ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 25日

パウル・ヴンダーリッヒのリトグラフ「Portrait Samuel Beckett」(1976)

a0155815_18144235.jpg

1978年に開催された第一回リストウェル国際版画ビエンナーレ(Listowel International Print Biennale, Ireland)で金賞を受賞したパウル・ヴンダーリッヒ(Paul Wunderlich, 1927-2010)のリトグラフ「サミュエル・ベケットの肖像(Portrait Samuel Beckett)」。この作品はヴンダーリッヒが1976年に、シュトゥットガルトの版元マニュス・プレス(Manus Presse, Stuttgart)から限定50部で出版したもので、1971年にドイツで出版された『Samuel Beckett 』(Klaus Birkenhauer, RoRoRo Bildmonographie 176)掲載の写真に想を得て制作されたのではないかと思われる。引用と変容というヴンダーリッヒの方法論に沿いながらも、この作品が見せる表情は、一般に流布している雑誌や広告・宣伝などの写真をもとに制作を行なうという、第二次世界大戦後のイギリスやアメリカで興った現代美術の作家の絵画や版画を想起させるが、その分ヴンダーリッヒの作品としての個性が薄まり、人気、評価共に今ひとつである。

ヴンダーリッヒが何故アイルランド出身のサミュエル・ベケット(Samuel Beckett, 1906-1989)に興味を抱いたのは不明であるが、この年、同じアイルランド出身の作家ジェイムズ・ジョイス(James Joyce, 1882-1941)へのオマージュともいえる10点組の版画集も出版している。ヴンダーリッヒはベケットの肖像を描くにあたり、時が彫り上げた深い皺のある顔を敢えて描かず、シルエットだけで表現する方法を選んでいる。版画目録に掲載された第一段階では未だ丸眼鏡を描き入れているが、決定段階では、姿を見せないゴドーに準え、丸眼鏡は画面の右下に作家のアトリビュートとして添えられ、見る側の記憶の中にあるベケットの肖像を想起させる方法を取っており、従来的な肖像画とは一線を画している。

この作品には、出版されたものとは幾分色調の異なる試し刷り(epreuve d'essai =e.e)があり、そちらは余白(マージン)が裁断されていない。以前、ヴんダーリッヒがオッフェンバッハの版元フォルカー・フーバー氏に献呈したものを手に入れ気に入っていたのだが、コレクターに奪われてしまい、今手元にあるのは出版された方であるが、何か物足りない気がする。

●作家:Paul Wunderlich(1927-2010)
●種類:Lithograph
●サイズ:645x493mm
●技法:Lithograph
●紙質:Rives
●限定:50
●発行:Manus Presse, Stuttgart
●制作年:1976
a0155815_181512.jpg
シート左下に押されたリトグラフ工房マチュー(左)と出版元マニュス・プレス(右)の空押し印。


註:
1.
a0155815_18153993.jpg
『Samuel Beckett 』(Klaus Birkenhauer, RoRoRo Bildmonographie 176)の書影
a0155815_18152411.jpg
サミュエル・ベケットの肖像写真。撮影:ジェリー・バウアー(Jerry Bauer)
[PR]

by galleria-iska | 2014-01-25 17:41 | その他 | Comments(0)
2014年 01月 18日

キース・へリングのビニールバッグ「Pop Shop Plastic Bag(type2)」(c.1987)

a0155815_1765813.jpg

前に一度色違いのものを取り上げたことがあるが、キース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)がポップショップ用にデザインしたビニールバッグの別ヴァージョン三種類の内のひとつ。このビニールバッグ、ヘリングの版上サインのあるイメージ(表?)は、1987年の年記のあるポップショップ・東京のビニールバッグのデザインを転用したものであるが、こちらにはオリジナル・デザインを示す著作権マークがなく、画面の収まりも窮屈に感じられるので、ヘリング自身がデザインしたものか疑問が残る。製造元はオリジナル・デザインのものと同じ《PAK 2000》。

a0155815_1772375.jpg

a0155815_17263350.jpg
ポップショップ・東京のビニールバッグ(裏)

