ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 12日

フィリップ・モーリッツの年賀状「Carte de vœux 1972」(1971)

a0155815_17564355.jpg

昨年ぐらいからフランスのネットオークションに何度も登場するフランスのボルドー市在住の銅版画家フィリップ・モーリッツ(philippe Mohlitz, 1941-)の1972年の年賀状(註1)。鉛筆による署名が成され、70部限定とそれほど多くない。出品者のひとりは最初150ユーロとそこそこの値を付けていたが、落札者が現れなかった。そこで低い金額からの入札に変えたのだが、希望金額には届かず、再出品となったのだが、同じことを何度を繰り返すものだから、ますます値が上らなくなってしまった。最終的どうなったのかは不明。今年になって別の出品者が成り行きで出品するも、前のごたごたが影響したのか、金額が伸びずに終了してしまった。

年賀状が制作された1970年代初頭はモーリッツにとって稔り多き時期で、数多くの秀作を生み出している。ビュランは頗る繊細で、髪の毛よりも細い線を幾重にも重ねた画面は驚異としか言いようがない。この年賀状も、濃密な画面ではないものの、その時期の特徴をよく示している。メカニカルなものに興味を持つモーリッツの遊び心が発揮された画面は設計図のような透視画となっているが、それにはまた、メメント・モリ、死を想えという意味が込められているように思われる。というのも当時は激化の一途を辿るするベトナム戦争の最中であり、フランス国民も大きな関心を持っていたからである。それに対して、左側の余白にはモーリッツにしては珍しい水彩によるカットが添えられている。これもリマーク(Remarque)と呼ばれる版画の余白部分に描かれた絵や文字のひとつとであろうか。淡彩で即興的に描かれているのは、平和の象徴であるオリーブの木の枝を咥えた鳩かと思われるが、その儚さや脆さも表しているようにも見える。

画面左下には、一瞬インクの汚れかと思ってしまうのだが、大いなるビュランの先達アルブレヒト・デューラー(Albrecht Dürer, 1471-1528)への敬意と挑戦か、1960年代の短い期間だけ使っていたフィリップ・モーリッツの頭文字〈P〉と〈M〉と組み合わせたモノグラムのサインが入っている。

●作家:Philippe Mohlitz(1941-)
●種類:Carte de vœux
●サイズ:96x193mm(image:83x114mm)
●技法:Burin et pointe sèche, aquarelle
●発行:Philippe Mohlitz, Bordeaux
●制作年:1971
a0155815_1757280.jpg
a0155815_17571517.jpg


そのモーリッツも今年77歳。日本で言うところの喜寿である。それとは関係ないと思うが、今モーリッツの生まれ故郷であるフランス南西部の都市ボルドー市にあるボルドー美術館(Musée des Beaux Arts de Bordeaux)でモーリッツの銅版画の回顧展「フィリップ・モーリッツ-夢泥棒(Philippe Mohlitz - Pilleur de rêves)」(註2)が開催中である。会期は3月2日から6月4日まで。展覧会に際して図録も刊行されており、価格は9.9ユーロ(約1300円)とある。この美術館には一度しか訪れたことがないが、こじんまりとした建物で、そのときはピエール・ボナール展が行われていた。





註:

1.
a0155815_18311545.jpg
図版:年賀状の後に制作されたであろう「36人の登場人物に攻撃される英雄(Héros attaqué par 36 personnages)」の画面に、戦車やガスマスクを装着し戦車を操縦している死の象徴としての骸骨とよく似た人物を見出すことが出来る。"Héros attaqué par 36 personnages"(Kersten 39), 1972, burin et pointe sèche, 212x245mm, Ed50
a0155815_17574375.jpg
部分

2.
a0155815_18291475.jpg
図版:昨年に続き、今年5月26日にフランスで開催される国主催の版画祭(Fête nationale de l'estampe)に関連して、モーリッツの 生まれ故郷にあるボルドー美術館で6月4日まで開催されている銅版画家フィリップ・モーリッツ(Philippe Mohlitz, 1941-)の版画の回顧展 「夢泥棒(Pilleur de rêves)」の広告:Exposition Mohlitz au Musée des Beaux Arts de Bordeaux à l'occasion de la Fête de l'Estampe 2 mars - 4 juin 2018. À l’occasion de l’exposition Philippe Mohlitz. "Pilleur de rêves", un album reproduisant les œuvres de l’exposition est spécialement édité. Textes de Maxime Préaud, Johanna Daniel, Robert Coustet et Françoise Garcia. 52 pages. Format 26 x 26 cm. Tarif : 9,90 €. Edition du musée des Beaux-Arts de Bordeaux.
[PR]

