ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 23日

ピーター・マックスのカシェと切手「The Earth Summit」(1992)

a0155815_1764511.jpg
a0155815_177529.jpg

1960年代後半にヒッピーを中心に始まったサイケデリック・ムーヴメントとともに頭角を表し、グラフィック・アーテイストとして一世を風靡、ポップアートの教祖的存在となって、広告やデザインに多大な影響を及ぼしたピーター・マックス(Peter max, 1937-)であるが、1992年に国際連合の主催でブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された、環境と開発をテーマとする首脳レベルでの国際会議「環境と開発に関する国際連合会議(United Nations Conference on Environment and Development=UNCED)、一般に言う「地球サミット(the Earth Summit)」(註1)を広報する三種の切手(ニューヨーク、ウィーン、ジュネーヴ、1992年5月22日発行)をデザイン、その初日カバー(FDC)のカシェとして、マックスが、アポロ11号の船長であった二ール・アームストロング船長の月面着陸に刺激を受け、1969年のニューヨーク・タイムズ誌の表紙として制作したコラージュ作品『Into the Future』を提供している。マックスの署名が入った限定750部のアートプリント(国際連合協会世界連盟の証明書付き)も同時に発行されている。

マックスは、1960年代後半からから70年代初頭にかけてのサイケデリック・ムーヴメントを体現した同世代の横尾忠則(Tadanori Yokoo, 1936-)氏と同様、グラフィック・デザインと絵画を行き来しながら、今も第一線で活躍しているが、カシェや当時のスタイルでデザインされた切手を見ていると、その時代の鮮烈なイメージを体験した人間には、どうしても懐かしさの方が先に立ってしまう。

●作家:Peter Max(1937-)
●種類:Cachet
●サイズ:92x164mm
●技法:Offset lithograph
●発行:WFUNA
●制作年:1992
a0155815_1795168.jpg
初日カバー(FDC)の裏側
a0155815_17103962.jpg
ピーター・マックスのカシェ『Into the Future』(1969)
a0155815_17105534.jpg
ニューヨークで発行された切手
a0155815_1716162.jpg
ウィーンで発行された切手

註:
1.広報などによれば、この「地球サミット」には世界172ヶ国の代表や国際機関、NGOが参加し、持続可能な開発に向けた地球規模での新たなパートナーシップの構築に向けた「環境と開発に関するリオデジャネイロ宣言」(リオ宣言)と、この宣言の諸原則を実施するための行動計画である「アジェンダ21」、「森林原則声明」が採択された、とある。
[PR]

by galleria-iska | 2013-02-23 15:35 | その他 | Comments(0)
2013年 02月 21日

ジョアン・ミロのカシェ「United Nations Peace-Keeping Operations」(1980)

a0155815_1731816.jpg

国際連合協会世界連盟(WFUNA=World Federation of United Nations Associations)の依頼により、スペインの画家ジョアン・ミロ(Joan Miro, 1893-1983)が、1980年5月16日に国連の平和維持活動(United Nations Peace-Keeping Operations)を広報するために発行された切手の初日カバー(FDC)のカシェとしてデザインしたもの。初日印と呼応しているようにも見える、ミロが描いた何かを監視する目は、H.G.ウェルズの原作を映画化した「宇宙戦争(The War of the Worlds)」に登場する侵略者(原作では火星人)の空飛ぶ円盤から伸びる触角のようなもの先に付いた目を思い出させる。1500部限定のカラーリトグラフ(国際連合協会世界連盟の証明書付き)も同時に発行された。

●作家:Joan Miro(1893-1983)
●種類:Cachet
●サイズ:92x164mm
●技法:Offset lithograph
●発行:WFUNA
●制作年:1980
a0155815_1732865.jpg
ミロのカシェ
a0155815_1733799.jpg
初日カバー(FDC)の裏側
[PR]

by galleria-iska | 2013-02-21 18:03 | その他 | Comments(0)
2013年 02月 19日

山本容子展のリーフレット「Yoko Yamamoto-Amusement Park for Art 」(2002)

a0155815_1695996.jpg

前回取り上げたロイ・リキテンスタインの展覧会のチラシを探していたら、別のチラシと一緒にこれが出てきた。2002年から2003年にかけて全国10ヶ所の美術館を巡回した銅版画家の山本容子(Yoko Yamamoto, 1951-)氏の展覧会「山本容子の美術遊園地」の広報用のリーフレットと招待券で、国内外の近代・現代版画の収集に力を入れている和歌山県立近代美術館が発行したものである。展覧会終了後に、不用になったものを知り合いの画商からいただいた。案内によれば、この美術遊園地は、京都市立芸術大学在学中の初期の作品から光ファイバーを用いて版画作品を工事用の囲いや歩道に投影するという最新の《ルイ・ヴィトン アートワーク・プロジェクト》まで、300点あまりの作品を、四つのコーナー:

1:美術遊園地へようこそ~版画家の誕生(The Birth of an Artist)
2:本の中の遊園地~ひとつめの展開(The First Hop)
3:ひろがる遊園地~ふたつめの挑戦(The Second Step)
4:終わらない遊園地~さらなる跳躍(The Third Jump)

で紹介するものである。山本氏は一般に言われる、狭くて暗い工房にこもり、イマージュの錬金術師となって、ひたすら銅版画のマチエールを追求する作家の対極に位置し、銅版画におけるアルティザン的資質を自己の商標としながらも、その実は画家としての可能性をも押し広げるハイブリッドな方向性を選んだといえよう。そんな山本氏であればこそ、このような広報用の媒体にも、ホックニーが行なっているように、そのデザイン的才能を発揮してもらいたいものである。

●作家:Yamamoto Yoko(1951-)
●種類:Leaflet
●サイズ:182x128mm(182x380mm)
●技法:Offset
●発行:The Museum of Modern Art, Wakayama
●制作年:2002
a0155815_16132238.jpg

a0155815_16331.jpg

a0155815_11432837.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-02-19 19:34 | その他 | Comments(0)
2013年 02月 12日

キース・ヘリングのポストカード「Tony Shafrazi Gallery」(1983)

a0155815_1540316.jpg

キース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)のトニー・シャフラジ画廊(Tony Shafrazi Gallery)での二度目の個展の際に発行されたオリジナル・デザインのポストカード三種。うちひとつは告知用ポスターと同じ図柄で、個展の開催は1983年12月3日から1984年1月7日までとなっている。ヘリングのボディ・ペインティングのモデルになったのは、1983年に「ビル・T・ジョーンズ/アーニー・ゼイン舞踊団(The Bill T. Jones/Arnie Zane Dance Company )」を設立したアメリカのダンサーで振り付け師のビル・T・ジョーンズ(Bill T. Jones, 1952-)で、自らポージングを決めている。写真を撮影したのは、1950年に香港に生まれ、へリングと同じ1990年にエイズ関連の疾患で亡くなった写真家 ツェン・クウォン・チ( Tseng Kwong Chi, 1950-1990)。1983年、へリングはブレイク・ダンサーの踊りからインスピレーションを受け、人体と抽象的な文様によるオールオーヴァーな絵画や版画を制作しているが、そのスタイルを、2月に開催されたファン画廊(Fun Gallery, New York, 1981-1985)での個展のポスターにも取り入れている。ポストカードと同じ図柄のトニー・シャフラジ画廊での個展のポスターでは、ブレイク・ダンサーではないが、自らの絵画イメージを全身にペイントしたダンサーの画像をデザインに取り込んでいる。ヘリングがそのことを知っていてポスターのデザインを行なったかどうかは定かではないが、ボディ・ペインティングをひとつの絵画表現の手段として最初に用いたのはピカソで、1919年にロシアのディアギレフ・バレエ団から依頼を受け、『三角帽子』の美術を担当した際に、考案したメイクのデザインを、ピカソ自身で出演者の顔に描いたのがその始まりとされる。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Postcard
●題名:Painted Man
●技法:Offset lithograph
●サイズ:153x102mm
●発行:Tony Shafrazi Gallery, New York
●制作年:1983
a0155815_15404019.jpg
a0155815_15405148.jpg
a0155815_1541021.jpg


a0155815_16215763.jpg
a0155815_1622535.jpg

a0155815_1625196.jpg




a0155815_16375934.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-02-12 18:24 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 02月 06日

