ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 27日

ハンス・ベルメールのポスター「Striped stocking」(ca.1970)

a0155815_1226176.jpg

ドイツ帝国時代のカトヴィッツ出身のハンス・ベルメール(Hans Bellmer, 1902-1975)は、日本では画家や版画家としてよりも、人形、特に球体関節人形作家や写真家として知られているが、パウル・ヴンダーリッヒ(Paul Wunderlich, 1927-2010)にも影響を与えた卓越したデッサン力を生かした銅版画にも見るべきものがある。ベルメールの最初の銅版画による挿絵本とされるフランスの思想家ジュルジュ・バタイユ(Georges Bataille, 1897-1962)が1928年にロード・オーシュという偽名でアンドレ・マッソンの挿絵を添えて発表した処女小説『眼球譚(Histoire de l'OEil)』の改訂版(1944年、K出版、パリ)の挿絵(銅版画6点入り)、1961年刊行の10点組みの銅版画集「サドに(A Sade)」(アラン・マゾ出版、パリ)、ジョルジュ・バタイユが1965年にピエール・アンジェリックなる偽名で発表した短編小説『マダム・エドワルダ(Madame Edwarda)』(ジュルジュ・ヴィサ出版、パリ)の挿絵(銅版画12点入り)などが挙げられるが、いずれも100万円を超える高価なもので、コレクターでもない限り、おいそれとは手が出せない代物である。個人的にはパリの書店・画廊アラントン(Arenthon S.A.)の店主の好意で手にとって見ることができたのがいい思い出である。ベルメールの版画作品を実際に手に入れることが出来たのは1980年代の後半になってのことであるが、前述の3点のエッセンスのひとつに纏め上げたとも言える10点組の銅版画集「道徳小論(Petit Traité de Morale)」所収の作品である。この銅版画集は、マルキ・ド・サドの同名の小説に想を得て制作され、1968年にベルメールの版元であるジョルジュ・ヴィサ出版から出版されたもので、小市民的な道徳観念をあざけ笑うようなスキャンダラスでポルノグラフィックな過激な描写とは裏腹に、不思議な清廉さを漂わせるその画面に釘付けになってしまった。その描線は、ひょっとしたら女性が彫版を行なっているのではないか(註1)、と疑いたくなるほど、繊細かつ流麗で、気品さえ感じさせるものであった。

ベルメールがかくの如き美の規範を逸脱した表現を取った真意は、反権威的であり、優勢主義的な政策を推し進めるナチスに対する抵抗が根底にあったものと言われているが、それはエロティシズムの本質をあらゆる禁止を侵犯することと捉えたバタイユの思想にも通底し、ベルメールにはバタイユ作品の表象化にふさわしい下地が形成されていたと言えるかもしれない。そのバタイユの思想に立脚した反道徳的な表現と拮抗し得る造形表現を行なうにあたり、女性の手を借りたかのような繊細かつ流麗な線描こそが、人間の性的嗜好を煽り立てるだけの、ただ単にグロテスクで醜悪な図画を超越するために必要不可欠であったのかもしれない。とは言え、陰毛がまだご禁制の時代、ベルメールのそのような作品を堂々と壁に掛ける画廊は少なかったように思われる。その後暫くして、日本国内でもベルメールの作品が比較的容易に美術愛好家の目に止まるようになるのだが、そんな空気にも後押しされ、パリの画廊から入手した作品を知人に見せたところ、殊のほか反応(!?)も良く、一枚、また一枚と所望され、結局全て手放してしまうことに。そんな中、唯一残ったのが、このリト刷りのポスターである。購入時の価格は数十フランもしなかったと思う。ポスターの構図は、1969年に刊行されたハインリヒ・フォン・クライストの『マリオネット(Les marionnettes)』所収の銅版画の一枚に、細部は異なるが、全体の構図は近しいものがある。このポスターに関しては、これまで一度もレタリングを施したものに出合ったことがなく、展覧会の告知用のポスターとして制作されたものだとすると、展覧会そのものが中止になった可能性も考えられなくもない。一方で、ポスター制作の際にしばしば行なわれるのだが、ポスターとは別刷りで、ベルメールが署名を入れた限定120部のリトグラフ「縞模様のストッキング(Striped stocking)」(737x545mm)(註2)が同時に作られている。

