ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 28日

ブランコ・ミルスのポスター「Grafika beogradskog kruga 1971」(1971)

a0155815_17182688.jpg

東欧、いわゆる旧共産圏の国の現代美術の動向は今でこそインターネットを通じて垣間見ることができるが、東西冷戦最中の状況は知る由もなかった。自由主義社会における思考や表現法とは異なる文法によって作られる作品は、地方や郷土作家に似て、その閉じた世界の中で成立しているかのような印象であった。そんな東側諸国の中で、ティトー率いるユーゴスラビア連邦人民共和国は、旧ソ連の衛星国とはならず、独自の社会主義路線を目指し、自主管理社会主義政策を推し進めた。芸術に関しても、1948年のコミンフォルム脱退以降、文化芸術を政府のプロパガンダの手段として用いる旧ソ連の社会主義リアリズム影響から徐々に脱却し、1952年にはユーゴスラビア初となる絵画の個展が開催されるなど、芸術家の自主性というものが尊重される方向に向う。1955年からスロヴェニアのリュブリアナ近代美術館を会場にリュブリアナ国際版画ビエンナーレが開催され、国際的な動向にも関心を向けていくこととなり、また1963年から国内の版画作家の育成を目的とするベオグラードのサークルによる版画展(Grafika beogradskog kruga)が1952年にユーゴスラビアの優秀な版画作品を収集するために設立されたGalerija Grafički kolektivを会場に開催され、この展覧会の受賞者は後に同国の版画界において指導的な立場に立つこととなる。

1971年の版画展の告知用ポスターをデザインしたのは、1936年に旧ユーゴスラヴィア王国、現在のボスニア・ヘルツェゴヴィナ(Bosnia and Herzegovina )のドラゴティニャに生まれ、ベオグラード美術アカデミー(後にべオグラード芸術大学に統合)で絵画を学び、卒業後はパリのジョニー・フリードランデル(Johnny Friedlaender,1912-1992)の版画工房に学んだ、画家で版画家、モザイク・アーティストでもあるブランコ・ミルス(Branko Miljus, 1936-)である。ミルスは西側の空気を吸った作家の一人であり、現在はベオグラード芸術大学の美術学部の専任教授として壁画を教えている。ミルスはこの年、ポスターの構図の元絵となったと考えられるアクリルによる「Po Icarus(Pad Ikara)」を制作、翌72年には、今度はこのポスターの構図を利用してシルクスクリーン版画「Sinbad sailor II(Sinbad morjeplovec II)」を制作しているのだが、このような作品制作の方法は、ミルスがパリに学んだ際に見聞した、エコール・ド・パリの作家達の方法論に倣ったものではないかと思われる。

●作家:Branko Miljus(Branko Miljuš, 1936-)
●種類:Poster
●サイズ:707x500mm
●技法:Silkscreen
●発行:Galerija Grafički kolektiv(Graphic Collective Gallery), Beograd
●制作年:1971

a0155815_1942019.jpg
Branko Miljus「Sinbad sailor II(Sinbad morjeplovec II.1972)」640x470mm, silkscreen print
[PR]

by galleria-iska | 2012-02-28 17:36 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2012年 02月 22日

山本容子「Carnet de Voyage, Tokyo」(1997)

a0155815_17234032.jpg

a0155815_1732596.jpg

人にはそれぞれ無意識に惹かれる色というものがあるようで、自分は昔から黄色に反応してしまう傾向があるように思う。と言っても黄色が持つ役割に惹かれるのだが。小学生のころはゴッホの麦畑の黄色と青い空のコントラストにしびれた。ルイ・ヴィトンが1994年から発行している「トラベルノートブック(カルネ・ドゥ・ヴォワイヤージュ)」の第三号である山本容子氏の銅版画によるイラストを用いた“東京編”は、正にその黄色を表紙に用い、補色の青や無色の白を用いた力士たちの浴衣とのコントラストが、東京の下町の風情や快活さ、清涼感を感じさせ、沸々と所有欲を刺激した。ヴィトンの発売価格は6000円ぐらいであったと思うが、高級店に出入りするような暮らし振りではないので、話題性が失せれば処分する人も現われるのではないかと思っていたところ、ネットオークションに登場するようになり、何だか禿鷹かハイエナのような生き方に思えなくもないが、定価の三分の一ほどで入手することができた。もちろん中古品なので、それなりの状態ではあるが。ただ新品の状態で格安を望むのは“横着”というものである。品格とは別ものであろうが、それなりの分をわきまえないと、歴史によって築き上げられた価値を崩してしまう。これに国内で行なわれた展覧会の図録とチラシ、フランスで行なわれた出版記念展の招待状が加わり、あとポスターでも手に入れば...どうなるものでもないが。

