ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 31日

菅井汲のポスター「Galerie H. Le Gendre」(1957)

a0155815_18345125.jpg

パントル・グラヴールとして国際的に通用する数少ない日本人画家、菅井汲(Sugai Kumi, 1919-1996)であるが、現在の版画の価格は必ずしもその評価に見合ったものであるとは言えない。ポスターに至っては評価すら無きに等しい。その菅井が、1957年の3月1日から30日かけてサンジェルマン・デュプレのゲネゴ通りにあるル・ジャンドル画廊(Galerie H. Le Gendre)で個展を開催した際に、告知用に制作したオリジナルのリトポスター。ポスターのイメージは前の年に描かれた油彩画「Homme」に基づいており、同時に50部限定のリトグラフ「OTOKO」も制作され、同画廊から出版された。ポスター(760x563mm)も、リトグラフ(650x500mm)と同様、B.F.K.リーヴ紙に刷られている。上下耳付。文字入れは手書き。菅井はこの年の10月に再びル・ジャンドル画廊で、今度は詩人ジャン・クラレンス・ランベールとの最初のコラボレーションである詩画集「果てしなき探求(La Quete Sans Fin)」とコルネイユが挿絵を描いた詩画集「彼女、それは夜明け」による二人展を開いている。

菅井は1950年代後半からパリを始めヨーロッパやアメリカの画廊で数多くの絵画や版画の個展を開催しており、当然のことながら告知用のポスターも制作していると考えられるが、1996年に阿部出版から出版された「菅井汲版画カタログレゾネ(Sugai Catalogue Raisonne de L'oeuvre Grave 1955-96)には図版の掲載やデータの記載がないため、その全体像を掴むことが出来ない。通常、版画の目録が編纂される場合にはポスターも収録されるのが普通なのだが。ともあれ、このポスターが菅井の最初期のオリジナル・ポスターのひとつであることは間違いない。

●作家:菅井 汲(Sugai Kumi, 1919-1996)
●種類:Poster
●サイズ:760x563mm
●技法:Lithograph
●紙質:B.F.K. Rives
●発行:Galerie H. Le Gendre, Paris
●印刷:Patris, Paris
●制作年:1957

a0155815_18351189.jpg
このポスターはラ・ル画廊(Galerie La Roue)で同時に開催された水彩画展(Gouaches)の告知も兼ねている。



a0155815_18394092.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-05-31 18:41 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2011年 05月 30日

アラントン画廊の招待状「Les Portes de Craie」(1989)

a0155815_22404734.jpg

マラケ河岸の書店・画廊アラントン(Arenthon S.A.)で催されたアンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ(André Pieyre de Mandiargues, 1909-1991)の最晩年の作品「白亜の扉(Les Portes de Craie)」の展示会への招待状。この本は、「コブラ(CoBrA」の創設メンバーひとり、ピエール・アレシンスキー(Pierre Alechinsky, 1927-)の5点のエッチングと9点の飾絵(vignette)を付した挿絵本で、菅井汲の晩年のエッチングの版元でもあるパリの印刷・出版社、R.L.D(Robert et Lydie Dutrou Editions-SARL, Paris)から限定205部で出版された。

●作家:André Pieyre de Mandiargues(1909-1991)/Pierre Alechinsky(1927-)
●種類:Invitation
●サイズ:205x149mm(205x298mm)
●技法:Letterpress
●紙質:Arches
●発行:Arenthon S.A.(Galerie Arenthon), Paris
●制作年:1989


a0155815_22405989.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-05-30 23:07 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)
2011年 05月 28日

ベルナール・ビュッフェの招待状「Vézelay. Colline Éternelle」(1968)

a0155815_19575450.jpg


フランスのブルゴーニュ地方、ヨンヌ県の古都で、中世自由都市のひとつであるヴェズレーは1979年、「ヴェズレーの教会と丘」という名で世界遺産に登録されている。村の中心は丘の上に築かれ、その頂きにはバジリカ式の教会堂で、「マグダラのマリア」のためのサント=マドレーヌ大聖堂(Basilique Sainte-Madeleine de Vezeley)が建つ。この村はまた、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路の始点となっており、ヴェズレーから国境を越え、イベリア半島北西部に続く「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」として世界遺産に登録されている。