●作家:Hans Bellmer(1902-1975)
●種類:Poster
●サイズ:498x500mm(780x558mm)
●題名:Striped stcking
●技法;Lithograph
●制作年:ca.1970
a0155815_12143646.jpg
ポスター(左図)と1969年に刊行されたハインリヒ・フォン・クライストの『マリオネット(Les marionnettes)』所収の銅版画の構図との比較。



註:

1.
a0155815_18101869.jpg
"Cécile Reims grave Hans Bellmer" par Pascal Quignard. Cercle d'art, Paris, 2006.
2006年、ベルメールの版画政制作に女性の版画家が関わっていたことが一冊の本によって明らかにされた。ベルメールの版画の版元であったジョルジュ・ヴィサ出版の周りでは知られていたが、長年、公にされなかった事実が本人が名乗り出たことで明らかされ、美術界に衝撃を与えることとなったのである。1966年、自作をビュラン彫の銅版画にする職人を探していたベルメールに、シュルレアリストたちとの交流があった素描家フレッド・ドゥ(Fred Deux, 1924-)が銅版画職人として推薦したのが、ドゥの伴侶で銅版画家のセシル・ランス(Cécile Reims, 1927-)であった。その結果、ランスは1966年からベルメールがなくなる1975年までベルメールの版元であったジョルジュ・ヴィサの工房でベルメールの銅版画制作に携わることとなり、ビュランやドライポイントで、ベルメールの作品(原画)200点あまりを忠実に再現した。これはその作品集である。

絵師・彫師・摺師といった分業体制は、フンデルトワッサーやヴンダーリッヒの木版画にも見られるが、銅版画の彫版を他人が行なうというのはあまり例がなく、そのことでベルメールの藝術そのものの価値を損なうものではないかもしれないが、ベルメールが自画・自刻で銅版画制作を行なっていたものと信じていた多くの愛好家を失望させるものであったことは確かで、1966年以降に制作された版画作品の下落の一因ともなっている。

2.
a0155815_11371474.jpg
ルロン画廊(Galerie Lelong, Paris)が出している版画の出版目録(1989年度版)、210x142mm
a0155815_11372378.jpg
ベルメールの版画の案内

マーグ画廊(Galerie Maeght)を設立したエメ・マーグ(Aimé Maeght, 1906-1981)が他界した1981年にパリのマーグ画廊のディレクターであったダニエル・ルロン(Daniel Lelong, 1933-)が、作家のジャン・フレモン(Jean Frémon, 1946-)と詩人のジャック・デュパン(Jacques Dupin, 1927-2012)と共に、マーグ画廊の一部を引き継ぐ形で設立したルロン画廊(Galerie Lelong/Galerie Maeght Lelong S.A.→Galerie Maeght Lelong→Galerie Lelong)の1989年度版の版画の出版目録に図版(E.A. 40部の内の一点)が掲載されている。それによると、題名は「無題(Sans title)」となっており、価格は2500フラン(日本円で約55000円)とある。とするとポスターとリトグラフの出版元はマーグ画廊だったのだろうか。


a0155815_13255598.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2015-04-27 22:08 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2015年 04月 20日

