ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 30日

ルース・バーンハートのポスター「Ruth Bernhard - Classic Torso」(1980)

a0155815_1223721.jpg

今から20年ぐらい前に、ニューヨーク市の古書店からアメリカの女流ヌード写真家ルース・バーンハート(Ruth Bernhard, 1905-2006)のプラチナ・パラジウム・プリント10点組みのポートフォリオ「Ruth Bernard」(Published by Joseph G. Folberg and Vision Editions, San Francisco in 1993, a total edition of 48)(註1)を4000ドルで紹介されたことがあるが、現在でも5000ドルは下らない作品「In the Box -Horizontal」が欠けていることが判り、購入を見送ったことがある。バーンハートのオリジナル・プリントを手にする機会はその時が最初で最後であったが、数年前に、サイン入りのポスター、しかも代表作を使ったものを2点手に入れる機会を得た。バーンハートのポスターは幾つかの版元が出版しているが、どこも彼女の代表作と言われる「Classic Torso」(1952)と「In the Box -Horizontal」(1962)を取り上げている。今回のものはその内のひとつ、カルフォルニア州のバークレーにある出版社(Collected Visions Incorporated)が1980年に出版したもので、画面右下の余白にマーカーペンによるサインが入れられている。

日本でバーンハートの写真を直に見る機会はあまりないかもしれないが、1986年にカルフォルニア州のカーメルにある出版社《Photography West Graphics》から刊行され、何度も版を重ねているその写真集「The Eternal Body: A Collection of Fifty Nudes」によってその芸術の真髄を知ることが出来る。アメリカの女流ヌード写真家の草分け的存在であるバーンハートは1905年、ドイツ帝国時代のベルリンに生まれる。1925年から27年にかけてベルリン芸術大学の前身であるベルリン・アカデミー・オブ・アート(Academie der Mahler-, Bildhauer- und Architectur-Kunst)に学んだ後、1927年、ニューヨークに移住。広告写真の分野で活躍したアメリカの写真家ラルフ・スタイナー(Ralph Steiner, 1899年-1986)の助手を短期間務めた後、退職金を元手に撮影機材を購入する。個人的には、その当時の芸術家社会におけるレスビアン文化に深く関わることとなる。1934年にニューヨーク近代美術館(MomA)が企画した、機械製品を展示するという画期的な展覧会「機械芸術(Machine Art)」の写真撮影を依頼される。そしてその年、バーンハートの最も重要なテーマとなる女性のヌード写真を撮り始める。1935年にサンタ・モニカの海岸で偶然、20世紀アメリカを代表する写真家エドワード・ウエストン(Edward Weston, 1886–1958)と出会い、ウエストンの写真に深く惹かれる。ウエストンは彼女に写真の創造性とその芸術的な影響を明らかにした。1953年、バーンハートはサンフランシスコに移住、そこでアメリカの西海岸を代表する写真家たち(Ansel Adams, Imogen Cunningham, Minor White and Wynn Bullock)の同僚となる。彼女が自身の写真表現について述べた言葉を引用しておく:
"My aim is to transform the complexities of the figure into harmonies of simplified forms revealing the innate
reality, the life force, the spirit, the inherent symbolism and the underlying remarkable structure – to isolate
and give emphasis to form with the greatest clarity."
このポスターには「古典的なトルソ(Classic Torso)」と題された写真が使われているが、斜め上方からのライティングが作り出す質感やフォルムは、エドワード・ウエストンが1930年に撮影した写真「Pepper No.30」を強く意識させる。

●作家:Ruth Bernhard(1905-2006)
●種類:Poster
●題名:Ruth Bernhard - Classic Torso, 1952
●サイズ:610x457mm
●技法:Offset lithograph
●発行:Collected Visions Incorporated, Berkeley
●印刷:Phelps/Schaefer Litho-Graphics Co., Inc., Brisbane
●制作年:1980
a0155815_11412861.jpg

a0155815_11581259.jpg

a0155815_11575944.jpg





註:

1.1993年に出版されたルース・バーンハートのポートフォリオ「Ruth Bernhard」
a0155815_18273588.jpg

「RUTH BERNHARD」published by Joseph G. Folberg and Vision Editions, San Francisco in 1993, a total edition of 48. A portfolio of 10 platinum-palladium prints, each signed in pencil in the margin, with title, date, edition number, and annotations in pencil on the reverse, in letterpress double wrappers, 1934-76, printed in 1993; together with the embossed half-title, letterpress title, plate list, introduction by the photographer, and colophon, edition number in pencil. Folio, silver and black cloth clamshell box and matching slipcase with silver-stamped photographer's monogram. Various sizes to 4 3/4 by 8 1/2 in. (12.1 by 21.6 cm.) or the reverse.

●In the Box, Horizontal, 1962
●Draped Torso with Hands, 1962
●Classic Torso, 1952
●Perspective II, 1967
●Two Forms, 1963
●Triangles, 1946
●Hips Horizontal, 1975
●Sand Dune, 1967
●Knees and Arm, 1976
●In the Circle, 1934


3.
a0155815_17543498.jpg
エドワード・ウエストンの写真「Pepper No.30」
[PR]

# by galleria-iska | 2016-11-30 14:07 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2016年 11月 14日

ジャン・ジャンセムのリトグラフ「Magician」(1978)

a0155815_13364661.jpg

アメリカの次期大統領に選出された某氏をテレビで見ていて、ふと思い出したのが、アルメニア出身の画家ジャン・ジャンセム(Jean Jansem/Jean-Hovanes Semerdjian, 1920-2013)(註1)が1978年にパリ8区のマティニョン通りにあるマティニョン画廊(Galerie Matignon, Paris)で行なった展覧会「仮面(Mascarade)」に際して制作した「魔術師(Magician)」というリトグラフである。告知用のポスターも同じイメージを使って作られており、印刷はパリのムルロー工房(Mourlot Imp., Paris)である。この魔術師が被るどこか虚ろな表情の仮面と某氏の横顔が重なって見えてしまったのである。

《トランプ(trump)》という言葉の意味を辞書で引いてみると、名詞には、切り札、奥の手、最後の手段という意味が、動詞には、~よりも勝る、(人)を負かすという意味の他に、trump upには、(うその話・口実など)をでっち上げる、捏造するという、まさに今回の選挙戦のなかで多くの人が感じた某氏の戦略(註2)と一致する意味があるのである。アメリカの多くの人が、仮面を被った魔術師であるところの某氏のデマゴギーに満ちた煽動的な言動に翻弄されながらも、その強い言葉に引き寄せられてしまったのである。しかしながら、仮面の下の真実の顔が如何なるものか、未だ分からない。

●作家:Jean Jansem(1920-2013)
●種類:Print
●題名:Magician
●サイズ:682x513mm(760x538mm)
●技法:Lithograph
●限定:120
●紙質:Arches
●発行:Galerie Matignon, Paris
●印刷:Mourlot Imp., Paris
●制作年:1978
●目録番号:405
a0155815_1336581.jpg
a0155815_1337859.jpg



註:

1.Jean Jansem, pseudonyme de Jean-Hovanes Semerdjian, est un artiste peintre français d'origine arménienne né le 9 mars 1920 à Seuleuze en Turquie et mort le 27 août 2013 à Paris.

2.ヒトラーの言葉に次のようなものがある:
《私はいかなる手段もためらいはしない。私はあらゆる手段が、正当なものとなる。私のスローガンは"敵を挑発するな!"ではなく、"非常手段に訴えて敵を殲滅せよ!"である。戦争を遂行するのは私なのだ。》ヒトラーの側近であったへルマン・ラシュニングの著書『永遠なるヒトラー』より

[PR]

