ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 27日

キース・ヘリングのカバー・アート「A Diamond Hidden in the Mouth of a Corpse」(1985)

a0155815_2235423.jpg

ウォーホルのフィックス・ムーヴィー『眠り(Sleep)』(1963年)に主演した詩人で朗読パフォーマーのジョン・ジョルノ(John Giorno, 1936)によって1965年に設立された「ジョルノ・ポエトリー・システム(Giorno Poetry Systems)」は、詩やそれと関連する芸術形態を、革新的な着想によって、より多くのの聴衆と結びつけることを直接の目的とする非営利のレコード・レーベル。1985年にリリースされたこのコンピレーション・アルバムは、レーベル設立時からの仲間であった、1950年代のビート・ジェネレーションを代表する作家の一人で、朗読パフォーマーのウィリアム・S・バロウズ(William Seward Burroughs, 1914-1997)のトリビュート・アルバムとされている。ダブル・ジャケットの内側とインナー・スリーヴの表裏は、このアルバムのカバー・アートを担当したキース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)によるコラージュ・アートとも言える、ヘリングが敬愛するバロウズ、1950年代にカットアップ技法(cut-up technique)を完成させ、それをバロウズに伝授した画家・著作家・詩人のブライオン・ガイシン(Brion Gysin, 1916-1986)やアルバムに参加メンバーの写真とヘリングの“ゲイ”的志向を示す奔放なドローイングとを組み合わせた作品となっており、ヘリングの署名がなされている。手元にあるのはシュリンクラップのかかったシールド盤と呼ばれるコレクターズ・アイテムのため、中のドローイングをお見せできないが、もう一枚手に入れることが出来たら、再度取り上げてみたいと思う。

このアルバム、1977年に創刊された日本の音楽雑誌で、プログレッシヴ・ロックやニュー・ウェイヴといった当時の先端的な音楽を中心とし、ウィリアム・バロウズなどのサブカルチャーまでを取り扱った“FOOL'S MATE”の第55号(1986年4月発行)に掲載された石井孝浩氏によるレコード・レヴューでは、次ぎのように紹介されている。以下引用:
カヴァー・アートにキース・ヘリング、ダブル・ジャケットの内側とスリーヴにはバロウズ、ブリオン・ジシンがバンバンに御登場、収録アーティストにバロウズ、マイケル・ギラ、ソニック・ユース、ダイアマンダ・ガラス、コイル、キャブス、デビッド・ヨハンセン、ハスカー・ドゥ等全11組、とメンツをながめただけで目の玉がひっくり返るヒトもいるだろうが、オムニバス物の一般的なコンセプトである「アーティスト紹介」のレコードというよりも、むしろマニア向けの色彩の濃い一枚。

ヘリングとバロウズの直接のコラボレーションは1988年に刊行された10点組の版画作品「アポカリプス(=黙示録)」("Apocalypse" published by George Mulder Fine Arts, Ed.90, 1988)で実現するのだが、バロウズはその序文で、アートのあり方について次のように記している。以下引用:
トスカーナ地方の沿岸を帆走中の水夫たちは、丘から木から空からの叫びを聞いた。「偉大な牧神(パン)が死んだ!」パニックの神、牧神(パン):何もかもが生きていてすばらしいという突然の認識。その日は紀元1年12月25日。だが、牧神(パン)は生き続けている。想像力の領域に、文章や絵画や音楽の中に。ゴッホのひまわりを見よ。まがまがしい生気に悶えている。ジョウジョウカのパン・フルートを聞け。牧神(パン)はいまでは薄められ、枠に入れられて美術館送りになり、本の中に葬られ、伝承に追いやられている。でも、アートは枠からあふれ出て地下鉄の落描きとなっている。それでおしまいだろうか? 黙示録めいたせりふを思い出そう:「何も真実ではない。すべてが許されている」--ハッサン・イ・サッバー。これを、ありとあらゆる無軌道で破壊的な行動への誘いだと解釈してはならない。そんなのはつまらない神話でしかないし、いずれは落ち目になる。すべてが許されているのは、真実が何もないからだ。すべては演技、幻想、夢……アートなのだ。アートが枠を離れ、書きことばがページを離れるとき--それも物理的な枠やページではなく、決められたカテゴリーの枠やページだ--現実そのものの根本的な崩壊が起きる。アートの文字どおりの実現。これはデュシャンやクライン、マンゾーニみたいな、手あたりしだいにサインしたり台座に載せたりして流用してしまうのとはまったく異なった方向だ。枠に入れたりサインしたりして流用しないで、枠や台座を取り除こう。そう、サインも取り除こう。真摯なアーティストはみんな不可能を試みる。その成功が、空に大きく『黙示録』を書くだろう。アーティストは軌跡を狙う。画家は、自分の絵がカンバスから抜け出して、別個の生命を持ち、絵の外での動きを持つよう意図している。そして生地のほころび一つで、伏魔殿はたちまちなだれこんでくる。。《「ウィリアム・S・バロウズ展:ショットガン・ペインティング」図録、山形浩生訳、1990年、セゾン美術館》より:

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Cover Art
●題名:A Diamond Hidden in the Mouth of a Corpse
●サイズ:315x315mm
●技法:Offset
●レーベル:Giorno Poetry Systems
●制作年:1985

Side One:
1. "Won't Change" Hüsker Dü
2. "Johnsonius" David Johansen
3. "Scum & Slime" John Giorno Band
4. "Excerpts from the Western Lands: The President, Colonel Bradford, Everyman a God" William S. Burroughs
5. "Halloween" Sonic Youth
Side Two:
6. "Dead Man's Shoes" Cabaret Voltaire
7. "Excerpt from Eyes Without Blood" Diamanda Galás
8. "Neither His Nor Yours" Coil
9. "Game" Michael Gira
10. "Out of the Frying Pan" David Van Tieghem
11. "Tenement Lover" Jessica Hagedorn & the Gangster Choir

a0155815_22355460.jpg
a0155815_2236359.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2012-06-27 18:13 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2012年 06月 24日

キース・ヘリングのカバー・アート「Hiroshima '88」(1988)

a0155815_17181929.jpg

前にも一度取り上げているが、キース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1991)が「HIROSHIMA '88」のために提供したオリジナル・ドローイングを用いたEPレコード“君を守りたい”が海の向こうで高値を呼んでいる。世界最大のインターネット・オークション・サイトである“イーベイ(eBay)”で、日本国内では俄かに信じ難い金額で落札されているのだ。ここ二ヶ月間で三点出品され、二番目は親引きとなったようだが、後の二点の落札結果は以下の通りである:

1. US $320(=JPY 25600 $=JPY 80) Ended:April 30, 2012 日本の業者が出品
2. US $471(=JPY 37630 $=JPY 80) Ended:June 10, 2012 ドイツのコレクターが出品

このEPレコード(定価700円)は日本国内の中古レコード店に行けば数百円で手に入るものであるが、その価格はもっぱらレコードの音楽的評価と需要によるもので、現代美術作家によるオリジナル・デザインという付加価値は未だ価格に乗せられていない。そのことは日本の美術業界がカバー・アートを作家の創作活動のひとつとは捉えていない、ということと関係してくるのかもしれないが、常に流行の先端を追い求めるだけではなく、身近にあっても気付かずにいるものの中に新しい価値を見い出していくことも必要であろう。ヘリングのファンは一度、近くの中古レコード店を覗いてみては如何であろう。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Cover Art
●サイズ:176x176mm(176x352mm)
●販売:Polydor K.K.
●制作年:1988

このコンサート「HIROSHIMA 1987-1997」は、所属レコード会社の枠を越え、総括責任者の山本コウタロー氏、補佐と司会を担当した南こうせつ氏が中心となって、"核廃絶と平和維持" をテーマに、原爆ホームの建設や被爆者のための医療施設充実のための資金集めを10年間続けるという趣旨の下、1987年に始められたチャリティ・イベントである。

EPレコードには、A面に1988年の同コンサート開催前に発表された88年版テーマ曲「君を守りたい」のスタジオ録音、B面に87年のステージのファイナルで披露された楽曲「WOW WOW WOW」のライヴ録音が収録されている。CDシングル(定価1000円)も同時にリリースされている。
a0155815_17184296.jpg


●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Cover Art
●サイズ:167x86mm
●販売:Polydor K.K.
●制作年:1988
a0155815_1641145.jpg

a0155815_16412560.jpg

a0155815_16414583.jpg

a0155815_16514758.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2012-06-24 17:10 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2012年 06月 19日

ポール・デルボー版画展図録「Paul Delvaux Cahier no.3 Œuvre gravé 1969-1972」(1972)

