ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 23日

ジョルジュ・ルオーの自画像「Autoportrait II」(1926)

a0155815_17453312.jpg

自画像は好みの画題のひとつである。偽らざる自己の姿を描くという行為は純粋な記録であると同時に、自身の内面を真摯に見据えた自己告白でもあるからである。ドイツ・ルネッサンスの巨匠アルブレヒト・デューラーAlbrecht Dürer, 1471-1528)が始めたと言われる自画像は、最も身近なモデルとして、画中の出来事の目撃者として、また様々な歴史的英雄や宗教的人物に扮したものとして描かれる一方、画家としての自負はもとより、成功した人間の虚栄心や自己愛、宮廷画家といった地位誇示の反映として描かれることもあった。いずれにせよ、そこには画家の内面が不作為に写し出されており、人間という存在の諸相を観察できる格好の題材なのである。

20世紀最大の宗教画家と謳われるジョルジュ・ルオー(Georges Rouault, 1871-1958)もまた幾つもの自画像を残している。今回取り上げるのは、フランスのジャーナリストで美術、文芸、映画批評家のジョルジュ・シャランソル(Georges Charensol, 1899-1995)が1926年に著した『Georges Rouault: L'homme et l'oeuvre』の特装版100部(註1)に添えられたリトグラフによる自画像「Autoportrait II」である。この作品を手にするのは二度目で、最初のものは、1980年代の終わり頃だったと思うが、1976年に『ルオー版画作品(Georges Rouault The Graphic Work)』を著したサンフランシスコの画商で出版人のアラン・ウォフシー(Alan Wofsy Fine Arts)から500ドルで入手した。こちらはその後手放してしまったが、何年か前に運よくフランスの業者から200ユーロほどで再び入れることができた。この作品は、我々が良く知るフランスの版画用紙ではなく、局紙(Japon Impérial)という、少し黄身がかった和紙に刷られている。

ルオーは師であるギュスターヴ・モロー(Gustave Moreau, 1826-1898)の生誕100年に当たる1926年にリトグラフによる自画像を3点残しているが、それらは全て単に「Autoportrait」となっているため、区別を付けるために、便宜的にI~IIIの番号が付されている(註2)。これら3点が同時進行で描かれたものなのか、時期をずらして別々に描かれたのかはっきりしないが、顔の向きが多少異なっているものの、構図的には大きな違いはない。作品としては、横顔に近い角度で描かれた『回想録』所収の「Autoportrait I」が一番出来が良いとされている。この自画像や他の肖像画において、ルオーは人間の相貌が語る本質的なものを求め、熱意と情熱を原動力とする妥協を許さない集中力と忍耐によってグラッタージュと呼ばれる削除やクレヨンによる加筆を繰り返し、その成果である明暗のコントラストが織り成す劇的な表情と暗部の豊かな諧調に充実感を覚えていたようである。当時のルオーの容貌について、友人のフランスの哲学者でジャック・マリタン(Jacques Maritain、1882-1973)は次のように記しており、それはまるで自画像そのものを言い表しているかのようでもある。以下引用:
淡色のつねに目覚めている明るい眼、とはいえ、ものにじっと据えつけられるというよりは内部にむけられているその眼差し、激しい口許、突き出した額、以前にはブロンドの髪がふさふさしていた幅広の頭骨。かくのごとくに徒党と因習との、概していえば現代のあらゆる風俗の敵であるこの画家の表情には、何やら丸顔の道化師めいたもの、憐れみと辛辣、悪意と無邪気との思いもかけぬ混合があり、輝きは今も彼の洞窟(カーヴ)から流れている。1871年の巴里の砲撃の最中に、とある地下室(カーヴ)で彼は生まれたのだからである。

