ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 20日

キース・へリングの塗り絵本「Keith Haring Coloring Book(2)」(1986)

a0155815_1738822.jpg

キース・へリング(Keith Haring, 1958-1991)が1985年にニューヨークにポップ・ショップを開くにあたって制作したオリジナル・ドローイング20点からなる塗り絵本(Coloring book)を五年前に取り上げたことがあるが、初版と第二版の区別が付かないでいた。今回、その証拠となるものを見つけることが出来たので、再度取り上げることにした。それによると、初版はヘリングの私家版として作られたもので、表紙には版上の署名の他、手書きによる年記とヘリングの著作権が記されているが、出版データが何も記載されていない。一方、ヘリングがポップ・ショップを始めた1986年に出版された第二版は、近現代の美術やデザインを対象とするオランダのアムステルダム市立美術館(Stedelijk Museum Amsterdam)で個展を開いた際に、オランダの出版社(De Harmonie Amsterdam)から正規の出版物として出版されたもので、初版と第二版は同じフォーマットで作られているので、表表紙を見ただけでは区別が付かないが、第二版には裏表紙の左下に《© Keith Haring 1986. Published by De Harmonie Amsterdam, in arrangement with Keith Haring. ISBN 90 6169 303 9》との記載があることが判った。

この塗り絵本は本来、マルティプルとして捉えられるべきものであるが、近年、リトグラフで印刷された版画集として見る向きもあり、そのような認識が広まれば、さらなる評価を得るのではなかろうか。と言うのも、収録されているイラストレーションはそれぞれ単独のドローイングとしてオークションに掛けられれば、軽く一万ドルを超える値で落札されるような質の高いものばかりであるからだ。塗り絵本自体も、署名が施されたものの中には数千ドルの値を付けるものも現れてきている。この塗り絵本も他のグッズと同様、ヘリングの思想を反映しつつも、手に取りやすいように目的を持たせたグッズとして低価格で販売され、庶民にも気軽にアートを楽しんでもらうことを目的に作られているのだが、それらはその一義的な意味において、使用あるいは消費され、多くのものが失われていく運命にあることも確かだ。それ故、いわゆる蒐集家と云われる人種や美術館などは手を出さなかったのである。ただ、時を経て、その希少性が高まるとともに、一義的な意味が剥がれ、ヘリングの本来の意図が立ち現れてくることとなった。結果として、それらは庶民の手から離れ、それが本来あるべき場所に還っていくことになるのだが、ヘリングは遥か以前にそのことを予期していたのではないだろうか。

●作家:Keith Haring(1958-1991)
●種類:Coloring book
●サイズ:305x305mm
●技法:Lithograph
●発行:Keith Haring for Pop Shop
●制作年:1985
a0155815_17382044.jpg



a0155815_17385652.jpg
ヘリングが1986年にオランダのアムステルダム市立ステデリック美術館(Stedelijk Museum)で個展を開催した際に出版された第二版。出版はDe Harmonie Amsterdam、1986.
[PR]

by galleria-iska | 2015-10-20 18:19 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2015年 10月 20日

キース・ヘリングのステッカー「Pop Shop Tokyo」(1987)

a0155815_12283023.jpg

1988年に東京の南青山にオープンしたキース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1991)のポップ・ショップでティーシャツやトレーナーといった比較的高価なグッズ購入者への“オマケ”として配られたオリジナルデザインのステッカー。ヘリングが自身の作品の理解を深めるために東京店用に特別にデザインしたもので、色鮮やかに着色されたヘリングの様々なアイコンが、大きなフォーマット(258x365mm)のステッカーに所狭しと並べられており、ヘリングのファンには嬉しい贈り物であった筈である。このステッカーはヘリングのお膝もとであるニューヨークのポップ・ショップにはなく、ネット・オークションなどではかなり高額で取引されている。アイコンはそれぞれ抜き出して使用することも出来るが、これをヘリングのひとつの作品として観賞する方が楽しく思える。以前、デットストックと思われるものが数枚、ネットショップで販売されているのを見つけたが、送料が高くて購入するのを見送った。そのときの価格は一枚2,500円だったように記憶する。四半世紀を経た現在、残存数は間違いなく減っているだろうから、その希少性は更に高まっているものと恩われる。

●作家:Keith Haring(1958-1991)
●種類:Sticker
●サイズ:258x365mm
●技法:Silkscreen
●発行:Keith Haring for Pop Shop Tokyo
●制作年:1987
a0155815_12335215.jpg

a0155815_1229015.jpg
                   ステッカーの裏側
[PR]

by galleria-iska | 2015-10-20 13:31 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2015年 10月 06日

