ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 30日

永井一正のポスター「Water is Life」(1989)

a0155815_20462323.jpg

前回、日本を代表するグラフィックデザイナーである永井一正氏デザインの展覧会のチラシを取り上げたが、その流れで、今回は随分昔に手に入れた永井氏の「動物シリーズ」のポスターを取り上げてみたい。動物シリーズは還暦間近い1988年頃から始まるらしいのだが、既にその年に傑作とも言える日本的なるものの象徴のひとつとしての“亀”を意匠化した「Japan(3)」を制作している。今回取り上げるのは、その翌年に東京のコニカプラザで“水(Water)”をテーマに開催されたJAGDA(Japan Graphic Designers Association)ポスター展のために制作された二種類のポスター「水は生命(Water is Life)」のうちの一点で、ライオンらしき動物が水を飲む姿を描いているのだが、ただ、頭部がどうしても魚類に見えてしまう。

このポスターは動物シリーズの中では最も単純な構図であるが、青色の背景には、「Japan(3)」の背景にも使われている同心円状の文様があしらわれており、それは生命の根源である水の波紋を想起させるための意匠であるかと思われるのだが、同時に日本的な装飾性や無限の回帰を示す、多義的な視覚言語としての機能を有している。灰色の背景には大きさの異なる渦巻き状の文様が見えるが、それはライオンが生息する草原の植生を表現しているのだろうか。川や池の水底から湧き出す湧水のようにも見えなくもない。
a0155815_2048101.jpg

富山県立近代美術館で1990年に開催された「永井一正展」の図録にはオフセットと表記されているが、間違いなくシルクスクリーン印刷である。

●作家:Kazumasa Nagai(1929-)
●種類:Poster
●サイズ:1030x728mm
●技法:Silkscreen
●限定:100
●発行:Japan Graphic Design Association(JAGDA), Tokyo
●制作年:1989
a0155815_20535469.jpg

a0155815_20264343.jpg



参考文献:
「永井一正展」図録、富山県立近代美術館、1990年、p.40, p35
『永井一正ポスター展「Life」』図録、東京国立近代美術館、1998年
[PR]

by galleria-iska | 2014-10-30 21:06 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2014年 10月 23日

永井一正のチラシ「The Nippon Posters」(2014)

a0155815_18232426.jpg

前の日曜日に半年振りに美術館に行ってきた。と言っても、企画展を観るためではなく、調べたいことがあり、図書室で資料を閲覧させてもらうためであったのだが。用が済み、展覧会の案内コーナーをぶらぶらしていると、日本を代表するグラフィックデザイナーの永井一正(Kazumasa Nagai,1929-)氏らしきデザインのチラシが目に付いたので、他のチラシとともに一部頂いてきた。家に帰って確かめると、やはり永井一正氏のデザインであった。大阪から京都の太秦に移転したdddギャラリー(註1)の開館記念展として開催中の『The Nippon Posters』の案内用に作られたものであるらしい。
a0155815_18223444.jpg

尾形光琳の“紅白梅図屏風”に描かれた水の流れを彷彿させもするが、誰か別人の原画をもとにしているのだろうか、紅葉舞う川のほとりに日本を象徴する菊の花を手に腰掛ける一匹の猿(日本人の象徴であろうか)を描いたもので、川上から川下に向って、亀倉雄策、早川良雄、山城隆一、中村誠、瀧本唯人、木村恒久、永井一正...と戦後のグラフィックデザイン黎明期から今日まで日本のグラフィックデザインを牽引してきたポスター作家たちの名が順に記されている。チラシとは言え、フルカラー印刷に金色や朱色の特色印刷を加え、なかなか凝った印刷である。デザインの意図は、展覧会の趣旨が“日本独特のグラフィックデザイン表現と伝統文化との関連性に焦点をあてる”とあるように、日本美術の中にあるデザイン的特質を、1988年頃から始まる永井氏の動物シリーズのデザイン・コンセプトの中で表現したものとなっている。

展示されるポスターは、DNPグラフィック・デザインアーカイブ収蔵作品の中から選ばれた、故田中一光氏、永井一正氏、横尾忠則氏をはじめとする133点である。亀倉雄策氏の東京オリンピック第一号ポスターも出品されているようである。京都にはもう何年も行っていないので、この機会にいちど出かけてみたいと思うのだが...。

●作家:Kazumasa Nagai(1929-)
●種類:Flyer
●サイズ:297x210mm(A4)
●技法:Offset
●発行:ddd Gallery(DNP Foundation for Cultural Promotion)
●印刷:Dai Nippon Printing Co., Ltd
●制作年:2014
a0155815_18225077.jpg



