ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:キース・へリング関係( 62 )


2011年 07月 29日

キース・ヘリングの缶バッジ「Heritage of Pride, Inc.」

a0155815_1742935.jpg

1986年にキース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)がLGBT(レスビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の社会的偏見からの解放ために設立されたボランティア運営の非営利団体「HOP=Heritage of Pride」(1984年設立)ためにデザインしたロゴを使った缶バッジ。雄(♂)雌(♀)の性別記号を用いて同性愛をシンボライズしており、白地(White)、黒地(Black)、カラー(Color)の三種類のヴァージョンがある。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●題名:Heritage of pride, Inc.(White)
●サイズ:53x53mm
●種類:Button(Can badge)
●技法:Silkscreen
●制作年:1986

a0155815_1758484.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-07-29 17:37 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2011年 07月 29日

キース・ヘリングのコンドームケース「Safe Sex」(1987)

a0155815_1825383.jpg

キース・ヘリング(Kieth Haring, 1958-1990)は1987年に、エイズ予防のキャンペーン活動のひとつとして、二種類のコンドームケースのデザインを行なっている。ヘリングの有名なアイコン「Three eyed face」を用いたものは既に取り上げているが、これは「Safe Sex!(安全なセックスを!)」と題し、コンドームを持つ男性性器をユーモラスに描いたもの。裏側には大きなクリップが付いていて、バッジとしてシャツや上着のポケットに挟めるようになっている。このデザインはキャンペーン・ポスターにも使われている。かつてエイズは“不治の病”され、人類の存亡にまで関わると言われたが、今は地球そのものが病んでいるようで、自然の復元力を超える人間の経済活動やそれに伴う環境破壊や汚染が原因とされ、生半可な対処法では、もうどうにもならないところまで来ているのかもしれない。

●作家:Keith Haring(1957-1990)
●種類:Plastic condom case
●題名:Condom Case/Badge(White)
●サイズ:60x62x8mm
●技法:Silkscreen
●制作年:1987

a0155815_16354228.jpg


a0155815_16362617.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-07-29 16:37 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2011年 07月 10日

キース・ヘリングのカレンダー「20 Month Keith Haring Calendar」

a0155815_15411332.jpg

1988年にエイズと診断されたキース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)は亡くなる一年前の1989年に、展覧会や出版物、また図像のライセンス供与を通して、エイズ関連団体と子供たちの教育的プログラムへの基金と図像を提供し、また自作品への関心を高めることを目的とするキース・ヘリング財団を設立し、人生の最後の年月を、自らの病気を作品によって語ることで、エイズに対する行動と認識を喚起しようとした。1989年はメイプルソープが没した年でもあるが、彼もまた死の一年前に財団を設立している。

このカレンダーはその1989年に制作されたもので、ヘリングの塗り絵本としても最後のものとなる。使われているドローイングは表紙を除き、どれも見覚えのあるもので、オリジナルかどうかは不明。カレンダーはヘリングの誕生日月の5月から始まる変則的な構成で、1989年5月から1990年12月までの二十ヶ月分を収録している。表紙に“The one and only!!!(一回限り)”とあるように、ヘリングは自らの余命をカレンダーに仕立てたのではないかと思われるが、1990年2月16日、カレンダー半分余りを残し、ヘリングは旅立っていった。

a0155815_137344.jpg


●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Calendar
●サイズ:304x357mm
●技法:Offset
●発行:unknown
●制作年:1989
a0155815_15412780.jpg




a0155815_15415114.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-07-10 15:59 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2011年 06月 27日

キース・ヘリングの紙袋「Pop Shop Paper Bag」

a0155815_1752043.jpg

キース・ヘリングのポップ・ショップで使用された紙袋。ステッカーやバッジ、絵葉書などの小物を入れるのに使ったのであろう。業務用の量産品を使っており、昔、駄菓子屋でばら売りの飴やゼリーを買うと入れてくれた紙袋と同じつくりである。今ではサザビーズやクリスティーズのオークションにも登場するアンディ・ウォーホルのキャンベルスープを刷り込んだショッピングバッグ(Campbell's Soup Can on Shopping Bag,1966)も、この紙袋と同じように、業務用のものを利用しており、1980年代初頭には未だ数ドルで買うことが出来た。この紙袋も今は未だ1ドルとか2ドルで手に入れることが出来るが、そのうち額に納まることになるのであろうか。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Paper bag
●スモールサイズ:250x160mm
●ミディアムサイズ:294x215mm
●ラージサイズ:?
●技法:Silkscreen
●発行:Pop Shop
●制作年:1985年



a0155815_17185795.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-06-27 19:50 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2011年 05月 14日

