ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 21日

ホルスト・ヤンセンのポスター展図録「66 Sechsundsechzig Janssen plakate」(1982)

a0155815_20172455.jpg

20世紀最大のポスター作家のひとりと言っても過言ではないドイツの鬼才ホルスト・ヤンセン(Horst Janssen, 1929-1995)が1978年から1982年(?)にかけて”描いた”66点のポスターを集めて開かれた展覧会「66 Sechsundsechzig Janssen plakate(66 Horst Janssen Posters)」の図録である。図録と言っても冊子同様、背に沿ってホチキスで留めただけの簡易的な製本である。ただ、装丁はヤンセン自身が手掛けており、表紙絵は鉛筆と色鉛筆だけで描かれたにも拘わらず、何とも心を揺ぶられる作品となっている。ヤンセンは1980年代に入ると、それまでの、どこかしら死の影を帯びたようにも見える、深く沈んだモノトーンに近い色調から抜け出し、血の色である赤色の色鉛筆を用い、生気の宿るドラマティックな画面へと変化していく。この表紙絵も赤い色が強烈なコントラストを生み出しており、見る者の目を捕らえて放さない。それはヤンセンの心境の変化によるものなのか、あるいは新しい画境への試みと見るべきか、いずれにせよ、その魔力に惹きつけられてしまったのは間違いない。この図録は、つい最近、ドイツ ハンブルクの古書店から手に入れたもので、店主が見落としたのか、案内には記されていなかったが、ヤンセンの署名と年記が入っている。

ポスターの展覧会は1982年、表現主義から現代美術までの版画作品を数多く収蔵するシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の港湾都市リューベックの美術館、クンストハウス・リューベック(Kunsthaus Lübeck)で開催されたもので、図録は美術館の中にあるルシファー出版(Lucifer Verlag im Kunsthaus Lübeck)から刊行された。翌83年には、増補改訂版として、70点のポスターを収録した総目録「Werkverzeichnis der Plakate 1978-1983」(註1)が同出版(Luciferlag Kunsthaus Lübeckに名称変更)から刊行されているのだが、この図録を見た後では、若干物足りなさを感じてしまう。

ヤンセンの1978年以前のポスターについては、前に取り上げたことがあるが、ヤンセンが1957年から1970年代初頭にかけて制作した、リトグラフ、亜鉛版エッチング、シルクスクリーンによる初期のポスターを含むオリジナル・ポスターの回顧展「Horst Janssen Plakate 1957-1978」が1978年、ヤンセンが幼少期を過ごしたオルデンブルクの市立美術館(Stadmuseum Oldenburg)で開催されており、その際、1957年から1978年までのポスターの総目録「Horst Janssen Plakate 1957-1978 Werkverzeichnis von Erich und Helga Meyer-Schomann, Stadtmuseum」を付した図録(註2)が刊行されている。従って、ルシファー出版が刊行した総目録はこの図録の続編ということになる。
a0155815_11501338.jpg
ハンブルクの収集家クラウス・クレメント(Claus Clément)による序文(独、英、仏語の三ヶ国語併記)の英文部分。

●作家:Horst Janssen(1929-1995)
●種類:Catalogue
●サイズ:210x297mm
●技法:Offset
●発行:Lucifer-Verlag im Kunsthaus Lübeck GmBH, Lübeck
●編集:Hartmut Frielinghaus & Franl-Thomas Gaulin
●制作年:1982
a0155815_20244030.jpg
a0155815_20244976.jpg
購入した図録には表紙絵を描いた時と同じ赤色の色鉛筆による署名と年記が入れられている。
a0155815_2026467.jpg

a0155815_2026543.jpg

a0155815_20263977.jpg

a0155815_20261776.jpg

a0155815_20271095.jpg
裏表紙
a0155815_12462098.jpg
表紙を開いた状態



註:

1.
a0155815_18402222.jpg
「Werkverzeichnis der Plakate 1978-1983」(Luciferlag Kunsthaus Lübeck)

2.
a0155815_1840378.jpg
「Horst Janssen Plakate 1957-1978」(Verlag Manfred Meins)

