ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 31日

ニキ・ド・サンファルの招待状「Niki de Saint Phalle Invitation aux Bijoux」(1991)

a0155815_19585949.jpg
画家や彫刻家は一般的に、貴重な宝石を用いた宝飾品のデザインに関しては、あまり積極的ではないように思える。高額な材料費の捻出には画廊以外の協力が不可欠であることは言うまでもないが、新しい価値を生み出すという創造行為の下では、既に歴史的な普遍性を得ている宝石は、そこから透けて見える富や権力の影のようなものも感じさせ、自身のスタイルとの整合性を保つ上でも非常に扱い難い素材であるのかもしれない。しかしながら、シュルレアリスムの真の精神を体現しようとした奇才サルバドール・ダリ(Salvador Sali, 1904-1989)がデザインしたオブジェとも彫刻ともつかぬ一連の作品(註1)を見れば、それが杞憂に過ぎないということを思い知らされる。何故なら、ダリのグロテスクかつミステリアスな作品において、宝石は、まさにダリの金満家として側面を匂わせなくもないが、それが持つ固有の価値を一端離れ、その色と輝きが絵の具のそれを代弁するためのものとして知覚され得るからに他ならない。

1960年代末にはヌーヴォー・レアリスムを経てポップ・アートの作家として既に国際的な評価を得ていたニキ・ド・サンファル(Niki de Saint Phalle, 1930-2002)。そのニキが、イタリアのミラノにある宝飾デザイナーで金細工職人ジャンカルロ・モンテベッロの工房(Atelier de Giancarlo Montebello, Milano)の協力を得て、そのような試みに着手したのは1971年のことである。その実験的な取り組みはその後数年間続けられるが、1977年頃から宝飾品は非常に高価なものとなり、貴重な石(宝石)は、18金を下地に用いたエマイユ(七宝)と組み合わされるようになる。奇しくもその年にデザインされたのが、豊穣の象徴としてニキがしばし取り上げ、香水瓶の装飾にも用いた蛇をモチーフとするミニチュアの彫刻作品ともいえる「黄色の蛇(Serpant Jaune)」(édition Sven Bolterstein、limited edition of 8)である。ニキは18金を下地とするエマイユに、金、トルコ石、ダイアモンド嵌め込み、ニキらしい造形物へと創り上げている。

それから10年以上のブランクを経て、1989年から1991年にかけて、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州の中西部に位置する都市ミュールハイム・アン・デア・ルール(Mülheim an der Ruhr)で現代作家(註2)の宝飾品やオブジェ(Schmuck und Objets d'Art)を専門に取り扱う画廊を運営するディアーナ・キュッパース(Diana Küppers, Mülheim)からの依頼で、再度、宝飾品のデザインに取り組むこととなる。これはそのキュッパースの画廊で1991年に行なわれたニキ・ド・サンファルの宝飾展への招待状である。表紙のデザインおよび題字はすべてニキによるもので、折り本形式で作られたこの案内状もまた、1960年代後半に始まるニキの一連のアーティストブックの流れの中にあると考えられる。展覧会には、ニキが1977年から1991年までにデザインし、ジャンカルロ・モンテベッロの工房で限定制作された宝飾品8点が出品された。

●作家:Niki de Saint Phalle(1930-2002)
●種類:Invitation
●サイズ:209x150mm(209x730mm)
●技法:Offset
●発行:Edition Diana Küppers, Mülheim with Niki de Saint Phalle
●制作年:1991
a0155815_19593525.jpg
a0155815_19595534.jpg
a0155815_200823.jpg
a0155815_2001855.jpg



註:

1.前に一度取り上げたかと思うが、1940年代にニューヨークに定住し、宝石商となったアルゼンチンのブエノスアイレス出身のカーロス・アレマニー(Carlos Bernardo Alemany, 1905-1993))に委託して作らせた宝飾品の展覧会として、1984年に大丸百貨店で開催された『奇蹟のダリ宝石展(Dali:Art-in-Jewels)』の図録(編集: フジテレビギャラリー)には、彼自身の絵画作品をモチーフにしたものや、新たにデザインしたものなど、ダリの作品37点が収録されている。

2.ディアーナ・キュッパースの取り扱い作家:
Arman, Arp, Braque, Pol Bury, Calder, Cesar, Max Ernst, Anish Kapoor, Yves Klein, Gitou Knoop, Lalanne, Cesar, Max Ernst, Anish Kapoor, Yves Klein, Gitou Knoop, Lalanne, Fausto Melotti, Niki de Saint Phalle, Picasso, Pomodoro, Man Ray, Gunther Uecker, Bernar Venet






[PR]

by galleria-iska | 2016-08-31 21:15 | 案内状/招待状関係 | Comments(0)
2016年 08月 20日

キース・ヘリングのステッカー「Dancing Flower」(1989)

a0155815_18194694.jpg
キース・ヘリング(Keith Haring, 1958-1990)が生み出したキャラクターの中では晩年のものとなる「Dancing Flower」(1989)は、このステッカーの他に缶バッジのものが知られている。キャラクターのアイデアの源泉となったかもしれないのが、株式会社タカラトミー(Takara Co., Ltd. → Tomy Company, Ltd., Tokyo)が1988年に発売、全世界でヒットした玩具「Flower Rock」(註1)という、音楽に反応して動く(踊る)鉢植えの花である。そうだとすれば、それは一種のパロディ表現と言えなくもないが、大量生産、大量消費を背景とする大衆文化を巧みに取り込んでいくポップ・アートの手法も垣間見れるのではないだろうか。そして何よりも、他の図像にも見られるように、ヘリングのクラブミュージックやヒップホップへの傾倒が読み取れるのだが、性的な意味合いをも含んでいるのかもしれない。花が記号としての重要な意味を持ったのは、消費文化に根ざしたポップ・アートに繋がっていく、ヒッピー文化やカウンターカルチャーを生み出したビートニクの詩人アレン・ギンズバーグ(Allen Ginsberg, 1926-1997)が1960年代に提唱した平和的抗議活動に端を発する、フラワーパワー(Flower Power)と呼ばれる、花を平和と愛の象徴として用いたヒッピーの反戦運動が想起されるが、へリングにそのような思想的背景を重ね合わすことには多少無理があるかもしれない。

ステッカーのフォーマットは280x140mmと、やや大きめ。そこに直径95mmと88mmのものが各一枚、55mmのものが二枚の計四枚の「Dancing Flower」と、へリングの最もよく知られているアイコンのひとつ、「はいはいする赤ん坊(Crawling Baby)」が一枚組み込まれているのだが、それは無限の可能性を持つ赤ん坊と現在の姿が同居するへリングの自画像と捉えることも出来るかもしれない。四半世紀を経た今、缶バッジに比べて残存率は低いようで、近年はオークションへの出品も散見される。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Pop Shop Stickers
●サイズ:140x280mm(Format)/Stickers:95mm diameter x1, 88mm diameter x 1 and 55mm diameter x 2, all signed: © K. Haring
●技法:Offset lithograph
●発行:Keith Haring, New York
●制作年:1989
a0155815_18201619.jpg
a0155815_18203009.jpg

註:

1.海外では「Rockin' Flowers」という名称で販売された。



[PR]

by galleria-iska | 2016-08-20 18:20 | キース・へリング関係 | Comments(0)