●作家:Georges Rouault(1871-1958)
●種類:Print
●題名:Autoportrait II
●フォーマット:260x210mm(イメージ:229x170mm)
●限定:100 + 50 H.C.
●紙質:Japon Impérial
●発行:Éditions des Quatre Chemins, Paris
●制作年:1926
●版画目録:Chapon and Rouault 342
a0155815_1743518.jpg
画面左下。アラン・ウォフシーの『ルオー版画作品(Georges Rouault The Graphic Work)』によれば、年記(26)と頭文字(G)が入れられているとあるが、判読し難い。



註:

1.
a0155815_2092833.jpg
図版:Charensol, Georges :Georges Rouault: L'homme et l'oeuvre、4to. 126 pp., with 39 black & white plates. One of a limited edition of 125 numbered copies on Arches, of which 100 numbered copies with one singed and numbered lithograph by Georges Rouault printed on Japon Impérial. Printed in Paris by Ducros et Colas in 1926.

2.「自画像I」(Chapon/Rouault 311)はエドモン・フラピエ出版から刊行された自身の『回想録』(限定385部)に所収。イメージサイズ:232x172mm
a0155815_1902971.jpg


「自画像II」(Chapon/Rouault 342)はカトル・シュマン出版から刊行されたジョルジュ・シャランソル著『ジョルジュ・ルオー、人と作品』の特装版100部に添えられた。イメージサイズ:229x170mm
a0155815_19102073.jpg


「自画像III」(Chapon/Rouault 343)は単独の版画作品として、パリのカトル・シュマン出版から白黒50部と色刷り100部が出版された。イメージサイズは345x250mmで、3点の中では一番大きく、帽子は被っていない
a0155815_19056100.jpg

[PR]

by galleria-iska | 2016-05-23 20:44 | その他 | Comments(0)
2016年 05月 17日

アントニ・クラーべのポスター「École de Paris 1956」(1956)

a0155815_14184978.jpg

1802年に建てられた邸宅を収集家のジャン・シャルパンティエ(Jean Charpentier, 1891–1976)が画廊として利用し、1924年に19世紀前半に活動したフランスのロマン主義の画家テオドール・ジェリコー(Théodore Géricault, 1791-1824)の展覧会を開催したパリの老舗画廊シャルパンティエ(Galerie Charpentier, Paris)(註1)は、1941年、画廊の名前はそのままに新しいオーナーに代替わりし、1954年からは継続して“エコール・ド・パリ展”の企画を行なっている。これはその1956年の展覧会の告知用ポスターで、スペインはカタローニア地方のバルセロナ出身の画家アントニ・クラーべ(Antoni Clavé, 1913-2005)のグアッシュとコラージュ、それにモノプリントによる装飾的な文様を組み合わせたオリジナル作品をリトグラフに置き換えたもの。印刷はパリのムルロー工房(Mourlot Imprimeur, Paris)で行なわれている。このポスターには、通常のポスター用紙と版画用のアルシュ紙に刷られた二種類あるが、他に、限定200部で、アルシュ紙に刷られた文字無しのものがある。手元にあるのは、ポスター用紙に刷られたものだが、入手経緯には訳があって、当初、ヨーロッパのある画廊にアルシュ紙のものを注文したのだが、どうも在庫切れだったらしく、ポスター用紙の方を送ってきた。注文と違うので、返品を申し出ると、早急に交換するということで待っていたのだが、いつの間にかオーナーが代わり、結局そのままになってしまった。

クラーべは日本でも知名度の高い作家のひとりであるが、10代の終わりには既にポスター作家として活動し、評価も得ている。また映画館の装飾や舞台装置の仕事も手掛けており、それは1939年のフランス亡命後も継続されていく。1941年、モンパルナスのアトリエに居を構え、1943年頃から挿絵画家として数々の文芸作品の挿絵を手掛け、版画が重要な表現手段のひとつとなっていく。1944年にピカソと出会い、その影響を強く受けた王様、道化師、子供、静物を描き始め、前期の様式を確立する。1954年頃から、油彩やグアッシュにコラージュを併用した作品を描き始め、後期の様式である抽象的な作品への橋渡し的な役割を果たす。ポスターが制作された1956年に開催された第28回ヴェネツィア・ビエンナーレ(the 28th International Biennale of Art in Venice)で版画作品がユネスコ賞を受賞している。その翌年に開催された第一回東京国際版画ビエンナーレではブリジストン美術館賞を受賞し、それを機に日本での作品紹介が増えていく。このポスターは、初めからリトグラフとして制作されたものではなく、絵画作品と同じようにグアッシュにコラージュを併用した作品をもとにしており、クラーべの転換期の様式を知ることが出来るものとして興味深い。