この招待状は、ヨンヌ県の知事および県議会議長主催で、1968年5月31日にジョルジュ・ポンピドー首相出席のもと催された観劇の夕べのために制作されたもので、21世紀を待たずして自らの命を絶ったベルナール・ビュッフェ(Bernard Buffet, 1928-1999)が、表紙絵として、招待客を迎える場所となったサント=マドレーヌ大聖堂を描いている。演目はアカデミー・フランセーズの会員であるモーリス・ドリュオン(Maurice Druon, 1918-2009)作のによる「ヴェズレー、永遠の丘-音と光」。この表紙絵をもとに、ビュッフェの刷り師であるシャルル・ソルリエが版を起こしたエスタンプ((lithographie d'interprétation=Interpretation lithograph)と告知用のポスター(530x330mm、限定800部)が制作された。尚、エスタンプとポスターでは背景色が空色に変えられている。

●作家:Bernard Buffet(1928-1999)
●種類:Invitation
●技法:Lithograph
●題名:Vézelay. Colline Éternelle
●サイズ: 255x180mm(255x360mm)
●印刷:Mourlot, Paris
●制作年:1968

a0155815_19581499.jpg




a0155815_1355490.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-05-28 18:42 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)
2011年 05月 28日

山藤章二のポスター「マカロニ金融」(1970年)

a0155815_2217352.jpg

その時々の世相を、ブラック・ユーモアのフィルターを通して見た似顔絵によって映し出す絵師、山藤章二(Yamafuji Shoji,1937-)氏は、ひとつ年上で20世紀を代表するポスター作家である横尾忠則(Yokoo Tadanori, 1936-)氏と同様、ポスター制作が創作活動の原点となっている。同じ時代に生き、同じ方向を目指していたはずの二人は、ポスターをスプリングボードにして、各々独自の制作スタイルを築き上げた、と言える。横尾氏は1958年、当時デザイナーの登竜門であった「日宣美展」出品した「ふしぎなふえふき」で奨励賞を受賞し、1959年に当時大阪にあった(株)ナショナル宣伝研究所に入社する。翌年研究所の東京移転に伴い上京。ところが、一月で研究所を退社し、日本デザインセンター(NDC)に移ってしまう。一方、山藤氏は武蔵野美術大学デザイン科に在学中の1957年に「日宣美展」に出品。「地熱」で特選を受賞し、二年連続入賞を狙った1958年は落選するも、1960年には大阪国際フェスティバルで海外向けポスター・コンテストで特賞を受賞し、この二つの勲章を胸に(株)ナショナル宣伝研究所に入社。短い期間ではあるが横尾氏と机を並べる。山藤氏によれば(1)、横尾氏が在職中に一度、自作のポスターに対する意見を拝聴すべく、夕飯に招く。食事は固辞されるが、作品を見た横尾氏曰く「絵は達者やけど、レイアウトが問題やね。見る人の神経を落ちつかせないようにデザインした方が、おもろいんと違う?」と言われ、納まりのいい、かっちりしたデザインを目指していたことに気付かされ、ショックを受ける。とは言え、山藤氏はその年、広告電通賞(ポスター部門)制作者賞を受賞しており、横尾氏と比べれば受賞歴は遥かに多い。 その山藤氏も、1964年に研究所を退社し、フリーのデザイナーとなる。
a0155815_1732741.jpg

このポスターのイラストは、山藤氏が無名時代の1968年に、紀伊国屋ホールでの《劇団NLT》(2)の旗揚げ公演ともいえる喜劇「マカロニ金融-信用の哲学的考察」のチラシ用に描いたもので、1970年の紀伊国屋ホールでの再演に際しポスターに構成し直したもの。当時劇団(特にアングラ劇団)の公演ポスターの主流であったシルクスクリーンで刷られている。このポスターを見ると、横尾氏の言っていることが分からなくもない。山藤氏は1970年、講談社出版文化賞(第1回)さしえ賞を受賞し、デザイナーからイラストレーターに活路を見い出していくこととなる。