●作家:Yamamoto Yoko(1951-)
●種類:Travel Notebook
●サイズ:230x145x20mm
●ケース:284x192x48mm
●技法:Offset
●発行:Louis Vuitton
●発行日:April 17, 1997
●制作年:1997

a0155815_17245197.jpg
a0155815_1725121.jpg
a0155815_1725156.jpg
a0155815_17252784.jpg
a0155815_17253854.jpg


a0155815_17235424.jpg
パリ7区のバク画廊(Galerie du Bac」での出版記念展への招待状。145x226mm
a0155815_1724884.jpg
『山本容子の描く東京五十景-ルイ・ヴィトン「トラベル・ノートブック」原画展』図録、1997年、197x300mm、発行:ルイ・ヴィトン・ジャパン(株)
a0155815_17242016.jpg
同展のちらし(表)182x258mm
a0155815_17243179.jpg
同展のちらし(裏)



a0155815_17414364.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2012-02-22 18:24 | その他 | Comments(0)
2012年 02月 20日

フランソワーズ・ジローのポスター「La Fête」(1981)

a0155815_11312727.jpg

ピカソに反旗を翻した唯一の女性として知られる画家で作家のフランソワーズ・ジロー(Françoise Gilot, 1921)。その彼女が、1980年に様々な催しが行なわれるニューオーリンズの夏をプロモートアするために設立された非営利組織の“La Fête”を広告するためにデザインしたポスター。描かれているのは、ジローとピカソの二人目の子供で、1949年にパリで行なわれた平和のための国際会議の開会日の4月19日に生まれたパロマ・ピカソ(Paloma Picasso)で、アトリビュートであるとされる一羽の鳥(鳩)を手にしている。パロマはスペイン語で“鳩”を意味しており、ピカソの共産主義への加担を示すものとして非難を浴びることになった平和会議のポスターに使われた鳩に因んで名付けられた。ジローはピカソの友人であるフォーヴィズムの大家マチスに心酔していたようで、1946年の2月にピカソに連れられて、ヴァンスのマチスのアトリエを訪問している。その後もピカソとともに訪問を重ね、また作品制作に関する手紙のやり取りを行なったりして親交を深めている。マチスはジローを勇気付けるために、ジローのほぼ線描による鳥を描いた作品を購入したり、ジローの肖像画を描いたりしているが、ピカソの不興を買っている。、ジローの絵画には、一見して判るように、ピカソとマチスの両方の影響が表れているが、その呪縛から逃れるために抽象絵画に向ったと言えなくもない。

ジローのリトグラフとの出会いは1950年頃で、ピカソに連れられてパリのムルロー工房を何度も訪れるうちに、自分でもリトグラフをやってみないかと説得され、彼らのメイドの肖像画をリトグラフで制作、ムルロー工房でリトグラフを制作した最初の女性となった。それから30年に渡り、ムルロー工房やアメリカのタマリンド工房などを行き来し、数多くのリトグラフを制作している。このポスターはジローの得意とするカラーリトグラフで制作されているが、ジローはこの年、1950年から継続してきたリトグラフによる版画制作に行き詰まりを感じ、インタリオによるモノタイプに関心を移すため、このポスターがリトグラフよる最後の作品かもしれない。