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●題名:Pop Shop Plastic bag
●サイズ:484x425mm
●技法:Silkscreen
●製造:PAK 2000, New Hampshire
●制作年:c.1987
a0155815_1762280.jpg
ビニールバッグを製造した《PAK 2000》は、1972年にスイスの大手の包装用容器メーカーによって設立されたビニール製の買い物袋の製造メーカー。紙製の買い物袋や包装箱の製造も行なっており、顧客には世界的なブランドが名を連ねている。
a0155815_174519.jpg

a0155815_1642401.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2014-01-18 15:42 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2014年 01月 16日

ホルスト・ヤンセンのポスター「Drucken(3)」(1968)

a0155815_16424485.jpg

ホルスト・ヤンセン(Horst Janssen, 1929-1995)がヴェネツィア・ビエンナーレで版画大賞を受賞した1968年にハンブルクの印刷所ハンス・クリスチアンズ(Hans Christians Druckerei und Verlag, Hamburg)の依頼で制作した広告ポスター。このポスターは通常、亜鉛版エッチング(Strichätzung)でポスター用の白い紙に印刷されているのだが、今回、偶然、黄味がかった光沢紙に印刷されたものが手に入ったことから、紙質を変えリトグラフで印刷された別ヴァージョンがあることが判った。亜鉛版エッチングで印刷されたものには、当然のことながら、凹版印刷特有の膨らみがシートの裏面にできるのだが、今回のものはシートの両面が平なことから、亜鉛版エッチングで印刷されたものを写真製版し、リトグラフで印刷したのではないかと思われる。その理由であるが、亜鉛版エッチングで印刷されたの方の画像を見ていただけると分かると思うが、画面の一部が印刷に関する一文を載せた側に透けて見え、また表面の凹凸が目障りとなり、美しさを損ねる惧れがあることから、リトグラフによる印刷に切り替えたのではないかと思われる。従ってリト刷りのものは販売には供されず、関係者向けであった可能性が高い。そして両者を区別するためであろうか、リト刷りのものは亜鉛版エッチングのものに比べ余白がかなり切り詰められている。

●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Poster(Plakat)
●題名:Drucken
●技法:Lithograph
●サイズ:422x266mm
●発行:Hans Christians Druckerei und Verlag, Hamburg
●制作年:1968
a0155815_16425346.jpg
ヤンセンの版上サインと年記

a0155815_19373657.jpg
亜鉛版エッチングのもの。430x277mm
[PR]

by galleria-iska | 2014-01-16 18:23 | ホルスト・ヤンセンのポスター | Comments(0)
2014年 01月 14日

ホルスト・ヤンセンの絵草子「Laatzen's Bilderbogen: 2 Folge:Bogen II 1(2)」(1967)

a0155815_1815295.jpg
新年早々、幸先が良いのか、無駄な出費なのか分からないが、先日このブログで取り上げたホルスト・ヤンセンの絵草子「Laatzen's Bilderbogen: 2 Folge:Bogen II 1」の実物が手に入った。18世紀ドイツの科学者ゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク(Georg Christoph Lichtenberg, 1742-1799)の肖像を描いたものかと思われるが、大胆にデフォルメされているため、容易に判断しかねる複雑に込み入った画面は、様々な動植物や果物、本などを寄せ集めて描いた肖像画で知られるマニエリスムの画家ジュゼッペ・アルチンボルドやその影響を受けたかもしれない寄せ絵を描いた江戸時代末期の浮世絵師、歌川国芳からインスピレーションを得たのであろうか、時間を掛けて仔細に観察しないと何が描かれているのか見えてきそうもない。そこにキュビスムで導入された文字の記入が加わり、判じ絵的な様相も見せている。画面左端のリヒテンベルクと向き合う人物は、リヒテンベルクの論敵となった18世紀スイスの牧師で観相学を唱えたヨハン・カスパー・ラファーター(Johann Caspar Lavater, 1741-1801)であろう。

●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Bilderbogen
●題名:Laatzen's Bilderbogen: 2 Folge:Bogen II 1
●サイズ:637x444mm
●技法:Strichätzung(Zinkätzung)
●限定:1000
●発行:Hermann Laatzen, Hamburg
●刷り:Hans Christians, Hamburg
●制作年月日:15.8、1967
a0155815_18152522.jpg
画面下にはヤンセン自身の手による作品に関する説明書きに加え、画面右下に当たる部分には、シリーズ名、限定部数(1000)、価格(DM 5.00)、技法、次回作(2.Folge L.B.B.=G.C.Lichtenberg über Physioc(g)nomik)、版元など、シリーズに関する出版案内が記されている。技法について言えば、ヤンセンの絵草子はハンブルクにある印刷所ハンス・クリスチャンズで亜鉛版エッチング(Strichätzung)で印刷されているのだが、現在は勿論、出版当時でもリトグラフと表記する業者が多かったためか、ヤンセンは敢えて"リトグラフではない(ist Keine Litho)"との但し書きを入れている。
a0155815_11543815.jpg
                      ヤンセンの自画像部分