リキテンスタイン版画の世界展図録「Roy Lichtenstein」(2004)

a0155815_2081338.jpg


●作家:Roy Lichtenstein(1923-1997)
●種類:Exhibition Catalogue
●題名:Roy Lichtenstein
●サイズ:303x226mm
●技法:Offset
●発行:The Committee for "Roy Lichtenstein" exhibition
●制作年:2004
a0155815_17323956.jpg

a0155815_2082152.jpg


現代美術に関して、昨今、ポスターや案内状、冊子などのエフェメラの持つ意義が見直されてきているが、発行元である画廊では、販促のためのものとして省みられることは少なく、欧米では古書店で取り扱われることが多いようである。告知や作品に関する簡単な情報源として用が済めば棄てられてしまうことも多いエフェメラであるが、それに作家との接点を求めたり、展覧会に思いを馳せ、追体験する装置として働いたり、時代の空気を孕んだものとして愛着を感じたりすることもある。国内では商品として流通していないこともあるのだろうが、一部の紙物コレクター以外は関心を持つ者は少なく、それらを体系的に分類したり、作家の作品制作の背景や変遷を探るための手掛かりとして調査・研究する研究者や画廊も少ないのではなかろうか。前回取り上げたロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein, 1923-1997)のカバーアートの紹介の中で引用した、アメリカの美術史家で評論家のバーバラ・ローズの展評の中に次ぎのような言葉がある。
“それまで「芸術か非芸術か」といった論争の絶えなかったポップ・アートが、権威ある美術館に展示されることによって芸術になった”
これを美術作品として発表されたわけではないエフェメラにそのまま当て嵌めることはできないが、作家のオリジナル・デザインによる案内状やポスターなどについては、作品成立との関連性やその背景を窺い知ることができ、尚且つ作品としての自立性を兼ね備えているものもあることから、もっと議論や評価がなされるべきかと思われる。そういう意味で、2004年に名古屋市美術館で開催された「リキテンスタイン 版画の世界展(Roy Lichtenstein )」(註1)は注目に値する企画であったと思う。この展覧会は、いわゆる海外の美術館の収蔵品を紹介するものではなく、名古屋市在住のコレクター所蔵の作品を中心に、初期の木版画から晩年までの作品約100点を展示する企画展であったが、そのうち四分の一ほどを、通常の展覧会では展示されず図録の資料として扱われる、案内状(1点)、ポスター(12点)、雑誌等のカバー(7点)、挿絵(5点)、絵皿とワインボトルの包み紙(各1点)が占めており、版画作品と並置するという展示方法が採られた。それは単なる数合わせのためという性質のものではなく、消費社会の姿を反映したポップ・アートを代表する作家の一人であるリキテンスタインの作品成立と深く関わり、社会との接点でもあるエフェメラを作品と同時に見せることで、ポップ・アートがどういう風に受容されていったのかを知る上でも重要な意味を持つものであり、“権威ある美術館に展示されることによって”卑近なものと高尚なものとの壁を取り払う試みとして捉えられなくてはならない。この展覧会のアイデアを提案したのは、美術館の学芸員と親しい人から聞いた話によると、楠本さんという、名古屋市で現代美術を専門に扱うギャルリー・エチュード(Galerie Étude)のオーナーで、この地域におけるエフェメラ研究の先駆的存在であるとのことであった。エフェメラに関心ある方は、一度訪ねてみる価値はあるかもしれない。

ギャルリー・エチュード:〒460-0002 名古屋市中区丸の内3丁目6-11 レインボー丸の内202号 電話(052)954-4500

a0155815_1851033.jpg
a0155815_1851970.jpg
a0155815_1852818.jpg




註:
1.名古屋市美術館での版画展に先立つこと6年前の1998年、この版画展の下敷きになったと思われる展覧会「リキテンスタイン 版画の宇宙展(The Prints of Roy Lichtenstein:Cosmos of his Art)」が開催され、全国6ヶ所の美術館を巡回している。この展覧会はリキテンスタインが亡くなる直前に企画されたもので、1994年のワシントン・ナショナル・ギャラリーでの版画展を参考に、初期の木版画から最後の作品まで約90点を展示、ブックカバーなども数点ではあるが出品された。
a0155815_17303351.jpg
「リキテンスタイン 版画の宇宙展(The Prints of Roy Lichtenstein:Cosmos of his Art)」の図録(プラスティックケースを取り外して撮影)

