ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 23日

アンブロワーズ・ヴォラールの出版「Les Éditions Ambrose Vollard」(1930)

a0155815_1972051.jpg

19世紀末から20世紀初頭にかけて、美術史に名を残すこととなるポール・セザンヌ(Paul Cézanne)、ポール・ゴーギャン(Paul Gauguin) 、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent van Gogh)、パブロ・ピカソ(Pablo Picasso) といった画家を世に送り出したのが、パリの画商アンブロワーズ・ヴォラール(Ambroise Vollard, 1866-1939)であるが、彼はまた、いち早く版画の可能性を見出し、絵画の売買で得た豊富な資金力をもとに、本の蒐集家向けに、ポール・ヴェルレーヌの詩にピエール・ボナールがリトグラフによる挿絵を付けた「Parallèlement」 を皮切りに、ゴーゴリ、バルザック、ラ・フォンテーヌ、ジャリなどの小説や詩の挿絵制作に、ピカソ、ルオー、シャガール、ブラックらの画家を巻き込み、いわゆる画家本と呼ばれる豪華本の出版に乗り出す。当初、蒐集家の反応は冷ややかもので、この目論見は当てが外れたように見えたが、その後様々な画商兼出版者を生み出すこととなる。ヴォラールの手掛けた挿絵本は、今ではその歴史を辿る上で欠くことの出来ない古典的な存在となっており、版画作品を収集する世界中の主要な美術館に収蔵されている。個人的には、オディロン・ルドン(Odilon Redon, 1840-1916)が三度も石版画集を編むことになったギュスターヴ・フロヴェールの戯曲仕立ての小説「聖アントニウスの誘惑(La Tentation de Saint Antoine)」のうち、ヴォラールが1938年に刊行した第三集(ヴォラール版)を入手出来たのが唯一の成果であったが、今はもう手元にない。

この図録は、出版人としてのヴォラールに焦点を当てた展覧会の図録(註1)であり、かつヴォラールが(準備中のものを含め)手掛けた出版総目録となっている。とは言え、本文に図版は一点も載っておらず、一般読者というか、愛好家にとって、必ずしも親切な作りになっているとは言い難い。その埋め合わせだろうか、扉絵(frontispiece)としてラウル・デュフィ(Raoul Dufy, 1877-1953)がヴォラールの肖像をエッチングで刻んだものが挿入されている。限定部数は625部で、125部の特装版はモンヴァル紙に印刷され、オールマスターが素描に用いた赤色チョーク、サンギーヌ(sanguine)の色で刷られたものが挿入されている。手元にあるものは通常版で、現在、200~300ユーロの評価である。

●種類:Catalogue
●題名:Les Éditions Ambrose Vollard:Catalogue complet des Éditions Ambroise Vollard
●サイズ:290x235mm
●表紙:B.F.K. Rives
●限定:625
●発行:Le Portique Éditeur, Paris
a0155815_18141637.jpg
a0155815_18143028.jpg
a0155815_18145096.jpg
a0155815_181557.jpg
a0155815_18152281.jpg

a0155815_19103764.jpg
ピエール=オーギュスト・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir, 1841-1919)がリトグラフで描いた「ヴォラールの肖像」のファクシミリ版
a0155815_18203280.jpg

a0155815_17312466.jpg

a0155815_191870.jpg

●作家:Raoul Dufy(1877-1953)
●種類:Print
●題名:Portrait d'Ambroise Vollard (I.F.F. 49)
●サイズ:273x216mm
●技法:Etching
●紙質:Papier vergé (laid paper)
●限定:625
●発行:Le Portique Éditeur, Paris
●制作年:1930
a0155815_203949.jpg
通常版のための刷り(左)と特装版125部のためのサンギーヌの刷り(右)。
a0155815_20493655.jpg
ヴォラールの肖像写真(左)とデュフィのエッチングよる肖像画(右)


註:

1.Catalogue complet des Éditions Ambroise Vollard - Exposition du 15 Décembre 1930 au 15 Janvier 1931. Le Portique Éditeur, Paris, 1930. Catalogue des Éditions publiées par Ambroise Vollard ainsi que des projets (dont certains ne virent pas le jour). Un vol. 343x260mm, 76 p., broché contenant en frontispice une eau-forte originale de Raoul Dufy"Portrait d'Ambroise Vollard (I.F.F. 49) " et une reproduction d'une lithographie de Renoir"Portrait d'Ambroise Vollard". Tirage total à 625 exemplaires. 500 sur vergé de Rives, avec l’eau-forte originale tirée en noir. 125 exemplaires sur Montval, avec un portrait d’Ambroise Vollard par Dufy en frontispice, en eau-forte originale tirée en sanguine et signée sur le cuivre. Tous sont illustrés en outre, d’un portrait d’Ambroise Vollard par Auguste Renoir (fac-similé d’une lithographie).
[PR]

by galleria-iska | 2016-04-23 21:07 | 図録類 | Comments(0)
2016年 04月 19日

ジャスパー・ジョーンズの図録「Jasper Johns:die Graphik」(1971)