a0155815_12474227.jpg
        図版:ラファーター(左)とリヒテンベルク(右)の肖像画
[PR]

by galleria-iska | 2014-01-14 18:36 | ホルスト・ヤンセン関係 | Comments(0)
2014年 01月 11日

キース・ヘリングのスケートボード「Skateboard(2)」(1986)

a0155815_15262289.jpg

キース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)がポップショップ用にデザインしたスケートボード・デッキ(Skateboard deck)。死の象徴である骸骨の頭から生えた二匹の大蛇が如きドラゴンに喰われたり業火に焼かれる姿を描いたこの作品、デッキの上部には死に囚われた人間の霊魂が肉体を離れる姿が描かれ、デッキ下部には、ヘリングの出自を仄めかすピューリタンの墓に描かれる“翼を持つ頭蓋骨”が描かれていることから、天国、地獄、そして魂の救済を表したキリスト教な図像とも取れるが、“自分は死すべきものである”ことを思い起こさせるための警句として使われるメメント・モリ(Memento Mori)をモチーフにしているのではないかと思われる。そしてそれはペストの流行による死の恐怖を前に人々が半狂乱になって踊り続けるという中世ヨーロッパの死生観を示した寓話『死の舞踏(La Danse Macabre)』のように、当時、死の病とされたエイズと隣り合わせで生きる現代人の恐怖を背景にしたヘリング自身の偽らざる心境(死生観)を反映したものであり、数年後に自らに訪れる運命を予感しているかのようでもある。

ストリート・カルチャーを代表するスケートボードのデッキの裏側に描かれたこの図像、乗り手がジャンプしたほんの一瞬だけ見えるのだが、その刹那、生と死はいつも隣り合わせであることを思い起こさせる“死を思え”が示されるのである。

このイメージを用いたクラシックタイプのデッキも存在しているが、詳細についは不明である。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Skateboard
●サイズ:790x200mm
●技法:Silkscreen
●発行:Kieth Haring
●制作年:1986
a0155815_15303261.jpg
a0155815_15303965.jpg



a0155815_16563948.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2014-01-11 12:07 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2014年 01月 08日

レイモン・サヴィニャックの招待状「Musée de L'Affiche」(1978)

a0155815_19205139.jpg

美術評論家のガエタン・ピコン(Geneviève Gaëtan Picon, 1915-1976)のリーダーシップにより実現したポスター美術館(Musée de L'Affiche)(註1)は1978年、ポスターの専門家で美術評論家、そしてコレクターでもあるアラン・ヴェイユ(Alain Weill, 1946-)を館長(1978~1983)に迎え開館した。これはその開館のセレモニーと最初の展覧会「Trois Siècles d'Affiches Françaises」への招待状である。この展覧会に際し、フランス20世紀を代表するポスター作家(Affichiste français)レイモン・サヴィニャック(Raymond Savignac,1907-2002)が告知用ポスターと図録のために色の三原色を用いた原画を制作し、この招待状にも使われているのだが、モチーフとなっている《自己紹介の挨拶をするポスター氏》は、開館を前にして亡くなったガエタン・ピコンへのオマージュではないかと思われる。

●作家:Raymond Savignac(1907-2002)
●種類:Invitation
●サイズ:105x145mm
●技法:Offset
●発行:Musée de L'Affiche, Paris
●制作年:1978
a0155815_1921051.jpg
招待文
a0155815_19212224.jpg
同展の図録。208x250mm、80ページ、図版150点
a0155815_19214226.jpg
タイトルページ

ポスター美術館の開館とそれに伴う展覧会「Trois Siècles d'Affiches Françaises」を報じる新聞記事:
a0155815_2182688.jpg
a0155815_2183970.jpg
a0155815_2185374.jpg
a0155815_219456.jpg
a0155815_2191425.jpg


註:
1.1992年に《広告美術館(Musée de la Publicité )》に改名される。
[PR]

by galleria-iska | 2014-01-08 18:51 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)