ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:図録類( 72 )


2017年 12月 08日

ヴィクトル・ブローネルの個展図録「Le Point Cardinal」(1963)

a0155815_1821672.jpg

以前、ユダヤ系ルーマニア人の画家ヴィクトル・ブローネル(Victor Brauner, 1903-1966)が1963年の4月から5月にかけてパリのル・ポワン・カルディナル画廊(Galerie le Point Cardinal, Paris)で行った個展の招待状(註1)を取り上げたことがあるが、今回はその図録である。表紙には招待状と同じイメージが使われている。描かれているのは、生と死、あるいは人間の生の二つの相である“覚醒”と“眠り”を表す頭部を上下に組み合わせたもので、フロイトの精神分析の根幹となる無意識と深く関わる夢を重要視したシュルレアリスムとの関連性も見て取れるかもしれない。自身をモデルに描いたとされる頭部は金色に塗られ、日本の蒔絵にも似た表情を見せており、漆黒の闇の中で光を反射し輝く。現実世界と眠りによって引き起こされる夢の中の世界は、意識と無意識とによって区分されるが、夢は現実世界でのストレスを補償する作用を持つとされている。現在は仮想現実というインターネットの空間が、夢の代わりを行っているところがあり、無意識的に自我を守ろうとするため、他者に対して驚くほど攻撃的になるケースが一種の社会問題ともなっているようである。

出品作品は、ブローネルが1961年から翌62年にかけて制作した近作を展示するもので、様式的には、デ・キリコ、サルバドール・ダリやルネ・マグリットを思わせる不条理な世界やデベイズマンと呼ばれる事物に有り得ない組み合わせを写実的描いた、所謂シュルレアリスムの典型とも言える作品とは異なり、晩年に現れる、少年時代に興味を抱いた動物学に端を発するであろう人間と他の生物との関係性を表すような、プリミティヴな傾向の絵画作品全44点からなる。図録の巻頭を飾るのはフランスのシュルレアリスムの詩人ルネ・シャール(René Char,1907-1988)が1938年に書いた詩『種子の顔(Visage de Semence)』で、この図録が初出となる。

招待状と図録の他に、マン・レイスト氏の云うところの、“展覧会の三種の神器”を構成する告知用ポスター(註2)、さらには限定60部のシルクスクリーンの版画作品「Autoportrait(自画像)」も同時に制作されており、それらにはエンボス加工が施されている。図録はそれほど高価ではなく、3千円~5千円(古書店価格)で入手可能。オリジナルデザインの告知用ポスターは未だ入手していないが、ヨーロッパでは人気があるようで、5万円前後と、まあまあ(?)の値が付いている。当然のことながら、版画作品はそれよりも高く、オークションでも15万円以上で落札されているので、画廊での購入価格はそれ以上になるであろう。

●作家:Victor Brauner(1903-1966)
●種類:Catalogue
●サイズ:186x140mm
●技法:Silkscreen
●発行:Galerie Le Point Cardinal, Paris
●印刷:Imprimerie Union, Paris
●制作年:1963
a0155815_17515384.jpg

a0155815_13123984.jpg

a0155815_17535154.jpg

a0155815_1754337.jpg



註:

1.
a0155815_1313236.jpg
個展の招待状(三つ折り)
a0155815_13131527.jpg
図版:個展の告知用ポスター。エンボス加工を施された頭部の不思議な文様に注目していただきたい。技法:Silkscreen with embossing(Sérigraphie en couleurs avec gaufrage), サイズ:665x500mm, 印刷:Imp. Union, Paris, 発行:Galerie le Point Cardinal, Paris
a0155815_13132855.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2017-12-08 13:24 | 図録類 | Comments(2)
2017年 11月 25日

杉本博司の写真集「Time Exposed」(1995)

a0155815_1322840.jpg

一見、無表情にも見える写真であるが、それは生の時間を切り取る従来型の写真ではなく、作家が対象に対して抱く感情を明快なコンセプトを基に、8x10の大型のビューカメラ(8x10 View Camera)で無作為的に撮影した結果であり、我々の写真に対する概念を覆すこととなった。そこに一貫して流れているのは、対象との物理的な距離や関係性ではなく、見る側に時間(停止した時間、流れている時間、動いている時間)の存在を強く意識させるということである。それらの作品は世界的に評価され、今や日本を代表する現代美術の作家となった杉本博司(Hiroshi Sugimoto, 1948-)氏は1948年、戦後の第一次ベビーブーム、いわゆる団塊の世代の真っ只中に生まれた。立教大学の経済学部を卒業後、世界各地を旅行、アメリカのカリフォルニア州パサデナにある美術大学(Art Center College of Design)で写真を学ぶ。生活費を得るために始めた古美術の販売で目を養い、その豊富な知識を活かした作品も数多く制作している。特徴的なのは、その写真が従来の写真の分野ではなく、影響を受けた現代美術の文脈の中で捉えられている点であろう。初期の代表作を集めたこの写真集は、現代美術の展覧会を企画・開催しているスイスのバーセルにある美術館クンストハレ・バーセル(Kunsthalle Basel)で1995年に行われた展覧会「Hiroshi Sugimoto Time Exposed」に合わせてドイツの出版社(Edition Hansjörg Mayer, Stuttgart)から刊行された図録と同時にロンドンの美術出版社テームズ・アンド・ハドソン(Thames and Hudson, London)から刊行されたもの。出版から3年後の1998年にアメリカの写真集を専門とする古書店から購入したのだが、そのころはまだ写真集のブームが来る前で、出版価格よりもずっと安く手に入れることが出来た。ただし、大手出版社が手掛けたことで発行部数が多かったのか、ブームになっても比較的緩やかな値上がりであった。現在の古書価格は百ドルから数百ドルといったところ。

