987年、前年にイギリスのボルツ・レコード(Bolts Records)からリリースされた "Male Stripper"でヒットを飛ばしたニューヨーク市のハイエナジー・バンド(Hi-NRG band)、"Man 2 Man(=Man to Man)"の12インチ・シングル・レコード(12" Maxi, 45rpm)「Man to Man / At the Gym」(Bolts 10/12)のカバー・アート(裏側)を担当している。このバンドは1980年代初頭にマイキーとポールのゾーン兄弟(Miki and Paul Zone)によって結成されたバンドで、マイキーが1986年12月31日にエイズ関連の脊髄髄膜炎によって亡くなった後、ポールはバンド名を"Man to Man" と改名し活動を行なっている。1987年にリリースされたこの12インチ・シングルは、そのポール・ゾーンをフューチャリングしたレコードとなっており、周囲を黒ぶちにし配色を変えたフランス版(Disques Vogue P.I.P. S.A.)も同時にリリースされている。ゲイ・カルチャーを背景にデザインされたこの二つレコード、クラブやディスコファンのみならず、ヘリングのファンにも人気があるが、2008年に出版されたウォーホルのレコード・カバーのレゾネ「Andy Warhol:The record covers 1949-1987. Catalogue raisonné」(by Paul Maréchal, München Prestel, 2008. 310x310mm)によって現代美術作家のカバー・アートに対する関心が高まる中、ヘリングがサインを入れたものは、へリングの作品として美術系のオークションにも出品されるようになってきている。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Cover Art
●題名:Man to Man / At the Gym
●サイズ:304x309mm
●技法:Silkscreen
●レーベル:Bolts Records, London
●制作年:1987
a0155815_1895320.jpg

収録曲は以下のとおり:

Side A
1.At the Gym(Breakdown Mix)
2.At the Gym(Instrumental)
Side B
1.At the Gym(7" Edit)
2.At the Gym(Build-Up Mix)
[PR]

by galleria-iska | 2013-03-03 18:35 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 02月 12日

キース・ヘリングのポストカード「Tony Shafrazi Gallery」(1983)

a0155815_1540316.jpg

キース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)のトニー・シャフラジ画廊(Tony Shafrazi Gallery)での二度目の個展の際に発行されたオリジナル・デザインのポストカード三種。うちひとつは告知用ポスターと同じ図柄で、個展の開催は1983年12月3日から1984年1月7日までとなっている。ヘリングのボディ・ペインティングのモデルになったのは、1983年に「ビル・T・ジョーンズ/アーニー・ゼイン舞踊団(The Bill T. Jones/Arnie Zane Dance Company )」を設立したアメリカのダンサーで振り付け師のビル・T・ジョーンズ(Bill T. Jones, 1952-)で、自らポージングを決めている。写真を撮影したのは、1950年に香港に生まれ、へリングと同じ1990年にエイズ関連の疾患で亡くなった写真家 ツェン・クウォン・チ( Tseng Kwong Chi, 1950-1990)。1983年、へリングはブレイク・ダンサーの踊りからインスピレーションを受け、人体と抽象的な文様によるオールオーヴァーな絵画や版画を制作しているが、そのスタイルを、2月に開催されたファン画廊(Fun Gallery, New York, 1981-1985)での個展のポスターにも取り入れている。ポストカードと同じ図柄のトニー・シャフラジ画廊での個展のポスターでは、ブレイク・ダンサーではないが、自らの絵画イメージを全身にペイントしたダンサーの画像をデザインに取り込んでいる。ヘリングがそのことを知っていてポスターのデザインを行なったかどうかは定かではないが、ボディ・ペインティングをひとつの絵画表現の手段として最初に用いたのはピカソで、1919年にロシアのディアギレフ・バレエ団から依頼を受け、『三角帽子』の美術を担当した際に、考案したメイクのデザインを、ピカソ自身で出演者の顔に描いたのがその始まりとされる。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Postcard
●題名:Painted Man
●技法:Offset lithograph
●サイズ:153x102mm
●発行:Tony Shafrazi Gallery, New York
●制作年:1983
a0155815_15404019.jpg
a0155815_15405148.jpg
a0155815_1541021.jpg


a0155815_16215763.jpg
a0155815_1622535.jpg

a0155815_1625196.jpg




a0155815_16375934.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-02-12 18:24 | キース・へリング関係 | Comments(0)