# by galleria-iska | 2016-11-14 15:03 | その他 | Comments(0)
2016年 11月 02日

ロイ・リキテンスタインのポスター「Roy Lichtenstein Colorade State University」(1982)

a0155815_18523197.jpg

最近、と言っても既に4,5年は経っているかもしれないが、ポップ・アートの巨匠ロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein, 1923-1997)のポスターの偽物(Counterfeit)がヨーロッパ、端的に言えば、ドイツの業者からネットオークション(eBay)を通じて世界各地に送り出されている。結果、日本国内のネットオークションにも登場することに。問題のポスターは、"CRAK!"(1963/1964), Brushstroke"(1965), "Merton of the Movies"(1968), "Apple"(1981), "I love Liberty Poster"(1982),"Sweet Dreams Baby!"(1982)で、これから更に増える可能性がある。偽物は基本的にシルクスリーンで印刷されているのだが、目の粗いものを使っているのか、"CRAK!"や"Brushstroke"のようなオリジナルがオフセット・リトグラフによるポスターに関しては、境界部分が滑らかではなく、“でこぼこ”した形が見て取れる。またシートサイズはオリジナルに合わせているが、イメージ部分のサイズが若干異なっており、紙質も違うようである。"CRAK!"に関して言うと、展覧会を企画したレオ・キャステリ画廊が発行した初版刷りのものが作られているのだが、紙質が解っていないらしく、厚手の用紙を使っている。しかしながら、PCの画面ではそこまで判断できないので、多くの利用者がオリジナルと勘違いして購入してしまっているのではないだろうか。販売者は知恵者で、ポスターの価格をどれも一万円足らずに設定している。と言うのは、これらのポスターが高額で取引されていることを知っている者の気を引くためと、また受け取った後に偽物と気付いたとしても、金額が高くないためにクレームを入れて返送するのが厄介で、泣き寝入りしてしまうことまで見越した上でのことだと思われる。以前、販売者の履歴を見たことがあるが、一人だけ偽物と気付き、悪い評価を付けていたが、先の理由からか、返品はしていないようである。

1960年代のポスターについては、版権が切れてしまっている可能性もあるため、複製を作ることも可能かもしれないが、1980年代のものについては依然有効であるはずなので、何らかのアクションを起こしてもよさそうなものだが、何億という贋作もある中、販売価格が5ドル程度の小額なものまで手が回らないのかもしれない。

画像は、コロラド州 フォート・コリンズにあるコロラド州立大学の芸術学部によって企画・開催されたアメリカ現代美術、特にポップ・アートの作家(Andy Warhol, Roy Lichtenstein, James Rosenquist,etc.)の展覧会の告知用ポスターのひとつで、ロイ・リキテンスタインが1982年に大学付属のクララ・ハットン美術館(Clara Hatton Gallery)で行なった展覧会の告知用ポスターである。1984年に他の作家(ウォーホル、ローゼンクイスト)のポスターとともに大学から直接購入した。何枚か知り合いに譲り、最後の一枚を記念に持っていたのだが、懐具合が悪化し、それも手放してしまった。このポスターはリキテンスタインのオリジナルデザインではなく、リキテンスタインが1965年に版画集「11 Pop Artists」のために制作し、画家の版画の代表作となったシルクスクリーンの版画作品「Sweet Dreams Baby!」を用いている。ポスターの印刷は同州デンバーにあるシルクスクリーン工房を持つ出版社《Lichte Editions, Ltd., Denver)。このポスターはリキテンスタインの版画目録には収録されていないが、人気のある絵柄ということで、今はパブリック・オークションでも500ドルぐらいの値が付く。そこに偽物が入り込む余地があるのだろう。リキテンスタインのサイン入りのものもあったが、価格表がどこかにいってしまったので、はっきりした部数(200部?)は判らない。一枚125ドルぐらいであったと思うが、今はその10倍以上はしているはずである。因みに、ウォーホルのサイン入りのものは確か150ドルで、250部限定の版画ヴァージョン「Kimiko, 1981」(F.S.237)は2500ドルだったと記憶する。

●作家:Roy Lichtenstein(1927-1997)
●種類:Poster
●サイズ:889x616mm
●技法:Silkscreen
●限定:1000
●印刷:Licht Editions, Ltd., Denver, Colorade
●発行:Department of Art, Colorado State University, Fort Collins, Colorado
●制作年:1982
a0155815_17392133.jpg

