ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ポスター/メイラー( 88 )


2011年 05月 04日

ピカソのポスター「Exposition Poteries Fleurs Parfums」(1948)

a0155815_18222161.jpg

子供の笑顔を見ると、一瞬ではあるが自分が本来いた場所を思い出させてくれる。彼らの有りのままの生を謳歌する姿、身体からほとばしる命の鼓動が、硬直化した肉体と精神に新しい精気を呼び覚ましてくれるからかもしれない。

ピカソは1948年に「陶器、花、香水」で有名な南仏の小さな町ヴァロリスの市のために三種類のポスターを描いている。ピカソのリトグラフ(1)によるポスターとしては最初の作品で、これは二番目に描いたもの。ピカソの陶器との出会いは、1946年にフランソワーズ・ジローと観光でヴァロリスの陶器市を訪れた際に、マドウラで陶器の製造をしているジョルジュ・ラミエとその妻のシュザンヌ(1961年にピカソと結婚することになるジャクリーヌ・ロックの従妹)と出会い、粘土で数点の像を作ったことに始まる。翌年再び訪れると夫妻がそれらを焼いていてくれたことに感激し、陶器作りを始める。1948年にはヴァロリスの近くの丘の上に一軒の家を購入、フランソワーズ・ジローと一歳になった息子のクロードを連れて移り住み、たった一年で2000点を超える陶器を制作し、ヴァロリスを離れる1955年までの7年間に4000点もの陶器を作り上げている。その間、自身の陶芸展やヴァロリスで開催された闘牛のためポスターをリノカットで制作しており、ピカソのポスターの中でも特異な作品群となっている。

神話を主題とする作品はピカソが得意とするところであるが、ヴァロリスでの陶器制作にも神話に登場する生き物をモチーフとして使っており、このポスターでも、山羊の足と角と持ち、フルートに似た楽器の名手であるフォーン(牧神)をモチーフとして描いている。文字もピカソの手書きである。ピカソは1945年12月5日から翌年1月17日にかけて「雄牛」をリトグラフ制作、その姿を11のステート(段階)で変容させているが-この雄牛を後にポップ・アーティストのロイ・リキテンスタインが引用している-このポスターでもフォーンの顔の変容を見ることができる。最初のポスターでは、陶器の皿にフォーンの顔を描き入れているのだが、その顔は、笑顔というよりは、むしろ不安げな表情といった方がいいかもしれない。二番目は、フォーンの顔の中に正面の顔と横顔を同時に盛り込むというピカソらしいアイデアが加わり、その不安が取り除かれ、茶目っ気のある笑顔が見て取れる。三番目になると、顔の周囲に力強い筆の筆触が加わり、目も大きく見開かれ、高潮した顔には生き生きとした喜びの表情が浮かび上がっている。また周りに線枠が描かれ、ポスターとしての体裁も整う。

これは勝手な思い込みかもしれないが、ピカソが描いたフォーンの顔の表情は、どこか岡本太郎の代表作である『太陽の塔』の「過去を表す顔」と「現在を表す顔」に似ていなくも無い。塔の裏側に描かれた過去を表す黒い顔は、最初のポスターのそれと、塔の正面の胴体に付けられた現在を表す顔は、二番目と三番目のポスターとそれぞれ共通する要素が見受けられる。このポスターは市場に滅多に登場しなかったことから、かつて幻のポスターと呼ばれたことがあった。現在でも珍しいポスターのひとつには変わりはないが、それほどの憧れを抱かせる存在ではなくなってしまったような気がする。

●作家:Pablo Picasso(1881-1973)
●種類:Poster
●サイズ:607x400mm
●技法:Lithograph
●限定:300
●紙質:Arches
●印刷:Mourlot, Paris
●制作年:1948