# by galleria-iska | 2018-04-12 18:39 | その他 | Comments(0)
2018年 03月 27日

アンディ・ウォーホルのポスター「Space Fruit: Cantaloupes II」(circa 1979)

a0155815_2071279.jpg

懐かしいポスターが出てきた。ポップ・アートの巨匠アンディ・ウォーホル(Andy Warhol, 1928-1987)が1979年に手掛けたシルクスリーンによる6点組の連作版画「スペース・フルーツ:静物(Space Fruit: Still Lifes)」所収の作品《Cantaloupes II》(F.S.198)を用いた版元の広告ポスター(註1)である。別の画廊の名前を入れた広告ポスターも同時に作られており、それらには(Cantaloupes I, Peaches, Watermelon)が使われている。またそれとは別に、版元の異なるオフセット印刷の別ヴァージョン(737x584mm/29"x23")も数種存在しており、少々紛らわしくなっている。

この連作版画を見たとき、ウォーホルが何でこんな作品を制作したのだろうかと訝しく思ったものだが、もう一人のポップ・アートの雄、ロイ・リキテンスタイン(Roy Lichtenstein, 1923-1997)が1974年に出版したリトグラフとシルクスクリーンによる6点組みの連作版画「Six Still Lifes Series」を意識したのだろうか。ウォーホルはこの連作版画を17世紀オランダで花開いた絵画のジャンルである“静物画”として取り組んでいる。とは言え、そこに何らかの象徴性や寓意が盛り込まれているわけではなく、構図、色彩、空間といったものに対するウォーホルなりの解釈と言えよう。ただ、二つに切り分けられたメロンの断面は性的なイメージを彷彿させなくもない。依頼主のマイケル・ジヴィアンはこの連作版画の制作に当時の金額で80万ドル(註2)、邦貨に換算すると一億九千二百万円を支払ったとあるのだが、本当にそうなのだろうか。もしそうだとすると、この連作版画(限定150部+XXX)の出版時の価格は2千5百ドルなので、販売数に応じて段階的に価格を上げていく方法を採っていなければ、まったく採算に合わない。因みに十年後の1989年には2万5千ドルまで値上がりしている。

●作家:Andy Warhol(1928-1987)
●種類:Poster
●題名:Space Fruit: Cantaloupes II
●サイズ:712x560mm/28"x22"
●技法:Lithograph
●発行:Michael Zivian Gallery, New York
●制作:circa 1979
a0155815_12413189.jpg

a0155815_18363769.jpg
a0155815_18365212.jpg




註:

1.
a0155815_18154650.jpg
図版:この連作版画の版元であるニューヨーク市のマイケル・ジヴィアン画廊(Michael Zivian Gallery, New York)が1981年(?)に発行した4種類のポスターの販売広告。価格は一枚30ドル($30=JPY7,200)で、送料は30ドルとあり、当時としては幾分高めの設定である。日本へは1980年代の後半、アートポスターはうちが取り仕切ると豪語した国内の額縁メーカーよって紹介されたように記憶する。版画と同じシルクスクリーンではなく、リトグラフで印刷されているのだが、それでもなかなか見応えのあるポスターであったので、4種類全て揃えたのだが、知り合いのお店の開店の際に頼まれ、その内の3点を、インテリアとして、版画のように額装して飾ってもらった。切り離したテキスト部分は、捨てるには惜しく、取ってあったのだが、何処にしまいこんだのか思い出せなくなってしまった。

2.内側から見たアンディー・ウォーホルに関する著作《Holy Terror Andy Warhol Close Up》に次のような記述がある(以下引用)
"The dealers, as usual, paid Andy in advance, probably splitting the $800,000 that Fred(Fred Hughes, Warhol's business manager) had set as the minimum for an Andy Warhol series. That was the amount the Michael Zivian Gallery in New York, paid for the Space Fruits series it commissioned and exhibited in May 1979."(from 「Holy Terror: Andy Warhol Close Up」 by Bob Colacelle, Harper-Collins Publishers, 1990)

[PR]

# by galleria-iska | 2018-03-27 18:39 | ポスター/メイラー | Comments(0)
2018年 03月 15日

清宮質文の蔵書票(4)「EX-LIBRIS Kaz Tanaka」

a0155815_11291986.jpg

“私は自分を詩人だと思っている”という言葉を残した木版画家、清宮質文(Naobumi Seimiya, 1917-1991)が1961年に制作した蔵書票。日本書票協会発行の『愛書票暦1961-1964年』に所収。この蔵書票は前回取り上げた小鳥を題材とする作品「EX-LIBRIS Ella Engel」(1962年~64年)に先行する作品で、灰青色を基調としており、赤い木の実がアクセントになっている。ただしそこにあるのは、現実の鳥の姿を象ったものではなく、小鳥という存在に寄せた作家の想いである。その意味で清宮が好んで用いる青色は自己のうちにある詩的なイメージを表出するのに適しているのかもしれない。今手元にあるのは二代目で、海外の蒐集家から譲り受けたもの。