●作家:山藤章二(Yamafuji Shoji, 1937-)
●種類:Poster
●題名:マカロニ金融(Le Système Fabrizzi)
●サイズ:728x513mm
●技法:Silkscreen
●発行:劇団NLT(Neo Litterature Theatre)
●制作年:1970

a0155815_2213365.jpg
版上サイン。山藤氏がイラストに添えるサインは、デビューから1992年までは、「YAMAFuji'(年号)」の形である。

註:
1:「横尾忠則グラフィック大全」(1989年、講談社刊)所収の『1959 横尾忠則に関する〈怨念〉と〈尊敬〉 山藤章二』より。
2:1964年,文学座を脱退した俳優、賀原夏子、丹阿弥谷津子、中村伸朗、南美江らと、文芸演出部員、矢代静一、松浦竹夫らが顧問に岩田豊雄(獅子文六)、三島由紀夫を迎え、グループNLTとして発足。主に三島由紀夫作品を中心に公演活動を開始する。NLTは、「新文学座」を意味するラテン語「Neo Litterature Theatre」の頭文字からとったもので、岩田豊雄(獅子文六)が名付け親である。1968年に,三島、中村、南らが賀原らとの路線対立から「グループNLT」を脱退、「浪曼劇場」を結成したことにより、現在の「劇団NLT」に名称を変更、賀原を中心に、主にヴールヴァール劇(フランス語の風俗コメディ)を上演する『劇団NLT』として再発足。賀原の死後も、この路線は踏襲されている。第1回公演は演出に飯沢匡、客演に黒柳徹子を迎え、喜劇『マカロニ金融』(原作:アルベール・ユッソン「(Albert Husson (1912-1978):Le Système Fabrizzi,1963」を上演。この旗揚げ公演ともいえる作品で、芸術祭賞を受賞しており、1970年の再演でも、芸術祭奨励賞受賞している。

参考文献:
横尾忠則著「横尾忠則グラフィック大全」(All about Tadanori Yokoo and His Graphic Works)講談社、1989年1月16日発

a0155815_22134887.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-05-28 17:05 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2011年 05月 24日

ロバート・ラウシェンバーグの招待状「Galerie Daniel Templon」(1985)

a0155815_16265572.jpg


1985年にパリのダニエル・タンプロン画廊(Galerie Daniel Templon)で開催されたロバート・ラウシェンバーグの個展のヴェルニサージュへの招待状。タンプロン画廊については、前にロバート・メイプルソープの招待状を取り上げた際に書いているので、今回は省く。この個展はロバート・ラウシェンバーグの「Salvage Series」による近作展であり、偶然にもメイプルソープ展と同じ年に開催されたものである。タンプロン画廊の招待状は常に、画廊の白亜の壁面を表す白のコート紙に同じ書体による文字の配置が行なわれ、作家や展覧会について一切の予断を許さない禁欲的なや美しさを放っている。

タンプロン画廊が紹介してきた主だった作家を見てみると、ウイレム・デ・クーニング、アンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンスタイン、エルスワース・ケリー、ジャン=ミッシェル・バスキア、キース・ヘリング、サンドロ・キア、フランチェスコ・クレメンテ、ヨルグ・イメンドルフ、ヘルムート・ニュートン、リチャード・セラ、クリスチャン・ボルタンスキー、カール・アンドレ、ドナルド・ジャッド、ソル・ルウィットと、現代美術の様々な動向を俯瞰することが出来る。

そして現在は、ヴァレリオ・アダミ、アンソニー・カロ、ジム・ダイン、フランク・ステラ、ジョエル・シャピロ、ヤン・ファーブル、クロード・ヴィアラなど、約40人の作家と契約し、その展覧会をプロデュースしている。

●作家:Robert Rauschenberg(1925-2008)
●種類:Invitation(Carton d'Invitation)
●題名:Robert Rauschenberg Oeuvres Récentes
●サイズ:104x149mm
●発行:Galerie Daniel Templon, Paris
[PR]

by galleria-iska | 2011-05-24 16:30 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)
2011年 05月 22日