註:
1.ピカソがリトグラフを始めたのはパリ開放直後の1945年の秋ことで、当時シャブロル街にあったムルローの印刷工場に通い、リトグラフによる表現の可能性を引き出そうと様々な技術を試みている。ピカソの最初のリトグラフ作品は、1945年11月2日に制作した三点の女性の頭部を描いた肖像で、最初の一点は、描線を用いず切り絵のように面によって表したもので、ピカソと言えど、どこかぎごちない作品となっている。しかし一月後の12月には「雄牛」を題材に、様々な実験を繰り返し、この技法をすっかりにものにしてみせた。


a0155815_1824119.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-05-04 22:26 | ポスター/メイラー | Comments(2)
2010年 11月 07日

ロイ・リキテンスタイン展のポスター「Leo Castelli Gallery」(1965)

a0155815_18222450.jpg

1965年11月から12月にかけてニューヨークのレオ・キャステリ画廊で行なわれたロイ・リキテンスタインの個展を告知するために作られたポスター。出版は1963年の「Crak!」の成功によってレオ・キャステリ画廊からポスターの制作と出版の権利を獲得していたポスター・オリジナル社(Poster Originals, Ltd.)。レオ・キャステリ画廊の案内状として上下左右を切り詰めたメイラー(Mailer=ポスターサイズの案内状:570x731mm)も同時に作られている。ポスターの構成、画面とタイポグラフィーの配置およびタイポグラフィーの書体に関しては、「Crak!」を踏襲している。一方、単価の低いポスターの出版をポスター・オリジナル社に委譲したレオ・キャステリ画廊は、同じイメージによるシルクスクリーン版画作品を制作・出版している。

●作家:Roy Lichtenstein(1923-1997)
●種類:Poster
●サイズ:638x758mm
●技法:Offset lithograph
●印刷:Total Color, New York
●題名:Brushstroke(C.II.5)
●出版:Poster Originals, Ltd., New York
a0155815_18254723.jpg



a0155815_18561358.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-11-07 18:57 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2010年 11月 05日

ウォーホル/バスキア絵画展ポスター「Tony Schafrazi Gallery」(1985)

a0155815_16533925.jpg

1985年の9月から10月にかけてトニー・シャフラジ画廊(Tony Shafrazi Gallery)で開催されたアンディ・ウォーホルとジャン=ミシェル・バスキア合作による絵画展(出品作品は16点)を告知するポスター。オフセット・リトグラフによる印刷で、サイズは割と小さく、掲示が目的では無かったようだ。このポスターには1999年に出版された複製があり、シートサイズは686x483mmで、オリジナルにはない余白(マージン)が付けられている。そのことから、そちらをオリジナルと取り違える向きがあるが、《PAINTINGS》の文字の下に複製であることが明記されている。

ポスターに使われた写真は、ニューヨークを拠点に活動する写真家マイケル・ハルスバンド(Michael Halsband)が撮影したもので、新旧の雄、拳を交える!といった感で、ボクシンググローブをはめて構えるウォーホルとバスキア。このポスターには、9月14日にパラディウム(Palladium)で行なわれたオープニングパーティへの招待状として作られた姉妹版(同じサイズ)があって、そちらではウォーホルがバスキアにノックアウトパンチを喰らわしている。が、肝心の展覧会は、招待状通りとは行かず、軒を貸して母屋を取られるではないが、バスキアに喰われてしまったようだ。

2010年3月23日に行なわれたクリスティーズ社のオークションにこのポスターが出品され(Lot 249/ Sale 5571)、エスティメイト£500~£700のところ、£1300(25%の手数料込みで£1625=$2439=JPY222656)で落札されている。

●作家:Andy Warhol(1928-1987)/ Jean-Michel Basquiat(1960-1988)
●種類:Poster
●サイズ:485x306mm
●技法:Offset lithograph
●出版:Tony Shafrazi, New York and Bruno Bischofberger, Zurich
●制作年:1985
a0155815_16544178.jpg
         
                             《photo:Michael Halsband》とある



a0155815_16573028.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-11-05 18:37 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2010年 11月 02日

