ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 31日

ウィリアム・クラインの図録「William Klein Schilder, fotograaf en filmer」(1967)

a0155815_19374019.jpg
a0155815_19375259.jpg

フランスの画家、写真家、映画監督で、俳優でもあるウィリアム・クライン(William Klein, 1928-)が1967年、オランダのアムステルダム市立美術館で行なった絵画、写真、映画の展覧会『William Klein schilderijn, foto's, films』の際に作られたリーフレットタイプの図録(註1)。オランダ語表記であるため、日本ではあまり紹介されていないかもしれない。冒頭に挿し絵入りのクラインの年譜が設けられているが、その挿絵を担当したのは、クラインが脚本と監督を務めた長編映画「ポリー・マグー、お前は誰だ?(Qui êtes-vous, Polly Maggoo ? )」の制作に参加した、ベルギー出身のアーティスト(注2)、ジャン=ミシェル・フォロン(Jean-Michel Folon, 1934-2005)である。この年、フォロンは自身を代表する画集のひとつ「ル・メッセージ(Le Message)」を制作しているが、この画集に登場する外套を着た“帽子の男”が、クラインの名前を展覧会場に見立てた最後の挿絵にも観客として描き込まれている。帽子の男は“平凡な小市民”のメタファーとして描かれているのだが、そのアイデアの源泉は、フォロンが子供の頃に偶然発見したベルギーのシュルレアリスムの画家ルネ・マグリット(René Magritte, 1898-1967)が描く山高帽の男にあるかもしれない。マグリットは自分を平凡な勤め人に見せかけるために、毎日きまったように、スーツに山高帽という身なりで出掛け、スーツ姿のまま自宅で制作を行なっていたのであるが、マグリットは自分自身をも記号化していたのである。

a0155815_18521662.jpg

展覧会にはクラインの能書的な絵画作品とその抽象写真、刊行された四冊の写真集「New York, 1956」「Rome, 1957」「Moscow, 1964」「Tokyo, 1964」に収録された写真、前述の長編映画「ポリー・マグー、お前は誰だ?」やドキュメンタリー・フィルムなどが出品されているようだ。クラインの個人的な視点をもとに撮られた、それまでの写真ではタブーであった“アレ、ブレ、ボケ”を表現に取り入れた写真は、新しい写真表現を求めて1960年代後半に台頭してくる中平卓馬(Takuma Nakahira, 1938-2015)や森山大道(Daido Moriyama, 1938-)といった日本の写真家たちに影響を与えたとされる。図録に掲載された写真の一枚に、“ギューチャン”の愛称で呼ばれる、現在はニューヨーク市在住の現代美術家、篠原有司男(Ushio Shinohara, 1932-)が、クラインの前で、アパートの境のコンクリート塀にケント紙を貼り、グローブ代わりに手に巻きつけたシャツに墨汁をたっぷりと付け、ケント紙を殴りつけながら絵を描くというパフォーマンス(後の「ボクシング・ペインティング」)を披露する姿を捉えた写真があるのだが、クラインは人間を個々の人格としてではなく、時代が抱え持つ、もうひとつの“真実”を映し出す“もの”あるいは“現象”として捉えようとしているように見える。クラインの撮る何かに憑かれたような人間の姿は、個人であれ集団であれ、同じニューヨーク市生まれの写真家ダイアン・アーバス(Diane Arbus, 1923-1971)の一線を越えたそれとは異なる、何かしらの“狂気”を孕んでいるようにも見えるが、それらがクラインによって写真に取り込まれたときに放つ衝撃が、クラインの写真たる所以であろうか。

●作家:William Klein(1928-)
●種類:Catalogue(Stedelijk Museum Amsterdam Catalogue No.409)
●サイズ:275x186mm
●技法:Offset
●発行:Stedelijk Museum Amsterdam, Amsterdam
●制作年:1967
a0155815_19523533.jpg
a0155815_19531936.jpg
a0155815_19534831.jpg
a0155815_19541795.jpg
a0155815_19545294.jpg
a0155815_1955898.jpg
a0155815_19552524.jpg
a0155815_19554373.jpg
a0155815_19563956.jpg
a0155815_19565514.jpg