ジェームズ・アンソールの銅版画「Le Pisseur」(1887)

a0155815_2057227.jpg

仮面の画家として知られるジェームズ・アンソール(James Ensor, 1860-1949)は、版画家としても独特の幻想世界を築き上げている。そのアンソールの版画紹介に一役買っているのは、兵庫県立近代美術館(2002年に兵庫県立美術館へ名称を変更)で、アンソールの恋人とされ、アンソールの晩年には作品の管理を行なっていたオーフスタ・ボーハルツ (Augusta Boogaerts, 1870-1950)旧蔵の版画コレクション100点(註1)を所蔵し、それをもとに展覧会が何度も開催されている。アンソールのもっとも幻想性に富んだ作品は、同時代の美術の潮流とは隔絶し、ヒエロニムス・ボス(Hieronymus Bosch, c.1450-1516)やピーテル・ブリューゲル(Pieter the Elder Bruegel, c.1525-1569)の風刺や寓意に富んだ幻想絵画に源流を持つもので、まさに異端の名に相応しい、ある種のアナクロニスムというべきグロテスクで奇怪な様式を生み出した。それゆえ版画蒐集家以外には馴染まず、版画家の故池田満寿夫(Ikeda Masuo, 1934-1997)氏が“...我が家では未だ評判悪く、私が応接間に掛けておくと、きまって数日後には女房か、義母が、陰気で気持ち悪いと、はずしてしまうのである。”と版画藝術誌41号(1984年)掲載の「アンソール 人間の愚劣さを告発」(連載・世界のエッチャー6)において語っているように、壁に飾って愉しむという人は少ないかもしれない。

初期フランドル派から17世紀オランダの画家に興味を持っていた自分は、アンソールの版画の幾つかにボスやブリューゲルの視点と似たものを感じ、サザビーズなどのオークションで何度も入手を試みたのだが、唯一手に入れることが出来たのは、オーフスタ・ボーハルツ旧蔵の『Le Pisseur(立小便をする人)』という、アンソールの作品の中でも異彩を放つ銅版画一点のみであった。今から四半世紀余り前のことである。絵葉書ぐらいの小品なので、額装はせず、時折ケースから取り出して眺めたりするのだが、最近、ふと現在の価値を知りたくなり、オークションの記録を辿っていたところ、にわかに信じられない記録に出くわした。それは、2014年3月19日にクリスティーズ(Christie's)のロンドンのキング・ストリートの会場で行われた売り立て(註1)に現れ、評価額£2,000~£3,500のところ、評価額の下限の五倍となる£10,000(日本円で約169万円)で落札されたのである。この売り立ては、画廊が建ち並ぶパリのセーヌ通りに居を構え、ポール・デルヴォーの契約画廊として知られるGalerie Le Bateau Lavoirの画廊主、故ミラ・ヤコブ女史(Mira Jacob Wolfovska, 1912–2004) が蒐集したアンソールの版画コレクションで、『Le Pisseur(立小便をする人)』はその内の一点であった。ヤコブ女史のコレクションの内、画廊関係のものは『Collection Mira Jacob. Galerie le Bateau-Lavoir/Bailly-Pommery-Voutier & associes Sotheby's』(註2)として、既に2004年に、パリのサザビース(Sotheby's)で売り立てに掛けられているが、2014年の売り立ては、アンソールの版画作品に絞ったもので、アンソールの版画作品のほぼ全てを網羅しており、アンソールが1886年から1931年にかけて制作した、稀少性の高いものや初期の段階の刷り、また手彩色を加えたものなど、全161点。手持ちのものも、ヤコブ女史のコレクションと同じとまではいかなくとも、それなりの評価が与えられる(?)かもしれない。

『立小便をする人』の構図は、レンブラントにも影響を与えたフランス・バロック時期を代表する版画家ジャック・カロ(Jacques Callot, 1592-1635)の1620年頃の素描をもとにしており、また、小便をする人物の風体と壁に描かれた落書きは、カロと同じナンシー出身のフランス19世紀の諷刺画家グランヴィル(J.J. Grandville,1803- 1847)が1845年に刊行した『百の諺(Cent Proverbes)』所収の"Artist drawing his name on a graffti-covered wall"に想を得ていると言われ、諷刺画的要素を多く含んでいる作品なのである。アンソールはこの作品で、壁に書かれた落書き"Ensor est un fou(アンソールは気狂いだ)"という自嘲的で逆説的な言葉に象徴されるように、属する絵画グループや批評家といった周囲の無理解や嘲笑にさらされる自己の立場を投影し、自分の前に立ちはだかるその壁に対し、小便を引っ掛けるという侮蔑的な行為によって、自らの真情を表わしているように見える。この版画が制作された1887年以降、アンソールは自らの作品のうち幾つかを“幻想、グロテスク、魔術、しかめ面、支離滅裂、幻影”と称するようになる。