写真集には最初のシリーズ『ジオラマ(Dioramas)』を始めとし、幾つかのシリーズが収録されているが、中でも、ブライス・マーデン(Brice Marden, 1938-)のミニマリズム色の濃いモノクロームの作品を彷彿させる、『海景(Seascapes)』シリーズの中の、画面を水平線で、杉本氏の云うところの“人類の始まりの記憶”である海と空とに二等分した「昼の海の景色」が好きで、価格もまだ数千ドルと手が出せないところまでは行っていない頃、その気になって入手を試みたが、サザビースなどのオークションではいつもこちらの思っている価格を超えてしまい、結局、手元に引き寄せることが出来ずに終わってしまった。今では限定25部のシートサイズが476x578mm(18¾ x 22¾ in)+ マウント:508x610mm(20 x 24 in)のもので数万ドル、限定5部のシートサイズが一メートルを超える大きなものになると、数十万ドルと、目もくらむような価格で落札されている。

●作家:Hiroshi Sugimoto(1948-)
●種類:Photo Book
●題名:Hiroshi Sugimoto Time Exposed
●著者:Thomas Kellein(1955-).Translation by David Britt
●サイズ:250x303mm
●技法:Offset
●印刷:Staib+Mayer, Stuttgart
●発行:Thames and Hudson, London
●制作年:1995
a0155815_13223016.jpg
a0155815_13225865.jpg
                図版:[Interior Theaters]:Castro Sanfrancisco, 1992
a0155815_13231044.jpg
                図版:[Day Seascapes]:Indian Ocean, Bali, 1991
a0155815_13232512.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2017-11-25 14:08 | 図録類 | Comments(0)
2017年 10月 24日

バスキア、クレメンテ、ウォーホル展図録「Collaborations」(1984)

a0155815_11244890.jpg

日本国内では新興実業家が高額で落札したことでしかマスコミに取り上げられない夭折の画家ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat, 1960-1988)であるが、日本中が沸騰していた時期には街にポスターが溢れて(?)いた。それより少し前の1983年に限定24部で出版された巨大なシルクスクリーンの版画作品「Back of the neck」(128x259cm)も未だ100万円台で購入可能であった。何かインパクトのある作品を探して欲しいという知り合いの依頼で、作品を取り扱っていたニューヨーク市の出版社に注文したのだが、版元が買主を選んで注文を受ける、というような嘘かホントか分からない条件を付けていて、結局購入することが出来なかった。その後すぐに400万円に跳ね上り、1000万円を超える頃には関心も無くなってしまった。この記事を書くに当たって、最近の価格動向を調べてみると、恐ろしいことになっていた。2011年2月11日のロンドンのクリスティーズ(Christie's London)のオークションに出品されたものは、評価額10万~15万ポンドを遥かに超え、手数料込みで約3500万円(£277250)で落札されたのだが、その後も上がり続け、2016年11月18日にニューヨークのサザビーズ(Sotheby's New York)のオークションに出品されたものは、評価額30万~40万ドルのところ、手数料込みで約6340万円($576500)で落札されているのだ。もっとも、これぐらいにならないと大金持ちは関心を示さないのかもしれないが...。

話を本題に戻そう。小さい頃から骨董好きで収集していた画商のブルーノ・ビショフベルガー(Bruno Bischofberger, 1940-)が1963年、スイスのチューリッヒに開いたブルーノ・ビショフベルガー画廊(Gallery Bruno Bischofberger, Zürich)は1965年、アメリカで大きな潮流となっていたポップ・アートの作家(Andy Warhol, Roy Lichtenstein, Robert Rauschenberg, Jasper Johns, Tom Wesselmann and Claes Oldenburg)の作品による展覧会を開催、その翌年には早くも旧東ドイツのドレスデン出身で、ポップ・アートの影響を受けつつも多種多様な画風を展開するゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter, 1932-)の個展を開催している。そして1968年にはアンディ・ウォーホルと1987年まで続く優先的購入契約を結んでいる。

現代美術を扱う画商としては当然のことかもしれないが、常に時代の潮流を敏感に取り込むビショフベルガーは1980年代に入ると、ニュー・ペインティングとも呼ばれる「新表現主義(Neo-Expressionism)」の作家(Jean-Michel Basquiat, Julian Schnabel, David Salle, Francesco Clemente, Enzo Cucchi)らの個展を開催している。中でも早くからバスキアの才能を認め作品を収集していたビショフベルガーは1983年、彼をアンディー・ウォーホルとフランチェスコ・クレメンティに引きあわせ、共同制作(Collaborations)を提案、1984年にその展覧会を開催している。これはその展覧会の図録として、チューリッヒ郊外の風光明媚な町、キュスナハト(Küsnacht)に置かれたブルーノ・ビショフベルガー画廊の出版部門(Edition Gallery Bruno Bischofberger, Küsnacht/Zürich)から刊行されたもの。布装丁で、三人がサインを入れたものもあるようだが、今手元にあるものにはサインは入っていない。27歳で夭折したバスキアとウォーホルの生前に刊行されたものであるということで、欧米の古書店ではかなりの値(5万~8万円)を付けている。この展覧会の翌年にビショフベルガーはバスキアの個展を開催、1000部限定でバスキアのサイン入りの図録を刊行している。こちらは先の理由に加え、サインそのものが稀少価値と見なされており、現在数千ドルの値が付いている。まだそれほど高くない時に入手したのだが、田舎暮らしが故に売却の時期が読めず、値上がりの気配が見え始めた頃に手放してしまった。