註:

1.図録の表紙と同じ場所で撮られた写真(カラー)。クラインと息子のポーズが異なる。
a0155815_19593555.jpg


2.1950年代後半、漫画家から出発したフォロンは、1960年に入ると、「わたしは自分の好奇心に殺されそうだ」と語ったように、その活動範囲を広げ、雑誌の表紙やイラストレーションを手掛けるとともに、グラフィック・デザイナーとして、映画や演劇の広報ポスターをデザインしている。1960年代の後半には、映画制作にも参加、役者として舞台や映画にも出演する一方で、銅版画やシルクスクリーン版画の制作も始めている。
[PR]

by galleria-iska | 2016-03-31 20:52 | 図録類 | Comments(0)
2016年 03月 30日

ベアテ・ヴァッサーマンのポスター「Galerie Kammer」(1985)

a0155815_1812817.jpg

画家が自らの個展のためにデザインしたポスターは、それに対する思いが直裁に表現されているという点において、非常に興味深いものがある反面、逆にその個性が強すぎて、情報伝達の役割が二の次になってしまったものも少なくない。ところが、ある意味当然のことかもしれないのだが、ポスターデザインの専門家であるグラフィック・デザイナーやタイポ・グラファーが加わっていないものの方が後に作品的価値を認められる場合が多いのである。文字に対する信頼感が強い我が国では、ポスターの機能性を重視するあまり、画家の創造性を生かしきれていないものが多い。我々はイメージの持つ訴求力に惹かれ展覧会場に足を運ぶのであるが、時にその前提が抜け落ちてしまっているかのような錯覚を覚える。いつの間にか主客転倒してしまっているのだ。もちろんポスターとしての「型」や「枠」からどれくらい“逸脱”できるかは、画家の創造性やポスターに対する思いの深さによるのかもしれない。が、そのような姿勢を持つことが新しい視野をもたらし、また美術表現の概念を押し広げる原動力となるのである。ピカソであれ、ミロであれ、横尾であれ、はたまたホルスト・ヤンセンであれ、彼らは決まった「型」からの逸脱を恐れなかったからこそ、歴史に残り得るポスターを数多く作ることが出来たのである。何を恐れることがあろうか。“逸脱”、大いに結構ではないか。

さてこのポスターであるが、かつてパウル・ヴンダーリッヒ(Paul Wunderlich, 1927-2010)やホルスト・ヤンセン(Horst Janssen, 1929-1995)が籍を置いた州立ハンブルク美術学校を前身とする国立ハンブルク造形芸術大学(Hochschule für bildende Künste Hamburg) に学んだ、ハンブルク生まれの抽象画家ベアテ・ヴァッサーマン(Beate Wassermann, 1947-)が1985年に、契約画廊であるハンブルクのカマー画廊(Galerie Kammer, Hamburg)での個展の際に、告知用ポスターとしてデザインしたものである。このポスターを特徴付けているのは、その蝋引き紙(ワックス・ペーパー)の質感であろうか。ポスターの表面を見る限り、シルクスクリーンでポスターを印刷した後、蝋引き加工を施したものと思われるのだが、ポスターにこのような手法を用いたのは、これまで見たことがない。入手の切っ掛けとなったのは、同画廊で1981年行なわれたデイヴィッド・ホックニーの個展『デイヴィッド・ホックニー、デッサンと版画(David Hockney Zeichnungen Und Grafik)』のポスター(889x635mm)。購入しようと問い合わせたところ、値段が合わず、代わりに、リストに載っていた、このポスターとジム・ダイン(註1)、アレン・ジョーンズのポスターを購入することになったのである。カマー画廊は現代美術、とりわけポップ・アートとフルクサスを主に扱う画廊として1966年にハンブルクに設立され、ヨゼフ・ボイス(Joseph Beuys), ディーター・ロート(Dieter Roth), デイヴィッド・ホックニー(David Hockney,) ステファン・フォン・ヒューン(Stephan von Huene), アンディ・ウォーホル(Andy Warhol), ロバート・ラウシェンバーグ(Robert Rauschenberg)、アレン・ジョーンズ(Allen Jones) らの作品を、その活動の早い段階で紹介している。

