ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 29日

キース・ヘリングのスケートボード「Skateboard(1)」(ca.1988)

a0155815_1212346.jpg

                                     ボトム(裏側)

キース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)は1988年頃、ポップショップを開店した1986年に設立されたニューヨーク・シティ・スケートボード社(New York City Skateboards, Inc.)の依頼で、デッキ(表側)用のグラフィックのデザインを行なっており、このイメージは、以前このブログで取り上げたステッカーにも使われている。同社の設立メンバーによれば、スケートボードは200台ほど作られ、その多くをニューヨーク・シティ・スケートボード社が販売、残りをヘリングの財産管理財団が購入したとのことである。ポップショップのサイトでは50ドルで販売されていたように記憶する。

このボードとは別に、ヘリングは1986年のポップショップの開店に伴い二種類のスケートボードのボトム(裏側)のグラフィックをデザインしているが、そのうちクラシックタイプのボードを使ったものには、このボードと同じイメージが使われている。ボードには木地と白塗りの二種類のタイプがあり、イメージも配色変えたものが幾つか存在している。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Skateboard
●サイズ:787x197mm
●技法:Silkscreen
●限定:200
●発行:New York City Skateboards, Inc.
●制作年:ca.1988
a0155815_1201293.jpg
                                      デッキ(表側)
a0155815_1202255.jpg

a0155815_11464025.jpg
                                      ステッカー
[PR]

by galleria-iska | 2013-11-29 18:04 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 11月 09日

キース・ヘリングのマルティプル「Inflatable Baby」(1985)

a0155815_1748451.jpg

現代美術のひとつのジャンルとも言えるマルティプル・アート(=マルティプルズ)について、ケーキやアイスクリームなどの食べ物や、鋏やノコギリといった道具など、日常目にする物を巨大化した彫刻として提示するスウェーデン生まれのアメリカ合衆国の彫刻家クレス・オルデンバーグ(Claes Oldenburg, 1929-) は、1991年に行なったの自身のマルティプルの展覧会の図録「Claes Oldenburg: Multiples in Retrospect 1964-1990」(157pp. 310x240mm. Rizzoli International Publications, Inc, New York, 1991)の中で、 "(Muliples) is understood to refer to a small sculpture produced in a relatively large edition"と定義しているが、彫刻やグラフィックとの境界が曖昧なところがあり、マルティプル・アートを成立させる要件として、三個以上とされる限定数についても明確な既定があるわけではない。それよりもその制作意図の方が重要であろう。自らの運営するポップ・ショップで数多くの“グッズ”を販売したキース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)であるが、そのうち幾つかについては、マルティプル・アートとして現代美術の画廊でも取り扱っているところがある。このブログでも取り上げた“AM-FMラジオ”や“コンドーム・ケース”がそれだが、なかでもビニール製の玩具として作られた“光り輝く赤ん坊(Radiant Baby)”は、現代美術のオークションに登場するまでになっている。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Multiple(Plastic object)
●題名:Inflatable Baby
●サイズ:800x500mm
●発行:Keith Haring
●制作年:1985
a0155815_1871485.jpg
「Inflatable Baby」が入れられた紙製の箱のパッケージデザインもヘリングが行なっており、へリングが描いたドローイングはシルクスクリーンで印刷されている。オリジナル版には、側面のひとつにヘリングのレタリングで"Made in Taiwan"と記されているが、後に作られたレプリカでは"Made in USA"となっており、大きさも異なっている。白地の他に、赤地のものも作られている。「Inflatable Baby」についても、オリジナル版には空気注入口の周りに"©1985 K.HARING MADE IN TAIWAN"の文字が浮き彫りされており、レプリカと区別することができる。
a0155815_1226935.jpg

a0155815_121599.jpg
「International Index of Multiples - from Duchamp to the presen」と題されたこの作品目録は、1992年に東京・青山に建の複合文化施設ワコール・アート・センター(Wacoal Art Center)のスパイラル(Spiral )で開催されたマルティプル・アートの展覧会「Three or More - Multiplied art from Duchamp to the present」に合わせてドイツの出版社《Verlag der Buchhandlung Walter Konig, Köln, 1993 》から刊行されたもので、デュシャン以降の2500点のマルティプル・アート作品が収録されている。そのカバーに使われている展覧会場を撮った写真には、ヘリングの「Inhflatable Baby」も写っている。この展覧会が開催された1992年は、バブル崩壊後の個人消費の伸び悩みから景気が下降線をたどり始め、不良債権化した美術品の処理に手を焼く金融機関が話題になったりした頃であるが、創作活動の視野を拡げる画期的な展覧会であったのではないかと思う。その当時は未だ、フランス語を語源とする“オブジェ”では捉えきれない作品の出現により使われるようになった、マルティプル・アートの概念は広まっておらず、ことへリングに関しては、単なる“グッズ”としてしか捉えられていなかったように思う。「Inflatable Baby」を知ったのは、バブルの頃で、美術書を専門に扱うアメリカの古書店から送られてきた販売目録に小さな彫刻として紹介されていた。確か500ドルというような価格が付けられていたように記憶する。写真は掲載されておらず、説明文だけであったが、かえって想像力を掻き立てられ、すぐに注文を出したのだが、既に売れていた。