[PR]

# by galleria-iska | 2016-11-02 20:52 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2016年 10月 29日

ジョルジュ・ブラックのポスター「Les peintres témoins de leur temps X°」(1961)

a0155815_182514.jpg

随分昔の話であるが、初めてパリのルーブル美術館を訪れた時、1953年にお披露目されたアンリ2世の部屋で、ジョルジュ・ブラック(Georges Braque, 1882-1963)が、美術史家で当時フランス美術館総局長の職にあったジョルジュ・サール(Georges Salles, 1889-1966)の依頼を受け、1952年から1953年にかけて制作した三枚のパネルからなる天井画「Les Oiseaux」を見つけ、古典絵画の殿堂であるルーヴルに何故ブラックが、と驚いた覚えがある。自由、また孤高の精神の象徴として見られる鳥は、周知のように、ブラックが1950年代から晩年にかけて版画作品などで繰り返し描いたモチーフである。その中央のパネルのイメージ(注1)を用いて一点のポスター作られた。「フランスの豊かさ(Richesses de la France)」 をテーマに、パリ市立ガリエラ美術館(Musée Galliéra Paris)で1961年に開催された第10回時代の証人画家展(Les peintres témoins de leur temps)の告知用ポスターである。このイメージは展覧会の図録「Richesses de la France」(注2)の表紙(表裏)にも使われている。

パリのムルロー工房(Mourlot Imp., Paris)で印刷されたこのポスター、今から25年以上前に、パリの書店・画廊アラントン(Galerie-Librairie Arenthon)から5枚ほど購入したのだが、ブラックのオリジナル・デザインではなかったので、一枚50フラン(約1250円)で入手することができた。それから四半世紀経って稀少性が高まったのか、今では2万円以上の値が付いている。

a0155815_19164526.jpg
図版:ブラックが描いたルーブル美術館のアンリ2世(Henri II de France, 1519-1559)の部屋の天井画「Les Oiseaux」

●作家:Georges Braque(1882-1963)
●種類:Poster
●サイズ:760x520mm
●技法:Lithograph
●発行:Musée Galliéra/Les peintres témoins de leur temps
●印刷:Mourlot Imp., Paris
●制作年:1961
a0155815_18351733.jpg
a0155815_18353019.jpg
                    ブラックの版上サイン

a0155815_1982568.jpg
図版:ブラックの静物画「パレットのある静物(Nature morte à la palette)」を用いたポスター。

展覧会の告知用ポスターは通常一種類だけだが、この年はどいうわけか二種類のポスターが作られている。ひとつは今回取り上げたもので、もうひとつ(図版参照)は、タイポグラフィは全く同じで、ムルロー工房の優れた石版工のひとり、アンリ・デュシャン(Henri Deschamps, 1898-1990)が1960年にブラックの静物画をもとに制作した複製版画「パレットのある静物(Nature morte à la palette)」(注3)を用いたものである。こちらは複製版画の版元であったムルロー工房が独自に制作した可能性がある。

●作家:Georges Braque(1882-1963)
●種類:Poster
●サイズ:725x530mm
●技法:Lithograph
●発行:Musée Galliéra/Les peintres témoins de leur temps
●印刷:Mourlot Imp., Paris
●制作年:1961


注:

1.天井画をモザイクに置き換えた作品「Mosaïque:Deux oiseaux」が制作され、それはブラック邸の庭(写真参照)に設置された
a0155815_125182.jpg

a0155815_12521038.jpg


2.展覧会の図録: "Richesses de la France". Dixième exposition des Peintres Témoins de leur Temps" Cat. expo. Paris, Musée Galliera, Mars-Avril-Mai 1961, 14x21cm, cartonnage éditeur illustré par Georges Braque et imprimé par Mourlot Frères, Paris. 264 pp.
a0155815_19531089.jpg