実物は目にしたことがないが、同画廊がサイトに載せている作品の画像を見る限り、ヴァッサーマンの抽象絵画には、アンフォルメルや抽象表現主義的な身振りが見受けられるのだが、その女性特有の色彩感覚から生み出される画面は、あたかも色とりどりに咲く花の周りを軽やかに舞う蝶の視点を追うような感覚を覚える。それがこのポスターでは一転し、緋色の大きな塊は、暗赤色のヴェールに覆われ、静けさの中へとその身を染めていく。想像力が眠りから覚めるのを促すかのように。

●作家:Beate Wassermann(1947-)
●種類:Poster(Plakat)
●サイズ:100x70cm
●技法:Silkscreen(?)
●発行:Galerie (Renate) Kammer, Hamburg
●制作年:1985
a0155815_1821623.jpg



註:

1.1982年にカマー画廊で開催されたジム・ダイン(Jim Dine, 1935-)の個展の告知用ポスター:
a0155815_17585573.jpg


●作家名:Jim Dine(1935-)
●種類:Poster
●サイズ:971x650mm
●技法:Offset
●発行:Galerie Kammer, Hamburg
●制作年:1982
a0155815_1811296.jpg
見つけられることを避けるかのように画面上部中央に入れられたダインの版上の署名と年記。画面の見せ方(見え方)にも関係してくるのだろうが、ダインの署名に関する考え方は、他の現代美術の作家と同様、その版画作品に於いて顕著に現れる。
a0155815_17533470.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2016-03-30 18:25 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2016年 03月 29日

ミンモ・パラディーノの銅版画「Il Pattinatore」(1984)

a0155815_17335040.jpg

今から30年以上前のことになるが、1984年に名古屋のギャラリー・セキで行われた、イタリアのトランス・アヴァンギャルディアの一人として注目を集めていた画家で彫刻家のミンモ・パラディーノ(Mimmo Paladino, 1948-)の近作版画展を観たのが切っ掛けで、制作の意図や作品の内容はもとより、イタリア語の“イル・パティナトーレ”の意味さえも解らず購入してしまったのが、この銅版画である。たしか、現代美術の版画作品を専門に扱っていたニューヨーク市の画廊から、ギャラリー・セキの版画展にも出品されていた、ジェームズ・ジョイスの長編小説『ユリシーズ』に取材して制作された四点組の大型のリノカット作品《A series of four linocuts》のうちの二点とともに購入したものだ。二点のリノカットは資金調達のために手放してしまったが、この作品については、靄に包まれたような気持ちを抱えたまま、未だ額装すらしていない。エッチング、アクアチント、ドライポイントといった、銅版画の複数の技法を組合わせて制作されており、人物の腰から脚部に伸びる黒い影のような部分には、銅板を突いて出来たような凹みが見られる。また画面の周囲に不規則にカットされた金属板を版とする図形を並べる意匠は、作品を成立させるための重要な意味を象徴するものとして使われていると思われるのだが...。