# by galleria-iska | 2019-02-21 21:16 | ホルスト・ヤンセンのポスター | Comments(0)
2019年 02月 20日

キース・ヘリングのカバーアート「Malcolm Mclaren: Duck for the Oyster」(1983)

a0155815_1512699.jpg

キース・ヘリングのオリジナル・デザインとの確信が持てず購入を躊躇っていたマルコム・マクラーレン(Malcolm Robert Andrew McLaren, 1946-2010)のシングルレコード(Single Vinyl Record)「Duck for the Oyster」(Charisma Record Ltd. MALC 412)。丁度うまい具合(?)に、使わずに貯まっていたポイントの期限が迫っていたので、それを使って購入することにした。このシングルには、1983年にリリースされたLP アルバム「Duck Rock」からシングルカットされた二曲「Duck for the Oyster」と「Hobo Scratch」を収録している7インチ・シングルと英国では未発売の曲「Legba」をボーナス・トラックとして加えた12インチ・シングルの二つのヴァージョンがある、購入したのは後者の方。

カバーデザインを担当したのは、LPアルバム(LP Vinyl record)「Malcolm McLaren: Duck Rock」(Charisma Records Ltd. MMLP 1)のデザインも手掛けた、ロンドン生まれでパンク・カルテュアーをバックボーンにデザインを行なうニック・イーガン(Nick Egan, 1957-)で、ジャケットの表面はLP アルバムのインナーの表紙に使われていた、マクラーレンの顔写真にキース・ヘリング(Keith Haring,1958-1990)のアイコン的なドローイングをコラージュした作品、裏面は、ヒップ・ホップの要素であるブレイク・ダンスやクラブシーンに、LP アルバムのタイトルや曲名、歌詞の一部をコラージュするという様々な視覚言語を織り交ぜた画面となっている。

●作家:Keith Haring(1958-1990)
●種類:Cover art illustration
●題名:Malcolm McLaren:Duck for the Oyster
●サイズ:307x304mm
●技法:Offset
●レーベル:Charisma Records Ltd.(MALC 412)
●制作年:1983
a0155815_1554090.jpg


# by galleria-iska | 2019-02-20 11:45 | キース・へリング関係 | Comments(0)
2019年 02月 08日

『別冊みずゑ』 第54号・季刊・秋「Vermeer」(1968)

a0155815_20343317.jpg

前回、17世紀オランダの画家ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)ことヤン・ファン・デル・メール(Jan van der Meer, 1632-1675)のことに少し触れたので、今回は国内で発行された貴重な資料を取り上げてみたい。周知のように、21世紀になってフェルメール関連の展覧会が繰り返し開催されている。欧米各国と散らばっているフェルメールを一度に何点も見ることができるのはフェルメール作品の愛好家にとっては嬉しい限りである。しかしながら、その背景には所蔵美術館の資金確保と商魂たくましい主催者の思惑があるように思われる。どこの国でも文化予算は厳しい状況にあり、交換条件なく大枚を叩いてくれるのは”フェルメール・ブーム”(?)に沸く日本ぐらいかもしれない。とは言え、日本人がそれほどまでにフェルメールに熱狂する理由は何なんであろう。その謎に包まれた生涯や時が止まったような光と影が織り成す静謐な画面に魅了されるからであろうか。それは良しとしても、宣伝効果を狙い、今のように大量にイメージが消費されていく状況を見たら、フェルメール自身はどう思うのだろう。

欧米においてもフェルメールの名前が世間一般に注目されたのは、1995年から翌96年かけてワシントンとオランダのデン・ハーグで開かれたフェルメールの大規模な展覧会(註1)がきっかけだったようである。この展覧会の監修を行ったのは、現在日本で開催されているフェルメールの展覧会でも監修を行っているアーサー・K・ウィーロックJr.(Arthur K. Wheelock Jr.(1943-)氏で、彼は1975年から2018年までワシントン・ナショナル・ギャラリー(National Gallery of Art, in Washington, DC) で17世紀のオランダとベルギー絵画担当の学芸員を務め、数々の展覧会を企画、図録や研究書を著している。2008年には決定版とも言える「Vermeer: The Complete Works」をエイブラム出版から出版しており、その主張に異を唱える研究者もいるが、フェルメール研究の第一人者のひとりである。