a0155815_1819412.jpg

画家兼版画家と呼ばれる作家は数多いるが、巨匠ともなると版画といえども庶民には高値の花となってしまう。ベルギーのシュルレアリスムの作家ポール・デルボー(Paul Delvaux, 1897-1994)は、1970年代までは一地方作家として捉えられていたようで、版画作品もそれほど高くはなかったが、国際的な評価を得るにしたがって価格は高騰、バブル期には数百万の値が付くものも現れた。そんな高価な作品を横目で眺めるだけの庶民に版画の面白みを廉価で提供してくれるのが、リト刷りのポスターやリトグラフで制作された表紙の付いた図録であったりするわけである。デルボーの独占的な版元であったパリの画廊バトー・ラヴォワールは、デルボーの版画展に合わせ、《カイエ》と名付けられたオリジナル・リトグラフの表紙が付いた図録を計三冊刊行している。この図録はその三冊目に当たり、1969年から1972年にかけて制作されたデルボーの版画作品の目録であり、1976年に刊行されたカタログ・レゾネ「Paul Delvaux Œuvre Gravé」(Éditions André Sauret, Monaco)の原著となる。愛好家にとって嬉しいのは、ムルロー工房で印刷された表紙はもちろんのこと、図録に掲載された図版もフォトリトグラフで複製されていることで、さらにカラー図版については、ポショワールによる彩色がなされ、ある意味版画以上の実在感と艶かしさを味わうことができるのである。前にも書いたことがあるかもしれないが、この画廊を訪れたとき、図録は未だ三冊とも残っており、画廊主のヤコブ女史は、デルボーはこの画廊でしか購入できないという強みからか、在庫の少ない1と2は1000フラン(25000円)、3は500フラン(12500円)という価格を提示したが、手の込んだ造りに惹かれつつも、図録にそれだけの金額は払えない、と購入を諦めたた覚えがある。ただ現在でもこれらの図録の古書価は350ドル~700ドルぐらいしており、その当時購入していても損はしなかったのではあるが。取り上げた図録は最近、フランスに住む個人からネット・オークションを通じて手に入れたものである。ネットの時代になってからは、古書店に売りに行くよりも自分で売る人が増えており、海外からも容易に入手できるようになった。殊にエフェメラのような画廊では扱い難い類のものに関しては、遺品の整理などで思わぬものが出てくることがあり、チェックは欠かせないが、大抵はオークションが終了した後で気付くことになる。

●作家:Paul Delvaux(1897-1994)
●種類:Catalogue
●題名:Paul Delvaux Cahier no.3 Œuvre gravé 1969-1972
●サイズ:200x165mm
●技法:Lithograph
●限定:1500
●紙質:Arches
●発行:Galerie Le Bateau Lavoir, Paris
●制作年:1972

a0155815_18195529.jpg
a0155815_1820962.jpg
a0155815_18202185.jpg
フォトリトグラフの印刷とポショワールによる彩色は、複製版画職人のダニエル・ジャコメ(Daniel Jacomet, 1894-1966)が1910年にパリに興した工房、ジャコメ(Jacomet, Paris)で行なわれている。
a0155815_18203116.jpg
図録の表紙には、デルボーがこの図録のために制作したオリジナル・リトグラフ(325x695mm)の中心部分が使われている。サイズ:200x450mm

a0155815_18251610.jpg
                    展覧会の招待状

●作家:Paul Delvaux(1897-1994)
●種類:Invitation(Carton d'invitation)
●サイズ:131x105mm(131x210mm)
●技法:Lithograph
●紙質:Arches
●発行:Galerie Le Bateau Lavoir, Paris
●制作年:1972
[PR]

by galleria-iska | 2012-06-19 18:04 | Comments(0)
2012年 06月 12日

キース・ヘリングのカバー・アート「Sylvester:Someone like you」(1986)

a0155815_19471799.jpg

1988年12月16日にエイズによる合併症で亡くなったシルヴェスター(Sylvester James, 1947-1988)は、ファルセット・ヴォイスが売りのオープンリー・ゲイの黒人ディスコ、ソウル・シンガーであったが、彼がメジャーレーベルのワーナー・ブラザーズ・レコードからリリースした唯一のLPアルバムが「Mutual Attraction 」(Warner Bros. Record Inc.,1986)で、それが彼の遺作となった。同じ年にリリースされたこの12インチ・シングル・レコード(MAXI SINGLE )には、アルバム収録曲の「Someone like you」の四種類のヴァージョンが収録されており、内二つのミックスを、キース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)も足繁く通ったクラブ、パラダイス・ガラージ(Paradise Garage)(註:1)で10年間専属のDJを務めたラリー・レヴァン(Larry Levan/Lawrence Philpot, 1954-1992)が手掛けており、1984年にこのクラブで26才の誕生日を祝う第一回"Party of Life"を開いたヘリングがカバー・アートを担当している。ヘリングがこのアルバムのために描いたオリジナルのドローイングは、シルクスクリーンで印刷され、オリジナルのグラフィック・アートとして十分通用する出来栄えである。ただ、レコードとして買うか、アートとして買うかによって、その意味するところは随分違ってきそうではあるが。近年、カバー・アートの評価とともにコレクターの数も増えてきており、ウォーホルやヘリングが手掛けたものの中には1000ドルを超えるものもある。例によって日本の美術界の反応は今ひとつのようであるが、現代美術の作家によるカバー・アートはいづれマルティプル・アートとして取り扱われるようになるのではないだろうか。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Cover Art
●題名:Sylvester:Someone like you (4ver)
●サイズ:315x315mm
●技法:Silkscreen
●レーベル:Warner Bros. Record Inc.
●制作年:1986
a0155815_19472610.jpg