この作品と関連するのかもしれないが、パラディーノは1983年、翌年ユーゴスラビアのサラエボで開催された冬季オリンピック(The Winter Olympic Games of Sarajevo in 1984)の公式ポスターのデザインを依頼され、ボブスレー競技(Bobsleigh)を題材に原画「Bob」を制作している。アイス・スケーターを主題とするこの作品、その肉体表現にはパラディーノの古代への歴史認識が現れているとされるのだが、スピード・スケーターが風を切って疾走する姿を捉えたようにも、またフィギュア・スケーターがジャンプする姿にも見えなくもない。背後には、スケーターの疾走(もしくは回転)する動きを表現するためであろうか、残像(ゴースト)のようなものがラフな描線で描かれている。パラディーノがこの作品を制作するにあたり、念頭に置いたかもしれないのが、パラディーノと同様、サラエボ冬季オリンピックの公式ポスターのデザインを依頼されたイギリス画家デイヴィッド・ホックニー(David Hockney, 1937-)が、フィギュア・スケーターをモチーフに制作した「Skater」である。ホックニーはピカソのキュビスムの手法を、彼が言うところの“見るのが退屈な”写真に応用、幾つもの分解写真をコラージュすることでスムーズな視点の移動を可能とし、スケーターの動きや時間の流れをも追体験させようとしている。それを目にしたパラディーノが、スケーターの背後に残像を描き入れることで、動きの連続性や時間の流れといったものの表現を試みたのかもしれない。ただ、パラディーノの表現主義的な作風を感じさせるプリミティヴな描き方が、それを曖昧にしてしまっているところがある。

一方、スケーターの周囲や画面の外に配置された不規則な形の図形は、作品の持つ意味やその象徴性を補完するはずのものと捉えるならば、その関連性から砕けた氷をイメージさせなくもないが、黒塗りであるため、その抽象性が表象としての役割以上に強く押し出され、両者の関係性を後退させてしまっているように思われる。だからと言って、単なる縁飾りとして見るには無理があり、どうにも捉えようがない。この何とは無しに感じる違和感が、パラディーノの作品に相対するときに、しばし立ち上がってきて、見ることの喜びを遠ざけるのである。ついでに言えば、この作品の基調色となっているオリーブ・グリーン(暗黄緑色)は、同じ年に出版された前述の四点組の大型のリノカット作品のひとつ「Ellpodbomool」《エルポドボモールはジェイムズ・ジョイスの長編小説『ユリシーズ』の主人公であるレオポルド・ブルーム(Leopold Bloom)のアナグラム》にも使われており、またその縁飾りを用いた構図の作り方などにも類似性が見られる。

a0155815_207321.jpg
イギリスの現代美術を代表する画家のひとりデイヴィッド・ホックニー(David Hockney, 1937-)が、自身が撮影した写真をもとにデザインしたサラエボ冬季オリンピックの公式ポスター「Skater」、850x620mm、オフセット。

●作家:Mimmo Paladino(1948-)
●種類:Print
●題名:Il Pattinatore(The Skater)
●サイズ:1000x805mm
●技法:Etching, aquatint and drypoint
●限定:35+4 a.p.
●紙質:B.F.K. Rives
●発行:Waddington Graphics, London
●制作年:1984
a0155815_17414875.jpg
a0155815_1742674.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2016-03-29 19:18 | その他 | Comments(0)
2016年 03月 27日

ベルナール・ビュッフェのポスター「Galerie Isy Brachot」(1966)

a0155815_16335992.jpg

歓迎されざる出来事で世界中から注目されることになってしまったベルギーの首都ブリュッセル。その中心部にあるグラン=プラス(Grand-Place)は、1998年にユネスコの世界遺産に登録された、世界で最も美しい広場のひとつとされる。広場を囲む中世の歴史的建造物なかで一際美しいのが、15世紀フランボワイヤン(後期フランス・ゴシック)様式で建てられたブリュッセルの市庁舎。その高さ96メートルの尖塔の頂部には、ブリュッセルの守護天使ミカエル(フランス語名:ミシェル)の像が飾られている。

