ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 21日

ルフィーノ・タマヨのポスター「Tow Hundret Years of American Growth 1776-1976」(1976)

a0155815_17265875.jpg

20世紀メキシコの画家ルフィーノ・タマヨ(Rufino Tamyo,1899-1991)のポスター「Two Hundred Years American Growth 1776-1976」を出版したニューヨーク市のトランスワールド・アート(Transworld Art, Inc., New York)は1968年、アレックス・ローゼンバーグによってニューヨーク市に設立された現代美術の版元。アレクサンダー・コールダー(Alexander Calder, 1898-1976), サルヴァドール・ダリ(Salvador Dali, 1904-1989), ロメア・ベアーデン(Romare Bearden, 1911-1988), ヘンリー・ムーア(Henry Moore, 1898-1986), マーク・トビー(Mark Tobey, 1890-1976)、 ロバート・ラウシェンバーグ(Robert Rauschenberg、1925-2008))など数多くの作家の版画やポートフォリオ、マルチプルを出版したが、現在は、アレックス・ローゼンバーグ・ファイン・アート(Alex Rosenberg Fine Art)と名称を変え、版元として、また、その知識と経験を活かし、鑑定家としても活動を行っている。トランスワールドの頃から版画を購入していたが、当時の米ドルの為替レートは現在の二倍以上しており、購入にはなかなかの決断を要した。ところが、1980年代の後半、あるいは1990年代に入っていただろうか、ある日突然、名称変更に伴う在庫セールの案内と価格表が送られてきた。それでやっとヨーロッパの版元の価格との釣り合いが取れ、何度か注文をだした覚えがある。今回取り上げるタマヨのポスターを初めとして、ダリやアペル、ヘンリー・ムーアのポスターも出していたはずで、価格は概ね25ドルだったように思う。タマヨのポスターは、時を経て風化した壁画のようにも見えなくもないが、描かれた人物が靄の中に隠れ判然としないのが嫌われてか、10ドルという半値以下の価格が付けられていた。現在の価格は300ドルぐらいだが、果たしてどうなのだろうか。

●作家:Rufino Tamyo(1899-1991)
●種類:Poster
●題名:Two Hundred Years of American Growth 1776-1976
●サイズ:649x498mm
●技法:Lithograph
●印刷:Imprimerie Mourlot, Paris
●発行:Transworld Art, Inc., New York
●制作年:1976
a0155815_17292938.jpg


ポスターとは別に、限定175部のリトグラフの版画ヴァージョン「Hombre Oscuro」も出版され、アメリカ建国200周年の1976年に同社が出版したポートフォリオ「An American Portrait 1776-1976」に収められている。ポスター、リトグラフ共に、パリのムルロー工房(Imprimerie Mourlot, Paris)で刷られている。トランスワールド・アートはこの年、タマヨが開発したミクソグラフィア(Mixografia)を7点一気に出版している。

タマヨは1899年、メキシコ南部のオアハカ(Oaxaca)に生まれる。1917年、国立サン・カルロス美術学校(San Carlos Academy of Fine Arts)に入学するが、才能ある者の常か、一年通い、その後の三年は独学で絵を修得し、籍を離れる(卒業?)。1921年、メキシコ市にある国立民族学博物館の民族誌学部長に就任、そこでプレ・コロンビアンの物品に囲まれ、その後の制作の根底を成すプレ=コロンビアン(pre-Columbian:1532年のスペイン人の征服以前のアメリカ先住民)の象徴性の高い品々に囲まれ、次のように語っている。以下引用
:"It opened my eyes putting me in touch with both pre-Columbian and popular arts. I immediately discovered the sources of my work -- our tradition."
1926年、ニューヨークを訪れ、1919年設立の版画を専門とするウェィヘ画廊(Weyhe Gallery, New York)で最初の展覧会を開催、二年後の1929年、メキシコに戻るが、壁画家たちに受け入れられない主題がブルジョア的で迎合的であると思われ、絵画的なリアルとは何かを学ぶために、1937年、再びニューヨークに渡り、1949年まで制作活動を行う。彼の周囲には、マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp, 1887-1968), スチュアート・デイヴィス(Stuart Davis, 1892-1964), レジナルド・マーシュ(Reginard Marsh, 1898-1954)や国吉康雄(Yasuo Kuniyoshi, 1889-1953)といった画家たちがいた。1949年、今度はパリに移住、版画作品も数多く制作、1959年には挿絵本の代表作ともいえる「聖ヨハネの黙示録(Apocalypse St. Jean)」(名古屋市美術館が所蔵している)も制作している。その年、メキシコに帰郷、1991年、メキシコ市で没する
[PR]

by galleria-iska | 2018-01-21 18:01 | ポスター/メイラー | Comments(0)


<< フリードリヒ・メクセペルの銅版...      金子國義の挿絵「Alice&#... >>