ロイ・リキテンスタインのポスター「Leo Castelli Gallery」(1963)

a0155815_1814510.jpg

1963年のレオ・キャステリ画廊でのロイ・リキテンスタインの展覧展を告知するために制作されたポスター。これはそのポスター・オリジナルス社(Poster Originals,Ldt.)ヴァージョン。レオ・キャステリ画廊が出版したオリジナルヴァージョンは、ポスター・オリジナルス社のものより薄い紙に印刷られており、画面の右枠下に小さく、「Leo Castelli Gallery・Lithographed by Total Color, New York」と記されている。また《CRAK!》のCの文字の下方部分に掛かる煙に色欠けがある。他にオリジナルヴァージョンからタイポグラフィーを省き、サインとナンバーを入れたものが300部ある。リキテンスタインの版画のカタログレゾネによると、ポスター・オリジナル社のものは背景のドットの色が黒となっているが、このポスターのようにオリジナルと同じ赤を使ったものも有り、限定部数は付されていないが、サインを入れたものも存在している。

2004年に名古屋市美術館で開催された「リキテンスタイン 版画の世界展」の図録によると、リキテンスタインはこのポスターのイメージを、1962年に刊行された漫画「星の戦争物語」(『その町は死にたくない!』より)の中の一場面から引用しているとある。漫画からのイメージの引用はその後多くの追随者を呼ぶことになり、リキテンスタインの漫画からのイメージの引用は1965年頃までに終わるが、漫画という大衆イメージを取り上げることになったには、印象派が浮世絵の平面的で奇抜な構図と色彩に影響を受けたのに近い動機が潜んでいたように思える。レオ・キャステリ画廊と契約する直前までのリキテンスタインは、抽象表現主義にぞっこんで、それを何とか物にしようと格闘していたが、何の下絵も用意せず、作家の内面から溢れ出てくる情念のようなものをキャンバスに叩き付けるように描く抽象表現主義のスタイルの表面的なものは取り込むことはできても、それを自己の血や肉と同じように一体化し体現することに活路をみいだすことは出来なかった。それは対象を分析、解体し、新たに構成することによってひとつの統一性を導き出すという、リキテンスタインが本来持っている気質には適しておらず、抽象表現的なスタイルで制作していた頃に素材として取り込んでいたこともある漫画という現代社会では見慣れたイメージを、ある種の社会的風景として使い絵画を創り出す決断を迫られことになったのは、1960年のキャステリ画廊訪問が失敗に終わったの後である。リキテンスタインは漫画を純粋絵画へのアンチテーゼとして掲げようとしたのではなく、実際は、まず自身が捕らわれていた絵画そのものから離脱しようとしたのであり、後にそれを解体・再構成し、自己の絵画として統合しようと試みた、と言った方が、リキテンスタインの立場に即しているのではないだろうか。

●作家:Roy Lichtenstein(1923-1997)
●種類:Poster
●サイズ:534x724mm
●技法:Offset lithograph
●題名:CRAK!
●出版:Poster Originals, Ltd., New York
●制作年:1964
a0155815_1842524.jpg



a0155815_181793.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-11-02 16:52 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2010年 10月 31日

アンディ・ウォーホルの案内状「Leo Castelli Gallery」(1966)