●作家:Jean-Michel Basquiat(1960-1988), Francesco Clemente(1952-), Andy Warhol(1928-1987)
●種類:Exhibition catalogue
●題名:Collaborations
●サイズ:303x218mm
●技法:Offset
●印刷:Schudeldruck AG, Riehen
●発行:Edition Gallery Bruno Bischofberger, Küsnacht/Zürich
●制作年:1984
a0155815_1293831.jpg
a0155815_1294964.jpg

a0155815_11223964.jpg

a0155815_112581.jpg
                           裏表紙に使われているのは《Alba's Breakfast, 1984》の部分
[PR]

by galleria-iska | 2017-10-24 13:12 | 図録類 | Comments(0)
2017年 06月 29日

ロバート・マザーウェルの展覧会図録「Robert Motherwell Collages」(1960)

a0155815_17342436.jpg

この図録は、アメリカの抽象表現主義の画家で版画家のロバート・マザーウェル(Robert Motherwell, 1915-1991)が1961年、パリのベルクグリューン画廊(Berggruen & Cie, Paris)で、1958年から1960年にかけて制作したコラージュ作品による個展を開催した際に、画廊の34番目の図録(Collection Berggruen No.34)として刊行されたもの。前回取り上げたパウル・クレーの図録と同様、新しいオーナーの下、2012年に出版活動を再開したパリのカイエ・ダール(Cahiers d'Art, Paris)の旧資料の一部である。綴じがタイトで図版等の撮影が出来ないのだが、名刷り師と謳われたダニエル・ジャコメ(Daniel Jacomet, 1894-1966)の工房(Ateliers de Daniel Jacomet, Paris, 1910~1965)で、明快で均一な色面を特徴とするポショワール(Pochoir=Stencil)の技法で刷られた図版は、時にシルクスクリーンと間違われることもあるが、機械刷りの複製とは異なる不思議な表情を見せてくれる。

ポショワールはアール・デコ時代に高級モード誌のファッション・プレートに好んで使われた技法であるが、工房は違うが、1947年に制作した挿絵本「Jazz」の印刷にステンシルを用いたアンリ・マチス(Henri Matisse, 1869-1954)の息子のひとりで、1931年にアメリカのニューヨーク市に画廊(Pierre Matisse Gallery, New York, 1931-1989)を開き、ヨーロッパの現代美術を紹介したピエール・マチス(Pierre Matisse, 1900-1989)が発行した展覧会図録の図版の印刷にもジャコメによる精度の高いポショワールが使われており、決して時代遅れの技法ではなかった。ただ、機械刷りが全盛になる中、熟練した高い技術と手間を必要とするこの技法は急速に廃れていったのである。

●作家:Robert Motherwell(1915-1991)
●種類:Catalogue(Collection Berggruen No.34)
●サイズ:220x116mm
●技法:Pochoir
●印刷:Ateliers de Daniel Jacomet, Paris
●発行:Berggruen & Cie, Paris
●制作年:1961
a0155815_17345670.jpg
ロバート・マザーウェルの版画作品の総目録(レゾネ):「The Painter and The Printer:Robert Motherwell's graphics 1943-1980」by Stephanie Terenzio, Dorothy C. Belknap, published by The American Federation of Arts, New York in1980
a0155815_17352568.jpg

a0155815_1736162.jpg
個展に合わせ、コラージュ作品のひとつ「Capriccio」を版画に仕立てにしたものが200部限定でベルクグリューン画廊から出版された。いわゆるエスタンプと呼ばれるものである。マザーウェルが本格的に版画制作を始めるのはこの年からで、1958年(~1971年)に結婚した同じく抽象表現主義の画家で版画家のヘレン・フランケンサーラー(Heren Frankenthaler, 1928-2011)の提案で、二人一緒にロシア系ユダヤ人の刷り師タチアナ・グロスマン(Tatyana Grosman, 1904-1982)が1957年に設立したリトグラフの版画工房(The Universal Limited Art Editions (ULAE), a lithographic workshop in West Islip, Long Island, New York)に通い、実はマザーウェルは1959年からグロスマンからの版画制作の誘いを受けていた、最初のリトグラフ「Poet I」と「Poet II」を制作している。フランケンサーラー自身も最初の版画作品「First Stone」を制作しているが、マザーウェルのモノトーンの重苦しい表情に対し、彼女の作品は伸びやかで、色彩も豊かに呼応している。
[PR]

by galleria-iska | 2017-06-29 19:51 | 図録類 | Comments(0)
2017年 06月 27日

パウル・クレーの展覧会図録「L'Univers de Klee」(1955)

a0155815_18111949.jpg

日本での知名度の高さはヨーロッパのそれを凌ぐとさえ言われ、人気、評価ともに高い作家として幾度となく展覧会が開催されているスイス生まれのドイツ人画家パウル・クレー(Paul Klee, 1879-1940)。しかしそれは、もっぱら鑑賞の対象としての存在であり、良品ならば数十センチぐらいの水彩画でも数千万円を超えるのだから、購入してまで愉しもうという者は少ない。ならば版画でも、と思っても、初期の銅版画は軽く一千万円を超え、署名入りのもので百万円を切るものは僅かしかないのだから、おいそれと手を出すことはできない。せめてスイスのコルンフェルト画廊(Verlag Kornfeld und Klipstein, Bern)が1963年に刊行した版画のレゾネ「Verzeichnis des graphischen Werkes von Paul Klee」(限定2500部)ぐらいはと思えど、これがまた絶版で、古書価格15万円以上と、庶民には縁遠いものとなってしまっていた。ところが2005年に1200部限定、280スイス・フランで再販されたことで、初版の価格は暴落、美術館、図書館、大学等の公的機関への納入を当て込んでいた業者には申し分けないが、今は比較的安価で手に入れることができるようになった。