●作家:Naobumi Seimiya(1917-1991)
●種類:Ex-Libris
●題名:Ex-Libris Kaz Tanaka from 『Ex Libris Calendar Album 1961-1964』
●サイズ:56x50mm(フォーマット:81x80mm)
●技法:Woodblock print
●発行:The Nippon Bibliophile Society, Tokyo
●制作年:1961
[PR]

# by galleria-iska | 2018-03-15 13:08 | その他 | Comments(0)
2018年 03月 09日

清宮質文の蔵書票(3)『EX-LIBRIS Ella Engel』(1960's)

a0155815_19453849.jpg

愛らしい小鳥の家族を描いたこの蔵書票は依頼主(票主)の家族を想像させる。木版画の詩人と謳われた清宮質文(Naobumi Seimiya,1917-1991)は1961年にも鳥をモチーフとする蔵書票を手掛けているのだが、そのときは一羽であった。この作品は、その後番いとなり家族が出来た、という時間経過も想像させる。

二点の作品は共に清宮の静謐な作品世界を象徴する青色を基調としており、小鳥が啄ばむ赤い木の実がアクセントになっている。日本書票協会から発行された『愛書票暦1961~1964年』に所収。1962年から64年の間に制作されたと思われるのだが、手元に資料が無く、残念ながら制作年を特定することが出来ない。

●作家:Naobumi Seimiya(1917-1991)
●種類:Ex-Libris
●題名:Ex-Libris Ella Engel from 『Ex Libris Calendar Album 1961-1964』
●サイズ:51x62mm(フォーマット:77x83mm)
●技法:Woodblock print
●発行:The Nippon Bibliophile Society, Tokyo
●制作年:1960's(1962~1964)
a0155815_1947174.jpg
蔵書票に作家が署名を入れることはあまりないが、この作品では作家は自身の名前のイニシャル《N》を画面右下に入れている。
[PR]

# by galleria-iska | 2018-03-09 20:40 | その他 | Comments(0)
2018年 03月 03日

清宮質文の蔵書票(2)「Ex-Libris Ueda」(1969)

a0155815_1248852.jpg

静謐な画面に漂う詩情が時代の流れを超えて見る者に訴えかける木版画家の清宮質文(Naobumi Seimiya, 1917-1991)が手掛けた蔵書票(ex libris)は5点ほど知られている。これはその内のひとつで、日本書票協会発行の『愛書票暦:1969年~1972年』に所収。艶やかな色調が特徴の、ある意味清宮の画風からは最も遠い作品である。周知のように、蔵書票には誰が見ても分かるように、Ex-Librisという文字と蔵書の持ち主の名前を画面に入れるのが倣いである。日本ではEx-Librisや、そのカタカナ表記である“エクスリブリス”の他、“〇〇蔵”とか“〇〇蔵書”、また“〇〇愛書”という表記の仕方も多く見られる。その意味では、この作品はその約束事に沿っていないのだが、普通に考えれば、この蔵書票の依頼主の名前は“KURA”という人物で、“藏”という旧字体の文字が彫り込まれていると見ることができる。しかしながら、“藏”を依頼主の名前とは見ず、“〇〇蔵”の意と捉えるとすると、何かの理由、もしくは洒落で、敢えて名前を使わず、画面中の赤い丸-清宮がしばしば画面に描き入れる天体(月または太陽)ではないかと思われるのだが-と通常ならば依頼主と縁のある事物であるはずの何かの器(ガラス瓶あるいは焼き物?)のように見えるものとの組み合わせで依頼主の名前を言い表している可能性も考えられなくもない(註1)。しかしそれでは、依頼主の自己満足でないなら、見た者が持ち主の名前を推し量ることが難しいので、この見方には、ちょっと無理があるかもしれない。

●作家:Naobumi Seimiya(1917-1991)
●種類:Ex-Libris
●題名:Ex-Libris Ueda from 『Ex Libris Calendar Album 1969-1972』
●サイズ:38x29mm(フォーマット:49x41mm)
●技法:Woodblock print
●発行:The Nippon Bibliophile Society, Tokyo
●制作年:1969
a0155815_14571687.jpg



註:

1.こちらの推測の方が正解に近かった。この作品の制作意図について作家が語っている言葉が見つかったので、引用しておく:
「票主の上田という文字が簡潔で美しく見えますので、上田蔵そのままを絵にすることにいたしました。これは静物のつもりです」

[PR]

# by galleria-iska | 2018-03-03 13:47 | その他 | Comments(0)