a0155815_1783762.jpg
図版:Antoni Clavé "Le Peintre, 1957. Gouache and collage, 76x56cm. 

クラーべが1957年に制作した“画家”という題のグアッシュとコラージュによる絵画作品は、明らかにポスターの構図をもとにしており、画家の顔の正面には、ゴロワーズ(Gauloises)という手巻きタバコのパッケージをコラージュして創り出したパイプの煙で見え難くはなっているが、"PARIS"という文字も読み取れる。画家兼版画家(Peintre-graveur )の多くは絵画作品を元に版画を制作するのが定石のようになっているが、クラーべの場合は逆に、挿絵などにために制作したリトグラフを油彩やグアッシュのエスキースとして用いるケースがまま見られる。これは画家がタブロー作家として立つ前に、グラフィックアーティストやデザイナーとしてポスターや舞台装飾などの制約のある仕事に就いていたことと関係あるのかもしれないのだが、どこか画家としての横尾忠則氏の歩みと重なっていないでもない。

●作家:Antoni Clavé(1913-2005)
●種類:Poster
●サイズ:675x438mm
●技法:Lithograph
●発行:Galerie Charpentier, Paris
●印刷:Mourlot Imprimeur, Paris
●制作年:1956
a0155815_14152154.jpg
                     モノプリントによる装飾的な文様を使った袖の部分を拡大したもの
a0155815_21394953.jpg
a0155815_2140661.jpg
                           画面右下に入れられたクラーべの版上サイン

その他の作家によるエコール・ド・パリ展のポスターで判明しているもの:
1954年:ベルナール・ロルジュ(Bernard Lorjou)620x400mm
1955年:ジャン=ミシェル・アトラン(Jean-Michel Atlan)640x440mm、限定400部
1960年:ジャック・ラグランジュ(Jacques Lagrannge)760x500mm
1961年:ピエール・ルシュール(Pierre Lesieur)737x520mm


註:

1.エリゼー宮の向かいに位置するシャルパンティエ画廊(76, rue du Faubourg Saint-Honoré, 75008 Paris)は1968年に閉廊するが、1980年代にピエール・カルダンがレストンランを構え、1988年からオークション・ハウスのサザビーズのパリ支店となっている。

参考文献:
Seghers, Pierre: Clavé, Tudor Publishing Company, New York, 1972
[PR]

by galleria-iska | 2016-05-17 22:45 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2016年 05月 13日

清宮質文の蔵書票「Ex-Libris H. Chiba」(1975)

a0155815_2059442.jpg

木版画の詩人と称される画家で版画家の清宮質文(Naobumi Seimiya, 1917-1991)の作品は、美術雑誌などで時折見かけるだけで、まだ実物を目にしたことがない。それでも一度ぐらいは手にしてみたいと思っているのだが、思いの外高額で、おいそれとは手が出せない。その代わりというか蔵書票を何点か手に入れることができた。いずれも縦横ともに10cmにも満たない小品である。今回取り上げる蔵書票「Ex-Libris H. Chiba」は、1975年に制作されたとあるので、既に40年以上経っているが、あまり時代を感じさせない。蔵書票は周知の通り、本の見返し部分に貼って、蔵書印と同じように、所有者を明らかにするためのもので、所有者の名やExlibrisの文字とともに、所有者と関係のある図案を組み合わせて作られる版画の一種であるが、表現媒体としては制約が大きく、思い切った表現を行なうことは難しい。それゆえ、作品としての密度を高めるために、緻密なものに向かう傾向があるが、作家はその小さな空間に、実用性を勘案しながら、記号性の発現と、何かしらの意味や思いを表現しようと試みるのである。