キース・ヘリングの塗り絵本「Keith Haring's Fun Book!!」(1985)

a0155815_19573152.jpg

1960年代以降の美術界の動向に焦点を置いたフランスで最初の現代美術センターとなるCAPC((Centre d’Arts Plastiques Contemporains))が、ジャン=ルイ・フロマン(Jean-Louis Froment,1944)によってフランス南西部の都市ボルドーに設立されたのは1973年のこと。翌74年に街の中心部を流れるガロンヌ川の川岸に19世紀に建てられた「Entrepôt Lainé」と呼ばれる植民地から運ばれた食糧を貯めて置く倉庫に活動拠点が置かれ、1975年から「Artbus」と名付けられた移動式展示方法で展示活動を行なう。1984年にボルドー現代美術館(CAPC Musée d'Art Contemporain de Bordeaux)となり、食料倉庫を改造した展示会場で展覧会を開催する。1990年に全面改装され、現代美術の最新の動向を発信続けている。

キース・ヘリング二作目となるこの塗り絵本は、CAPCが美術館となった翌年の1985年に限定2000部で発行されたもので、キース・ヘリング(Keith Haring, 1957-1990)のオリジナルのドローイング12点からなる。表紙絵もヘリングのオリジナルで、ヘリングは画面左下あたりに自画像を描き込んでいる。この塗り絵本は美術館が子供たちの教育を目的に発行したもので、ヘリングとヘリングと同い年のフランスのフィギュラシオン・リーブルの作家、ロベール・コンバス(Robert Combas, 1957-)に原画の制作が依頼された。ヘリングはこの本を単なる塗り絵本ではなく、子供たちが自らの(想像)力で絵を完成させるよう、敢えてイメージの一部を未完のままにしている。塗り絵本は実際に子供たちが使って遊べるよう大きなサイズ(333x435mm)作られており、迫力ある画面となっているが、購入者の多くが、キース・へリングの愛好家ではなく、ごく普通の親であったため、オリジナルの状態のまま残っているものは非常に少ない。そのため未使用のものはコレクターズ・アイテムとなっており、1500ドルという途方もない(?)価格で販売している業者もいる。1992年に第二版が限定1500部で発行されたが、こちらも150ドル前後のプレミアム価格で販売されている。

●作家:Keith Haring(1957-1990)
●種類:Picture book
●題名:Kieth Haring's Fun Book!!
●サイズ:333x435mm
●技法:Offset
●限定:2000
●発行:CAPC(Centre d’Arts Plastiques Contemporains)Musée d'Art Contemporain de Bordeaux
●制作年:1985

a0155815_20123617.jpg




a0155815_2021641.jpg

a0155815_19524486.jpg


参考文献:
Bordeaux, CAPC Musée d'art Contemporain, 「Keith Haring, Peintures, sculptures et dessins」 December 1985 - February 1986
[PR]

by galleria-iska | 2011-05-14 20:14 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2011年 04月 18日

キース・へリングのコンドームケース「Three eyed face」(1987)

a0155815_2172962.jpg

自らもHIVに感染しエイズにより他界したキース・ヘリングは、生前はAIDS撲滅活動に積極的に参加し、エイズ予防のために二種類のコンドーム・ケースをデザイン、ポップ・ショップで販売した。こちらはヘリングのよく知られたアイコン「Three eyed face」を用いたもの。バッジとしてシャツや上着のポケットに挟めるように、ケースの裏側にクリップが付いている。

●作家:Keith Haring(1957-1990)
●種類:Plastic condom case
●題名:Condom Case/Badge(Black)
●サイズ:60x62x8mm
●技法:Silkscreen
●制作年:1987

a0155815_2171792.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-04-18 22:13 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2011年 02月 11日