●作家:James Ensor(1860-1949)
●種類:Print
●題名:The Pisser (Le Pisseur) or A Man of the People (Un Homme du Peuple)
●サイズ:152x109mm
●技法:Etching
●紙質:Simili-Japon
●制作年:1887
●目録番号:Delteil, Croquez, Taevernier, Elesh 12
●来歴:Ex-collection: Augusta Boogaerts
a0155815_21235130.jpg
画面右下のマージンに署名と年記。画面左下のマージンに題名『Le Pisseur』が入れられているものもある。
a0155815_20573215.jpg
シート裏側:アンソールの副署(countersign)
a0155815_21241242.jpg
これも自画像であろうか。その上には、かろうじて"MEROE/ SECRETE MAISON"と読める書き込みがあるが、その意味するところは不明である。


註:

1.
a0155815_11513886.jpg
兵庫県立近代美術館(当時)が1981年に一括購入したオーフスタ・ボーハルツ旧蔵の100点の作品を中心に企画され、1999年に名古屋市美術館で開催された『歿後50年アンソール版画展-兵庫県立近代美術館所蔵旧ボーガルツ・コレクションより』の図録。発行:名古屋市美術館/中日新聞社/中部日本放送、1999年、79ページ、252x182mm

ボーハルツについては、ベルギーの美術史家ポール・ハザルツ(Paul Haesaerts)が1957年に著した『ジェームズ・アンソール(James Ensor)』(Elsevier, Bruxelles, 1957)の中で語られているが、それをもとにした記述がクリスティーズの競売カタログにあったので引用しておく:
Augusta Boogaerts (1870-1950) became Ensor's closest companion from about 1888 and remained close to him until his death. She never lived with him, yet she was the only woman, apart from his mother and sister, with whom he was on intimate terms. He nicknamed her 'La Sirène'. She was the daughter of an Ostende hotel owner and first met Ensor when he was 28 and she was 18. At the
time she was working as a salesgirl in the Ensor family's souvenir shop. Both their families opposed the liason and although Augusta wanted to marry Ensor she was never able to persuade him into
marriage. In an attempt to end the relationship her family sent her away for a period to England to study. Later on during her life she was to be away from Ensor for long periods as her profession of governess took her to France, Germany, Russia and other countries. But these absences only seemed to strengthen their relationship. She apparently was a strong willed character with a ready and caustic sense of humour which complimented Ensor's own personality.

In later years Augusta virtually became Ensor's studio manager when he was finally receiving the
critical recognition that was due to him and when his own energy was flagging. She supervised his production by arranging models and subjects for him to draw or paint. She made an inventory of
his studio, promoted the sales of his work and took decisions on the printing of his etchings.

The nature of their relationship is indicated by the story of the occasion when Ensor, expecting
Augusta to call at the studio, went out leaving a note 'N'emporte rien, j'ai tout compté'. On his
return he found the reply 'Ne compte rien, j'ai tout emporté'. Ensor was always discreet in referring to La Sirène in his notes and letters and in his paintings. However he did execute the celebrated
Double Portrait of 1905 depicting Augusta Boogaerts seated looking with an enigmatic smile at the figure of Ensor who is reflected in a mirror (see P. Haesaerts, James Ensor, 1957, no. 372, repr. p. 347). Photographs of her are reproduced in Haesaerts, op. cit., p. 347, and G. Ollinger-Zinque, Ensor par lui-même, 1976, pls. 18 and 22. Ensor died in November 1949 and she survived him by only
a few months.