●作家:Naobumi Seimiya(1917-1991)
●種類:Bookplate(Ex Libris)
●題名:"Ex-Libris H.Chiba" from 『Ex-Libris Calendar Album (1975-1978)』
●フォ-マット:76x62mm(イメージ:65x53mm)
●技法:Woodblock print
●発行:The Nippon Bibliophile Society
●制作年:1975
a0155815_2184866.jpg


蔵書票で思い出すのは、20世紀オランダを代表する版画家マウリッツ・コルネリス・エッシャー(Maurits Cornells Escher, 1898-1972))である。今はもう手元に無いが、まだ1万円にも届かない頃に、何点か小口木版で作られた蔵書票や年賀状、招待状を手にしたことがある。そのエッシャーを世に送り出しのが、アメリカの画家で画商のマルドゥーン・エルダー(Muldoon Elder, 1935-))である。彼も最初、どこかの古書店からエッシャーの年賀状や蔵書票を手に入れたことから、一部の科学者には認められるものの、時代の中に埋もれていたこの版画家に興味を抱くようになり、ついにはオランダに出向くことになるのである。エッシャーが亡くなった直後の1972年4月15日から5月31日にかけて、《The largest selection of original prints by M.C. Escher ever to be shown in the United States》と銘打って行なわれた展覧会は今や伝説となっており、一日に三千人の来場者があったと言われる。この展覧会の後、エルダーは、美術市場では無名に近かったエッシャーの版画販売関して、代理人として、ほぼ独占(モノポリー)することで画商として名を成す。

蔵書票や年賀状を正式な版画作品と見るのは若干役不足であるかもしれないが、いきなり額に収まった高価な作品を買い求めるよりも、版画事始として、作品に直に触れてみて、その紙質やインクの乗り具合などを確かめることで、視覚では得られない、技法への理解と作家の表現に対する目を養うという点において貴重な訓練にもなるのである。とは言え、自分のように、そこからなかなか前に進めない人間もいるのだが。

清宮質文は木版画家として既に日本国内では高い評価を得ているが、自画、自刻、自摺を旨としたため、寡作であったようだ。また摺刷数の少ないものが多く、それも価格を押し上げる原因となっている。そのためかどうか分からないが、昨今は比較的入手し易い蔵書票にも関心が向けられている。今回の蔵書票「Ex-Libris H. Chiba」は、日本愛書会(The Nippon Bibliophile Society)(註1)が発行した『愛書票暦アルバム (1975年~1978年)』(1976年)所収の蔵書票のひとつで、構図的には、1963年の「林の中の家」を彷彿させるが、人物の位置が左右逆になっている。時折、ムンクの版画との類似性を指摘する向きもあるが、内的不安を根源とするムンクの版画とは根本的に異なる。
a0155815_17503772.jpg
図版:清宮質文の木版画「林の中の家 I」(1963年)、138x113mm、限定50部

作家が亡くなった直後の1991年7月20日に発行された版画専門の季刊誌『版画藝術73号』には追悼特集が組まれている。そこに掲載された記事などを読むと、版画家は、《目に映る外界の姿を忠実に写し取る写生や現実をありのまま表現する写実を目指したのではなく、それによって引き起こされた心の動きを実在化しようとした》とあり、そのために、“一瞬消え去る花火のような”と作者が形容する、心の動きという形のないものを形に表す作業に、周囲の雑音に惑わされることなく、ひたすら没頭したのである。画面に登場する人物は、作家自身「オバケ」と呼ぶ幻影のような実体の不確かなものとして描かれており、その多くは、明るい日差しの下ではなく、世界がその輪郭を失い始める夕暮れ時の幻想的な空間-画面からはその独特の空間の表出に腐心していることが窺われる-の中に置かれている。そこに、結晶化された作家の心の動きが、純粋で透明なイマジェリーとして立ち現れてくるのである。