●作家:Françoise Gilot (1921-)
●種類:Poster
●題名:La Fête
●サイズ:697x479mm
●技法:Lithograph
●限定:3500
●発行:ProCreations Publishing Co., New Orleans
●制作年:1981

a0155815_11313890.jpg


a0155815_11314713.jpg
フランソワーズ・ジローの版上サイン

a0155815_11345585.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2012-02-20 11:29 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2012年 02月 15日

ホルスト・ヤンセンの最初期のポスター「Galerie für moderne Kunst(Brockstedt)Hannover」(1957)

a0155815_12928.jpg

ホルスト・ヤンセンが1957年の5月17日から6月18日にかけてハノーファーの現代美術画廊(ブロックシュテット画廊の前身)で行なった木版画による最初の個展の告知用に制作したオリジナルのカラーリトグラフ・ポスター。ヤンセンのポスター二作目となるこのポスターは、ペン画を元にデザインされ、刷りは盟友パウル・ヴンダーリッヒの手を借りてヤンセン自身が行なっている。どんな作家も初めて挑む技法は、手探りで暗闇に足を踏み入れるのにも似て、恐る恐るといった感があるが、銅版画では熟達した技法を身に付け、数々の傑作を物にしていたピカソであっても最初に作ったリトグラフはぎごち無さを感じさせる硬い表情のものであった。ヤンセンのポスター第一作は、現代美術画廊での個展に先立ち、この年の1月から2月にかけて自宅の居間を会場に開いた25点の新作木版画による展覧会の告知用にヴンダーリッヒの協力を得て作ったモノクロのリトグラフ・ポスターであるが、二作目と同じ太鼓を叩く人物を描いたペン画風の画面には未だリトグラフらしい表現を見い出すことはできない。ピカソがごく短期間でリト職人が舌を巻くほどの熟達振りを見せたように、ヤンセンも二作目のポスターでリトグラフの表現法を幾つか試しているのが見て取れるのだが、その後すぐにアール・ブリュットの影響を受けた線描を主体とする殴り書きスタイルとなり、ヤンセンにとって本格的なリトグラフと言えるのは1969年にムルロー工房で制作した「Facts」ぐらいで、後は専ら線描画に終始している。

このポスターの摺刷数は100枚未満とあり、告知用と考えると少ないように思われるが、これ以降に作られたポスターはヤンセンが一人で刷りを行なっているため、摺刷数は更に少なく、50枚以下のものが多い。

●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Poster(Plakat)
●サイズ:966x644mm
●技法:Original color lithograph
●限定:under 100 copies
●発行:Galerie für moderne Kunst(Brockstedt), Hannover
●印刷:Artist with assistance of Paul Wunderlich
●制作年:1957
●目録番号:Meyer-Schomann. 2
a0155815_16273263.jpg

a0155815_1632232.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2012-02-15 20:39 | ホルスト・ヤンセン関係 | Comments(0)
2012年 02月 13日

大橋歩のポスター「Pink House」

a0155815_13324821.jpg

2009年に三重県立美術館の企画展として開催された「大橋歩展 平凡パンチからアルネまで アート・ファッション・ライフスタイル 1964年~2009年」の会場で目にした一枚のポスターに惹かれ、ずっと探していたのだが、ようやく見つけることができた。それがこのポスター。銀紙(Silverfoil)がコーティングされた用紙に印刷されている。この用紙を使ったポスターや版画は、ウォーホル(Andy Warhol, 1928-1987)やリキテンスタイン(Roy Lichtenstein, 1923-1997)、ヴァザルリー(Victor Vasarely, 1908-1997)といったポップ・アートやオプティカル・アートの作家が1960年代から70年代に盛んに制作しており、鏡のように画面の外界を取り込むことで現実と虚像が入り組んだ不思議な空間を創出したり、白銀のように白く光輝くことで描かれたモチーフを光の中から浮び上がらせる効果によって、それまでのそこに存在しないことによって成立していた支持体の概念を覆すものであった。

