ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ロバート・メイプルソープ関係( 33 )


2011年 11月 15日

ロバート・メイプルソープ展案内状「Kohji Ogura Gallery」(1986)

a0155815_11375583.jpg

ロバート・メイプルソープ(Robert Mapplethorpe, 1946-1989)のオリジナルを初めて目にしたのは、1986年10月27日から11月18日にかけて名古屋 錦のコージ・オグラ・ギャラリー(Kohji Ogura Gallery)で行なわれた「ロバート・メイプルソープ:フォトグラヴュア展」である。メイプルソープの日本における最初の個展は1982年に東京のギャルリー・ワタリ(Galerie Watari)で行なわれ、翌83年にも「フラワーズ(Flowers)」展が行なわれている。どちらかの年にギャルりー・ワタリを訪問し案内を見ているいるように記憶するのだが、つねに遅れてきた人間である自分は、その頃は未だ現代美術としての写真には興味を持っておらず、折角の展覧会を見過ごす羽目になってしまった。

国内では三番目となるコージ・オグラ・ギャラリーでの展覧会では、案内状にあるように、フォトグラヴュールによる作品とオリジナルプリントの最近作が展示された。小椋氏からは、メイプルソープの代理人を通して正式の個展としての承認を得ようとしたが調整がつかなかった、といったような話を伺った覚えがある。その頃、世間でもようやく現代美術に関心が高まり初めていて、いわゆる写真展という括りではなく、現代アートとして作品を見る目を生むきっかけとなった展覧会として、雑誌でも特集が組まれたりした。銀塩のオリジナルプリントについては、マチエールとしての写真は既に死んでいると思っているが、写真の作品としての物質性を創り出そうとするメイプルソープ自身の額装スタイルにも、その脆弱さを補おうという意図が垣間見れる。この展覧会では、メイプルソープ仕様の額装がなされていなかったので、結果として、フォトグラヴュールの質感の方が好ましく思えた。その中に購入したいと思った作品もあったが、今回は見るだけにしておこう、と躊躇したのが間違い、すぐにとんでもないことになってしまった。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Announcement
●題名:Robert Mapplethorpe Photogravures
●サイズ:149x100mm
●技法:Offset
●発行:Kohji Ogura Gallery, Nagoya
●制作年:1986
[PR]

by galleria-iska | 2011-11-15 12:45 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)
2010年 10月 23日

メイプルソープ VS ロダン展の招待状「Städtische Kunsthalle Düsseldorf」(1992)

a0155815_12155499.jpg

1992年にデュッセルドルフ市立美術館(Städtische Kunsthalle Düsseldorf)で行なわれた「メイプルソープ対ロダン」展のオープニングへの招待状。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989), Auguste Rodin(1840-1917)
●種類:Invitation
●サイズ:105x210mm
●発行:Städtische Kunsthalle Düsseldorf
●制作年:1992

この展覧会は、一世紀ほども違う時と異なる場所で生を受けた二人の作家に共通するものを浮き彫りにしようという試みなのであろうか。「私は、形の完全性を求める。私は、ポートレイト、男根、花などを同じテーマで撮り続ける。それらを彫刻されたものとして捉えるように努力している」というメイプルソープが求める一部の隙もないフォルムに宿る美の崇高さは、彫刻の理想化された形体へと接近していくが、そのモデルのひとつを、ロダンの彫刻のなかに見い出すことができるのかもしれない。展覧会に際し、言語的、歴史的そして環境の融合からみた現代美術の系譜を文脈付ける観点から評論およびキュレーションを行なっているジェルマーノ・チェラント(Germano Celant 1940-)解説による図録がイタリア ミラノの出版社Electaから刊行されている。
a0155815_22201537.jpg
「Mapplethorpe versus Rodin」by Germano Celant, Electa, Milano 1992. Large-8º, 106pp.