自らも絵画収集家であったユダヤ系ドイツ人画商ハインツ・ベルクグリューン(Heint Berggruen, 1914-2007)-日本の美術界(?)ではベルグランと呼ばれている-は1936年、ナチ政権から逃れるためにアメリカに移住、大学でドイツ文学を学び、美術批評家として働いた後、美術館に奉職。1940年、彼と同じように、ナチ政権からアメリカに逃れてきた避難者からクレーの水彩画を100ドルで購入したのが、後にクレーを収集する切っ掛けとなった。第二次世界大戦後、アメリカ陸軍の一員としてドイツに赴任した後、パリに移住。1947年、パリのユニヴェルシテ通り(Rue de l'Universite)に画廊の前身となる挿絵本を扱う書店を開き、その後リトグラフも扱うようになる。1952年、パウル・クレーの版画展を開催、その際、画廊の最初の図録『Collention Berggruen』を制作・刊行した。それから3年後の1955年、水彩、グアッシュ、デッサンによる展覧会「L'Univers de Klee」を開催。このポケットサイズの図録はその際に刊行された画廊12番目の図録である。以前所有していたものは告知用ポスターと一緒に手放してしまったのだが、最近になって、2010年にスウェーデン人美術収集家(Staffan Ahrenberg)の手に渡り、2012年に美術出版社として再出発を果たしたカイエ・ダール(Cahiers d'Art)から、資料として残されていたものを運良く購入することが出来た。表紙には、告知用ポスター(註1)にも使われている、色彩のパッチワークとも言える1927年制作の水彩画「Klang der südlichen Flora(南方の花の音色」(註2)が使われているのだが、原画のサイズに合わせるためか、図録の表紙に折り返し(袖)を作って収めている。印刷はパリのムルロー工房(Imp. Mourlot, Paris)である。クレーのこの作品は、「魔方陣」と呼ばれる四角を規則的に組み合わせて構成された抽象性の高い作品のひとつで、見る者に音楽におけるリズムやハーモニーに似た感覚を覚えさせる。図録にはクレーの作品に寄せた、シュールレアリスムの運動に参加した詩人のひとり、ジャック・プレヴェール(Jacques Prévert, 1900-1977)による一編の詩が添えられ、またバウハウス時代のクレーからシュールレアリスムの運動の中心的役割を担った詩人のポール・エリュアール(Paul Éluard, 1895-1952)に宛て、詩人から送られた詩集への謝意や挿絵本制作の申し出などが綴られた、1928年4月21日付の手紙のファクシミリが綴じ込まれている。

前にも書いたことがあるが、ベルクグリューンは展覧会を開催する一方、現代作家の版画作品の出版も行い、販売方法に、当時としては画期的な通信販売の手法を取り入れ、世界中の顧客や業者向けに、図録とほぼ同じフォーマットで作られたカタログ『Maitres-Graveurs Contemporains』(1963~1993) をシリーズ化して刊行している。初号(Reproduction of Picasso's linocut "Toros Vallauris 1958")と最終号(White Cover)を除き、画廊で個展を開催した作家によるオリジナル・リトグラフを表紙に用いている。ベルクグリューンは1990年、収集と取引に専念するために、画廊の経営権を当時助手を務めていたアントワーヌ・マンディアラ(Antoine Mendiharat)に譲渡している。

●作家:Paul Klee(1879-1940)
●種類:Catalogue(Berggruen Collection No.12)
●題名:L'Univers de Klee
●サイズ:220x118mm(220x 363mm)
●技法:Lithographic cover printed by Mourlot, Paris
●発行:Berggruen & Cie, Paris
●制作年:1955
a0155815_18113966.jpg
a0155815_18115862.jpg
a0155815_18122246.jpg
a0155815_18123747.jpg
a0155815_18124965.jpg
a0155815_1813325.jpg
a0155815_18131871.jpg



註:

1.
a0155815_18305013.jpg
図版:図録の表紙と同じイメージを使って作られた告知用ポスター。サイズ:644x474mm、印刷:ムルロー工房、1955年。このポスターの複製(?)がニューヨーク市の《Penn Prints, New York》で作られていて、それにはシート下部に印刷所のムルロー(Mourlot)の名が記されていない。ポスターは以前所有していた図録と共に手放してしまったのだが、そういうものに限って、被害妄想かもしれないが、評価が高くなるようだ。ニューヨーク近代美術(MoMA)には版画作品と共に、このポスターが収蔵されている。


2.
a0155815_13443973.jpg
図版:ベルクグリューン画廊での展覧会以降に購入されたこの水彩画「Klang der südlichen Flora」(230x300mm)は2003年11月6日、ニューヨーク市のサザビーズ(Sotheby's)で開催されたオークション『Impressionist & Modern Art, Part Two』に出品され、40万ドル(手数料込み)で落札されている。来歴は以下の通り:

Provenance:
Lily Klee, Bern(1940-46)
Klee-Gesellschaft, Bern(from 1946)
Galerie d'Art Moderne, Basel
Berggruen & Cie, Paris
Acquired by the Grandfather of the Present Owner circa1955~65
[PR]

by galleria-iska | 2017-06-27 18:18 | 図録類 | Comments(0)
2017年 05月 08日

アンディ・ウォーホルの写真集「Andy Warhol Photographs」(1987)

a0155815_2042990.jpg

アンディ・ウォーホル(Andy Warhol, 1928-1987)の生前最後の個展は、ニューヨーク市のロバート・ミラー画廊(Robert Miller Gallery, New York)で、1987年1月6日から31日にかけて開催された写真展「Andy Warhol Photographs」であった。これはその展覧会に合わせて刊行された写真集。1976年以降に制作された同じ図柄の写真-4枚組のものが多いが、6枚組、9枚組、12枚組ものもある-を白い糸で縫い合わせて作られた「縫合写真(Stitched Photographs)」77点を収録している。本の装丁は、30年のキャリアを持ち、この後ブルース・ウェーバーの写真集「Bruce Weber」(Alfred Knopf, New York, 1989)のデザインと編集を手掛けることになるブック・デザイナーのジョン・シャイム(John Cheim)によるもの。シャイムは1997年、多くの作家との仕事を活かし、ニューヨーク市にハワード・リード(Howard Read)とギャラリー、シャイム・アンド・リード(Cheim & Read)を設立している。

この写真集は1990年代にニューヨーク市にある古書店の在庫リストからタイトルだけで購入したもので、購入時の価格は50ドルだったと思う。写真集がブームになった時期には200ドル以上の値が付いたが、今は100ドル前後というところか。画像を見てのとおり、黄色フェチの自分には至福の一冊となった。ダストカバーはなく、黄色一色の表紙にエンボスが施された黒地に白色のレタリングが立体感を生み出しているのだが、そのアイデアの根底にはマン・レイの写真とポール・エリュアールの詩によるコラボレーション「ファシール(Facile)」(1935年)(註1)があったのだろうか。

そのウォーホルの写真作品を入手できる最初で最後のチャンスは、現在では優に100万円以上しているが、1987年、ウォーホルが死の直前にスイスの美術誌『パーケット(Parkett)』からの依頼で制作した120部限定の縫合写真(four stitched-together photographs of skeletons)(註2)であった。それは4点の骸骨の写真を縫い合わせたもので、多少高かったものの、まだ手が届きそうに思えた。が、ルオーの骸骨をモチーフとした版画作品の評価が頭をよぎり、決断できなかった。作品はウォーホルが病院に入院する直前にファクトリーから発送され、ウォーホルが亡くなった次の日(1987年2月23日)に出版社に届けられた。ウォーホル自身自己の死を予感していたわけではないが、期せずして「死を想え-メメント・モリ(Memento Mori)」に繋がるテーマを選んでしまったことになる。

同じイメージを反復するというウォーホルの手法は、お馴染みのものであるが、いまひとつ理解できないところがある。ましてやそれを“糸”で縫い合わせるという行為の意図については。反芸術を標榜するかのように、『ぼくは退屈なものが好きだ』という言葉を残したウォーホルは、パターン化された表現を繰り返し用いることで、大量生産という消費社会の特性を取り込みながら、全体を抽象的なひとつの光と影のコントラストに還元し、一回性を重んじる旧来の芸術が目指してきたものとは対極的な地平、マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp, 1887-1968)のレディ・メイドを継承するポップ・アートの雄として立っている。糸で縫うというアイデアについては、美術史家のウィリアム・ガニス(William Ganis)の著書(註3)によれば、彼の友人で、スタジオ助手、旅行同伴者の写真家クリストファー・マコス(Christopher Makos, 1948-)が1976年から行なってきたものを拝借(ウォーホルは他の作家のアイデアを自己の表現に取り入れ、それを自らのものとしている。そのことは草間弥生や東典男が証言している)したもので、ウォーホルは1982年、ベルニナ・ミシン(Bernina Sewing Machine)を購入し、マコスが勧誘してきた服飾学校生ミシェル・ラウド(Michele Loud)を助手と使い、縫合写真の殆んど全てを担当させている。その最初の成果となったのが、1987年のロバート・ミラー画廊での個展であった。この個展は批評家の賞賛を浴び、98点の縫合写真が売れた。それに気を良くしたウォーホルは亡くなるまで制作を続けた、とある。

縫合写真を見ていて気になるのは、縫いつけを示すためであろう、写真の角が合わさる部分に縫い糸を意図的に残しているところである。それはコンセプトとしての縫合写真を成立させるため、あるいはオブジェとしての量感というか物質感を持たせるための作為であったのだろうか。

●作家:Andy Warhol(1928-1987)
●種類:Catalogue
●著者:Stephen Koch
●サイズ:290x232mm
●技法:Offset
●発行:Robert Miller Gallery, New York
●制作年:1987
a0155815_20584142.jpg

a0155815_21191.jpg

a0155815_2045246.jpg

a0155815_2046578.jpg
a0155815_2048431.jpg
a0155815_20494886.jpg
a0155815_20512955.jpg
a0155815_20545193.jpg
a0155815_2055574.jpg
a0155815_20565720.jpg



註:

1.
a0155815_11273567.jpg
図版:Man Ray et Paul Éluard, 『Facile』. Poésies de Paul Éluard. Photographies de Man Ray. Paris, Éditions G.L.M., 1935.

