ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 26日

キース・ヘリングのカバー・アート「N.Y.C. Peech Boys:Life is something special」(1983)

a0155815_12421370.jpg

ニューヨーク市ソーホーのゲイ・クラブ『パラダイス・ガラージ』の住み込みDJとしてクラブ・ダンスミュージック・シーンに多大な影響を及ぼしたラリー・レヴァン(Larry Levan, 1954-1992)が唯一グループ名義で残したアルバム「Life is something special」のカバー・アートを、このクラブに足繁く通ったキース・ヘリングが手掛けている。ここでのヘリングのデザインは、レコード盤をイメージさせるもので、互いの肘と手を繋げてラベルもしくはセンターホールにあたる五角形を形作る5人のピーチ・ボーイズ(N.Y.C. Peech Boys, 1980-1984)(註1)のメンバーを円の中に描き入れ、その外側にグループ名とアルバム・タイトル、その間にヘリングのトレードマークとも言える“はいはい”する赤ん坊(Crawling baby)を装飾的に配している。ただヘリングの署名は入れられておらず、いつも目にするものと異なった印象を受けるのは、デジタル処理された画像を用いているからのようだ。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Cover art
●サイズ:314x314mm
●技法:Offset lithograph
●レーベル:Island Records Inc.(Island 7 90094-1)
●制作年:1983
a0155815_12465756.jpg

a0155815_12445319.jpg
インナースリーヴ(裏側)。メンバーの写った写真をコラージュしたもの
a0155815_1245336.jpg
へリング(右端)が写った写真が混じっていた


註:
1.N.Y.C.ピーチ・ボーイズは1980年、パラダイス・ガラージのDJ、ラリー・レヴァンがキーボード奏者のマイケル・デ・ベネディクタスに持ち掛け結成されたグループで、デ・ベネディクタスを中心に、バーナード・ファウラー(ギター/ヴォーカル)、ロバート・キャスパー(ギター)、ダリル・ショート(ベース)、スティーヴン・ブラウン(パーカッション)からなる5人組のバンド。プロデューサーのラリー・レヴァンは、一曲のみボーカルで参加している。


a0155815_12452449.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-05-26 12:44 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 05月 18日

キース・ヘリングのポスター「Theater der Welt」(1985)

a0155815_193199.jpg

「Theater der Welt (Theater of the World)」はドイツ国際演劇研究所(German Centre of International Theatre Institute)が1981年に設立した演劇祭で、二年もしくは三年毎に、ドイツ各地の都市を舞台に開催される。これまでにベルリン、ハンブルク、フランクフルト、ミュンヘン、ケルン、シュトゥットガルト、ドレスデンなどの都市が選ばれており、1985年にドイツで5番目の人口を抱えるフランクフルト(註1)で開催された際に行なわれた演劇メモラビリア(theatrical memorabilia )の展覧会のためのポスターのデザインを、ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys 1921-1986)の“Stadtverwaldung”(都市緑化、7000本の樫の木プロジェクト)が話題になった1982年のドクメンタ7(Documenta 7)に参加し、その後も個展を開催するなどして、ドイツで早くに評価されていたキース・ヘリング(Keith Haring,1958-1990)が行なっている。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Poster
●サイズ:1185x840mm
●技法:Lithograph
●発行:German Centre of International Theatre Institute(Das deutsche ITI-Zentrum)
●制作年:1985


註:

1.フランクフルトで1985年9月20日から10月10日まで開催:
Program Director Thomas Petz: include Thomas Bernhard , Claus Peymann. ●Stary Teatr in Krakow, Andrzei Wajda ●Suzuki Company of Toga●Falso Movimento, Naples●Reinhild Hoffmann Het Werkteater, Amsterdam●La Gaia Scienza, Rome●Herbert Achternbusch




a0155815_1743549.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-05-18 18:41 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 05月 11日

浜口陽三展の招待状「Galerie Ditesheim」(1979)

a0155815_2128712.jpg

カラー・メゾチント技法の開拓者として知られる銅版画家の浜口陽三(Yozo Hamaguchi, 1909-2000)は、かつて単位面積あたりの価格が世界で最も高い作家と言われ、“さくらんぼ”の実ひとつに50万円以上の値が付く時もあった。それにはアメリカの画廊が一役買っていると言ったら御幣があるかもしれないが、オランダ国内では無名の存在に近かったエッシャー(Maurits Cornelis Escher, 1898- 1972)をアメリカに紹介し大成功を収めたヴォーパル画廊(Vorpal Gallery)によるモノポリーにその一因があるのではないかと思われる。