メイプルソープとロダンとの共通性については、『メイプルソープ写真集税関訴訟』の裁判において、1994年5月20日の第6回口頭弁論の証人として証言台に立った写真評論家の飯沢耕太郎氏の証言に次のような一節がある:

彼(メイプルソープ)は非常に高度な美意識の持ち主で、メイプルソープを19世妃の彫刻家ロダンと比較するような文章を私読んだことがありますけれども、確かに彼の写真の作品というものは、ロダンの彫刻の作品を思わせるような、空間の中にぎりぎりまでそのフォルムというのを美しい形で定着していくわけです

飯沢氏が言うところの、メイプルソープと19世紀の彫刻家ロダンとの比較については、次の展覧会図録でも言及されている。
「Robert Mapplethorpe And The Classical Tradition: Photographs and Mannerist Prints」 by Robert Mapplethorpe, Germano Celant, Arkady Ippolitov.GUGGENHEIM MUSEUM PUBLICATIONS, 2004. 4to. 232pp. 120 b&W illus.

a0155815_1216366.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-10-23 12:09 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)
2010年 10月 21日

ロバート・メイプルソープ展招待状「Studio Guenzani」(1991)

a0155815_18412964.jpg

1991年にミラノの画廊ステュディオ・グエンザーニ(Studio Guenzani)で行なわれたロバート・メイプルソープ展のオープニングへの招待状。この画廊は1987年に設立された比較的新しい画廊で、若手作家の発掘・支援はもちろん、国際的に活躍する作家の展覧会も積極的に行なっている。日本人作家では、1998年に森村泰昌、2001年と2005年に草間彌生、2007年に荒木 経惟、2008年に森山大道の展覧会を開催している。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Invitation
●サイズ:105x150mm
●発行:Studio Guenzani, Milano
●制作年:1991
a0155815_18413721.jpg

女性オーナーの趣味ではないと思うが、1991年発行の可愛らしい切手が貼ってある。
[PR]

by galleria-iska | 2010-10-21 15:35 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)
2010年 10月 19日

ロバート・メイプルソープ展の招待状「Centro per l'Arte Contemporanea Luigi Pecci」(1993)

a0155815_22353127.jpg


イタリアのプラートにあるトスカーナ地方で最も重要な現代美術館、ルイジ・ペッチ現代美術センター(Luigi Pecci Centre for Contemporary Art )で1993年の9月から翌94年1月まで行なわれたロバート・メイプルソープの大回顧展のオープニングへの招待状。使われているのはメイプルソープの最もよく知られている自画像のひとつ「Self Portrait,1980」。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Invitation
●サイズ:210x105mm(210x210mm)
●技法:Offset
●発行:Centro per l'Arte Contemporanea Luigi Pecci
●制作年:1993
a0155815_2223397.jpg

a0155815_21301885.jpg

ルイジ・ペッチ現代美術センター発行のパンフレット。表紙はメイプルソープが1982年に撮影した「Lisa Lyon,1982」

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Pamphlet
●サイズ:214x104mm(214x623mm)
●技法:Offset
●発行:Centro per l'Arte Contemporanea Luigi Pecci
[PR]

by galleria-iska | 2010-10-19 22:49 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)
2010年 10月 19日

ロバート・メイプルソープ展の招待状 「Palais des Beaux-Arts」(1993)

a0155815_2052733.jpg


1993年にブリュッセルのパレ・デ・ボザール(Palais des Beaux-Arts)で開催されたロバート・メイプルソープ展のヴェルニサージュへの招待状。仏語、蘭語併記。使われたのは1985年に撮影された「Self-Portrait」。見ての通り、撮影にはスローシャッターが使われている。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Invitation
●サイズ:210x105mm
●技法:Offset
●発行:Palais des Beaux-Arts, Bruxelles
●制作年:1993

a0155815_20515435.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-10-19 21:18 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)
2010年 10月 19日

ロバート・メイプルソープ展の招待状「Robert Miller Gallery」(1993)

a0155815_20323670.jpg


ロバート・ミラー画廊で1993年に行なわれたロバート・メイプルソープの初期のポラロイド写真を集めた展覧会「Black and White Polaroids 1971-1975」のオープニングへの招待状。折り本仕立て、片面印刷。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Invitation
●サイズ:217x140mm(217x558mm)
●技法:Offset
●発行:Robert Miller Gallery, New York
a0155815_20324865.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-10-19 20:49 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)
2010年 10月 19日

ロバート・メイプルソープ展の案内状「FAE Musée d'Art Contemporain, Pully/Lausanne」(1991)

a0155815_15514852.jpg


●作家:Robert mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Invitation
●サイズ:210x148mm
●技法:Offset
●発行:FAE Musée d'Art Contemporain, Pully/Lausanne
●制作年:1991

スイスはローザンヌの東方、レマン湖畔に位置するピュリー市にあるFAE(La Fondation Asher Edelman )現代美術館で1991年11月から翌92年3月まで行なわれたロバート・メイプルソープの回顧展の案内状。使われたのは「The Black Book」の表紙にもなった「Donald Cann」(1982年)。