今回取り上げるのは、フランスの具象画家ベルナール・ビュッフェ(Bernard Buffet, 1928-1999)が1966年に、その市庁舎をモチーフに、自身の個展(註1)のためにデザインした告知用ポスターである。このポスター、摺刷数の少なさもあるが、ベルギーの歴史と文化において特別な意味合いを持つ建物であることも相まって、別刷りの版画ヴァージョン以上に市場に出てこない。今手元にあるのは、10年ほど前に運良く手に入れたものであるが、実際に掲示されていたものらしく、ピン跡が幾つも残っている。ビュッフェの個展を開いたのは、ブリュッセルで1915年から1993年まで三代に渡たり、ベルギーにおける重要な美術の拠点として活動したイシー・ブラショ画廊(Galerie Isy Brachot, Bruxelles)である。当初フランスの作家(というよりも、フランス語圏と言った方がいいかもしれないが)を紹介する画廊として出発した同画廊は、その時代、時代の顔となる作家を積極的に取り上げ、1970年代以降はルネ・マグリットやポール・デルヴォーといったベルギーを代表するシュルレアリスムの作家から、ヨゼフ・ボイスやアンディ・ウォーホル、ロバート・ラウシェンバーグ、ロイ・リキテンスタインといった現代美術を牽引した作家の個展やグループ展を積極的に開催している。1966年のビュッフェの個展は、その前年に行われたエコール・ド・パリの作家の作品を一堂に集めた展覧会「Ecole de Paris, de Seurat à Buffet」への出品が導線になっているものと思われる。図録の出品リストには98点とあるので、かなりの規模であったようだ。

さてポスターであるが、手にしたときから妙な不自然さを感じていた。その原因は塔と建物本体との繋がりにあるのだが、ビュッフェはブリュッセルの街のシンボルである市庁舎を、二つの視点を持って描いているように見える。斜め手前から見た建物本体は、その前に立ったときに覚えたであろう圧迫感というか威圧感からなのか、幾分前のめりに描いているのだが、それに対し、垂直に伸びる塔は、本来なら、ゴシック建物特有の、天に向かって高く聳える塔として描かれるべきはずなのだが、あたかも真下から見上げた-そうすると遠近感が圧縮され、塔の高さが実際よりも低く見える-ように描いているのだ。ではどうして、ビュッフェは真下から見上げた塔と斜め手前から見た建物本体を組み合わせたように描く必要があったのだろうか。その理由を二つ考えてみた。まず一つ目は、塔をそのまま描くと頭でっかちに見えることから、安定した構図を得るために塔の高さを調整する必要があった。二つ目は、単なるビュッフェの錯覚によるもので、広場を挟んで向かいに建つ「王の家」の塔-それは市庁舎の塔と比べてかなり低いのだが-と混同し、実際よりもかなり低く描いてしまった、というものであるが、どちらも単に現象面から導き出したもので、ビュッフェの人となりを考慮に入れたものではないため、十分な根拠とは言い難いかもしれない。そこで作品の範囲をこの市庁舎以外にも広げて見てみると、ニューヨークの摩天楼や日本建築を描いたものの中にも、ビュッフェが自国の建物を描くときには見られない“視点”が幾つも見受けられることに気付いた。そしてそれが意味するのは、これはビュッフェのと言うよりは、フランス人特有の異文化にたいする認識の仕方に何かある一定の法則のようなものがあるのではないか、と思うに至ったのである。そこには造形表現の手段として用いられる“デフォルマシオン(déformation)”が関わっていて、それが、単なる技法上の“誇張”や“変形”としてではなく、フランス人の自国の文化、言語、歴史に対する理想やプライドによって培われた気質というか文化的特質から来る風刺を伴う“視点”として作用し、異文化に対する諧謔として現れてくるのではないだろうか。つまりビュッフェは対象から得た記憶や印象を画面に移し変えようとしているのではなく、フランス人としてのビュッフェの主観の反映として、異文化の精神的遺産を意図的に変形させた造形表現(解釈)を行なっている、ということになるのである。

ビュッフェはそれを主にフランス国民に対して発信しているのであるが、その極端な例が、フランスの風刺新聞として事件後も発行を続けるシャルリー・エブド(Charlie Hebdo)であろうか。紙媒体を主だった情報伝達の手段として用いていた時代には、ある一定層(読解力のある主に知識層)にか伝わらなかったのであるが、今日のようなネット社会においては、たとえそれが自国民に向けて発信されたものであったとしても、瞬時に全世界に拡散されてしまうばかりではなく、他国に対する侮蔑と受け止められかねない危険性を孕んでいることは周知の通りである。

a0155815_16174294.jpg

a0155815_16413258.jpg


●作家:Bernard Buffet(1928-1999)
●種類:Poster
●題名:L'Hôtel de ville de Bruxelles
●サイズ:955x632mm
●技法:Lithograph
●限定:500
●発行:Galerie Isy Brachot, Bruxelles
●制作年:1966
●目録番号:66 bis(Bernard Buffet lithographe 1979-1987, Charles Sorlier)