ホルスト・ヤンセンの肖像画シリーズ「Christian August Vulpius」(1967)

a0155815_17362436.jpg

ホルスト・ヤンセン(Horst Janssen, 1929-1995)は1966年から1971年にかけてハンブルクの書肆ヘルマン・ラーツェン(Buchhandlung Hermann Laatzen, Hamburg)発行の廉価販売の案内のために様々な作家の肖像画を描いているが、それらはヤンセンの肖像画シリーズ(註1)として、亜鉛版エッチングによる大小二種類ポスターに仕立てられている。第91号の表紙(註2)は、ドイツ、ワイマール生まれの小説・劇作家クリスティアン・アウグスト・ヴルピウス(Christian August Vulpius, 1762-1827)で、彼はドイツの文豪ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe, 1749-1832)の義理の兄となった人物である。アウグストの年譜によると、彼の妹クリスティアーネ・ヴルピウスは1788年7月、最初のイタリア旅行から戻った直後のゲーテのもとを訪れ、イェーナ大学を出ていたアウグストの就職を依頼する。ゲーテは彼女を見初め愛人とし、後に自身の住居に引き取って内縁の妻とし、1806年入籍する。アウグストは1790年にワイマールに帰郷し、そこで職を得る。1797年、再びゲーテの計らいでワイマール図書館に司書として採用され、1806年、主任司書となっている。代表作は“リナルド・リナルディーニ、盗賊の首領(Rinaldo Rinaldini, der Rauberhauptmann)”。

ヤンセンの肖像画は、ゲーテお抱えの画家ヨーゼフ・シュメラー(Johann Joseph Schmeller (1796-1841)によって1825年頃に描かれたアウグストの肖像画(註3)をもとにしていると思われる。

●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Plakat(Poster)
●題名:Porträts:Christian August Vulpius
●サイズ:552x432mm
●技法:Zinkätzung
●発行:Buchhandlung Hermann Laatzen, Hamburg
●印刷:Hans Christians Druckerei, Hamburg
●制作年:1967
a0155815_17174069.jpg
画面下の書き入れ:"Christoph August Vulpius sei Dank für seinen Rinald Rinaldini" "Buchhandlung Hermann Laatzen"
a0155815_17405064.jpg
画面右下に入れられた制作年月日(1967年10月3日)とホルスト・ヤンセンの版上サイン



註:

1.ハンブルクの書肆ラーツェンから送られてきたヤンセンの“肖像画シリーズ”の案内
a0155815_11461257.jpg
a0155815_11462499.jpg
a0155815_11463783.jpg


2.第91号の表紙と廉価販売の案内
a0155815_2152247.jpg
a0155815_215311.jpg


3.ヨーゼフ・シュメラーによるクリスティアン・アウグスト・ヴルピウスの肖像画
a0155815_11232100.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2015-10-06 18:37 | ホルスト・ヤンセン関係 | Comments(0)
2015年 10月 03日

フェルメール全絵画作品集「Vermmer de Delft」(1952)

a0155815_18105938.jpg

17世紀オランダの画家ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer, 1632-1975)は、世紀末から今日にかけて日本で最も知名度を上げた画家のひとりであろう。現存する30数点の作品のうち21点(予定を含む)が1968年から2015年までに招来しているが、1987年までの4点を除く17点がこの10年間に集中しており、重複を含めると21点すべて招来しているのである。中でもフェルメールの傑作のひとつ「真珠の首飾りの少女(Meisje met de parel)」(1984年に国立西洋美術館他で開催された『マウリッツハイス王立美術館展』では「青いターバンの少女」として公開された)は2000年、大阪市立博物館で開催された『フェルメールとその時代展』に他の4点の作品と共に出品され、フェルメール・ブームの火付け役となった。この作品目当てに連日長蛇の列が出来、自分もその列に並んだひとりであるが、途中酷い雷雨に見舞われ、土砂降りの雨と雷鳴のすさまじさに退散を余儀なくされた。この作品にも描かれた肩越しにこちらに顔を向ける女性の姿態は、フェルメールの作品の中に何度も登場するが、肖像画のような畏まったものではなく、日常生活の中で女性が垣間見せる自然な姿であり、誰かに気付いたその一瞬の表情を捉えたスナップ・ショットのようにも見える。少し開いた口元には白い歯が浮かび、微かに微笑んでいるようにも見えるのだが、これが「オランダのモナリザ(the Dutch Mona Lisa)」とか「北方のモナリザ(the Mona Lisa of the North)」と称される所以であろう。

この時期、日本はデフレ・スパイラル真っ只中にあり、国公立美術館の予算は大幅に削減され、集客力のある展覧会の企画を立てることも難しくなっていたが、欧米での大規模なフェルメール展の人気とその入場者数に商機を見出した企画屋が、美術展をひとつのイヴェントと捉える方法論に則り、いまだに来日していない大物、目玉として、あの奇才ダリ(Salvador Dalí,1904-1989)がレオナルド・ダヴィンチよりも遥かに高い評価を与えたフェルメールに白羽の矢を立てたのである。そしてその企ては見事に成功を収め、フェルメールはブランド化し、その人気は未だに衰えない。