大橋氏は1981年から86年までに10点ほどメルローズ社のブランドのひとつであるピンクハウス(Pink House)の広告ポスターを手掛けている。このポスターは、パステル調の色彩で女性モデル描いた他のポスターとは異なり、描かれているのは男性モデルで、その男っぽさを演出するためにメタリックな光沢が使われているようである。ただここに描かれているファッション・イラストレーションは、戦後の日本人の体型コンプレックスの裏返しともいえる、日本の女性向け漫画とファッションデザインに奇妙に符号するスタイルで描かれている。そのようなスタイルは現在では主流ではないが、かつては約束事のように用いられており、またそのような志向で制作されたファッションは、当然のことながら長身のモデルや欧米人にこそ似合うものであり、本当の意味で日本人のためのものではなく、日本人の願望を投影したものに他ならない。そこには日本人の空洞化したアイデンティティというものが見て取れるのだが、その本質的な部分は常に棚上げされまま先送りされている。またその根底にある美少女趣味的装飾過多は、自立した人格を求める欧米の女性の志向とは相容れず、往々にして自らの体型を省みない女性たち御用達となるが、何々族という言葉まで生まれる現象となれば、それはそれである種の市場を形成することになり、企業の戦略に組み込まれていくこととなる。誠に以って不思議の国、日本である。

●作家:Ohasi Ayumi(1940-)
●種類:Advertising Poster
●サイズ:A1(841x594mm)
●技法:Offset on silverfoil
●発行:Melrose Co, Ltd.. Tokyo
●制作年:1982

このポスターには二つのヴァージョンがあるようで、三重県立美術館で見たものはコレクションの案内が入れられていた。

a0155815_16362030.jpg
三重県立美術館が発行しているパンフレット〈Hill Wind〉。〈ひるあんどん〉ではない。大橋歩展が大きく取り上げられている。
[PR]

by galleria-iska | 2012-02-13 12:26 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2012年 02月 09日

ピカソのポストカード「Congrès mondial des partisans de la paix」(1949)

a0155815_17162837.jpg

1949年にフランス共産党が主催した第一回「平和のパルチザンの世界会議(Congrès mondial des partisans de la paix)」の宣伝用ポストカード。ピカソが描いた鳩を用いた同会議のポスターと同じイメージで作られており、配色は違うが、文字に使われた色も同じである。ただフォーマットがポスターと違って横位置のため、余白が少なく、ポスターでは画面の外にあった刷り込みサインが、画面の右側に白抜きで嵌め込まれている。

●作家:Pablo Picasso(1892-1973)
●種類:Postcard(Carte Postale)
●題名:Congrès mondial des partisans de la paix
●サイズ:90x137mm
●技法:Offset
●発行:Editions O.P.F., Paris
●制作年:1949
a0155815_1716231.jpg


a0155815_18375850.jpg
1949年にフランス共産党が主催した第一回「平和のパルチザンの世界会議」の宣伝用に作られたポスター。ポスターのイメージには、ピカソがアンリ・マチスから貰った毛深い足を持つミラノの鳩のひとつを描いたリトグラフ(1949年1月9日制作)が使われている。伝記によれば、ピカソはこの鳩を平和の象徴として描いた訳ではなかったが、平和会議のポスターに使われたことは非常に喜んだとのことである。このポスターの成立については、それに関係した人物がそれぞれの立場から語っているため、幾つか内容に食い違いがあるのだが、平和会議を宣伝するためのポスターの下絵をピカソに依頼したのは、当時フランス共産党の指導的知識人であった詩人で小説家のルイ・アラゴン(Louis Aragon, 1897-1982)で、ピカソはその依頼を引き受けたものの、制作を先延ばしにしていた。それでアラゴンは約束を思い出させるためにピカソのアトリエを訪れるのだが、そこで一羽の鳩を描いたリトグラフをピカソが最近制作したリトグラフの束の中から見つける。アラゴンはそのリトグラフをポスターの下絵代わりに貰い受け、ポスターに使う許可を取ると、ムルロー工房に持ち込んだ。そして出来上がった見本を会議の主催者に見せたところ、北国のものや鳩愛好家たちには鳩の姿が奇異なものに映ったのだが、アラゴンは「この鳩は空を飛ぶ鳥ではない」と切り捨てたというものである。伝記によると、アラゴンがリトグラフを持ち帰ったのは昼ごろで、その日の夕方5時には、ピカソの鳩を使った平和会議のポスターがパリじゅうの建物を彩っていた、とある。リトグラフはムルロー工房でフォト・リトグラフによって複製された。ポスターの限定は1500部で、フォーマットは60x40cmのものと120x80cmのものがある。
[PR]