●作家:Roy Lichtenstein(1923-1997)
●種類:Exhibition Catalogue
●題名:The Prints of Roy Lichtenstein:Cosmos of his Art
●サイズ:300x210mm
●技法:Offset
●発行:The Committee for "The prints of Roy Lichtenstein" exhibition
●制作年:1998
a0155815_17313872.jpg

a0155815_17331135.jpg

展覧会のチラシと入場券の画像を追加
a0155815_1126174.jpg
a0155815_11261072.jpg
a0155815_11261928.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-02-06 12:51 | 図録類 | Comments(0)
2013年 02月 02日

ロイ・リキテンスタインのカバーアート「Art in America(New York Issue)vol.52, no.2」(1964)

a0155815_17431146.jpg

a0155815_17484232.jpg

1964年(註1)と言うと、戦後の荒廃の中から目覚しい復興を遂げた日本が、更なる飛躍を目指し、東京オリンピックを開催(10月24日)した年として記憶されるが、アメリカでは、その年の4月22日から翌年の10月17日までという長期間の日程で、1939年に開催された第1回ニューヨーク万国博覧会と同じマンハッタン近郊のフラッシング・メドウズ・パークでニューヨーク万国博覧会(New York World's fair 1964/1965)が開催された。博覧会の開催に際し、ポップ・アーティストのひとり、ロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein, 1923-1997)は、アメリカの美術雑誌『アート・イン・アメリカ(Art in America)』の依頼で、その年の4月号の表紙のために“ポップ・パノラマ”として博覧会場を描いている。画面には、この博覧会のテーマである「相互理解を通じた平和(Peace Through Understanding)」に沿って会場中心に飾られた地球を模った「ユニスフィア」というモニュメントを始め、宇宙時代の到来を感じさせる未来的な建造物が描き込まれているのだが、それらは画面手前の、アメリカの漫画雑誌の一コマ(註2)から引用し手を加えた登場人物と岩のようなものとの相互作用によって、さらに一層SF的世界を思わせるものとなっている。リキテンスタインはポップ・アート(註3)と漫画との違いについて、その年の11月に発行されたアメリカの美術雑誌『Art news』(No.62)に次のような言葉を残している:
「私の作品は、漫画とは違うと思っています。しかし、私は私の作品を変容とも呼びたくありません。美術として重要なものだけが意味あるとも思っていません。私は形作るということを行っています。漫画は、私が世界を扱うという意味では、形作られていません。漫画ではイメージは形を持っていますが、それらを統一しようという努力はなされていません。目的が違うのです。あちらは描写しようとし、私は統一しようとするのです。」

それは、作品を構成する要素として描かれた個々の事物が、リキテンスタインの作品では、それ固有の意味を剥ぎ取られ、純粋な視覚的形象として記号化され、ひとつの絵画空間に統合されることを語っているのだが、見るものはどうしても、描かれたものついて、その意味を求めたり、感情を移入したりしてしまうきらいがある。そのためか、リキテンスタインは1965年以降は漫画のイメージを引用するのを止めている。

この雑誌、今手元にあるのは三冊目で、最初の一冊はアメリカの古書店から送られて来る途中(?)で行方不明になってしまい、その後手に入れた二冊目は国内で行なわれたリキテンスタインの版画展(リキテンスタイン 版画の世界展:名古屋市美術館、2004年)の際に譲ってしまったので、自分用に再度取り寄せたものである。

●作家:Roy Lichtenstein(1923-1997)
●種類:Magazine cover
●サイズ:312x234x13mm(312x480mm)
●技法:Offset lithograph
●発行:Art in America Company, Inc., New York
●印刷:R.R. Donnelley & Sons Co.- The Lakeside Press- Chicago
●制作年:1964
●目録番号:Corlett III.4
a0155815_14355016.jpg

a0155815_18193367.jpg

註:
1.この年、日本では石森章太郎(Ishinomori Shotaro,1938-1998) のSF漫画の傑作『サイボーグ009(Cyborg 009)』の連載が開始(7月19日)され、アメリカではスタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick, 1928-1999年)のブラック・コメデイ『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb)』が公開(1月29日)された。またフランスでは、1968年に映画化されるジャン=クロード・フォレスト(Jean-Claude Forest, 1930-1998)のSF漫画(bande dessinée)『バーバレラ(Barbarella)』が、二色刷りの豪華本として出版された。