振り返って、世の中が騒然としていた今から50年前の1968年に美術出版社から発行された季刊『別冊みずゑ』第54号「特集フェルメール」に果たして一体どれほどの人たちが心を震わせたのだろう。今手元にあるこの雑誌はリアルタイムで購入したものではなく、発行から6,7年年ぐらい経った1975年頃、関西の古書店で見つけた某新聞社の(学芸)資料(註2)の中に混じっていたもの。目当ては「特集レンブラント」の号であったが、一冊150円から200円(発行時の価格は600円)ぐらいだったので、まとめて購入した。その頃は未だ日本語で書かれたフェルメール全作品に関する詳細な研究書は見当たらず、この雑誌は美術史家、文学者、詩人によるフェルメール論を収録するとともに、日本で最初の貴重な全作品目録(カタログ・レゾネ)でもあった。この後、(関連作品を含む)作品解説、年譜、研究文献を担当したオランダ留学経験のある美術史家の菅野敦子氏による「フェルメール研究」が同じ美術出版社から出版される予告までされていたのにも拘わらず、どういう訳か、出版は取り止めとなってしまった。今となっては真相は闇の中であるが、出版社側の事情としては、雑誌の発行以降のフェルメールに対する関心が思ったほど高まらなかったのかもしれない。それとも何かスキャンダラスな事(件)が起こったのだろうか。

菅野氏は作品解説の前書き(註3)で、フェルメールの全作品数を疑問視される作品を含めて35点としているのだが、その拠り所を、以前取り上げたことがあるアンドレ・マルローが監修を行ったフェルメール全作品集「Le tout Vermeer de Delft」としている。この作品数は、初期の神話的主題の作品に対する疑問が呈されることはあっても、現時点でも大きく変動していないし、行方が分からなくなってしまった作品発見への期待は今でも大きい。

●雑誌名:MIZUE
●種類:Quaterly magazine of art
●サイズ:295x220mm
●技法:Offset
●発行:Bijutsu Shuppan-Sha Co, Ltd., Tokyo
●発行年:1968
a0155815_20344939.jpg
a0155815_20345834.jpg
a0155815_20351946.jpg
1974年に東京と京都で開催された「ドイツ民主共和国(東ドイツ)ドレスデン国立美術館所蔵 ヨーロッパ絵画名作展」に出品された日本初来日の「手紙を読む若い女」(1657年頃)。私が目にした最初のフェルメール作品で、一時はレンブラントの作品と見做されていたようである。画面手前に描かれたカーテンは、当時、オランダでは貴重な絵の前にはカーテンを掛けておくという習慣があったことが指摘されているが、騙し絵(トロンプ・ユイユ)的な効果を得るためであった可能性もあるとのこと。私の子供の頃は大変高価であったテレビ(モノクロ)の前には専用の布が掛けてあった。当時のオランダ人もそれと同じような気持ちであったのかもしれない。
a0155815_15582067.jpg
「デルフトの眺望」(1660年頃)。1902年にこの絵をオランダ、デン・ハーグの美術館(マウリッツハウス王立美術館)で見たフランスの小説家マルセル・プルースト(Marcel Proust, 1871-1922)は友人の美術評論家に宛てた手紙の中で、”ハーグの美術館で「デルフトの眺望」を見て以来、私は世界でもっとも美しい絵画を見たことを知りました”と語っており、プルーストの自伝的小説『失われた時を求めて』の「囚われた女」中で、老作家ベルゴットは病気療養中にも拘らず1921年にパリのチュルリー、ジュー・ド・ポーム室(ルーブル別館)で開かれた「オランダ絵画展」に「デルフトの眺望」が出品されているのを新聞評で知り、批評家が褒めていた「黄色の小さな壁面(le petit pan de nur jaune)」(註4)を見るために出掛けて行き、その素晴らしさにうたれ、”生涯を振り返って、自分もこんなふうに書くべきだった”と思っているうちに昏倒して死ぬ場面に、プルースト自身がその年、病をおして見に行ったときの実感が再現されている。
a0155815_20371867.jpg
今では「真珠の耳飾りの少女」(諸説あるが1665年~66年頃とされる)となっているが、菅野氏の解説では「ターバンの女」となっている。高価な顔料であるラピスラズリが使われているターバンに強く印象付けられたためか、「青いターバンの少女」もしくは「ターバンを巻いた少女」とも呼ばれてきた。こちらもオランダ、デン・ハーグの美術館(マウリッツハウス王立美術館)所蔵。





註:

1.1995年から翌96年にかけてワシントン・ナショナルギャラリー(National Gallery of Art, in Washington, DC)とオランダ デン・ハーグのマウリッツハウス王立美術館(Königlichen Gemäldegalerie Mauritshuis in Den Haag) で開催された、フェルメールの歴史的回顧展「Johannes Vermeer」に合わせて刊行された図録。315x250mm、220ページ、ハードカバー、エール大学出版。この図録は入手し易い。
a0155815_15585030.jpg

a0155815_15585915.jpg


2.嬉しいことに、オランダとベルギーの画家の特集号が4冊もあった。
●No.52 季刊・春 1968年「特集 レンブラント」
●No.53 季刊・夏 1968年「特集 ブリューゲル」(絵画作品の総目録付き)
●No.54 季刊・秋 1968年「特集 フェルメール」(”)
●No.58 季刊・春 1970年「特集 ヴァン・エイク」(”)

3.作品解説の前書き
a0155815_13241782.jpg


4.
a0155815_17155170.jpg
画面右端に見えるプルーストの云うところの「黄色の小さな壁面(le petit pan de nur jaune)」が判るだろうか。

# by galleria-iska | 2019-02-08 20:54 | その他 | Comments(0)
2019年 02月 05日

ジャン・カルズーのポスター「Wildenstein New York」(1959)

a0155815_18221477.jpg

いつの間にか日本が誇る絵師のひとりとなった伊藤若冲(Itō Jakuchū, 1716-1800)と同様、17世紀オランダの画家ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer, 1632-1675)も、ほんの数十年前には一部の専門家や詩人たちを除き話題にすら上らなかったが、今では知らない人がいないくらいその知名度が高まった画家である。フェルメールは、急激に変化する時の流れの中で一度は忘れ去られ、19世紀になって再び歴史の深い闇の中から表舞台に登場してきたのだが、20世紀になって再発見されたフランス17世紀を代表する画家ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(Georges de La Tour, 1593-1652)もまた同じような運命を辿ってる。二人の画家に共通するのは、ある時代において高い評価を得たとしても、人々の好みや社会状況が劇的に変化すると、そのスタイルを打ち破る作家が現れ、それまで向けられていた熱い視線が急激に冷め、いつの間にか忘れ去られてしまうということである。それは珍しいことではなく、短いスパンでも起こり得る。それに対し、時代を背負いつつも、その時代を超越していく力を持った作家はそう容易に生まれるものではない。画家は、時代に埋没しないためには、兎にも角にも”多作であれ”と云われるのだが、確かに上に挙げた二人の画家はその活動範囲も狭く、生涯に描いた作品が50点にも満たないという寡作ぶりが人々の記憶から忘れ去られる要因のひとつとなったことは否めない。

話を現代に戻そう。某大国の大統領の容貌と重なって見えるということで取り上げたことがあるアルメニア系フランス人画家ジャン・ジャンセン(Jean Jansem, 1920-2013)と同じく、若くして郷里を離れ、フランスで画家として身を立て、日本でもよく知られる画家のひとりとなったアルメニア系フランス人の画家兼版画家ジャン・カルズー(Jean Carzou, 1907-2000)。彼は1907年、シリア北部の都市アレッポに《Karnik Zouloumian》として生まれる。カルズーというフランス名はその名前と苗字の一音節目を組み合わせたもの。エジプトのカイロで建築を学んだ後、1924年にフランスに移住し、初め舞台装飾の仕事に就くが、程なく絵描きに転向。1929年頃からフランスのパリで1884年以降開催されている無鑑査・無褒賞・自由出品の美術展、アンデパンダン展(Salon des artistes indépendants)等の展覧会に出品。1939年にパリの画廊《Galerie Contemporaine》で最初の個展を開催、以後パリや地方、また海外で100以上個展を開催する。抽象画から次第に具象へとスタイルを変え、風景や女性像を神経質とも思える細くて鋭い描線で描くことで、現実世界を超えたところにある幻想的光景を得意とする独自の画風を打ち立てた画家である。