註:

1.個展の図録「ベルナール・ビュッフェ(Bernard Buffet)」(210x270mm)、アカデミー・フランセーズ会員モールス・ドルオンによる序文、24ページ、出品作品リスト(98点)、1966年
a0155815_1819980.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2016-03-27 19:18 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2016年 03月 19日

ホルスト・ヤンセンのポストカード集「12 Köpfe ohne Nägel」(1987)

a0155815_19122511.jpg

a0155815_19123711.jpg
このブログでもたびたび取り上げるドイツの画家で版画家のホルスト・ヤンセン(Horst Janssen, 1929-1995)は、自らを“画狂人”と名乗った北斎を師と仰ぎ、いったん制作を始めると、寝食を忘れて制作にのめり込んでいく絵師であったが、また一方で、恐るべき“出版狂”でもあった。今回取り上げるのは、ヤンセンが1987年に出版したポストカード集「12 Köpfe ohne Nägel」である。このポストカード集の原画は、ホルスト・ヤンセンが1964年にハンブルクの“陸軍大尉ルイーゼ・ヘリング夫人(Frau Kapitän Luise Hering)”への彩色手本としてプライベートで制作し、1987年の出版まで一度も公にされなかった12枚の素描による絵葉書である。原画の所有者は、ホルスト・ヤンセンのハンブルク美術学校時代の同級生で、1954年から1975年までハンブルクのヴィルヘルム・ギムナジウム(Hamburger Wilhelm-Gymnasium)の美術教師の職にあった画家で版画家、彫刻家のベルント・ヘリング(Bernd Hering, 1924-2013)とその夫人。ヤンセンは素描を出版するにあたり、新たにカバーの装丁を手掛けており、1987年にヤンセンの画集の出版を数多く手掛けたハンブルクの出版社(Hower Verlag, Hamburg)から出版された。ヤンセンの描く肖像画は一癖も二癖もあるが、ここでも肖像を辛辣に戯画化したり、ダリ(Salvador Dali, 1904-1989)が用いたダブルイメージ(Double Image)の手法を取り入れて描くことで、人物の性格やその背景までも炙り出そうしている。ヤンセンのそのような姿勢の背景には、18世紀ドイツの実験物理学の教授で、スイスの牧師ラファーターが説いた観相学を痛烈に批判するなど、風刺家としても評価されているゲオルク・クリストフ・リヒテンベルク(Georg Christoph Lichtenberg, 1742-1799)への傾倒があったようである。

タイトルとなった"12 Köpfe ohne Nägel"は直訳すると、“釘(留め鋲)の無い12の頭部”となり、何か隠れた意味でもあるのかもしれないと思ったりもするが、絵葉書として制作されていることから、釘を使って壁に飾る必要が無いということなのかもしれない。絵葉書のサイズは原画の縦横比に合わせているので、まちまちである。

●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Postcard
●題名:12 Köpfe ohne Nägel
●サイズ:154x110mm
●技法:Offset
●発行:Hower Verlag, Hamburg
●制作年:1987

a0155815_19371337.jpg

a0155815_19273521.jpg
a0155815_1928896.jpg
a0155815_19283666.jpg
a0155815_19285765.jpg
a0155815_192927100.jpg
a0155815_19294683.jpg
a0155815_1930970.jpg
a0155815_19302732.jpg
a0155815_19304442.jpg
a0155815_1931213.jpg
a0155815_19314433.jpg
a0155815_19315738.jpg
a0155815_1932879.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2016-03-19 20:47 | ホルスト・ヤンセン関係 | Comments(0)