2.
a0155815_226915.jpg
図版:Andy Warhol:Photo Edition for the Parkett(Parkett No.12), 1987. Multiple of four machine-sewn gelatin silver prints, 248x199mm, Ed.120

3.William V. Ganis, 『Andy Warhol’s Serial Photography』. Cambridge, 2004
[PR]

by galleria-iska | 2017-05-08 22:35 | 図録類 | Comments(0)
2017年 01月 31日

ウォーホルの展覧会図録「The American Indian」(1978)

a0155815_20344293.jpg

最近、白人至上主義的な傾向を見せる某大統領の出現とその偏った政策に対する反論として、アメリカ合衆国は移民によって成立しているとよく言われるが、それは一千万人に近いとも言われるアメリカ・インディアンの虐殺、絶滅政策という血の歴史の上にたっていることは一顧だにされない。アメリカ・インディアンをアメリカ史からも抹殺しようと図るその政策は、インディアン居留地を廃止し、彼らを都市の中に紛れ込ませるという形に変えられ、1960年代いや70年代に入っても行なわれていた。随分前にアメリカの美術専門の古書店からウォーホルの展覧会の図録ということで内容もよく知らずに購入したのが、このなんの変哲もないというか、実に素っ気無いデザインの図録。タイトルページもなく、表紙に展覧会の図録である旨が記載されている。この図録(註1)は、1977年10月28日から翌年1月22日まで、スイス第二の都市ジュネーヴにあるジュネーヴ美術・歴史博物館(Musée d'art et d'histoire, Genève)で開催されたアンデイ・ウォーホル(Andy Warhol, 1928-1987)の17点の作品からなる展覧会「The American Indian」に際して発行されたもの。初版は1977年10月に1000部限定で発行されたが、早々と売り切れてしまったため、1978年に新たに1000部限定で再版された。今回取り上げるものは後者。

この展覧会に先行する展覧会「American Indian Series」が、アメリカの現代美術の作家を幅広く紹介しているロサンゼルスのエース画廊(Ace Gallery, Los Angeles)の主催で、1976年から1977年にかけて開催されている。その際、ウォーホルの絵画作品をもとにしたポスターが三種類(註2)作られている。「American Indian Series」は、ウォーホルがアメリカ建国200年にあたる1976年にエース画廊(Ace Gallery, Los Angeles)からの依頼で制作した一連の作品で、ウォーホルがニューヨークで撮影したアメリカ・インディアンのラコタ・スー族の活動家、思想家、俳優で、インディアン権利団体「アメリカインディアン運動」(AIM)のスポークスマンであったラッセル・ミーンズ (Russell Means、1939-2012)の肖像写真をもとに制作された12点のラージフォーマット(214x178cm)、24点のスモールフォーマット(127x107cm)の肖像画、それと少なくとも6点の鉛筆デッサン(104,1x71,1cm)からなる。エース画廊は、この肖像画制作に際し、活動資金として、ラッセル・ミーンズに5000ドル支払っている。

ジュネーヴ美術・歴史博物館での展覧会はその内の17点をエース画廊から借り受け開催されたものである。このシリーズはウォーホルの一連の肖像画制作の流れを汲むのかもしれないが、アメリカの恥部であるインディアンを主題として取り上げることは、多分に政治的な意味合いを持つことを、キング牧師に率いられた公民権運動の最中の1963年に起きたアラバマ州バーミンガムの人種暴動(Birmingham Race Riot)(註3)を取り上げたウォーホルはどのように捉えていたのだろうか。その初期に、死というスキャンダラスな側面を敢えて取り上げることで芸術の範疇を押し広げようしていたかのように見えるウォーホルは、純粋に政治的な意図を念頭に置いていたとは考え難く、アメリカ・インディアンの大量虐殺という死のイメージ、そのスキャンダラスな側面に興味を抱いたと言う方が的を得ているのかもしれない。

●作家:Andy Warhol(1928-1987)
●種類:Exhibition catalogue
●サイズ:298x210mm
●技法:Offset
●限定:2nd edition of 1000 copies
●発行:Association Musée d'Art Moderne, Genève
●印刷:Studer SA, Genève
●制作年:1978
a0155815_203513.jpg
a0155815_20352335.jpg
a0155815_20353627.jpg
a0155815_20355413.jpg
a0155815_20361283.jpg




註:

1.「The American Indian」 : une série de six dessins et onze peintures d'Andy Warhol : exposition, Musée d'art et d'histoire, Genève, 28 octobre 1977-22 janvier 1978 : catalogue /​ [établi par Rainer Michael Mason] ; éd. par l'Association Musée d'art moderne. 36 p.

2.展覧会の開催地としてパリ(1976年:黒背景)、カナダ(1977年:赤背景)、ロサンゼルス(1977年:青背景)が記載されている。その内の2点がこちら:
a0155815_20364296.jpg
図版:アメリカ現代美術のメッカとも言えるロサンゼルスのエース画廊が1976年にカナダ(?)で開催したウォーホルのアメリカン・インディアンをテーマとする作品展「American Indian Series」の告知用ポスター、オフセット、1245x851mm《The American Indian Series(Red version), Ace Gallery, Los Angeles》
a0155815_20362991.jpg
図版:1977年の展覧会の告知用ポスター、オフセット、1245x851mm《The American Indian Series(Blue version), Ace Gallery, Los Angeles》