註:

1.大日本印刷株式会社(DNP)の創立130周年記念事業のひとつとして設立された公益財団法人DNP文化振興財団の関連事業のひとつとして、関西での展示事業を行なっている
[PR]

by galleria-iska | 2014-10-23 18:44 | その他 | Comments(0)
2014年 10月 11日

ジャン=クロード・フォレのポスター「Barbarella: Viktor」(1964)

a0155815_18142016.jpg

a0155815_18194372.jpg

ポップ・アートとは何かという問いに、「絵画において商業美術を利用すること」と答えたロイ・リキテンスタインは、コミック・ストリップの一コマを拡大して利用したポップ・アーティストであるが、これは逆にフランスのバンド・デシネの作家ジャン=クロード・フォレが、自身の作品『バーバレラ(Barbarella)』のポスターにおいて、リキテンスタインの原色による色使いや印刷物の網点(ベンディ・ドット)といった手法を取り入れて制作したもの。何の説明もなく見せられると、リキテンスタインの作品かと思ってしまう。絵画に利用された商業美術側からのアイロニカルな返礼と言えるだろうか。

●作家:Jean-Claude Forest(1930-1998)
●種類:Poster
●サイズ:870x597mm
●技法:Silkscreen
●発行:PPP – Populäre Propaganda Presse, Düsseldorf
●制作年:1964

a0155815_18233454.jpg
英語版のセリフは"Oh! Madame is too kind... I know my shortcoming a bit mechanical about my movement!"となっている。
a0155815_1814512.jpg
"Diktor, You have real style! "


註:

1.
a0155815_1742528.jpg
                           図版:第二版(1966年)の書影

表紙に描かれたバーバレラは、どことなくリキテンスタインの絵画に登場するブロンドの娘を彷彿させるし、肌の部分に赤色、背景には青色のベンディ・ドットが使われており、リキテンスタインの絵画を意識したものになっている。『バーバレラ』は、1962年にフランスに雑誌『V-Magazine』に連載されたにジャン=クロード・フォレ(Jean-Claude Forest)による大人向けのSFコミックで、1964年にフランスの出版社ル・テラン・ヴァーグ(Le Terrain Vague, Paris)から二色刷りの単行本として出版されたが、エロティックな裸の絵があるとして検閲に引っかかり未成年者への販売や書店での陳列が出来なくなり、あまつさえ宣伝禁止処分となった。ル・テラン・ヴァーグは1955年にエリック・ロスフェルド(Éric Losfeld, 1927-1979)がパリに設立したの出版社のひとつ。ロスフェルドはシュルレアリスムやエロティシズム関係の書を数多く出版しており、アヴァンギャルドなコミックの出版も手掛けている。第二版の出版と同時に英語版がニューヨーク市のグローヴ・プレス社(Grove Press, New York)、ドイツ語版がブレーメンのカール・シューネマン出版(Carl Schünemann Verlag, Bremen )から出版された。

『バーバレラ』はプレイボーイとして鳴らした映画監督のロジェ・ヴァディム(Roger Vadim, 1928- 2000)の目に止まり、1965年に結婚した三番目の妻、ジェーン・フォンダを主役に起用し、1967年に映画化された。公開はスタンリー・キューブリックのSF大作『2001年宇宙の旅(A Space Odyssey)』と同じ1968年。両者ともに興行的には大成功とは言えなかったが、『バーバレラ』は1977年、『2001年宇宙の旅』は1978年にリバイバル上映され、人気・評価ともに不動のものとなった。『2001年宇宙の旅』の当地方での初公開は名古屋の「中日シネラマ劇場」であった。新聞に載った映画公開の宣伝広告と映画評論家の萩昌弘(1925年-1988年)の推薦の言葉に惹かれ、どうしても観たくなり、両親に何ヶ月分かの小遣いの前借りを頼んだが、家に余裕がなかったのであろう、“洋画なんか観ると不良になる”と断られ、観に行くことが出来なかった。それから10年後の1978年に「テアトル東京」でリバイバル上映されたときに観たのだが、始まって間もなく、シネラマの大画面に映される冒頭部分の映像美に思わず鳥肌が立ったのを覚えている。

a0155815_18321399.jpg
                       図版:ポスターに使われたバーバレラの一コマ
[PR]

by galleria-iska | 2014-10-11 21:13 | ポスター/メイラー | Comments(0)