ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 18日

サム・フランシスのポスター「Sam Francis Métaphysique du vide(I)」(1986)

a0155815_11523399.jpg

今から思うと随分と羽振りの良かった(?)1980年代後半に手に入れたこのポスター、一度は手放したものの、まわりまわって無事(?)帰還と相成った。パリの出版社フランシス・ドリル(Éditions Francis Delille, Paris)が、シュルレアリスムの美術評論家として知られるパトリック・ワルドベルグ(Patrick Waldberg, 1913-1985)を父に持つ著作家のミシェル・ワルドベルグ(Michel Waldberg, 1940-2012)が1986年に著したアメリカの抽象表現主義の流れを汲むサム・フランシス(Sam Francis, 1923-1994)の1951年から1986年までの油彩とアクリルのよる絵画作品集「Sam Francis Métaphysique du vide」(註1)の刊行に合わせて、広報用に出版した2点組のオリジナル・リトポスターのうちのひとつ。同じ出版社から同年出版されたサム・フランシスの6点組の版画集「Michel Waldberg:Poèmes dans le ciel」 所収の作品(Untitled, Lembark 271)と同じ版を用いて刷られている。印刷は1960年代に菅井汲のリトグラフの刷りを手掛けたパリのデジョベール工房(Atelier d'Art Desjobert, Paris)が行っており、通常のポスター用紙ではなく、透かしが入っていないので特定はできないのだが、薄手の版画用紙が使われている。この工房は油絵の重厚感を意識したような少々重たい刷り上りを特徴とするムルロー工房とは異なり、その色抜けの良さが現代美術の作家に好まれたようである。

西洋人に取って意味を持たない空白を我々東洋人は余白として捉え、そこに大気や間というような形而上学的な空間を見出す。その美意識を学んだサム・フランシスは、筆を用いないドリッピングの手法を取り入れながらも、ポロックのようなオールオーバーな画面とは明らかに異なる作品を描き出している。余白そのものが中心(主題)となったこのポスターにはその特徴が顕著に現れている。


●作家:Sam Francis(1923-1994)
●種類:Poster
●題名:Sam Francis Métaphysique du vide(I)
●サイズ:860x560mm
●技法:Lithograph
●印刷:Atelier d'Art Desjobert, Paris
●発行:Éditions Francis Delille, Paris
●制作年:1986
●目録番号:Lembark 271(bis)
a0155815_18471587.jpg
a0155815_18473020.jpg





註:

1.
a0155815_19285442.jpg
図版:ミシェル・ワルドベルグ著「サム・フランシス 空白の形而上学」1986年の書影。Michel Waldberg 「Sam Francis Métaphysique du vide」(coll. Philosophie des Arts), Francis Delille, Paris, 1986, 205pp.,232x167mm

参考文献:

「The Prints of Sam Francis. A Catalogue Raisonné 1960 - 1990」(2vols)Francis, Sam and Connie W. Lembark. Introduction by Ruth E. Fine. Published by New York, Hudson Hills Press, 1992. Vol. I: Lithographs. Vol. II: Intaglio Prints, Screenprints, and Posters.
[PR]

by galleria-iska | 2018-04-18 18:58 | ポスター/メイラー | Comments(0)


<< サム・フランシスのポスター「S...      フィリップ・モーリッツの年賀状... >>