ポール・デルヴォーのポスター「Le Bateau Lavoir」(1966)

a0155815_16575112.jpg


1966年にパリのバトー・ラヴォワール画廊で開催されたポール・デルヴォーの個展「Dessins & premieres lithographies」の告知用に作られたオリジナルのリトポスター。版画用のアルシュ紙に刷られており、限定は250部。実際に掲示されたかどうかは不明であるが、1960年代当時は未だデルヴォーのベルギー以外での認知度はそれ程高くなく、250枚でも多かったかもしれない。と言うのも、デルヴォーの版元である同画廊には、1980年後半になっても、それまでに発行されたオリジナルのリトグラフを表紙に使った図録(Cahier Paul Delvaux)やポスターが未だ残っていたからである。このポスターは、左側のマージンを切り揃える前のもので、右側と比べると、数センチほど巾が広い。

●作家:Paul Delvaux(1897-1994)
●種類:Poster
●サイズ:645x485mm
●技法:Lithograph
●限定:250
●紙質:Arches
●発行:Le Bateau Lavoir, Paris
●制作年:1966

a0155815_1658744.jpg
このポスターは、同じ年にデルヴォーが制作したモノクロのリトグラフ「La dame à la bougie(The candle woman)」のイメージを用いているが、新たに背景色が加えられた。リトグラフには「蝋燭の光の婦人」というような題が付けられているが、画面には蝋燭は描かれてはおらず、画面の外側に視線を向ける婦人の手の仕草に、闇と静寂に包まれた室内で起きようとしていることの全ての意味が込められている、ということになるのだろうか。デルヴォーの描く女性の面立ちは晩年、初期フランドル絵画の人物表現の類型に近づいていくように思われる。


参考文献:
Mira Jacob「Paul Delvaux Oeuvre gravé」Éditions André Sauret, Monaco, 1976
[PR]

by galleria-iska | 2011-05-22 18:19 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2011年 05月 21日

福田繁雄の挿絵本「Romeo and Juliet」(1965)

a0155815_2044279.jpg

日本を代表するグラフィク・デザイナー、故福田繁雄(Fukuda Shigeo, 1932-2009)が1963年に手がけた実験的な挿絵本「ロミオとジュリエット」。私家版による発行のため、発行部数は数百部程度とか思われる。表題が示すように、ロミオとジュリエットと二人の間に起こる出来事を三色に色分けし、二人の感情の起伏や場面の緊張感を心電図のような図形によって表現した作品。タイポグラフィーは図形に沿うように配置されている。シルクスクリーン印刷。ソフトカバー、中綴じ、英文、16ページ。この挿絵本は、1966年に開催された『第2回ブルノ国際グラフィック・デザイン・ビエンナーレ』(チェコスロバキア)で奨励賞を受賞している。

●作家:福田繁雄(Fukuda Shigeo, 1932-2009)
●種類:Illustrated book
●題名:Romeo and Juliet by William Shakespeare
●サイズ:179x181mm
●技法:Silkscreen
●印刷:サン工芸印刷株式会社(Sun Art Printing, Co.,Ltd.)
●制作年:1963
●発行年:1965

a0155815_2081456.jpg

a0155815_205191.jpg
a0155815_2053397.jpg
a0155815_2054460.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-05-21 20:19 | その他 | Comments(0)
2011年 05月 21日

美術文芸誌「Cahiers intempestifs」の購読案内

a0155815_18225121.jpg

1993年に『時機を逸した雑誌(Cahieres intempestifs)』という誌名で創刊された美術文芸誌の購読案内。表紙絵は、創刊メンバーの一人で、フランスで1960年代末に起こった芸術運動「シュポール/シュルファス」の中心となった現代美術作家、クロード・ヴィアラ(Claude Viallat,1936-)によるオフセット・リトグラフで、雑誌の表紙に使われたもの。雑誌は年二回発行で、当初版画用のアルシュ(velin d'Arches)紙を用いて印刷されていたが、現在は価格の安いラナ紙(velin de Lana)に変更されている。価格は53ユーロ。