2.リキテンスタインが引用を行なった漫画家は以下のとおりである:
●Jack Abel(1927-1996)was an American comic book artist best known as an inker for leading publishers DC Comics and Marvel Comics.
●Ross Andru(1925-1993)was an American comic book artist and editor. He is best known for his work on Amazing Spider-Man, Wonder Woman, Flash and Metal Men.
●Martin Branner(1888-1970)was a cartoonist who created the popular comic strip Winnie Winkle.
●Milt Caniff(1907-1988)was an American cartoonist famous for the Terry and the Pirates and Steve Canyon comic strips.
●Hy Eisman(1927-)is an American cartoonist who wrote and drew the Sunday strips The Katzenjammer Kids and Popeye.
●Myron Fass(1926-2006)was an American publisher of pulp magazines and comic books.
●Dick Giordano(1932-2010)was an American comic book artist and editor best known for introducing Charlton Comics' "Action Heroes" stable of superheroes, and serving as executive editor of then–industry leader DC Comics.
●Jerry" Grandenetti(1926-2010) was an American comic book artist and advertising art director, best known for his work with writer-artist Will Eisner on the celebrated comics feature "The Spirit", and for his decade-and-a-half run on many DC Comics war series.
●Russ Heath Jr.(1926-)is an American artist best known for his comic book work — particularly his DC Comics war stories for several decades and his 1960s art for Playboy magazine's Little Annie Fanny featurettes.
●Gil Kane(1926-2000)was a comic book artist whose career spanned the 1940s to 1990s and every major comics company and character.
●Jack Kirby(1917-1994)was an American comic book artist, writer and editor regarded by historians and fans as one of the major innovators and most influential creators in the comic book medium.
●Joe Kubert(1926-2012)was an American comic book artist, art teacher and founder of The Kubert School.
●Irv Novick(1916-2004)was an American comic book artist who worked almost continuously from 1939 until the late 1990s.
●Arthur Peddy(1916-2002)was an American comic book artist.
●Bruno Premiani(1907-1984)was an Italian illustrator known for his work for several American comic book publishers, particularly DC Comics
●John Romita Sr.(1930-)is an Italian-American comic-book artist best known for his work on Marvel Comics' The Amazing Spider-Man
●Bud Sagendorf(1915-1994)was an American cartoonist, notable for his work on King Features Syndicate's Thimble Theatre Starring Popeye comic strip.
●Mike Sekowsky(1923-1989)was an American comic book artist known as the exclusive penciler for DC Comics' Justice League of America during most of the 1960s, and as the regular writer and artist on Wonder Woman during the late 1960s and early 1970s.
●George Tuska(1916-2009)was an American comic book and newspaper comic strip artist best known for his 1940s work on various Captain Marvel titles and the crime fiction series Crime Does Not Pay, for and his 1960s work illustrating Iron Man and other Marvel Comics characters.

3.ケネディがダラスで暗殺された1963年の3月14日から6月12日にかけてニューヨーク市のソロモン・R・グッゲンハイム美術館で、「ポップ」という用語の生みの親とされるイギリス出身の美術評論家ローレンス・アロウェイ(Lawrence Alloway, 1926-1990)のキュレーションにより、ロバート・ラウシェンバーグ、ジャスパー・ジョーンズ、ロイ・リキテンスタイン、ジム・ダイン、ジェームズ・ローゼンクイスト、アンディ・ウォーホルの六人のアーティストの作品を展示する展覧会「Six Painters and the Object」が開催され、その展評をイギリスの美術雑誌『アート・インターナショナル(Art International)』の5月号に寄せたアメリカの美術史家で批評家のバーバラ・ローズ(Barbara Rose (born,1938-)は、同展によってラウシェンバーグやジョーンズといった「ネオ・ダダ」と「ポップ・アート」の違いが明確にされ、それまで「芸術か非芸術か」といった論争の絶えなかったポップ・アートが、権威ある美術館に展示されることによって芸術になった、と書いている。全米各地を巡回したこの展覧会と同展の批評により、ポップ・アートという言葉が、芸術運動のひとつとして認知されることとなる。
[PR]

by galleria-iska | 2013-02-02 19:29 | その他 | Comments(0)