by galleria-iska | 2012-02-09 17:26 | その他 | Comments(2)
2012年 02月 07日

マリオ・アヴァティのポスター「Galerie Sagot-Le Garrec」(1963)

a0155815_18473163.jpg

1881年にエドモン・サゴ(Edmond Sagot)が設立し、その後息子のモーリス・ル・ガレック(Maurice Le Garrec)が受け継いだ老舗版画商のサゴ・ル・ガレック画廊(Galerie Sagot-Le Garrec)で行なわれたマリオ・アヴァティ(Mario Avati, 1921-2009)のマニエール・ノワールとアクアティント作品による個展の告知用ポスター。会期は1963年2月8日から3月2日。通常告知用ポスターを銅版画で制作することはあまりないが、この画廊では、1950年代から60年代にかけて、銅版画家の個展が行なわれる際にオリジナルの銅版画を使ったポスターを制作している。ポスターの印刷には、版画用のリーヴ紙が使われ、イメージとレタリングは別々の版で刷られている。ポスターのイメージは前年に制作されたメゾチント作品「卵立てのある静物」の背景に描かれた射撃用の的を転用しており、弾が当たった場所はパンチング(punching)されている。この年の11月には、我が長谷川潔もマニエール・ノワールの作品を中心とする版画展をこの画廊で開いている。その告知用ポスターが前一度ネット・オークションに登場したことがあるが、オフセット印刷と案内されていたように記憶する。もしマニエール・ノワールで制作されているなら、是非見てみたいものである。

●作家:Mario Avati(1921-2009)
●種類:Poster
●サイズ:570x380mm
●技法:Mezzotint
●紙質:BFK Rives
●発行:Galerie Sagot-Le Garrec, Paris
●制作年:1963
a0155815_18482429.jpg
パンチングされた部分の裏に黄色の紙を当てて撮影したもの。

a0155815_1851064.jpg
マリオ・アヴァティ「卵たてのある静物」1962年

a0155815_18481021.jpg
リーヴ紙の透かし

マリオ・アヴァティの版画目録は、アントニ・クラーヴェ(Antoni Clave, 1913-2005)の版画目録も編纂しているロジェ・パッスロン(Roger Passeronによって編纂され、パリの出版社「La Bibliothèque des Arts」から順次刊行されており、これまでに7巻(1947年から1999年までの作品を収録)が刊行されている:

●Tome I (1947-1954), préface de Jean Adhémar, 1977
●Tome II (1955-1960), préface de Brassaï, 1974
●Tome III (1961-1967), préface de Thomas Hoving, 1973
●Tome IV (1968-1975), préface de François Daulte, 1979
●Tome V (1976-1983), préface de Giorgio Soavi, 1984
●Tome VI (1984-1990), préface de W. J. Strachan, 1991
●Tome VII (1991-1999), préface de Roger Passeron, 2000
[PR]

by galleria-iska | 2012-02-07 18:04 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2012年 02月 03日

モイズ・キスリングの口絵「Blason de La Pologne」(1929)

a0155815_17195461.jpg

前回のブログで取り上げたルネ・キフェール書店から購入した書籍のひとつ。同書店が1988年に発行した目録239号に掲載されていたもので、1929年にパリのエミール=ポール・フレール出版から出されていた《世界の帯》叢書(1927~1932)の第8巻として出版された、フランスの作家、小説家、文芸評論家アンドレ・テリーヴ(André Thérive, 1891-1967)の「ポーランドの紋章(Blason de La Pologne)」という題名の本。口絵としてユダヤ系ポーランド人画家モイズ・キスリング(Moise Kisling, 1891-1953)のリトグラフが添えられている。目録にはラフマ紙刷りの1500部限定の通常版(250フラン=約6000円)とジャポン・アンペリアルという和紙に似せて作られた用紙に刷られたスウィート一葉が加えられた限定50部の豪華版(350フラン=約8400円)が載っていたので、両方購入した。