キース・へリングのビニールバッグ「TimeShift Video」(1987)

a0155815_17232236.jpg


ニューヨークのブロードウェィにあったタイムシフト・ヴィデオ(TimeShift Video)を扱うショップで使われていたビニール袋。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Vinyl bag
●サイズ:375x303mm
●技法:Silkscreen
●題名:TimeShift Video
●制作年:1987

a0155815_17234291.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-02-11 17:44 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2011年 02月 11日

キース・へリングのステッカー「Best Buddies」(1989)

a0155815_1258494.jpg


キース・へリングがベスト・バディーズ(Best Buddies)のイメージとしてた描いた作品(=ロゴ)をステッカーに仕立てたもの。《Best Buddies》は1989年にアンソニー・ケネディ・シュライバー(Anthony Kennedy Schriver, 1965-)(1)によって設立されたアメリカの非営利組織で、知的障害児のために、一対一の友情、差別の無い雇用、彼らに対する指導力の向上の機会を作り出す世界的なボランティア活動の確立を目的としており、アメリカを含む全世界の1400以上の大学や高校、中学校で知的障害児の支援を展開している。

ベスト・バディーズは現代美術の作家による版画作品を継続的に制作しているが、きっかけは、アンソニー・シュライヴァーがジョージタウン大学の学生であったときにへリングと友人になったことで、アンソニーはヘリングのエネルギーと活気に満ちたスタイルを知り、ベスト・バディーズの最初のイメージを依頼したことに始まる。そしてへリングの提供した作品がベスト・バディーズの理想と目的に叶っているということで、結果的にそれがロゴとして採用された。このイメージは1990年に限定200部のシルクスクリーン版画「Best Buddies」として出版され、その後も活動に賛同する作家(ロイ・リキテンスタイン、ロバート・ラウシェンバーグ、ウイリアム・ウエグマン、ジム・ダイン、マーク・コスタビ、ジュリアン・シュナーベル、ヒロ・ヤマガタ等)によって、ベスト・バディーズをテーマに版画が制作されている。

ロゴのイメージは評判がよく、ポスターやプリントに複製され、また、ティーシャツ、文房具、ピン・ボタン、ステッカーなどにも使われ、活動資金の捻出のみならず、広報活動の一翼を担っている。

オリジナルのステッカーは4インチ角(103x103mm)であったが、新しいものは一回り大きい5インチ角(127x127mm)に変更されている。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Sticker
●サイズ:103x103mm(4"x4")
●技法:Silkscreen
●題名:Best Buddies
●発行:Best Buddies International
●印刷:Labelad/Sandylion
●制作年:1989
a0155815_12575440.jpg
ステッカーの台紙に印刷されたベスト・バディーズの案内広告。

註:
1.アンソニー・ケネディ・シュライバーはケネディ家の一員で、母親はケネディ元大統領の妹、ユーニス・ケネディ・シュライバー(Eunice Kennedy Schriver, 1921-2009)。ユーニスの長女、マリア・シュライバーは、アメリカの映画俳優で、2003年から2011年までカリフォルニア州知事を務めた、アーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Alois Schwarzenegger, 1947)と結婚している。
[PR]

by galleria-iska | 2011-02-11 14:03 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2011年 02月 05日

キース・ヘリングのステッカー「CityKids speak on Liberty」(1986)

a0155815_1553775.jpg


1985年に文化活動家のローリー・ミードフ女史によってニューヨーク市にに設立されたシティ・キッズ(CityKids)は、非営利の“多文化”青少年組織で、公式サイトによれば、最初は、市内のあちこちから集まった10人の若者グループとの仕事から始まり、その後、シティ・キッズ財団は成長し続け、シティキッズのスタッフや年長の参加者たちに指導され、毎年650人以上の青少年たちに直接シティキッズ・プログラムによる情報提供を行なえるまでになっている、とある。