またアンソールの版画の出版事情については、以下のように記されている(以下引用):
It was in 1899 with the special issue of La Plume devoted to him that Ensor's work began to
receive critical acclaim. Up to that time his prints had no ready sale, and so relatively few
impressions were taken. It was then that Ensor and Augusta Boogaerts began to issue the
editions printed on simili-Japan of medium or large size, each print generally being counter-
signed on the reverse.

用紙サイズは大型の作品については約480x350、小品は約300x240mmものが使われたとある。

2.売り立ての案内:
"James Ensor Prints: The Mira Jacob Collection" (Sale 10225, Lot 92), March 19, 2014.
The Mira Jacob Collection is one of the most complete collections of prints by James Ensor
in private hands. Comprising 161 prints dating from 1886 to 1931, the collection is almost
comprehensive, including all the major subjects, often in early states or extensively hand-
coloured, as well as some of the rarest prints in the artist’s oeuvre.

3.売り立て目録と案内:
"Collection Mira Jacob. Galerie le Bateau-Lavoir/Bailly-Pommery-Voutier & associes Sotheby's"
a0155815_11255442.jpg

Sotheby's, Paris, 2004. Soft Cover. Text in English and French.
The sale catalog for an auction held at Sotheby's Paris on September 23- 24, 2004. The gallery
Le Bateau-Lavoir opened on the Rue de Seine in Paris in 1955. Mira Jacob had close relationships
with a number of artists including Paul Delvaux, for whom she both published prints and wrote
the catalogue raisonne of his graphic work. This sale included artworks not seen since the 1950's
and 60's when Jacob acquired them. Works by most of the surrealists. 330 lots in the sale. All
illustrated in color.

[PR]

by galleria-iska | 2015-04-20 17:25 | その他 | Comments(0)
2015年 04月 06日

エッシャーの切手「75th Anniversary of U.P.U.」(1949)

a0155815_1320171.jpg

騙し絵で知られるオランダの版画家モーリッツ・コルネリス・エッシャー(Maurits Cornelis Escher, 1898-1972)の作品に関するかぎり、今でもそうかもしれないが、画廊や美術館よりも科学雑誌などで知る機会の方が多かったように思う。エッシャーが亡くなった1972年から5年後の1977年に東京で開催された『エッシャー展』(初期から晩年に至るまでの作品約60点を展示)によってようやくエッシャーの版画家としての全貌を窺い知ることが出来たのだが、エッシャーの版画を購入の対象として見る機会は1980年代まで全くなかった。ある日、何かの雑誌だったと思うが、1962年にサンフランシスコにヴォーパル画廊(Vorpal Gallery)を設立、1968年から何度もアメリカにエッシャーを紹介する展覧会を開いた画家で詩人のマルドゥーン・エルダーのインタヴュー記事に触れる機会があり、彼のエッシャーへの興味が年賀状や書票などの小品の購入から始まったことを知った。少し(?)時間が経ってしまっていたが、年賀状や書票といった類いの小品ならまだ購入できるものがあるかもしれないと、オランダ国内の古書店からカタログを取り寄せてみた。すると年に何回かリストに載ることがあり、価格も安いものなら一万円足らず、手が込んだものでも数万円と、手が出せる範囲であった。それまで見たことも触ったこともない年賀状や書票を版画作品として購入するには少し勇気がいったが、ユトレヒト(Utrecht)にある古書点から何点か購入した。そうするともう少し作品らしいものが欲しくなり、運良くエッシャーの木版画の入った挿絵本をフローニンヘン(Groningen)の古書店から手に入れることが出来た。年賀状と比べると大きな出費であったが、それでも署名入りの版画作品の何分の一の金額であった。エッシャーのオリジナル作品を手にし大いに興奮したが、回りの反応は、版画というより展覧会の図版を見るようなものでしかなく、それはある意味、絵画としてのアウラを二重に消し去って成立しているエッシャーの作品の真実を突いているかもしれないのだが、やはり寂しいものであった。