3.ウォーホルが1964年に制作したシルクスクリーンの版画作品「Birmingham Race Riot」は1963年5月17日に発行された雑誌「ライフ(Life)」に掲載された、アメリカの写真家チャールズ・ムーア(Charles Moore, 1931–2010)撮影の写真に基づく。その写真は1963年4月2日に起きたバーミンガム暴動を取材したもので、アラバマ州バーミンガムで人種差別(segregation)反対のデモや座り込みを開始したキング牧師らに対して、警察が警察犬をけしかける場面を撮影したもので、ウォーホルはその写真を左右反転して用いている。

a0155815_19251483.jpga0155815_1925294.jpg

左がウォーホルの作品。右はそれを左右反転して、元になったチャールズ・ムーアが撮影した写真のイメージに戻したもの。
[PR]

by galleria-iska | 2017-01-31 21:02 | 図録類 | Comments(0)
2016年 04月 23日

アンブロワーズ・ヴォラールの出版「Les Éditions Ambrose Vollard」(1930)

a0155815_1972051.jpg

19世紀末から20世紀初頭にかけて、美術史に名を残すこととなるポール・セザンヌ(Paul Cézanne)、ポール・ゴーギャン(Paul Gauguin) 、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent van Gogh)、パブロ・ピカソ(Pablo Picasso) といった画家を世に送り出したのが、パリの画商アンブロワーズ・ヴォラール(Ambroise Vollard, 1866-1939)であるが、彼はまた、いち早く版画の可能性を見出し、絵画の売買で得た豊富な資金力をもとに、本の蒐集家向けに、ポール・ヴェルレーヌの詩にピエール・ボナールがリトグラフによる挿絵を付けた「Parallèlement」 を皮切りに、ゴーゴリ、バルザック、ラ・フォンテーヌ、ジャリなどの小説や詩の挿絵制作に、ピカソ、ルオー、シャガール、ブラックらの画家を巻き込み、いわゆる画家本と呼ばれる豪華本の出版に乗り出す。当初、蒐集家の反応は冷ややかもので、この目論見は当てが外れたように見えたが、その後様々な画商兼出版者を生み出すこととなる。ヴォラールの手掛けた挿絵本は、今ではその歴史を辿る上で欠くことの出来ない古典的な存在となっており、版画作品を収集する世界中の主要な美術館に収蔵されている。個人的には、オディロン・ルドン(Odilon Redon, 1840-1916)が三度も石版画集を編むことになったギュスターヴ・フロヴェールの戯曲仕立ての小説「聖アントニウスの誘惑(La Tentation de Saint Antoine)」のうち、ヴォラールが1938年に刊行した第三集(ヴォラール版)を入手出来たのが唯一の成果であったが、今はもう手元にない。

この図録は、出版人としてのヴォラールに焦点を当てた展覧会の図録(註1)であり、かつヴォラールが(準備中のものを含め)手掛けた出版総目録となっている。とは言え、本文に図版は一点も載っておらず、一般読者というか、愛好家にとって、必ずしも親切な作りになっているとは言い難い。その埋め合わせだろうか、扉絵(frontispiece)としてラウル・デュフィ(Raoul Dufy, 1877-1953)がヴォラールの肖像をエッチングで刻んだものが挿入されている。限定部数は625部で、125部の特装版はモンヴァル紙に印刷され、オールマスターが素描に用いた赤色チョーク、サンギーヌ(sanguine)の色で刷られたものが挿入されている。手元にあるものは通常版で、現在、200~300ユーロの評価である。

●種類:Catalogue
●題名:Les Éditions Ambrose Vollard:Catalogue complet des Éditions Ambroise Vollard
●サイズ:290x235mm
●表紙:B.F.K. Rives
●限定:625
●発行:Le Portique Éditeur, Paris
a0155815_18141637.jpg
a0155815_18143028.jpg
a0155815_18145096.jpg
a0155815_181557.jpg
a0155815_18152281.jpg

a0155815_19103764.jpg
ピエール=オーギュスト・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir, 1841-1919)がリトグラフで描いた「ヴォラールの肖像」のファクシミリ版
a0155815_18203280.jpg

a0155815_17312466.jpg

a0155815_191870.jpg

●作家:Raoul Dufy(1877-1953)
●種類:Print
●題名:Portrait d'Ambroise Vollard (I.F.F. 49)
●サイズ:273x216mm
●技法:Etching
●紙質:Papier vergé (laid paper)
●限定:625
●発行:Le Portique Éditeur, Paris
●制作年:1930
a0155815_203949.jpg
通常版のための刷り(左)と特装版125部のためのサンギーヌの刷り(右)。
a0155815_20493655.jpg
ヴォラールの肖像写真(左)とデュフィのエッチングよる肖像画(右)


註:

1.Catalogue complet des Éditions Ambroise Vollard - Exposition du 15 Décembre 1930 au 15 Janvier 1931. Le Portique Éditeur, Paris, 1930. Catalogue des Éditions publiées par Ambroise Vollard ainsi que des projets (dont certains ne virent pas le jour). Un vol. 343x260mm, 76 p., broché contenant en frontispice une eau-forte originale de Raoul Dufy"Portrait d'Ambroise Vollard (I.F.F. 49) " et une reproduction d'une lithographie de Renoir"Portrait d'Ambroise Vollard". Tirage total à 625 exemplaires. 500 sur vergé de Rives, avec l’eau-forte originale tirée en noir. 125 exemplaires sur Montval, avec un portrait d’Ambroise Vollard par Dufy en frontispice, en eau-forte originale tirée en sanguine et signée sur le cuivre. Tous sont illustrés en outre, d’un portrait d’Ambroise Vollard par Auguste Renoir (fac-similé d’une lithographie).
[PR]

by galleria-iska | 2016-04-23 21:07 | 図録類 | Comments(0)
2016年 04月 19日

ジャスパー・ジョーンズの図録「Jasper Johns:die Graphik」(1971)