a0155815_21185721.jpg

1966年のレオ・キャステリ画廊での「アンディ・ウォーホル展」を告知するために制作されたメイラー(Mailer=ポスターサイズの案内状)。スイス生まれの写真・映像作家ルドルフ・ブルクハルト(=ルディ・バークハート Rudolph Burkhardt 1914-1999)の撮ったウォーホルの肖像写真を基にしており、同じ写真を使って作られた版画ヴァージョンと同じ薄い銀紙にリトグラフで刷られているのだが、写真のトリミングの仕方に若干違いがある(図版参照)。メイラーと版画ヴァージョンを印刷したのは、「Flowers 1964」と「Liz 1964」を印刷したニューヨークのトータル・カラーという商業印刷所で、裏側中央部上端に小さく《Lithographed by Total Color, New York》と、自社のクレディットを入れている。このメイラーは、八つ折りにされ、実際に顧客および関係者に郵送されたものの中の一枚である。「Campbell's Soup Shopping Bag 1964」、「Flowers 1964」、「Liz 1964」、「S&H Green Stamps 1965」などの作品と同じように、ウォーホルは当時、商業的な印刷で作られたこれらのプリントを、自分の絵画作品の安価な代用品としての意味で、《ポスター》と呼んでいた。これらの《ポスター》に共通して言えるのは、ウォーホルのアイデアを印刷所でデザイン化し版画の技法で刷るというもので、ポスターが刷り上るまでウォーホルは一切関与しておらず、ウォーホルも出版元のキャステリ画廊も版画という意識を持っていなかったのである。ポスターは、サイン無しが5ドル、サイン入りが10ドルといったような価格であった。

●作家:Andy Warhol(1928-1987)
●種類:Mailer
●サイズ:556x561mm
●題名:Self-Portrait
●技法:Offset lithograph
●印刷:Total Color, New York
●発行:Leo Castelli Gallery, New York
●制作年:1966
a0155815_22335310.jpg

a0155815_22333842.jpg

a0155815_22334629.jpg


a0155815_21593633.jpg
             図版:Andy Warhol 「Self-Portrait 1966」(F.S.II.16)



a0155815_21315979.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-10-31 22:51 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2010年 10月 30日

ロイ・リキテンスタインのメイラー「Leo Castelli Gallery」(1962)

a0155815_2324459.jpg

ロイ・リキテンスタインのレオ・キャステリ画廊での最初の展覧会を告知するポスター/メイラー(=ポスターサイズの案内状)。このイメージはリキテンスタインが1961年に制作した油絵「Handschake」を基にしているが、刷りの工程を示すために赤の色版と黒の主版に分けたのは、デザインの過程で出てきたアイデアらしい。

●作家:Roy Lichtenstein(1923-1997)
●種類:Poster/Mailer
●サイズ:432x553mm
●技法:Offset lithograph
●題名:Castelli Handshake Poster(C.App.1)
●発行:Leo Castelli Gallery, New York
●制作年:1962
a0155815_23281240.jpg



a0155815_1315133.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-10-30 23:59 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2010年 10月 30日

アンディ・ウォーホルの案内状「Leo Castelli Gallery」(1964)

a0155815_1834778.jpg


1964年にレオ・キャステリ画廊で行なわれたアンディ・ウォーホルの個展「Flowers」の際に作られたメイラー(ポスターサイズの案内状)。300部限定で制作されたサイン入りの版画ヴァージョンと同じ版を使って刷られており、このイメージを使った展覧会の告知用ポスターも存在している。現在は版画として流通しているサイン入りのものも、当時は“ポスター”(ウォーホル自身、告知を目的とするポスターの意味ではないが、絵画作品の安価な代用品と思っていた)として扱われていた。版画ヴァージョンと同時に刷られたメイラーは、ボーダーラインの内側で裁断され、封筒サイズに折り畳まれて、顧客や関係者に郵送されるか手渡しされた。

シルクスクリーンで刷られた花のイメージは数千を超えると言われているが、それらがキャンバス(画布)に刷られているために絵画作品として扱われ、300枚限定の“ポスター”とよばれた版画作品の十倍以上の価格で取引されている。それが大量に複製化されたイメージに相当する価値として認められるかどうか疑問であるが、そこには、たとえ恣意的であるにせよ、需要と供給の関係が存在しており、絶対的権威や価値が失われてしまった今日においては、そのような相対的なバランスのもとで価値の平均化が計られることが民主主義における富の偏在化を防ぐ手段でもあるのかもしれない。だとしても、そこにはやはり、「絵画(タブロー)」に対する信仰を利用した業者の思惑が見え隠れする。