註:
1.ウィキペディアによれば、1977年にオープンしたパラダイス・ガラージの客層は主にゲイの黒人であり、(オープン時にクラブの音響設計に関わった)伝説的なDJ、ラリー・レヴァンがプレイしていた。ラリーは幅広い音楽の知識を元にディスコ、ロック、ヒップホップ、ラテン音楽、ソウル、ファンク、テクノ・ポップなどありとあらゆる音楽を掛けて一晩中客を踊らせ、その有様はそこに集う客の熱狂を伴って殆ど宗教儀式のようであったと言われている、とある。
[PR]

by galleria-iska | 2012-06-12 18:58 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2012年 06月 08日

キース・ヘリングのカバー・アート「Malcolm McLaren:Scratchin'」(1984)

a0155815_18164865.jpg

1984年にイギリスのヴァージン・レコード(Virgin Records Ltd)からリリースされたマルコム・マクラーレンの12インチ・シングル・レコード。オリジナルはカリスマ・レコード(Charisma Records Ltd)で、前年にリリースされたLPアルバム「Duck Rock」からの2曲を含む計6曲の別ヴァージョンが収録されている。アルバムのカバーデザインは、「Duck Rock」を担当したニック・イーガン(Nick Egan, 1957)で、こちらも「Duck Rock」のカバーにも使われたキース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)のオリジナル・ドローイングをベースに、新たなドローイング(ブレイクダンスを踊る若者)と様々な書体によるレタリングによって、ヒップ・ホップの音楽性が表現されている。裏側にはブレイクダンスを踊る若者とともに、ヘリングのアイコンのひとつであるバーキング・ドッグ(Barking Dog)が使われている。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Cover Art
●題名:Malcolm McLaren & The World's Famous Supreme Team Show
●サイズ:315x315mm
●技法:Silkscreen
●レーベル:Virgin Records Ltd(CLAM 1)
●制作年:1984
a0155815_18165761.jpg



a0155815_1817864.jpg
a0155815_18171776.jpg

a0155815_18324951.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2012-06-08 20:10 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2012年 06月 07日

キース・ヘリングのカバーアート「Malcolm McLaren:Duck Rock」(1982)

a0155815_1635180.jpg

a0155815_16433565.jpg

世代間ギャップもあって、1970年以降に興ったヒップホップやパンクなどの音楽ムーヴメントやそれと関連するファッションには疎いので、受け売りになってしまうが、ファッションデザイナーとしてパートナーであったヴィヴィアン・ウエストウッドとともに様々な流行のスタイルを仕掛ける一方で、セックス・ピストルズ(SEX PISTOLS)やバウ・ワウ・ワウ(Bow Wow Wow)を世に送り出したマルコム・マクラーレン(Malcolm Robert Andrew McLaren, 1946-2010)が、ニューヨークで出合ったヒップホップに着目し、1983年に自身名義のアルバムとして最初にリリースしたのが、この「Duck Rock」。ヒップホップやダンスミュージックに、アフリカ、南米の民族音楽などのワールドミュージック的な要素を織り交ぜて構成された1980年代のスタイルや流行を先取りしたアルバムとされている。

アルバムのカバーデザインを担当したのはロンドン生まれでパンクカルテュアーをバックボーンにデザインを行なうニック・イーガン(Nick Egan, 1957)で、マクラーレンの音楽作りと呼応するように、キース・ヘリング(Keith Haring,1958-1990)が提供したオリジナル・ドローイングをベースに、ヒップ・ホップの要素であるブレイク・ダンスなどの写真やグラフィティをコラージュするという様々な視覚言語を織り交ぜた画面を創り出している。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Cover art illustration
●題名:Malcolm McLaren:Duck Rock(Cover designed by Nick Egan, with the illustration by Keith Haring and graffiti by Dondi White)
●サイズ:315x315mm
●技法:Offset
●レーベル:Island Record Inc.(Original:Charisma Records Ltd.)
●制作年:1982(Released 1983)

a0155815_16352343.jpg
インナーはオリジナルと同じイギリスで印刷されたものが挿入されている。293x870mm
a0155815_16353539.jpg
アルバムカバーのデザインに沿うよう、歌詞の周りにも、写真、グラフィティ、ヘリングのカットがコラージュされている。

a0155815_1634257.jpg
ヘリングのオリジナル・ドローイング、1982年制作
a0155815_16441144.jpg

a0155815_16344352.jpg
アヒル(Duck)を擬人化したようなキャラクターは、キャンペーン用の帽子の装飾にも使われている。


a0155815_12481349.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2012-06-07 22:03 | キース・へリング関係 | Comments(0)