a0155815_20424121.jpg
a0155815_2043497.jpg

1971年4月17日から5月29日にかけてスイスのベルンにあるクンストハレ・ベルン(Kunsthalle Bern, Switzerland)で行なわれたジャスパー・ジョーンズ(Jasper Johns, 1930-)の版画の回顧展「Jasper Jphns: Graphik」(註1)の図録は前に取り上げたが、これは北ドイツの都市ハノーファーにあるハノーファー芸術協会(Kunstverein Hannover, Hannover)で、同年8月7日から9月5日かけて行なわれた展覧会「Jasper Johns:die Graphik」の、ポケット判仕様の図録である。ソフトカバーではあるが、布装丁となっている。出展作品は、先のベルンのものにハノーファーの告知用ポスターを加えた、試し刷りを多く含む133種類であるが、図録はベルンのものとは異なる編集がされており、ジョーンズの制作現場を捉えた写真の他、版画作品との関係性や独自性を示すために、絵画やブロンズ作品が何点も引用されている。また、アメリカ西海岸の都市ロサンゼルスにあるジェミナイ工房(Gemin G.E.L., Los Angeles)での版画制作に関する、普段は見ることが出来ない内容証明(Print documentation)が二点掲載されており、こちらも興味深い。この展覧会の告知用ポスターにはベルンと同じイメージが使われているようなのだが、まだ実物にお目にかかったことがない。

●作家:Jasper Johns(1930-)
●種類:Catalogue
●サイズ:190x105mm
●技法:Offset
●発行:Kunstverein Hannover e.V.
●制作年:1971
a0155815_21291637.jpg

a0155815_20514180.jpg
a0155815_20515585.jpg
a0155815_2052975.jpg


註:

1.この展覧会に先立ち、1970年4月5日から6月14日にかけてフィラデルフィア美術館でジャスパー・ジョーンズの全版画作品128点からなる版画の最初の回顧展「Jasper Johns Prints 1960-1970」が開催されており、その図録のドイツ語版がベルンの図録となる。
a0155815_12414614.jpg
図版:1964年制作の「Souvenir 2」(Oil and collage on canvas with objects)をもとにデザインされた、同展の告知用ポスター。作家の署名入りのもが200部ある。

●作家:Jasper Johns(1930-)
●種類:Poster
●作品名:Souvenir
●サイズ:786x552mm
●技法:Offset-lithograph
●印刷:The Falcon Press, Philadelphia
●目録番号:127A

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016年4月21日追記:

ハノーファーの芸術協会での展覧会の直前の8月1日まで、メンヒェングラートバッハ市立博物館(Städtisches Museum Mönchengladbach)で行なわれていた展覧会「Jasper Johns. Das Graphische Werk」の告知用ポスター。ベルンのクンストハレ、メンヒェングラートバッハ市立博物館、そしてハノーファーの芸術協会のポスターは同じフィルムを使っているため、ジョーンズ自身によるテキスト部分を入れ替え、同時に制作されたものと考えられる。
a0155815_18503332.jpg

●作家:Jasoer Johns(1930-)
●種類:Poster
●題名:Painting with Two Balls
●サイズ:1007x703mm
●技法:Silkscreen
●発行:Städtisches Museum Mönchengladbach
●印刷:Albin Uldry, Bern
●制作年:1971
●目録番号:131B
[PR]

by galleria-iska | 2016-04-19 21:30 | 図録類 | Comments(0)
2016年 04月 17日

ミンモ・パラディーノの図録「Mimmo Paladino Etchings, woodcuts and linocuts 1983-86」(1986)

a0155815_1952463.jpg

a0155815_1914077.jpg

今回は、少し前に取り上げたイタリアのトランス・アヴァンギャルディアの作家のひとり、ミンモ・パラディーノ(Mimmo Paladino, 1948-)が、契約画廊であるワディントン・ギャラリーズの出版部門であるワディントン・グラフックスの主催で行なった展覧会「Mimmo Paladino Etchings, woodcuts and linocuts 1983-86」の図録(註1)を取り上げてみたい。ワディントン・グラフィックスが商品カタログとして送ってくれたものと記憶しているが、定かではない。この図録を参考に、展覧会の題名ではないが、エッチング、木版画、リノカットの代表作と言えるものを何点か手に入れたが、今手元に残っているのは、「Il Patinatore」という作品のみである。

最初気付かなかったが、パラディーノはこの表紙をデザインするにあたり、自身が制作した版画作品の図柄の一部をコラージュに用いる、という作者ならではのアプローチを採っているが、そんな仕掛け(?)の元になった作品を探してみるのも一興であろう。
a0155815_1134753.jpg

●作家:Mimmo Paladino(1948-)
●種類:Catalogue
●サイズ:210x281mm(210x564mm)
●技法:Offset
●発行:Waddington Graphics, London
●印刷:The Midas Press, Farnborough
●制作年:1986
a0155815_1165857.jpg

a0155815_1925513.jpg

a0155815_19325564.jpg




註:

1.This catalogue with illustrated Card Covers designed by Mimmo Paladino was published by Waddington Graphics, London in 1986 on the occasion of an exhibition of Etchings , Woodcuts and Linocuts by Mimmo Paladino made between 1983 and 1986. With an Introductory text by Richard E. Caves 「Mimmo Paladino:Recent Prints in Context」 with 32 Plates in colour and b/w.
[PR]

by galleria-iska | 2016-04-17 20:10 | 図録類 | Comments(0)