同じような評価を得ているものに、ムンクの「マドンナ」(1895年~1902年)がある。こちらはリトグラフによる版画作品で、ムンク展には必ずと言ってもいいほど出展されるムンクの版画作品の代表作であるが、多くても年に数枚程度しかマーケットに現れないその稀少性と相まって、オークションでも常に数千万円超える金額で落札される第一級の版画作品である。ところが、この作品は限定数が切られておらず、ムンク美術館には数千枚が収蔵されているという。我が国の公立美術館は、明治期に定められた博物館法により、同一の版画作品を複数所蔵することか出来ないし、また収蔵品を資金調達やコレクションを充実させるために売却することも出来ないのだが、ムンク美術館はこの版画を資金調達のために使っており、数千万円の価格を維持するために、小出しにオークションで売却しているとの話を聞いたことがある。

この二つの作品は通常であれば、そのポスター並みの摺刷数から云って、見聞きするほど高額な商品には成り得ない筈であるのだが、一方は版画が絵画という形式を纏い、もう一方は大量に複製できる版画の特徴が消され、一点きりの絵画に等しい稀少性を帯びることで-それらは優れた絵画作品が備えていたアウラの属性でもある-半ば意図的にではあるにせよ、正反対の衣を纏う結果となっているのである。そうは言っても、世の中には数千万だから所有欲がそそられるという御仁も居ない訳ではない。否、必ずいる。彼らにとってそれら美術品は自らの地位や財産、また知性や教養を誇示するため道具であることが多く、そのもの自体の価値は“使ってなんぼのもの”といったところであるから、一般庶民のように高い買い物をさせられたとか騙されたとか言って嘆いたり、喰ってかかることもなく、ちゃんと商売として成り立っている。逆にへたな正義感(?)を振りかざせば却って不興を買う羽目になる。貧乏人は作れば良し、金持ちは買うが善し、と言うではないか???

●作家:Andy Warhol(1928-1987)
●種類:Mailer
●サイズ:557x557mm
●技法:Offset lithograph
●題名:Flowers(F.S.II.6)
●発行:Leo Castelli Gallery, New York
●制作年:1964
a0155815_1835758.jpg
a0155815_1872765.jpg



a0155815_2312507.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-10-30 18:37 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2010年 10月 29日

ロイ・リキテンスタインのメイラー「Leo Castelli Gallery」(1964)

a0155815_1872829.jpg

1964年にニョーヨークのレオ・キャステリ画廊で開催されたロイ・リキテンスタインの個展「Landscapes」を告知するために作られたメイラー(Mailer=ポスター形式の案内状)。この展覧会にはギリシャ神殿やピラミッドなどの建築遺跡や海景や日の出をモチーフにした風景作品が出品された。メイラー用に制作された神殿のイメージは、リキテンスタインがニューヨークのギリシャ料理店で見た神殿のプリントの図柄から引用したもの。メイラーは通常、封筒には入れず、封筒サイズほどに折り畳み、縁をシールで留めて郵送されるのだが、このメイラーには住所が記されておらず、手渡しされたものかと思われる。印刷された画面のボーダーラインの内側で裁断されたメイラーとは別に、マージン付きの版画ヴァージョンが限定300部作られ、それにはリキテンスタインのサインが入れられている。
a0155815_22163791.jpg
神殿の背景は、リキテンスタインのトレードマークともなった印刷物を拡大したときに見える網点で覆われている。

●作家:Roy Lichtenstein(1923-1997)
●種類:Mailer
●サイズ:584x435mm
●題名:Temple(C.R.:II-3)
●技法:Offset lithograph
●発行:Leo Castelli Gallery, New York
●制作年:1964
a0155815_1873663.jpg
     
                    メイラーの裏側
a0155815_1871723.jpg

                    展覧会の案内




a0155815_1812144.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2010-10-29 18:47 | ポスター/メイラー | Comments(0)