雑誌の紹介には、《A cultural magazine printed in offset lithograph on vellum paper. Its vocation is to gather original creations from writers and artists on a specific theme. 23 x 28,5 cm, unbound, 56 pages, limited edition of 1000, printed on vellum》とあり、マーグ画廊が発行していた「ノワーズ(Noise)」の造りを意識しているように思われる。因みに、ヴィアラは1990年に発行された「ノワーズ」第13号にアーティストとして参加している。

●題名:Cahiers intempestifs
●種類:Bulletin d'abonnement(Subscription form)
●サイズ:209x149mm(209x298mm)
●技法:Lithographie offset(Offset lithograph)
●紙質:Arches
●発行:Editions S'printer(=Éditions des Cahiers intempestifs), Saint-Etienne
●制作年:1993

a0155815_1952370.jpg


a0155815_1805679.jpg
絵入り広告文。こちらはアルシュ紙にシルクスクリーンで印刷されている。
[PR]

by galleria-iska | 2011-05-21 19:11 | その他 | Comments(0)
2011年 05月 19日

ロイ・リキテンスタインのカバーアート「Guggenheim Magazine」(1993)

a0155815_1264438.jpg

ニューヨークのグッゲンハイム美術館が会員のために発行している会報誌「Guggenheim Magazine」の1993年秋号。この号は同年開催されたロイ・リキテンスタインの大規模な回顧展に合わせ発行されたもので、表紙をリキテンスタインがデザインしており、表裏に同じイメージが使われている。リキテンスタインはこのイメージをコラージュの手法で制作しているが、主題は、17世紀のオランダ絵画における静物画をイメージさせる。卓上の静物や壁に掛かった額などのモチーフは1974年に制作された連作版画「Six Still Lifes Series」と関連しているが、ここではストライプとともに網点が復活しており、大きさの違う網点の使用による陰影表現で、平面的で均一だった画面に空気感をともなう複雑な光の諧調が生まれ、西欧絵画において実在性を得るために欠かすことの出来ない明暗法が、リキテンスタイン流の解釈によって示されている。

●作家:Roy Lichtenstein(1923-1997)
●種類:Book cover
●サイズ:345x270mm
●技法:Offset lithograph
●限定:ca.30000‐35000
●出版:artist & Solomon R. Guggenheim Museum, New York
●印刷:Mack Printing Company, Easton, Pennsylvania
●制作年:1993

a0155815_1265994.jpg



a0155815_12234748.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-05-19 17:08 | 図録類 | Comments(0)
2011年 05月 18日

ロイ・リキテンスタインのカバーアート「Art About Art」」(1978)

a0155815_20472049.jpg

1960年代の漫画の引用から始まり、ピカソやモネの作品を下敷きにした作品を制作してきたロイ・リキテンスタインは1977年、自分自身の過去のモチーフなどをシュルレアリスム的解釈を施して構成する“シュルレアリスト”ペインティングを始め、1979年までに49点の作品を制作。1978年にはジェミナイ版画工房からリトグラフ6点組の「シュルレアリストシリーズ」も出版している。同年、ニューヨークのホイットニー美術館で開催された、現代美術における引用に焦点を当てた「美術についての美術(Art About Art」展のカタログの表紙も、この”シュルレアリスト”ペインティングに関連する構図でデザインされている。モチーフとして描かれている画枠(Stretcher Frame)は1968年のペインティングや1969年に出版された「ロイ・リキテンスタイン:素描と版画」のブックカバーに描かれたものであり、大きく見開いた目や唇も、リキテンスタインが1960年代に盛んに描いたブロンド美人を特徴付ける重要な要素である。その60年代のモチーフであった画枠が捲れ、その内側から1970年代の画題である“シュルレアリスト”という別の画枠が現われるが、それは誰もが知るダリの手法を思い起こさせる。このイメージは展覧会の告知用ポスターにも使われているが、ポスターでは、タイポグラフィーが省かれ、作品の表題ならぬ展覧会情報を記したラベルが貼られているところが面白い。

●作家:Roy Lichtenstein(1923-1997)
●種類:Book cover
●サイズ:255x181mm
●技法:Offset lithograph
●限定:15000
●出版:E.P.Dutton, New York
●印刷:Lithochrome, New York
●制作年:1978


a0155815_2050035.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2011-05-18 18:40 | 図録類 | Comments(0)