自由の女神像100周年となる1986年の夏に、バーガーキングがスポンサーとなり、キース・へリングとシティキッズ青少年組織が共同制作を行なった、自由の女神像を取り囲んで踊る若者たちの一群を描いた10階建てに相当する巨大なたれ幕「CityKids speak on Liberty」のイメージを用いて作られた、シティキッズの活動を広報するためのステッカー。バーガーキングのショップなどで配布されたのかもしれない。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Annoucement
●題名:CityKids speak on Liberty
●サイズ:153x108mm
●技法:Silkscreen
●発行:The CityKids Coalition
●印刷:Original impression, Inc.
●制作年:1986
a0155815_15531749.jpg
ステッカーの台紙の裏に印刷されたシティキッズの活動案内。


a0155815_1664130.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-02-05 16:21 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2010年 10月 14日

キース・ヘリングのステッカー「Radiant Baby」(1982)

a0155815_2283147.jpg


1982年にニューヨークのトニー・シャフラジ画廊(Tony Shafrazi Gallery)で行なわれたキース・ヘリング初の個展の際に無料配布された二種類のステッカーの内の「Radiant Baby(光輝く赤ん坊)」。もうひとつは、「3 eyed Face」。ヘリングが地下鉄構内の掲示板を使って作品を制作して頃から使っていたモチーフで、へリングはそれを自己証明としての“タグ(名札)”もしくは“署名”として使っており、へリングのキリスト教的信仰心の発現と見て取れなくもない。

その辺の経緯を紹介しているブログがあったので、幾つか要点を挙げてみる。まずその呼び名であるが、へリングの"Radiant Baby"は、"Radiant Child" や"Radiant Christ"とも呼ばれ、ヘリングはそれを「人類のもっとも純粋で実在の体験」と述べている。子供の体から発せられる光線は、中世やルネサンス時代の宗教画には馴染みの、聖人を示す“後光”と同じものとして描き入れている。

ヘリングと宗教との関係についてはあまり言及されることはないが、彼の社会貢献活動はよく知られている。それは突発的に思い付いたことではなく、そのルーツは十代の頃に遡る。プロテスタントの家に生まれたへリングは、1970年代に起こった“Jesus Movement"に遭遇し、その活動にボランティアで参加している。この運動の信奉者は、“Jesus People(キリストの民)”呼ばれたが、世間一般では“Jesus Freaks(熱狂的キリスト教支持者)"と言われていた。運動は福音主義的なもので、彼らの目的は、純粋にキリストの言葉を広めることにあった。そのため、反教会、反キリスト教根本主義を掲げ、反物質主義であり、貧困に対する極端とも言える憐みを特徴としていた。この権威や地位、形式に囚われない姿勢は、ヘリングの表現手段にも影響を与えていると思われる。ヘリングは、功利主義的な時代の中で、人間の本質的な幸福とは、強いもの弱いもの、貧富のわけ隔てなく、ともに生かされていることにあり、生きていること自体に無償の喜びを見い出せる「光」や「言葉」をアートで指し示す使命感のようなものを感じていたのかもしれない。

ヘリングは、「赤ん坊の体から発せられるこれらの光線は、赤ん坊があたかも宗教画に描かれた聖人であるかのように、その肉体の内部から輝く精神的な光なのである」と述べているが、ヘリングは“光輝く赤ん坊”を単に聖人ではなく、直接キリストと結び付けて描いている。それはヘリングが“光輝く赤ん坊”を、地下鉄の構内で作られた多くの作品に、かいば桶、羊飼い、そして東方の三博士によって構成されるキリストの降誕の場面に置いて描いていることからも判る。

このことから、へリング自身を、またその絵画を云うときにみられる、ニューヨークのストリートカルチャ-の中から生まれ出た、歴史や文化、また宗教とは縁の無い“今様”の若者が作り出した、落書き風の絵画というステレオタイプ的な見方は、その実像からはかけ離れた、人間の心の深奥に潜む本能的な欲望が生み出す偶像化されたヘリング像であり、多くの人間は、そういった社会から逸脱した偶像(=ヒーロー)に自己の願望や欲望を照射することで、現実に生きる自己と暗い穴倉に押し込められている本当の自己との均衡を計っているのではないかと思われる。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Sticker
●フォーマット:62x80mm(イメージ:57Φ)
●技法:Silkscreen
●発行:Keith Haring
●制作年:1982
[PR]

by galleria-iska | 2010-10-14 23:28 | キース・へリング関係 | Comments(0)