カルズーの絵画作品は高騰も暴落もなく今でも一定の評価を得ているが、それに対し、版画家として評価は、版元の求めに応じて過剰供給されたこともその一因となっているのだが、歴史の試練に晒されるまでもなく、今や見る影も無い。ややもすれば、既に稀少性を獲得したポスターの価格の方が版画を上回ることさえある。ただ、それはカルズーに限ったことではない。稀少性というものが作品の良し悪しとは別の価値を生み出しているという証でもあるが、この版画不遇の時代が終わるにはかなりの時間を要することになるのかもしれない。芸術作品が大衆の側に立って成立している現代においては、流通という観点からその供給を巧みにコントロールし、その価値を維持する必要があるのだが、権威主義的な構造を否定するその姿勢は一方で、大衆に対して迎合的でもあるという側面も合わせもっている。その大衆は常に時流に流されやすい不安定で脆弱な支持基盤であるが故に、芸術家はひとつの形(スタイル)にとどまることなく、絶えず革新的な創造性を持ち続ける能力を求められるのである。その芸術家の才能を発掘し庇護する役割を担っている美術業界とか市場というものは閉鎖的で、一般人にはその内情が見えなかったことで一定の秩序が保たれていたのだが、インターネットによる情報の共有がその壁を打ち壊し、情報の拡散に歯止めが利かなくなってしまった結果、秩序が崩壊、愛好家が作品に求めていたある種の精神的な意味合いというか芸術作品(ここでは主に複製芸術を指す)としての価値が一気に剥がれ落ち、ネット上には一個人でも容易にかつ無限に移し変えることのできる情報としての”イメージ”が氾濫している。と言うより、不用意に晒されてしまっていると言った方がいいかもしれない。それと同じようなことが音楽の分野においても見られる。それが今という時代の姿であると言ってしまえばそれまでだが...

ジャン・カルズーは1950年代から個展の際に告知用のポスターを数多くデザインしているが、それにはパリのムルロー工房が大きく関わっている。このポスターは1959年にニューヨークのウイルデンスタイン画廊(Wildenstein & Company, New York)で開催された油絵と水彩によるニューヨークで最初の個展「Jean Carzou Paintings and Watercolors」の告知用ポスターとして制作されたもの。内125部はアルシュ紙を使って刷られ、1953年から1963年にかけてフェルナン・ムルロー出版(Fernand Mourlot Éditeur, Paris)から発行された7巻のポスター集「Portfolio d'affiches」(註1)のひとつに収録された。発行年によって異なるが、50点前後のポスターを収めたこれらのポスター集は、ポスター愛好家垂涎の的となっているが、残念ながら、その殆んどがピカソやシャガール、ミロといった有名作家を筆頭にばら売りされ、完全な形で残っているものは僅かである。今では主要なオークションに現れることも滅多にない。このポスターもばら売りされたもののひとつで、かれこれ30年以上前に、ポスター集の一端(?)に触れてみたいという思いで、手に入れたもの。

●作家:Jean Carzou(1907-2000)
●種類:Poster
●サイズ:642x487mm
●技法:Lithograph
●紙質:Arches wove
●限定:125
●発行:Fernand Mourlot Éditeur, Paris
●制作年:1959
a0155815_18223025.jpg




註:

1.フェルナン・ムルローの出版活動記録からの引用(原文:仏語)
Seven albums of posters published between 1953 and 1963, and each featuring a selection of posters printed in the workshop, original or not, posters of museums or galleries. Each portfolio is prefaced with a text by Jean Louis Barrault, Julien Cain, Jacques Prevert..., and accompanied by an original lithography by Brianchon, Buffet, Chagall, Minal, Miró. Each portfolio is drawn to 125 numbered copies on Arches wove papers. Foreword by Fernand Mourlot.



a0155815_176174.jpg


# by galleria-iska | 2019-02-05 18:51 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2019年 01月 31日

マルティン・キッペンベルガー「Martin Kippenberger: Die gesamten Plakate 1977-1997」(1998)

a0155815_1322641.jpg

昨年の12月、急に体調を崩してしまった。そしてそれがもとで軽い言語障害と味覚障害を起こし、憂鬱な日々を過ごしていたのだが、元旦に気分一新にと近くの海岸まで出掛けたのがいけなかった。堤防の突端で海風に当たったのが祟ったのか、風邪を引いてしまい散々な正月に。言語障害はすぐに治ったのだが、風邪と味覚障害に悩まされ続け、食欲も減退、一月も終わりになって漸く味覚障害が回復し、お米が美味しく感じられるようになった。そんな訳でブログを更新する気力(!?)もなく、ほぼ二ヶ月の間、ボーッとしたまま過ごしてしまった。

