ガレリア・イスカ通信

galleriska.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 08日

キース・ヘリングのカバーアート「Rap it」(1983)

a0155815_17511554.jpg

今年生誕60年を迎えるキース・ヘリング(Kieth Haring, 1958-1990)が初来日を果たした1983年に手掛けたカバーアート。キース・ヘリングの名前はどこにもクレジットされていないが、同じ年にリリースされたマルコム・マクラーレン(Malcolm McLaren, 1946-2010)のアルバム「Duck Rock」(Charisma Records Ltd.)と並び、カバーアートとしては最初期のもの。イメージの源泉は歌の歌詞にあるのだろうか。飛び跳ねる二羽の兎がヘリング独特の太い線で描かれているのだが、普段見慣れているヘリングのスタイルとは異なるため、言われなければヘリングのドローイングとは気付かないかもしれない。アルバム・タイトルや曲目等のテキスト部分や下地はヘリングによるものではない。恐らくカバーの裏面を担当したグラフィティ・アーティスト(graffiti artist)のフューチュラ2000(Futura 2000)によるものであろう。欧米では現代美術の作家によるカバーアートがポスターなどと同様、ひとつの表現形式として認知されつつあるが、日本での評価は依然として中古レコードの範疇を超えていないように思われるので、まだまだ蒐集の機会は残っている。

●作家:Keith Haring(1958-1990) & Futura 2000(Leonard Hilton McGurr, 1955-)
●種類:Cover Art
●題名:Rap it
●サイズ:312x312mm
●技法:Silkscreen
●レーベル:Celluloid(cell 1), Celluloid(vr 22577)
●レコード会社:Boudisque(vr 22577)(註1), Amsterdam
●制作年:1983
a0155815_17513453.jpg
カバーの裏側はニューヨークの地下鉄車両へのスプレー缶を使った“落書き”から頭角を現したグラフィティ・アーティスト、フューチュラ2000によるもの



註:

1.
Record company established by the Amsterdam record store Boudisque in the early 1980's. Initially, releases were licensed from such labels as K422, Factory, Rough Trade, 4AD and others. Boudisque used the original cat. no's for these releases, but they can be recognized by the number that the pressing plant (CBS Records) used, usually starting with 08- or VR, plus: the labels almost always show "Made in Holland".

[PR]

by galleria-iska | 2018-06-08 18:50 | キース・へリング関係 | Comments(0)


<< バーバラ・クルーガー「Remo...      シャルル・メリヨンの銅版画「P... >>