エッシャーは年賀状や書票以外にも手掛けており、1949年、国際郵便連合(Universal Postal Union/Union postale universelle/Wereldpostvereniging)75周年を記念する切手のデザインを行なっている。これをエッシャーのオリジナル作品と捉えるなら、最小のものと言えるかもしれない。エッシャーは“郵便ラッパ(post horn)”をモティーフに、オランダ国内向けの(Globe with post horns)と、スリナム(Suriname)とオランダ領アンティル(Netherlands Antilles)向けの(Globe with 3 post horns)の二種類デザインしており、国毎に額面の異なるものが二種類づつ作られている。ここで取り上げるのはオランダ国内向けのもの。球状の地球を郵便ラッパが覆いつくすイメージは、エッシャーが1943年に制作した木彫『魚模様の球』を彷彿させるが、無限の連鎖はエッシャーが希求し続けたテーマのひとつである。

a0155815_13152222.jpg
《10セント切手》
●作家:Maurits Cornelis Escher(1898-1972)
●種類:Postage Stamp(Postfris)
●題名:75th Anniversary of U.P.U.(75 jaar Wereldpostvereniging)
●額面:10c - Dutch cent
●サイズ:27x27mm
●技法:Photogravure
●発行:1949.10.01
●発行枚数:21,371,712
●印刷:Joh. Enschedé en Zonen
●発行:Post Nederland
●目録番号:Michel NL 544, NVPH NL 542, Yvert et Tellier NL 528

a0155815_13151260.jpg
《20セント切手》
●作家:Maurits Cornelis Escher(1898-1972)
●種類:Postage Stamp(Postfris)
●題名:75th Anniversary of U.P.U.(75 jaar Wereldpostvereniging)
●額面:20 c - Dutch cent
●サイズ:27x27mm
●技法:Photogravure
●発行:1949.10.01
●発行枚数:1,927,288
●印刷:Joh. Enschedé en Zonen
●発行:Post Nederland
●目録番号:Michel NL 545, NVPH NL 543, Yvert et Tellier NL 529




参考文献:

a0155815_1805097.jpg
1994年に開催されたエッシャーの展覧会『ハウステンボス・コレクション M.C.エッシャー(The Collection of Huis Ten Bosch M.C. Escher)』の図録
a0155815_1825426.jpg
該当ページ
[PR]

by galleria-iska | 2015-04-06 18:31 | その他 | Comments(0)
2015年 04月 04日

キース・ヘリングのカバー・アート「Man to Man / At the Gym」(1987)

a0155815_18183814.jpg
以前、キース・へリング(Keith Haring, 1958-1990)が1987年にニューヨーク市のハイエナジー・バンド(Hi-NRG band)、"Man 2 Man(=Man to Man)"の12インチ・シングル・レコード(12" Maxi, 45rpm)「Man to Man / At the Gym」(Bolts 10/12)のカバー・アート(裏側)を担当したことを書いたが、今回取り上げるのはそのフランス版(Vogue 312086)である。オリジナル版と同時にリリースされたフランス版のデザインは、同じドローイングを用いてはいるが、配色を変え、黒色の縁取りを加えることで、コントラストが強調され、どこかゲイっぽさを匂わせるパステル調のトーンのオリジナル版と比べて、より鮮烈でインパクトのあるものになっている。この相違はへリングのカバー・アートの扱いの違い-オリジナル版は裏側(back cover)、フランス版は表側(front cover)-によるものだが、事情はどうあれ、結果として二つのヴァージョンを手にする機会を得たことを、むしろ喜ぶべきであろう。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Cover Art
●題名:Man to Man / At the Gym
●サイズ:305x305mm
●技法:Offset lithograph
●レーベル:Vogue
●印刷:Offset France
●制作年:1987
a0155815_18191425.jpg
フランス版の裏側(back cover)
a0155815_18401261.jpg

a0155815_18213085.jpg
  フランス版(front cover)                       オリジナル版(back cover)

尚、フランス版の収録曲は以下の通り:

Face A: At the Gym(Eromix)
Face B: At the Gym(Breakdown Remix)



a0155815_19123116.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2015-04-04 19:17 | キース・へリング関係 | Comments(0)