今回取り上げるのは、今から20年前の1999年にアメリカの美術書専門の配給会社から取り寄せたドイツの前衛芸術家マルティン・キッペンベルガー(Martin Kippenberger, 1953-1997)のポスターの総目録「Martin Kippenberger: Die gesamten Plakate 1977-1997」である。第二次世界大戦後に生まれたキッペンベルガーは自分と同世代の作家であり、方向性にはかなり隔たりがあるが、パウル・ヴンダーリッヒ(Paul Wunderlich, 1927-2010)やホルスト・ヤンセン(Horst Janssen, 1929-1995)と同じくハンブルク造形美術大学で学んだということで興味を抱いた。ポスター制作に於いては、ドキュメントとしての写真を多用する点で、ヨーゼフ・ボイス(Joseph Beuys, 1921-1986)のそれを彷彿させるのだが、何らかの影響を受けているのだろうか。価格については、当時ボイスの署名入りのポスターは既に数万円の値がついていたが、キッペンベルガーの方は未だ数千円程度で購入出来るものもあったので、この目録をもとに主にシルクスクリーンで制作されたポスターを集めてみようと思った次第。しかしながら、如何せん田舎では現物にお目に掛かることもままならず、また、個性の発現を主眼とし、美術の規範や権威(ヒエラルキー)に繋がる様式を否定するその制作活動は多岐に渡るため、ポスターと言えど焦点を定めることもできず、シュリンク・ラップが掛かったまま何年もお蔵入に。開封後も時々眺めてはいるものの、未だポスターの購入には結びついていない。

●作家:Martin Kippenberger(1953-1997)
●種類:Catalogue raisonné
●題名:Martin Kippenberger: Die gesamten Plakate 1977-1997
●序文:Bice Curiger
●サイズ:246x205x26mm
●技法:Offset
●発行:Offizin Verlag, Zürich/Verlag der Buchhandlung Walther König, Köln
●印刷:Franz Horisberger AG, Zürich
●制作年:1998
a0155815_1325106.jpg

a0155815_1330562.jpg


この総目録は1998年にスイスのチューリッヒにある美術館、クンストハウス・チューリッヒ(Kunsthaus Zürich)で、マルティン・キッペンベルガーの初期写真、コラージュ、オブジェ、ポスター全作品、後期の彫刻を集めて開催された展覧会「Martin Kippenberger - Frühe Bilder, Collagen, Objekte, die gesamten Plakate und späte Skulpturen」に合わせて刊行されたもので、生前キッペンベルガーが制作した178点のポスターが収録され、刊行に合わせて作られたと思われる展覧会の出品作品リストを載せた別刷りのポスター(720x460mm)(註1)が付いている。序文をスイスの現代美術の専門誌「Parkett」の創刊に携わるとともに編集長(1984-)を務め、また当時クンストハウス・チューリッヒのキュレーター(1993-2013)でもあったビーチェ・クリーガー(Bice Curiger, 1948-)女史が執筆している。購入時の価格は50ドルぐらいではなかった思う。掛かった費用は送料等を加えて九千円程度であったが、没後キッペンベルガーの評価が高まると共に、資料的価値の高いこの総目録もそれに合わせて値上りしているようで、今は本体だけで三万円近く、あるいはそれ以上している。

翻って、資料の有用性が正しく認識されることなく典型的な作品を追い求める日本では、一般的に経験知の方が重く見られ、資料の重要性が軽んじられているように思われる。結果として、未だ光が当てられていない作品の価値を再発見することが難しく、欧米の後塵を拝することに。更に言えば、欧米の評価に追随することに慣れてしまっているかのようにも見える。言い古されていることかもしれないが、空前の日本ブームに沸く今こそ、軍事的プレゼンスや経済的なイニシアチブを追求するよりも、形の背後にある何かを表現しようとする文化面での先進性を戦略的に押し進めることの方が日本の存在感をより高めるのではないだろうか。(脱線)

a0155815_17285013.jpg

a0155815_17271824.jpg

a0155815_17291030.jpg

a0155815_17273626.jpg

a0155815_17292799.jpg

a0155815_17264960.jpg

a0155815_1727589.jpg




註:

1.総目録に付けられたポスター、180x230mm(720x460mm)、オフセット、八つ折り。
a0155815_13382327.jpg

a0155815_1336065.jpg

a0155815_13371976.jpg


# by galleria-iska | 2019-01-31 19:10 | 図録類 | Comments(0)