今回取り上げるのは、1930年代に書いた「王道」や「人間の条件」といった小説や、1950年代の芸術や美術に関する深い造詣を示す「芸術の心理」や「空想美術館」の著者として日本でも知られるフランスの作家・政治家のアンドレ・マルロー(André Malraux, 1901-1976)が編んだフェルメールの全絵画作品集(カタログ・レゾネ)(註1)である。1950年から1957年にかけて、パリのガリマール書店から刊行されたマルローの芸術や美術に関する著作や選集を集めた《プレイヤード・ギャラリー(La Galerie de la Pléiade, 1950-1957)》叢書の第四巻(全六巻八冊)として刊行された本書は、最も美しい本の一冊に選ばれた。1952年に刊行された本書は、テキストとは別刷りで印刷されたフェルメールの全絵画作品のカラー図版を貼りこむという日本ではあまり馴染みのない方法が採られており、図版にはパラフィン紙が保護紙として付けられている。後に装幀(ルリユール)を行なうことを念頭にした仮綴じに近い状態で造られており、革装幀を施したものが時々古書店で見つかる。

手に入れたのは1970年代の初め頃だったと思う。現在、古書店によっては数千円で入手出来るものもあるが、当時は円もまだ安く、2万3千円ぐらいしていただろうか。通っていた大学の授業料が年1万2千円だったので、かなりの金額であったことは間違いないのだが、実はある人に購入していただいたもので、ずっと大事にしている一冊である。

●作家:Johannes Vermeer(1632-1675)
●種類:Monographie(Monograph)
●著者:Marcel Proust/André Malraux
●題名:Vermeer de Delft - Tout Vermeer de Delft
●サイズ:360x267mm
●発行:Librairie Gallimard, Paris、1952
●印刷:Imprimeurs Draeger Frères, Montrouge
a0155815_18111428.jpg
a0155815_18113015.jpg
ドレスデンのアルテ・マイスター(古典巨匠)絵画館に所蔵されている「窓辺で手紙を読む若い女」は、フェルメールの世界が最初に現れた作品とされ、日本では1974年に国立西洋美術館と京都国立博物館で開催された『ドイツ民主共和国ドレスデン国立美術館所蔵 ヨーロッパ絵画名作展』(東京・1974年9月21日-1974年11月24日, 国立西洋美術館 ; 京都・1974年12月3日-1975年1月26日, 京都国立博物館)に初出品された作品で、自分にとって京都会場で目にした最初のフェルメール作品である。照明が暗かったのかもしれないが、暗緑色のベールに包まれたような画面はうす暗く、これより少し前に描かれたとされる「眠る女」の画面手前に描かれたものとよく似たテーブルの上の絨毯や果物鉢も本来の色彩が沈んでしまい、細部を仔細に観察することが出来なかった。2005年、“震災復興10周年記念/日本におけるドイツ年2005/2006”に合わせ兵庫県立美術館(上野の国立西洋美術館に巡回)で3月8日から5月22日にかけて開催された『ドレスデン国立美術館展-世界の鏡』にも出品されているが、こちらには出掛けていない。
a0155815_18115515.jpg
マルローは同書でモデルとなった人物の同定を試みており、それはある程度の同意を得ているようである。
a0155815_1812295.jpg
パリのルーブル美術館が所蔵する2点のフェルメール作品のうちのひとつ「レースを編む女」。1986年に、もうひとつの「天文学者」とともに現地で観ることが出来た。カンヴァスに描かれた「レースを編む女」はフェルメールの作品の中でも特に小さい作品(24x21cm)であるが、零れ落ちる色彩の輝きは、世界が、物質ではなく、光によって構成されていることを実感させる、光そのものを感じ取ることができる作品である。ダリはこの作品へのオマージュとして「フェルメールの「レースを編む女」に関する偏執狂的=批判的習作(Paranoiac-Critical Study of Vermeer's 'Lacemaker')という作品を残している。
a0155815_18121559.jpg
19世紀以降、当のオランダ人ではなく、フランス人によってその価値を発見されたかのように映る、オランダ黄金時代の絵画作品を数多く所蔵・展示するデン・ハーグのマウリッツハイス王立絵画美術館(Koninklijk Kabinet van Schilderijen Mauritshuis)にある「デルフトの眺望(Gezicht op Delft)」であるが、果たして日本に来ることはあるのだろうか。
a0155815_18125239.jpg



註:

1.フェルメールの作品に関するトレ・ビュルガーやマルセル・プルーストを初めとする数多くの作家や画家(Paul Claudel, Léon Daudet, Maxime Du Camp, Édouard Estaunié, Eugène Fromentin, Théophile Gautier, Edmond et Jules de Goncourt, J. Huiginger, André Lhote, André Malraux, Marcel Proust, Jean Renoir, Thoré-Burger et de Vincent Van Gogh)の言葉が収録されている。
[PR]

by galleria-iska | 2015-10-03 11:30 | その他 | Comments(0)