1978年、すでにメゾチント作家として国際的に評価されていた浜口であるが、東京の南天子画廊が版元となり、パリのフィアック(Fiac '78)で発表された6点組の版画集「Hamaguchi's six original color mezzotints」が評判を呼び、翌年、フランスとの国境近くに位置するヌシャテル湖畔の風光明媚な街、ヌシャテルにあるディテシェイム画廊(Galerie Ditesheim, Neuchâtel)で、1954年から1979年にまでに制作したメゾチント作品による回顧展が開催されている。これはそのヴェルニサージュ((Vernissage)への招待状。表紙にはこの画廊が版元となったカラー・メゾチントの作品「Papillon orange」(150x60mm Ed.75)が使われている。

●作家:Yozo Hamaguchi(1909-2000)
●種類:Invitation
●サイズ:210x149mm(210x297mm)
●技法:Offset
●発行:Galerie Ditesheim, Neuchâtel
●制作年:1979
a0155815_21281766.jpg


a0155815_1955393.jpg
こちらはフィアックで発表された版画集「Hamaguchi's six original color mezzotints」のイメージを用いて作られた1979年のカレンダー。南天子画廊発行
a0155815_196766.jpg
a0155815_1961765.jpg
a0155815_1963257.jpg
a0155815_1964118.jpg
a0155815_1965010.jpg
a0155815_1971321.jpg

a0155815_11524465.jpg

a0155815_1972368.jpg



a0155815_21311321.jpg
こちらは1979年に南天子画廊から出版されたカラー・メゾチントの作品「赤い毛玉(Red yarn)」を用いた年賀状。114x75mm(114x150mm)
a0155815_2131332.jpg

a0155815_21504276.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-05-11 12:09 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)
2013年 05月 05日

横尾忠則の写真集「Tokyo Y-Junctions」(2009)

a0155815_19252844.jpg

最近は、身近で不幸ばかり続き、悦ばしい、晴れがましい、などといった目出度い話はすっかり耳に届かなくなってしまった。昨年から続いた法事が一段落し、ようやく頭の上の重しが取れた感じだが、行楽に出かけるための金子は何処へやら。そんな中、過日、香典返しに選んだ品物が郵便で届いた。巨匠、横尾忠則の写真集「東京Y字路」である。刊行時に書店で見て欲しいと思ったが、ついつい後回しになってしまっていた。その写真集を香典返しのギフト・カタログで見つけたときは驚いたが、いつまで経っても購入しそうもないのを見かねた故人の計らいだったのかもしれない。感謝。

そんなわけで、すぐに開けてしまっては申し訳ないような気がして、エアーキャップを被せたまま撮影した。紐でも掛ければ誰かの作品のように見えなくもない。くだらぬ事はさておき、横尾氏には、ある現象・事象に興味を覚えると、それにまつわる物をかなり執拗に追い求める“癖”があるようである。今回の「Y字路」について、自身、次のように語っている。
“Y字路は、1本の道が2つに分かれ、“Yの字”となる特殊な場所であり、現代の都市構造においては非常に使い勝手の悪い場所でもあります。そのため、最近では少しずつY字路が姿を消し始めているように感じます。将来的には、絶滅してしまう街の風景を、私は追い続けているのかもしれません"
もとは絵画制作のための記録として撮影したものらしいが、非現実的な光景を現出させるための状況設定は、単なる記録の域を超えており、これもひとつの収集と言えるのではないだろうか。出版案内には
“横尾芸術の近年来の重要なモチーフのひとつである「Y字路」を、23区から都下、島部まで、東京をくまなく探訪し、写真というかたちで追い求めた、横尾忠則初にして、空前絶後の写真集!! 序文=椹木野衣 ”
とある。横尾氏のグラフィック・アーティストとして感性に地誌的(トポグラフィック)な視点を交え撮影された写真は、もとは単なる分かれ道であったに過ぎないY字路を、都市化の中で、人体に喩えれば局部にあたる不条理で千差万別な姿を見せる場所に変容させてきた、人間の行為による風景として提示するものである。横尾氏は本書の刊行に合わせ、産業界の合理化のなかで消えてゆく運命にあった給水塔や溶鉱炉などの産業施設、また産業地帯の住宅などを撮影し、それらを同一施設ごとに集め、グリッド上に並べて見せたドイツの写真家、ベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻(Bernd und Hilla Becher)によるタイポロジー(類型学)の手法を想起させる方法で写真の展示を行なっている。刊行から二年半、見る側にも新しい風景の発見と追体験をもたらしており、この分野で新境地を開く可能性を感じる。今回限りとするのは惜しい気がするのだが。

●作家:Yokoo Tadanori(1936-)
●種類:Photograph
●サイズ:234x302mm
●技法:Offset
●発行:Kokushokankokai
●発行日:2009/10/26
[PR]

by galleria-iska | 2013-05-05 18:08 | その他 | Comments(0)