a0155815_20424121.jpg
a0155815_2043497.jpg

1971年4月17日から5月29日にかけてスイスのベルンにあるクンストハレ・ベルン(Kunsthalle Bern, Switzerland)で行なわれたジャスパー・ジョーンズ(Jasper Johns, 1930-)の版画の回顧展「Jasper Jphns: Graphik」(註1)の図録は前に取り上げたが、これは北ドイツの都市ハノーファーにあるハノーファー芸術協会(Kunstverein Hannover, Hannover)で、同年8月7日から9月5日かけて行なわれた展覧会「Jasper Johns:die Graphik」の、ポケット判仕様の図録である。ソフトカバーではあるが、布装丁となっている。出展作品は、先のベルンのものにハノーファーの告知用ポスターを加えた、試し刷りを多く含む133種類であるが、図録はベルンのものとは異なる編集がされており、ジョーンズの制作現場を捉えた写真の他、版画作品との関係性や独自性を示すために、絵画やブロンズ作品が何点も引用されている。また、アメリカ西海岸の都市ロサンゼルスにあるジェミナイ工房(Gemin G.E.L., Los Angeles)での版画制作に関する、普段は見ることが出来ない内容証明(Print documentation)が二点掲載されており、こちらも興味深い。この展覧会の告知用ポスターにはベルンと同じイメージが使われているようなのだが、まだ実物にお目にかかったことがない。

●作家:Jasper Johns(1930-)
●種類:Catalogue
●サイズ:190x105mm
●技法:Offset
●発行:Kunstverein Hannover e.V.
●制作年:1971
a0155815_21291637.jpg

a0155815_20514180.jpg
a0155815_20515585.jpg
a0155815_2052975.jpg


註:

1.この展覧会に先立ち、1970年4月5日から6月14日にかけてフィラデルフィア美術館でジャスパー・ジョーンズの全版画作品128点からなる版画の最初の回顧展「Jasper Johns Prints 1960-1970」が開催されており、その図録のドイツ語版がベルンの図録となる。
a0155815_12414614.jpg
図版:1964年制作の「Souvenir 2」(Oil and collage on canvas with objects)をもとにデザインされた、同展の告知用ポスター。作家の署名入りのもが200部ある。

●作家:Jasper Johns(1930-)
●種類:Poster
●作品名:Souvenir
●サイズ:786x552mm
●技法:Offset-lithograph
●印刷:The Falcon Press, Philadelphia
●目録番号:127A

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年4月21日追記:

ハノーファーの芸術協会での展覧会の直前の8月1日まで、メンヒェングラートバッハ市立博物館(Städtisches Museum Mönchengladbach)で行なわれていた展覧会「Jasper Johns. Das Graphische Werk」の告知用ポスター。ベルンのクンストハレ、メンヒェングラートバッハ市立博物館、そしてハノーファーの芸術協会のポスターは同じフィルムを使っているため、ジョーンズ自身によるテキスト部分を入れ替え、同時に制作されたものと考えられる。
a0155815_18503332.jpg

●作家:Jasoer Johns(1930-)
●種類:Poster
●題名:Painting with Two Balls
●サイズ:1007x703mm
●技法:Silkscreen
●発行:Städtisches Museum Mönchengladbach
●印刷:Albin Uldry, Bern
●制作年:1971
●目録番号:131B
[PR]

by galleria-iska | 2016-04-19 21:30 | 図録類 | Comments(0)
2016年 04月 17日

ミンモ・パラディーノの図録「Mimmo Paladino Etchings, woodcuts and linocuts 1983-86」(1986)

a0155815_1952463.jpg

a0155815_1914077.jpg

今回は、少し前に取り上げたイタリアのトランス・アヴァンギャルディアの作家のひとり、ミンモ・パラディーノ(Mimmo Paladino, 1948-)が、契約画廊であるワディントン・ギャラリーズの出版部門であるワディントン・グラフックスの主催で行なった展覧会「Mimmo Paladino Etchings, woodcuts and linocuts 1983-86」の図録(註1)を取り上げてみたい。ワディントン・グラフィックスが商品カタログとして送ってくれたものと記憶しているが、定かではない。この図録を参考に、展覧会の題名ではないが、エッチング、木版画、リノカットの代表作と言えるものを何点か手に入れたが、今手元に残っているのは、「Il Patinatore」という作品のみである。

最初気付かなかったが、パラディーノはこの表紙をデザインするにあたり、自身が制作した版画作品の図柄の一部をコラージュに用いる、という作者ならではのアプローチを採っているが、そんな仕掛け(?)の元になった作品を探してみるのも一興であろう。
a0155815_1134753.jpg

●作家:Mimmo Paladino(1948-)
●種類:Catalogue
●サイズ:210x281mm(210x564mm)
●技法:Offset
●発行:Waddington Graphics, London
●印刷:The Midas Press, Farnborough
●制作年:1986
a0155815_1165857.jpg

a0155815_1925513.jpg

a0155815_19325564.jpg




註:

1.This catalogue with illustrated Card Covers designed by Mimmo Paladino was published by Waddington Graphics, London in 1986 on the occasion of an exhibition of Etchings , Woodcuts and Linocuts by Mimmo Paladino made between 1983 and 1986. With an Introductory text by Richard E. Caves 「Mimmo Paladino:Recent Prints in Context」 with 32 Plates in colour and b/w.
[PR]

by galleria-iska | 2016-04-17 20:10 | 図録類 | Comments(0)