註:

1.蔵書票普及のためにその生涯を捧げた志茂太郎によって1943年に創設された「日本愛書会」は1957年、「日本書票協会(The Nippon Exlibris Association」と名称を変え活動している。

参考文献:

版画藝術73号(Hanga Geijutsu:No.73)、1991年7月21日発行、阿部出版
[PR]

by galleria-iska | 2016-05-13 21:49 | その他 | Comments(0)
2016年 05月 10日

キース・ヘリングのポスター「Lesen. Der spass im kopf」(1988)

a0155815_17592971.jpg

キース・へリング(Keith Haring, 1958-1990)はAIDSと診断された1988年以降、それまで以上に子供を対象にした社会貢献活動に力を注ぐと共に、新たにAIDS撲滅活動にも積極的に関わっていくこととなるのだが、今回取り上げるポスターは、そんなヘリングが1988年に、ドイツはノルトライン=ヴェストファーレン州のバート・ホンネフ(Bad Honnef)の市立図書館のためにデザインしたポスターである。子供の頭の中に、読書から得られる楽しみである、ありとあらゆる事象が視覚化されており、このポスターは、ヘリングが同年、フォックス・チャンネル5(Fox Channel 5)とニューヨーク公共図書館協会が広告主となって行なわれた、子供たちに読書を勧める教養運動"Fill Your Head with Fun! Start Reading!"のためにデザインした広報ポスター(註1)からイメージ部分を転用して作られている。どちらのポスターにも、子供たちに読書の楽しみを伝える標語がヘリングのレタリングで綴られているが、バート・ホンネフの市立図書館の方には、ドイツ語による標語「Lesen. Der spass im kopf(Reading. The fun in the head.)」が添えられている。このポスターにはもうひとつ別のヴァージョン(註2)のものが存在しているが、そちらはヘリングのオリジナル・ポスターといった性格のものらしく、英語の標語「Fill Your Head with Fun! Start Reading!」のみ記されている。

バート・ホンネフの市立図書館の依頼で作られたポスターは、他の2点と比べると、色数も少なく、随分素っ気無いように思えるのだが、このポスターを扱っているドイツ人業者の案内によれば、図書館向けの100枚とヘリングの手持ち用100枚の計200枚しか作られておらず、もしそうであれば、間違いなくコレクターズ・アイテムになる筈である。それにしても、ここ最近のヘリングのポスター価格の高騰は、明らかに異常(!?)としか思えない。その最大の要因は、本作品の供給が減ったことにあると思われるが、それとは別に、今回のポスターのように、ヘリング自身がレタリングを施したポスターは、それはそれでひとつの表現手段として成立しているとの認識が浸透し評価を押し上げているのかもしれない。それにヘリングと時代を共有した者が感じる同時代性へのある種のノスタルジーが加わり、ポスターぐらいなどと呑気に構えてはいられない状態になってしまっているのだ。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Poster
●題名:Lesen. Der spass im kopf(Reading. The fun in the head.)
●サイズ:ca.540x440mm
●技法:Offset
●限定:100(+100 artist's proofs)
●発行:Stadtbücherei Bad Honnef
●制作年:1988
a0155815_17594693.jpg



註:

1.
a0155815_20441498.jpg
Poster for New York and New Jersey libraries - "Fill Your Head with Fun! Start Reading!",1988, 570x344mm. Offset lithograph

2.
a0155815_20443334.jpg
Another version of the poster "Fill Your Head With Fun! Start Reading!", 1989, 570x344mm. Offet lithograph
[PR]

by galleria-iska | 2016-05-10 18:39 | キース・へリング関係 | Comments(0)