3.Nature morte à la palette, 1960 Lithographie d'interprétation exécutée par Henri Deschamps d'après Georges Braque signée au crayon par l'artiste et numérotée. Mourlot Imprimeur, Paris. 657 x 554mm.


a0155815_18534124.jpg

[PR]

# by galleria-iska | 2016-10-29 20:01 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2016年 10月 26日

ニキ・ド・サンファルのポスター「Museum Jean Tinguely Basel」(2001)

a0155815_12101982.jpg

今回取り上げるのは、スイス バーゼルにあるジャン・ティンゲリー美術館(Museum Jean Tinguely Basel)(註1)が、2001年9月26日から翌年の2月17日という、長期開催を行なった、フランスの戦後を代表する現代美術家ニキ・ド・サンファル(Niki de Saint Phalle, 1930-2002)の初期から晩年に至る芸術活動を俯瞰する展覧会「Niki de Saint Phalle: Werke aus den Jahren 1952-2001」の告知用のポスター、もしくはチラシである。ニキがポスターのデザインに加わったかどうかは不明である。この展覧会は、ニキから400点に及ぶ作品の寄贈を受けて、2001年の初めにドイツ ハノーファーのシュプレンゲル美術館(Sprengel Museum Hannover)に寄贈(註2)で開催されたニキの大規模な展覧会「La Fête - Die Schenkung Niki de Saint Phalle, Werke aus den Jahren 1952–2001」(註3)の巡回展である。裏面にはニキの略歴を初め、展覧会の案内、付随する行事や出版の案内等が記されている。

ポスターに使われているのは、ニキの夫で1991年に亡くなったスイス出身の画家、彫刻家ジャン・ティンゲリー(Jean Tinguely, 1925-1991)へ捧げるために1992年に制作したニキが《Tableaux éclatés》と呼ぶ、動くレリーフ作品「Méta-Tinguely」(註3)である。

●作家:Niki de Saint Phalle(1930-2002)
●種類:Poster
●サイズ:420x297mm
●技法:Offset
●発行:Museum Jean Tinguely Basel
●制作年:2001
a0155815_1211880.jpg
                        ポスターの裏面


a0155815_21395879.jpg
ジャン・ティンゲリー美術館版の画集「Niki de Saint Phalle: Werke aus den Jahren 1952-2001」。ニキの彫刻作品の写真を用いたシュプレンゲル美術館とドイツの大手美術出版社ハッチェ・カンツ社(Hatje Cantz Verlag, Ostfildern-Ruit)発行の画集とは異なり、表紙はニキのオリジナル・デザイン。

註:

1.1996年、スイスのメンドリソ-ティチノ-出身の建築家マリオ・ボッタ(Mario Botta, 1943-)の設計でスイスのバーゼルに開館した「ティンゲリー美術館」は、ティンゲリーのキネティック・アート(動く美術作品)が多数展示されている。

2.この寄贈に関して、ニキは次のような言葉を残している
:《I am honored and happy that the Sprengel Museum Hannover has accepted my donation. I have a great admiration for the museum and a very special feeling for Hannover.》

展覧会に際して、シュプレンゲル美術館(図版左:ソフトカバー)とハッチェ・カンツ社(図版右:ハードカバー)から大部の画集「La Fete: Die Schenkung Niki De Saint Phalle Werke Aus Den Jahren 1952-2001」が発行されている。240x300mm、371ページ
a0155815_1823399.jpga0155815_1811752.jpg





















3:シュプレンゲル美術館での展覧会「La Fête - Die Schenkung Niki de Saint Phalle, Werke aus den Jahren 1952–2001」図録。表紙はニキのオリジナル・デザイン。
a0155815_18331526.jpg


4.この作品はニキがフランス ニースにあるニース近代・現代美術館(Musée d'art moderne et d'art contemporain de Nice)に寄贈したもの。Jean III (Méta-Tinguely), peinture, bois, éléments métalliques et moteurs électriques sur bois:185 × 123 × 21 cm.
[PR]

# by galleria-iska | 2016-10-26 14:05 | ポスター/メイラー | Comments(0)