a0155815_16582256.jpg

a0155815_16564530.jpg

a0155815_16562143.jpg
a0155815_16563457.jpg




a0155815_17594989.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2013-11-09 18:15 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2013年 11月 05日

アントニ・タピエスのポスター「Kasseler Kunstverein」(1969)

a0155815_17234712.jpg

ドイツ語で“出窓”を意味するエルカー(Erker)を社名とするエルカー印刷(Erker Presse)は、美しい出窓を持った家々が建ち並ぶスイス北東部の都市ザンクト・ガレン(Sankt Gallen)に工房を構える現代美術の版画工房であり、版画(集)や挿絵本の出版も行なっている。また併設の画廊では契約作家の展覧会を定期的に開催している。同社が取り扱うのは、ヨーロッパの良質な現代美術作家たちであるが、美術界の動向とは一定の距離を置いて制作する、いわば通好みの作家たちである。その中には、スペインの二十世紀代表する現代美術作家アントニ・タピエス(Antoni Tàpies, 1922-2012)も含まれ、パリのマーグ画廊よりも早くに契約、版画や挿絵本の制作を行なっている。エルカー出版では、自社画廊での展覧会やヨーロッパ各地で開催される契約作家の展覧会のポスターも制作しているが、機械印刷を行なっていないのか、摺刷数は数百部程度と少ない。今回取り上げるのは、タピエスが現代美術の祭典のひとつであるドクメンタが開催されるヘッセン州の古都カッセル(Kassel)の芸術協会(Kasseler Kunstverein)で行なった全版画展「Antoni Tàpies. Das gesamte graphische Werk」の際に制作したオリジナルのリトポスター。友人達の名前を網のような線描で絡めた画面は、記号としての文字を抽象表現主義的な筆致として見せつつもそこに何らかの意味の存在を残すことで、新たな思考を喚起させるという、物質性を追求した絵画表現とは異なるタピエスの版画表現のスタイルを示している。文字部分を省いた限定75部の版画作品も同時に作られている。

スイスの物価が高いのは有名であるが、美術作品についても他のヨーロッパの国と比べると割高である。エルカー出版からはタイエスのポスターが何点も出版されているが、パリのマーグ画廊が出版したポスターの何倍もの価格が付けられているため、なかなか手が出せないでいた。このポスターは最近ドイツの画廊から比較的安価で入手することができたものである。因みに出版元であるエルカー出版が付けているこのポスターの現在の価格は150ユーロで、サイン入りのものは240ユーロとなっている。

●作家:Antoni Tàpies(1922-2012)
●種類:Plakat/Poster
●題名:Mes amis/My friends
●サイズ:960x680mm
●技法:Lithographie/Lithograph
●限定:400
●発行:Erker-Presse, St-Gallen
●制作年:1969
●目録番号:Antoni Tàpies. Das graphische Werk/L'Oeuvre Gravé 1947-1972.#210

a0155815_17235573.jpg


参考文献

タピエスの版画目録はMariuccia Galfettiの編纂により、エルカー出版からこれまでに以下の四冊が刊行されている:
出版社(Publisher):Erker Verlag and Barcelona, Editorial Gustavo Gili, 1984-2009.
第一巻(Tome I):TAPIES: Das Graphische Werk/L'Oeuvre Gravé, Werkverzeichnis/Catalogue Raisonné 1947-1972
第二巻Tome II):TAPIES: Das Graphische Werk/L'Oeuvre Gravé, Werkverzeichnis/Catalogue Raisonné 1973-1978
第三巻(Tome III):TAPIES: Obra Grafica/Graphic Work 1979-1986
第四巻(Tome IV):TAPIES: Obra Grafica/Graphic Work 1987-1994
[PR]

by galleria-iska | 2013-11-05 19:29 | ポスター/メイラー | Comments(0)