キスリングと言うと、人物画や花を描いた静物画などが思い出されるが、ここではポーランドの古城を描いており、モノクロではあるが、キスリングのコントラストの高い、どこかグロテスクさを帯びた画面を彷彿させる。

この頃の注文は、まだパソコンもファックスもなかったので、手紙で行なっていた。注文を出してから二週間ほどで返事が届き、在庫があると手書きの請求書が付いてくるのだが、目録が送られてきてから注文が届くまでのタイムラグが大きく、売れてしまったとの返事の方が多かった。運良く請求書が付いていると、今度は先方の郵便振替口座に送金するのだが、それが先方に届くのにまた一、二週間ほどかかり、それから送料の安い船便で荷物が送られてくるので、注文から到着までに三ヶ月あまりもかかるという、なんとも気の長い話であった。当方の目当ては現代作家の挿絵本で、タイムラグを考え、すぐに売れてしまうような人気のあるものは避け、人が未だ目を付けていないと思うものを選んで注文しているつもりでいたのだが、売れたとの返事が何度も続くと、さすがに戦意を喪失してしまいそうになった。さりとて現地に乗り込んで好きなだけ買い込んでくるほどの資金は持ち合わせていないので、運を天に任せ待つしかない。時折、安価なものばかり注文するから競争が激しいのではないかと思い、エイヤとばかり高い本を注文するのだが、残念ながら売れてしまったという返事がくると、妙に安心してしまう。そんな矛盾した感情は、心のどこかに自分が行なっていることに対する後ろめたさがあるからに他ならない。その為、それを正当化するに足るいわゆる“大義名分”が必要となるのだが、他人から見ればなんとも身勝手な理由を見つけ出すのである。愛書狂を自認するに至った鹿島茂氏は自著「子供より古書が大事と思いたい」の中で次のように書いている。

“私が本を集めるのではない。絶滅の危機に瀕している本が私に集められるのを待っているのだ。とするならば、私は古書のエコロジストであり、できるかぎり多くのロマンチック本を救い出して保護してやらなければならない。これほど重大な指名を天から授けられた以上は、家族の生活が多少犠牲になるのもやむをえまい。”

その本を注文する楽しみが一転、地獄のように思えたことがある。まだ自分で直接洋書を注文できなかった18か19の頃である。ヘラクレス・セーヘルスという17世紀オランダの画家の版画集が出版されたことを聞き、数千円で買えるものと勝手に思い、洋書の取次ぎ業者に注文を出したことがある。何ヶ月も待ってようやく返事が来たのだが、版画集一冊10万円成りとの請求書を見て、腰を抜かすほど驚いた。当時の父親の給料よりも高かったのである。もし荷物が届いたらどうしようかと思うと、毎日不安で飯も喉を通らぬほどであった。それから半年ほど経って業者から、あちこち探してみたが、どうしても見つからなかった、という返事が来たときは、泣くほど嬉しかった。そしてその日の夕食の旨かったこと。

●作家:Moise Kisling(1891-1953)
●著者:André Thérive(1891-1967)
●種類:Literature
●題名:Blason de La Pologne
●サイズ:215x142x10mm
●技法:Lithograph
●限定:1650, of which 50 are printed on Japon Impérial
●発行:Éditions Émile-Paul Frères, Paris
●制作年:1929
a0155815_17203964.jpg

a0155815_17201687.jpg
ラフマ紙(Vélin Lafuma)に刷られたもの
a0155815_17202774.jpg
ジャポン・アンペリアル(Japon Impérial)に刷られたスウィート
a0155815_1720340.jpg
奥付に記された出版データと記番。スウィート付きのこの本は1650部のうちの1番である。
[PR]

by galleria-iska | 2012-02-03 21:06 | その他 | Comments(0)