美術館の設立者であるアッシャー・エデルマン(Asher Edelman)は、ウォールストリートから身を起こしたアメリカ人投資家で、デトロイトに本拠地を置くトレーラー製造メーカーのフルハウフ社に企業買収を仕掛け5000万ドルの手数料を得た後、1988年にスイスに移住、ピュリー市に美術館を建設する。1990年にアッシャー・エデルマン財団を設立し、美術館は財団の管理下に入る。この美術館は、財団の豊富な資金力を背景に、メイプルソープの回顧展の他、ジャン=ミシェル・バスキア、ロイ・リキテンスタイン、そしてピーター・ハリーのヨーロッパで最初の回顧展を開催している。展覧会に際し、美術館から豪華な図録が刊行されている。

「Mapplethorpe」with an essay by Chantal Michetti-Prod'hom. 4to、110pp. FAE Musée d'Art Contemporain, Pully/Lausanne, Switzerland, 1992
[PR]

by galleria-iska | 2010-10-19 17:41 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(1)
2010年 10月 13日

ロバート・メイプルソープ展のポスター「Galerie Jurka」(1982)

a0155815_21214561.jpg


1982年にアムステルダムのユルカ画廊(Galerie Jurka)で行なわれたロバート・メイプルソープの新作展「Robert Mapplrthorpe: Nieuw werk」を告知するポスター。使われたのは、女性ボデイビルダーとして一時代を築いたリサ・ライオン((Lisa Lyon)で、1982年にニョーヨークで撮影されたもの。リサ・ライオンは1953年ロサンジェルス生まれ。UCLAで美術を学んだ後、剣道を習得、1979年に行なわれたIFBB主催の女性ボディービルダー世界選手権の初代チャンピョンとなる。翌年メイプルソープと出会い、数多くの写真のモデルを努める。それらはメイプルソープとのコラボレーションとも言え、「Lady Lisa Lyon」という写真集に結実する。

このポスターは小振りのサイズで、二つ折りにして郵送されたため、折り目が付いている。メイプルソープがポスター用に写真を撮影したかどうか分からないが、このポスターのように最新作をポスターに用いたものは、一応オリジナルポスターと考えても良いのではないかと思う。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Poster
●サイズ:397x280mm
●技法:Offset
●発行:Galerie Jurka, Amsterdam
●制作年:1982
[PR]

by galleria-iska | 2010-10-13 22:44 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)
2010年 10月 13日

ロバート・メイプルソープ展の招待状「Robert Miller Gallery」(1988)

a0155815_16294236.jpg


1988年のロバート・メイプルソープの展覧会の締め括りとして、11月29日から12月31日にかけてニューヨークのロバート・ミラー画廊で行なわれた「Robert Mapplethorpe」展のオープニングへの招待状。ギリシャ時代のヘルメットの頭頂部にスフィンクスを置き、顔当てに羊頭のレリーフを施すという、縁起を担いだ意匠のヘルメットを被り、メドゥーサの顔の付いた胸当てを着けた若きアレクサンダー大王(アレクサンドロス3世)の彫像を撮った写真が使われており、大いなる勝利を手にするも遠征の地で客死した大王の運命を、自らのそれとだぶらせていたのだろうか。この写真は、コントラストがきつくなり過ぎないように、陰影部分に修正が施されている。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Invitation
●サイズ:252x203mm
●技法:Offset
●発行:Robert Miller Gallery, New York
●制作年:1988




a0155815_16512342.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-10-13 17:53 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)
2010年 10月 13日

ロバート・メイプルソープ展の広報「Institute of Modern Art,Ltd.」(1986)

a0155815_1521385.jpg


1986年にオーストラリア現代美術センター(Australian Center for Contemporary Art, Melbourne)で開催されたロバート・メイプルソープの写真展「Robert Mapplethorpe: photographs 1976-1985」の開催を知らせる会報。1975年にブリスベーンに設立された現代美術を紹介するための非営利機関IMA(Institute of Modern Art, Ltd.)はオーストラリア初となるメイプルソープの大規模な巡回展の企画に携わっており、その開催を同社の会報に載せたもの。

●作家:Robert Mapplethorpe(1946-1989)
●種類:Bulletin
●サイズ:297x211mm
●発行:Institute of Modern Art, Ltd. Brisbane
●制作年:1986
[PR]

by galleria-iska | 2010-10-13 15:48 | ロバート・メイプルソープ関係 | Comments(0)